世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事・モロッコ

mrc.fz (9)

毎日朝ごはんにしているチャパティ。なつかしい味。
チョコクリーム味で5DH
*1USD=7.2DH

mrc.food (10)

スペインから着いてこの料理を見たときには感動した~
たった20DHでお魚~
これが有名なタジン、モロッコの煮込み料理。
奥のお茶はミントがたっぷり入った甘いお茶。モロッコの味です。

mrc.food (6)

マラケシュといえばエスカルゴ。にゅるんとしてて、別においしくないけど一応食べた。

mrcfood.jpg

すごく辛いお茶。スパイスとお砂糖がたっぷり。

mrc.food (5)

クスクスをはじめて食べました。
ひえかあわみたいな甘いのが主食で、上に野菜がこんもり。

mrc.food (4)

ナスの炒め物とサラダ山盛り!一番うれしい食事。

mrc.food (1)

シュワルマの皮がぱりぱりでおいしかった。

mrc.food (2)

モロッコ人が大好きなスープとパンのセット。
野菜だらけで嬉しい限り。これで2USDいかないぐらい。

mrc.food (7)

お茶の時間♪カラメルにジャムが入ったソースが美味。若干バタークリームが混ざっていた。

mrc.food (8)

イスラムといったらビリヤニ

mrcmarakesh (23)

蜂が寄ってくる・・・それだけ甘いミントティ。

mrcmarakesh.jpg

野菜のタジン。野菜はお漬物らしく、酸味がある。これもタジンなら、下のもタジン・・・タジンはタジン型のうつわで作った料理の総称?

mrcmarakesh (21)

タンジェにもどって、最初に魚のタジンを食べたお店で(ここはモロッコの中でも安くておいしいということが、ようやく分かりました。)こんどは牛肉ハンバーグのタジン。やっぱりおいしい!

スポンサーサイト

| Morocco モロッコ | 01:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バックよりカラダね。

マラケシュは結局5泊ぐらいしてしまいました。
気のいいお兄さんたちがいる安宿は、大きなパティオ*中庭 があり、朝は屋上でぼんやりとひなたぼっこ、安いネット屋さんで日記を更新して、世界で一番おいしい絞りたてオレンジジュースを飲む毎日。結局アトラスは越えられませんでしたが、マラケシュで世界一周の中休み計画は大成功に終わりました。

mrcmarakesh (17)

夜のフナ広場。屋台がいっぱい。
最後の夜、記念にフナ広場を見渡せるカフェへ。入場料のかわりに500ミリの水が2ドルもするけどその価値は大有り!明るいうちから粘って、夕方のアザーンと同時に一斉に明かりがともる。
アラビアの音楽とコブラ使い、ヘナ書きのおばちゃん、ケバブ屋台にオレンジジュース屋さんの気にいいおっちゃんお兄さんたち・・・マラケシュもなかなか味のある町だった。

mrcfz2.jpg

うざくとも痴漢はいないフェズに、イスラム国としてのモロッコの印象はかなりよかったのですが、やられました・・・夜のマラケシュ・フナ広場にて。
人ごみに入ってしまい、いつものようにバックに意識を集中していたら、ぱんぱんぱーんと3連発!見事なまでの連携プレイでした。
なんかもう、怒りをとおりこして笑っちゃった。でもそれ以来夜はフナ広場に近づいてません。
イスラムな国ではバックより体、これ鉄則。

mrcfz.jpg


mrcmarakesh (12)


mrcmarakesh (5)


mrcmarakesh (2)


mrcmarakesh (1)


mrcmarakesh (15)

オレンジが街路樹。町中にオレンジがあったら飢える人もいないんじゃないか??
私の手が届くところはみんなもぎ取られていた。

mrcmarakesh (16)

CYBER パークって、いったいどんな公園なんだ?

mrcmarakesh (14)


mrcmarakesh (13)

メディナを囲む城壁。マラケシュの町は、新市街も全体的にピンク色をしていてとても統一感がある美しい町並み。

mrcmarakesh (7)

懐かしいアラビックのコーラ

mrcmarakesh (8)


mrcmarakesh (3)

写真撮ったら真剣に〔マネー〕。これに!?

mrcmarakesh (11)

モロッコの画家

mrcmarakesh (10)

ため息が出るほど美しいイスラム建築。
ここはこの時代のイスラム建築の集大成とも言われる建物で、長いこと神学校の寄宿舎として使われていたそうです。

mrcmarakesh (9)

モロッコのタージマハルと呼びたい。

mrcmarakesh (6)

暗いスークの中でちゃんと陽だまりを見つけるネコ。
あったかい?


5日の夜12発のバスでタンジェに戻りました。
ちなみにタンジェ・マラケシュ間の夜行列車は強盗が出るとか。
バスは各駅停車で荷物が心配だったけど、ちゃんとバスの人が荷物を管理していたので無事バックパックとともにタンジェに戻ることができました。

タンジェの町
Tanger
治安が悪いと聞いていて、来た時は滞在しませんでしたが、実際歩いてみるとかなりいい!マラケシュよりも穏やかな町でした。
確かに以前は治安の悪い町だったらしいのですが、モロッコは現在国を挙げて観光化を進めているので、本当に付きまとう男はほぼゼロ。信じられない!見習ってほしい観光大国がいくつもあるわ。

mrcmarakesh (22)

真昼間から仲良くお茶するおっさんたち

mrcmarakesh (20)


mrcmarakesh (19)

タンジェ新市街

mrcmarakesh (18)

金曜日の光景。
モロッコにかかわらず、金曜礼拝の時は、モスクに入りきれない人たちが外でお祈りしている光景によく出会います。中国の西寧では、金曜日のモスク経由のバスはムスリムで超満員だったっけ。

まったくもう、ここのネット屋、1時間10DHって言ってきて、高い!といったら8DHにまけてきた。ってゆうかぼってたんだけど。
まぁそんな感じで、アジアっぽくどうしょもないとこもありますが、やっぱり楽しかったモロッコとも明日でお別れです。
明日からは再びヨーロッパ。安いモロッコで生活必需品もお弁当もたんと買い込み、CDも焼いて、この先1週間の宿も予約して、万全の体制でヨーロッパに戻ります!待ってろヨーロッパ~!!※今度はやさしくしてね。



| Morocco モロッコ | 01:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一うざい!?素敵な!?スーク

アルヘシラスからジブラルタル海峡を越えてモロッコへ。
詳しくは→http://chori.blog5.fc2.com/blog-entry-549.html


モロッコで一番好きな街、ティトワンの画像です

TETOUAN
郵便局のおじさんが、困ったことがあったらいつでもおいで!と言ってくれた素敵な町。

mrc.titowan (2)

求めていたのはこの笑顔
まったくツーリストずれしていない、普通のメディナにて。

mrc.titowan (25)


mrc.titowan (26)

がんばってない〔白い街〕
がんばってないから味がある。

ちなみにここは7世紀ごろからアラブ人が侵入していますが、のちにモロッコ独立までスペイン領だったため、アンダルシア的な雰囲気があるのだそうです。

mrc.titowan (27)


mrc.titowan (28)



mrc.titowan (1)


mrc.titowan (3)


mrc.titowan (4)

ミントティーはモロッコの味。

mrc.titowan (5)


mrc.titowan (6)


mrc.titowan (7)


mrc.titowan (8)


mrc.titowan (9)


mrc.titowan (10)


mrc.titowan (11)


mrc.titowan (12)

巨大魚

mrc.titowan (13)


mrc.titowan (16)


mrc.titowan (17)


mrc.titowan (18)

地理の授業で習ったベルベル人。ついに出会えました。。。
(ベルベル人というのはモロッコ先住民族の総称で、民族名ではないとのこと
モロッコは国王・権力者ともアラブ人ですが、3割は先住民であるベルベルの人なのだそう)

mrc.titowan (19)


mrc.titowan (20)


mrc.titowan (21)


mrc.titowan (22)


mrc.titowan (23)


mrc.titowan (24)


mrc.titowan (30)


mrc.titowan (31)


mrc.titowan (34)

ムスリマの服装が面白かったので、カフェに座って観察。
普通のワンピースにスキニーにウェッジソール。ムスリムに準じてはいるのに今時っぽいのがすごい。

西洋文化からわずか2時間のところにあって、今もまだムスリム。
ムスリムって、きっと私たちが思っている以上に彼らをひきつける力があるんだろうな。

mrc.titowan (33)


mrc.titowan (35)

モロッコは洋服の女の子も多いので、外国人の私としてもあまり気負わず旅ができます。
だけどやっぱり、ムスリムの国で短パンキャミの欧米人を見るとどうかなと思う。相手の国に敬意ゼロと言うか。。。最低限マナーってもんがあるんじゃないかな。

mrc.titowan (36)

宿の部屋から。明かりっていいなぁ。
この部屋でアザーンを聞きながら読むのは『イエスの生涯』。
無宗教は自由でいいなぁ~

mrc.titowan (37)

ティトワンからフェズに行くバスから・

mrc.fz (1)


mrc.fz (2)

お花畑に感動。ポピーが雑草のように生えている。

mrc.fz (3)


mrc.fz (4)

途中で通ったシェウエンの街。青い街として有名で、この街が好きだという人も多い。

mrc.fz (5)


mrc.fz (6)


mrc.fz (7)


FEZ

そして世界一うざいスークがあるフェズ。
mrc.fz (8)

フェズの宿のタンスの落書き。〔つなげてね〕と。

mrc.fz (10)


mrc.fz (11)


mrc.fz (12)


mrc.fz (13)


mrc.fz (14)


mrc.fz (15)


mrc.fz (16)


mrc.fz (17)


mrc.fz (18)


ぜひとも一度見てみたかったタンネリ(皮を染めつける場所)
ここに着くまで何人ものうざ人を振り切ってきました・・・いやぁ、さすが世界屈指の観光大国。うざいうざい。1週間のつもりが1日でリタイア、マラケシュに向かうことに。


| Morocco モロッコ | 08:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モロッコで静養中。。。

久しぶりに日本語書けます!久しぶりにネット1時間1ドルを切りました。久しぶりにご飯食べてます。
皆さんお元気ですか?
私は正直元気じゃなかったんです。なので今来る予定の無かったモロッコにいます。

思えば年末にケニアを出てから、猛スピードで移動を重ね、心も体も休まる暇がありませんでした。この半年、宿を一歩も出なかったことなんて一度もありません。
南米をわずか2ヶ月半で駆け抜けるように回ったあと、初めてのヨーロッパ。
ユーロ高に加えて、毎日先の予定を考えつつ宿や移動の予約をし、ドミトリーで自分の空間を持つことができず、親切な人より無表情だったり不親切だったりする人のほうが多い土地で朝から晩まで観光を繰り返しているうちに、ヨーロッパへの憧れもすっかり覚めてしまいました。

物価が高いのは別にいいんです。帰って働けばいいだけなんだから。でも、アジアやアフリカでごく当たり前に人と触れ合うことで旅を成立させていた私にとって、システマチックにものを進め、他人を助けることに消極的な土地で旅をすることは予想以上に苦痛でした。ヨーロッパに来て、私の旅に一番大切なものが何なのか、はっきりと分かりました。
スペインとポルトガルでの毎日は、単に観光で、知的好奇心は満たされても他に残ったものはありません。はかないというか。。。

そんな訳で、おせっかいなくらい親切さんが多いイスラム圏が恋しくなりモロッコにやってきたわけです。
スペイン南端の町アルヘシラスからモロッコ側のタンジェまで高速フェリーでたったの1時間。そのままティトワンという小さな町に移動。
ここは本当にいい町!今まで訪れた中でも5本の指に入るのではというぐらい親切さんだらけの町!

お店に入れば店員さん総出で迎えてくれるし、誰かにものを尋ねてその人が分からないと、その人が他の人を呼びとめてくれます。ヨーロッパだったら、首を振るだけでおしまいだったのに。
宿もごはんも信じられないくらい安いし、ニーハオ!コニチワー!と話かけてくる人でさえ悪意ゼロ。ただの好奇心なので、返事してあげればにこっといい笑顔が返ってきます。

ヨーロッパからわずか2時間の距離なのに、メディナは昔ながらのムスリム世界そのもの。迷路のような路地の中を、懐かしいチャドル姿の女性が行きかい、時にはとんがり帽に赤い縞々模様の布を羽織ったベルベル人の女性に出くわすことさえあります。ヨーロッパはすぐそこなのに、ごく自然にムスリムの伝統と風習を残す人々に、ナイロビという大都会を目の前にして今も頑なに伝統生活を守りぬくマサイ族の姿を重ねてしまった。

光がたっぷり差し込む清潔なシングルルームはわずか7ドルで、すっかりこの町が気に入り何の見所もないのに2泊もしてしまいました。

ティトワンからフェズに行く道中はアフリカ大陸だとは思えないほど緑豊かな絶景が広がっていました。
オリーブ畑を背に、色とりどりの花が咲き乱れるお花畑で馬や羊・ロバが放牧され、その近くではベルベル人の女性が農作業をしています。空はどこまでも青く広く、モロッコがあまりにも私にやさしいので思わずバスの中で泣きそうになってしまいました。


そしてフェズ。世界屈指の観光地とだけあって、ティトワンと同じ国だとは思えないほどうざい場所でした。世界3大うざい国(インド・トルコ・モロッコ)と言われる所以は間違いなくここにあり。
しかもメディナが迷宮!方向感覚はかなりあるほうなのですが、それでもシエスタの時間に本気で迷子になってしまい、20人ぐらいの人に助けられながらなんとかタンネリ(なめし場)だけ見てきました。

しかしまぁうざいうざい。宿も高いし狭いし汚いし。本とはフェズで1週間すごそうと思っていたけどとんでもない。心安らぐ場所がない!ってことで1泊だけして《宿が安くて清潔できれい》と書かれていたマラケシュに移動してきた次第です。
なんでも最近はうざ男の取り締まりが厳しいらしく、マラケシュはフェズほどいやな感じではないのでここでしばらく心と体を癒したいと思っています。

あ、モロッコはムスリムの国なんですが、今のとこ痴漢ゼロ!ムスリム国にしては秀逸。
スークはムスリム色たっぷりでありながら、ヨーロッパからの観光客が多い分女性でも(服装も含め)気楽に旅を楽しむことができます。

ここにいる間に南米とスペインの日記をアップする予定です!ではまたー。

| Morocco モロッコ | 02:53 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Morocco

iitokoda
imanara muslim nattemo ii
mou europe kaeritakunai
africa kaeriai
europe iyaiya byou desu

demo europe no railway pass motterusi
kaeru ferry no ticket mo motterusi
6/7ni spain ni kaerimasu

morocco to europe no osusumezyouhou omatisitemasu

| Morocco モロッコ | 05:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。