世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タンザン鉄道

タンザニアとザンビアを結ぶ国際列車
マラウィに行くため、DAR ES SALAAMからタンザニア側の国境の町MBEYAまで乗車しました。

fro minitazara

ダルの駅。

fro minitazara (1)

1等専用ラウンジ。。。。だいぶボロイ。

fro minitazara (2)

国際列車でもチップスとチキン。もう。どこまでいってもチップスとチキン(涙)


日が暮れる頃、国立公園内を通過。ご飯を食べていたらキリンを2頭も発見しました!

fro minitazar (5)

翌朝目が覚めると・・・緑の海。

fro minitazar (3)

中国製の車両、の寄り合わせ。

fro minitazar (4)


fro minitazar (2)


fro minitazar (1)

翌日昼ごろムベヤ着。

fro minitazar


スポンサーサイト

| Tanzania タンザニア | 11:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3等列車で行こう!

tanzanline.jpg

ブルンジとの国境、キゴマからモシへ。
このルートはダートな上にバスで丸3日はかかると言われていた過酷なルート。セレンゲティ国立公園を通るとはいえ、それはさすがにおばちゃんしんどい。入場料もがっつり徴収されるらしいし。

ダートを行くぐらいなら遠回りしてでも、ドドマ経由で舗装された道を行ったほうがいいのかしら。

地図を見ながら一番いい方法を探してたら、ロンプラにキゴマからドドマ方面に行くには列車以外方法がないと書いてある。
バスがないって・・・どんなとこなんだ???


ここにはタンザニアにある2つの鉄道会社のうちタンザン鉄道でない「セントラル」という路線が敷かれている。しかしこの路線、週に2本ぐらいしか走っておらず、それもまた不定期でキャンセルもザラ、列車があったとしても慢性的に込み合っていることで有名なのでチケットが取れるかどうかも運次第というとっても困った路線らしいのです。。。故障も遅延も当たり前。

ブルンジから半日かけてキゴマまで行ってみると、ラッキーなことにその日がちょうど列車のある日だった。が。案の定1等2等は売り切れていて残すは3等のみ。。。。。。。。

インドの悪夢が頭をよぎる。
列車に入った途端「入ってくるな!」と怒鳴られたインドの3等。
通路までぎっしり人で埋まって、一歩歩く度に誰かに怒鳴られけっとばされたインドの3等。
やっと見つけたわずかなスペースにバックパックを縦に置いてその上に座って一晩過ごしたインドの3等。。。。。
もう二度と乗るものかとかたく誓ったインドの3等。。。。!!!

タボラという町まで出ればバスに乗り換えられるらしく、そこまでおよそ12時間の移動。
席さえキープできれば硬座とはいえ夜行移動だし寝ていればさほど問題ではない。
席さえ取れれば。。。

インドや中国の席とり合戦が頭をよぎる。
列車が来たら猛ダッシュで窓から荷物を投げ入れ、自分も窓から車内に入り、タッチの差で同じ席についたやつとけんかしている間にもう一つの席は別の人になって。。。ああ、バックパックが二個もあるんだった。網棚の上にもシートの下にもきっと人が寝るだろうな。ってゆうか席取れなかったら通路に座って、駅に着くたび出たり入ったりする人に起こされて蹴っ飛ばされて大喧嘩して・・・ああ、絶対ムリ。だって私もう貧乏学生旅行じゃないし。なんで好き好んで3等なんて乗らなくちゃいけないの?お金3倍出してでも1等じゃなきゃいやだ・・・

。。。。お金があっても、電車がないんです。バスがないんです。
この町を出る手段がないんです。
次の列車で1等を取ればいい?・・・1週間先までいっぱいだったんです。なんせ週に1、2便ですから。

今まさにアフリカ最大の選択を迫れていることは間違いない。
3日かけてアフリカ最低と言った人もいたダート道を行くか。しかしそれにはしっかりと自分の座席があるし、運がよければ動物だって見れる。

しかし列車なら・・・たった12時間がまんすれば、明日朝にはタボラについて、そのままンゼガに行き、これまた運がよければ明後日の夕方にはモシまでたどり着けるかもしれない。タボラからは道も舗装されているだろうし。

そして相棒と一生懸命考えて、最後の最後まで迷って出した答えは・・・
「3等列車で行こう。」

覚悟を決めて切符を買う。めっちゃ安い。
よく見ると、信じられないことに座席の番号らしきものが書いてある。
んんん?これはまさか!?席あり!!!!!?????

そうとわかれば12時間なんて楽勝楽勝!!!

座席の下という下全てにパイナップルがぎゅうぎゅうに置かれているのが若干気になりますが、立ち席の人も無く、列車は定刻通り出発。
これはこれは!!!???

もう私たちなんてナイスチョイスーなんてうかれていました。
まぁうまい話やっぱりないのですね。なんていったってここは始発。

やがて日が暮れ、列車の電気が付かず真っ暗なことが若干気になりますが。

だんだんと人が増えてきて立ち席の人が増えてきたのが若干気になりますが。

深夜・・・

私の足の間に子供が挟まって、ぐったりした彼女の頭が私のひざに持たれかかっているのはなぜ。
2人用の椅子にもうひとりおばちゃんが座っているのはなぜ。
私の背もたれの上に人が座っているのはなぜ。
通路で子供が人から人にたすきリレーされているのはなぜ。

4人用のボックス席に20本の足があるのは一体なぜ!?

足を動かすスペースが一ミリもなくったって・・・
足の間の子供の汗がジーパンにしみ込んでいくことなんて。。。
背もたれに座っているやつの腕やら肩やらが私に食込んできたって・・・
私の足の下にフライパンが転がっていることなんてほんのささやかなことだわ。
駅に着く度どでかいスーツケースを持った人が通路を右往左往する。そのたびに通路に人のブロックが形成され、電車が動き出すとそれぞれがなんとなく居心地のいいポジションを見つけるらしく、がちがちだったブロックがほんの少し緩やかになり、やがて車内は静まりかえっていく。頭を垂れる人々は、眠っているのかぐったりしているのか分からない。そしてそれもつかの間、また駅に停車すれば同じことが繰り返される。そんなことが延々朝まで繰り返され、席のある私でさえも生気を奪われてしまっていた。


結局6時に乗車してトイレまで歩いてたどり着くことができたのは10時間後ぐらいだったか。
トイレに行ったらトイレの中まで荷物でいっぱいだった。アフリカすごすぎる。

衰弱しきってタボラに着いたときには大空に向かって自由を叫びたくなるような気分だった。
ああ、私生きていたのね・・・

結局この努力が報われ、その日のうちにンゼガまで移動でき、翌日夜には無事モシまでたどり着くことができました。道もほんの一部未舗装だったこと意外はかなり順調。途中メルー山など3000mを越える山も見ることができ、余裕の大移動でした。
でもほんとにもう3等列車は二度と乗らないよ!







| Tanzania タンザニア | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティンガティンガの世界。tinaga tinga

タンザニアといえば、ティンガティンガ。ペンキを使ったアフリカンアートで、かわいいもの好きな私は一目見ただけでティンガティンガファンになってしまいました。ダルエスにあるティンガティンガ村で写真を撮らせてもらったので沢山アップしてみます。いつか絵を買うためだけにタンザニアに帰るかもしれない。。。。

tinga (35)

tinga (34)

tinga (31)

tinga (29)

tinga (28)

商用のためか、お店で見るティンガティンガのデザインはパターン化されているのですが、これはとっても変わってる。でも夢があってすごくかわいいよね。

tinga (23)


tinga (22)

tinga (21)

tinga (18)

tinga (16)

tinga (14)

tinga (13)

tinga (12)

tinga (11)

tinga (10)

tinga (9)

tinga (5)


これは一番お気に入り。分かりづらいけど、動物がパーティしているところです。
同じような絵が多い中、こういうのはこの1枚だけしか見なかった。

tinga (2)


tinga (1)

tinga (4)

ting.jpg


tingat.jpg

ストーンタウンの街角で。
ペンキを使うのでとにかく力強く色鮮やか。

tinga (33)

tinga (32)

tinga.jpg

tinga (7)

tinga (20)

tinga (30)

tinga (27)

まだ途中だけど、これは本気で欲しかった。。。

tinga (26)

ダルのティンガティンガ村。

tinga (25)

tinga (19)

tinga (17)

tinga (15)

tinga (8)

tinga (6)

tanzania.jpg

宿の植木鉢。

tanzani (1)


tanzani.jpg

| Tanzania タンザニア | 19:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストーンタウン stone town, zanzibar

stonetown (18)

ザンジバル島の中心、ストーンタウン。
昔ながらの街並みが残るいい感じの町です。サナアやジャイサルメールが好きな街角マニアにはたまらない町。ただし海側は観光客向けのお店がかなり多いので、昔ながらの雰囲気を求めるなら断然ケニアのラム島のほうがおすすめ。

stonetown (17)

どのお宅も門構えが立派。ザンジバル様式の彫刻がほどこされている(らしい)

stonetown (16)

マサイのお土産やさん。マサイ掃除中。

stonetown (15)

ザンジバルやラムなど東アフリカの沿岸部は、アラブ人が交易にやってきていたことから今でもイスラム色が強い。
ザンジバルのムスリマはさし色に色付きのスカーフを使う人が多く、真っ黒のアバヤでもなんだかちょっと南国風。。。


stonetown (14)

ザンジバルにもからゆきさんがいたのです。これは昔彼女たちがいたJapanese Bar。

stonetown (13)

このあたりは私が泊まっていたあたり。地元の人も普通に生活しているエリア。
観光地にもかかわらず、町の人たちは驚くほどフレンドリーで、ジャンボジャンボと挨拶してきてくれる。

stonetown (12)


stonetown (11)


stonetown (10)

何をしているのかと思ったら、おっぱい飲んでました。

stonetown (9)

slave market
ザンジバルはアラブ人による奴隷貿易の拠点だったことでも有名。
ここは当時奴隷マーケットだった場所。

stonetown (8)


stonetown (7)


stonetown (6)


stonetown (5)


stonetown (3)


stonetown (2)


stonetown (1)


stonetown.jpg


stonetown (19)


INFO;ザンジバル・ストーンタウンの安宿→フラミンゴGH
このあたりでは比較的安め。とっても清潔で朝食も◎

| Tanzania タンザニア | 19:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンジバル5 zanzibar5

透明度でいったらもっときれいな海は沢山あると思うけど、この色、やばくないですか?????

zanzibar (10)

クリームソーダだ~!!!

zanzibyasi.jpg

パラダイスGHの入り口からの眺め。

zanzibar (9)

ビーチの砂は真っ白。

zanzibar (8)


zanzibar (7)

この色の海にはアフリカ人の黒い肌がよく似合う。

zanzibar (6)


zanzibar (5)

パラダイスGH。こんなに素敵なところでビールを飲んでしまいました。ほんとすみません。

zanzibar (4)


zanzibar (2)


zanzibar.jpg

あ、ちなみにこれが私のお部屋。パラダイスGHはちょっとしたお高級な宿なのですが、私のような節約派旅行者用にこんなかんじのバンガローがあり、値切って1泊35USD。電気もないのにこの値段、さすがザンジバル。でもこんなときはがっつりお金出して楽園を楽しまないと!といいつつご飯も激高なので毎日20分ぐらい歩いてローカル食堂に通ってました。しかしあまりのまずさに最後の数日は食事もパラダイスで食べるようになり、1食1000円ぐらいは出してたかな・・・ありえません。アフリカ人が作ったコーラで煮たチキン照り焼きとお味噌汁、最高でした。0からここまでアフリカ人スタッフを育てあげたオーナーのさおりさんは本当にすごい!

| Tanzania タンザニア | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンジバル4 zanzibar

people in zanzibar
zanzibarkodomo (2)

パジェのビーチで会った悪がき。

zanzibarkodomo.jpg
写真大好き。元気いっぱい。

zanzibarkodomo (3)

はしゃぎすぎて。

zanzibarkodomo2 (1)


zanzibarkodomo (1)
ポーズ決めて、モデル気分。

zanzibarkodomo2.jpg
なわとびの途中でした。

zanzibarko3.jpg
どこでもサッカー。裸足でも気にしない。

zanzibarhito (2)
工事現場のおっちゃん。

zanzibarhito (3)
俺も撮れ撮れ。

zanzibarhito (1)
海の男。

zanzibarhito.jpg
ビーチを歩いていたらムッシュかまやつに出会いました。





zanzibar (3)
ザンジバルの女。

zanzibar (1)
はっとするような鮮やかな色がよく似合う

zanzibarhito2.jpg
ザンジバル。楽しかったな。

| Tanzania タンザニア | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンジバル3 zanzibar3

masai in zanzibar
ザンジバルのマサイ
zanzibarmasai (2)
zanzibarmasai (1)
zanzibarmasai.jpg
zanzibarmasai2.jpg

| Tanzania タンザニア | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンジバル1 zanzibar, tanzania

zanzibarsio (10)
zanzibarsio (9)
zanzibarsio (8)
zanzibarsio (7)
zanzibarsio (6)
zanzibarsio (5)
zanzibarsio (4)
zanzibarsio (11)

zanzibarsio (4)
zanzibarsio (3)
zanzibarsio (2)
zanzibarsio (1)
zanzibarsio3.jpg
zanzibarsio.jpg

| Tanzania タンザニア | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリマンジャロ mt kilimanjaro tanzania

tanzania (17)

tanzania (16)

tanzania (15)

tanzania (18)

tanzania (19)

tanzania (13)

tanzania (11)
mt meru
tanzania (12)
bus to Arusha

kirimanmosi.jpg

kirimanmosi2.jpg
マトケをかつぐおばちゃん

| Tanzania タンザニア | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タンザニア

tanza.jpg

タンザニアとブルンジのボーダー
border between brundi and tanzania

tanza (1)
kigoma railway station

tanzania (1)


tanzania (4)
ンゼガのまちかど。
Nzega

tanzania (3)

キゴマからタボラへ じごくの3rd class
central railway
from kigoma to tabora

tanzani (2)

| Tanzania タンザニア | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザンジバル→タンザン鉄道!

昨日ザンジバル島から帰ってきました!ザンジバル最高!
まーじーできれいだった!!!!!
新婚旅行に激押しです!
写真は随時アップしていきます、おたのしみにー。

ではではこれからタンザン鉄道でマラウィに向かいます。
車窓から動物見れるかな?


zanzibar (10)

| Tanzania タンザニア | 16:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。