世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

おフランス滞在記

モロッコから帰って、バルセロナ。日曜日で何もできず。。。うー。
マドリッドで好きになったミロの美術館へ。これはなかなかよかった。


そして列車をのりつぎパリへ。早くもシーズン突入で列車が一瞬取れなそうだったけど粘ったらなんか取れた。らっきー、でも今後が不安で仕方ありません。

fbnd.jpg

社会の授業で習ったTGV!ユーレイルパスを利用し、1等に乗ってしまいました。

fbnd (1)

フランスの田舎町。物語の世界みたい!

そしてパリ。移民と落書きの多さに驚いた

1日目。早起きしてベルサイユ宮殿。気分はバラはバラは~♪
fbnd (4)


が、ストライキに遭い仕方ないので広い広い庭園を20分歩いたところにあるマリーアントワネットの領地、プチトリアノンへ
バラはバラは~♪
・・・当然ストライキ、何も見れずに20分かけて帰る。
fbnd (3)

広すぎる庭

帰ったら、ストライキが終わって、みんな一斉にベルサイユ宮殿に殺到したものだから1時間の大行列。
あーあ。6時起きしたのに、入ったのは1時ですよ?ってゆうか私のパリ滞在はたったの48時間なんですよ??
はるばる東の果てからオスカルに会うためにやってきたのに・・・。権利ばかり主張するフランス人めー、お客様至上主義の日本人には理解できん。

ベルサイユはさすがでした。マリー様が出産されたお部屋も見ました。
fbnd (5)

有名な鏡の間

fbnd (6)

歴代王妃の寝室 ここで何人ものロイヤルチルドレンが生まれた
マリーアントワネットがベルサイユを脱走したのはこの部屋の窓から。




でもやっぱりマリー様がフェルゼンと逢引したプチトリアノンに行きたい!
また20分かけて歩きました。バラはバラは♪

マリー様の領地は、彼女の趣味のために立てられたプチオペラハウス(すごいゴージャス)
や、マリーアントワネット村(彼女の趣味のために作られたリアルおままごと村?)があって、そりゃぁパリ市民も怒るわなっていう贅沢っぷりでした。

fbnd (7)

ベル薔薇の中だと、多分ここが逢引の間。


また20分かけて歩いて分かったんですが、ベルサイユ宮殿は巨大だ。パリが全部入ると思う。


で、パリ市内に戻ってオルセー美術館でゴッホとご対面。
fbnd (8)

昔駅だったオルセー

fbnd (9)

生涯何枚もの自画像を書いたゴッホ。この有名な自画像はオランダのゴッホ美術館でなくここにある。

ぎりぎり閉館まで粘って、エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ通りとパリの有名観光地を堪能、最後にベルバラつながりでバスチーユ広場を見て1日目は終了。8時から9時の13時間コースでした。

fbnd (10)

足がすごかったエッフェル塔。

fbnd (11)

パリの日本人宿・白い門に帰ったらたまちゃんが私のベットでお昼寝中でした。一緒に転寝~

fbnd (12)

たまちゃん落ちちゃうよ

fbnd (2)

ご飯だー。

fbnd (38)

マイベット、猫に占拠される。

宿を離れてから気づいたんですが、ベットの上に置いといた丸くて小さい色々なものが無くなってます。犯人は絶対この子たちだー。

白い門は生卵と白米が無料でついてくるので、毎日たまごかけごはんを頂きました。


2日目。
開館と同時にルーブル美術館へ。すごいすごいすごい広かった。

fbnd (13)


fbnd (15)




ダビンチコードを思い出しつつ、ピラミッドを見てモナリザ見てハムラビ法典見て。

fbnd (14)

今や時の人となった箱入り娘。
今までみたどんな写真よりも美しかった。当たり前だけど。

fbnd (16)

ハムラビ法典って見れるものだったんですね。
象形文字がびっしり刻まれています。ルーブルは古代オリエントやエジプト文明に関する展示も多くて、本当に足がくたくたになりました。歩きながら見て、数フロア省いても3時間かかりました。

fbnd (18)

大人気。

ナポレオンの部屋はすごかったなぁ・・・ベルサイユ宮殿よりすごい。
fbnd (17)


fbnd (19)

ルーブルの一部。コの字型なので、反対側に同じ大きさの建物があり、二つをつなぐ部分もかなりの大きさ。


次は印象派ファンに人気だというオランジェリー美術館でユトリロとご対面。
fbnd (20)


fbnd (21)


30分じっくり鑑賞し、パリブックオフへ。すごいです、日本にいるかのように完璧にブックオフでした。ついでにジュンク堂パリにも行きました。
それで、小粋なオペラ地区の散歩も完了。
fbnd (22)


fbnd (23)

この辺りは日本人街でもあります。パリでラーメン。


続いてノートルダム大聖堂へ。

fbnd (25)

見たことが無いくらい精巧なステンドグラス。これはヨーロッパならではの迫力でした。

fbnd (26)


fbnd (30)

大きなステンドグラスを設置すると天井を支える力が弱くなるので、横から支えるという方法が考え出されたそうです。

fbnd (28)

ノートルダムから見たパリ

fbnd (29)

新都心部も見えた。パリはビルがほとんど見当たらなかった。


fbnd (24)

メトロを探しつつ、セーヌ川で散歩も完了。

fbnd (31)

市庁舎発見!


パリ最後はゴッホやユトリロが暮らしたモンマルトルの丘地区へ。
fbnd (32)

丘に行く途中。パリにもこんなアメ横みたいな安売り店があるのですね。

fbnd (37)


fbnd (36)


fbnd (35)



fbnd (33)

パリのどこからでも見ることができるモンマルトルの丘。

fbnd (34)

ユトリロの住んだ家↑も見たし、モンマルトルの散歩も果たしたし、最後に宿の門でバイクに轢かれそうになり、バカヤロー死にたいのか-とおフランス語で怒鳴られ、スパークリングワインで48時間のパリ滞在は無事終了しました。

パリはですね、問答無用で素晴らしかった。
私のようにヨーロッパ旅行に不平不満を抱いている人間でさえ、納得の街でした。

そして今日はベルギーです。
ベルギーに入ったとたんおうちが茶色の外観になってかわいい♪レゴの国みたいです。
あいにく今日は雨ですが、雨模様でさえ絵になるような美しいところです。
ヨーロッパはやっぱり来てよかったと思う。
それではまたー。
スポンサーサイト

| France フランス | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |