世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ドイツ生活 以上で。

夢を見ました。
弟の彼女が家にやってきたので、私は朗らかに挨拶をしました。しかし彼女は挨拶を返さない。ぶちっと切れた私は『挨拶もできないのか。』と一言。
・・・将来の義理の妹になるかもしれないのに、初対面でこれはいかんよ、しかし実際自分やりそー。。。と思うと怖かった・・・

そんなわけで、ドイツもあと4日です。
この2ヵ月半、専業主婦みたいな生活をしました。そう、憧れの専業主婦。
しかしいかんね、専業主婦は。
第一に太る。
それに収入がないとほしいものも買えない・・・
1日1日がすごいスピードですぎていくし、なんだか毎日もったいない。

ここでしっかり1年3ヶ月分の旅の疲れをとったので、帰国したら空白期間をおかずに仕事をはじめたいです。

といいつつ旅はまだ続きます。帰国は3月ごろか。
これでもかというほど和食は食べたけれど、何が食べたいかと聞かれたらおいしいハマチを少しと、白米と昆布の佃煮。これに限る。

ああ、でも本音はもう少しドイツにいたい。ドイツ語ももっとしゃべれるようになりたいし、そしたらいつかこっちで働いてみたい。
ドイツ語、最初はダンケシェーンとザワークラウトしか知らなかったけど、今はほんの少しまともになった。少なくとも、過去にトライした英語以外の言語の中で一番進歩したと思われる。特に冷蔵庫の中のものはかなり覚えた気がする・・・さすが専業主婦

異国にしばらく滞在して、考え方の違いや、価値観の違いも結構考えさせられた。
が、これは旅をしていたおかげでわりと適応できた気がする。

ガイジンだという理由で親切にされることも多かった。自分はそれほど他人に得や福をもたらす人間ではないし、ドイツ人として生まれたきたらこれほどこの土地になじむことはなかったかもしれないから、異人であるという特権はありがたく使わせてもらった。

それでいいのだと思う。
もしも新しい世界で生きて行こうと決意するなら、最初はどんな特権でも使うべきだ。
チャンスは無数にある。0からのスタート、失うものはほとんどないはず。

そんな人生も悪くないなぁ。
海外に住むということに、どちらかというと否定的なイメージが多かったけれど、今は少し違う。
シドニーやバンクーバーやロンドン、大都市だったとしたらそれは少し変わっていたかもしれないけれど、人口が1000人ほどの小さな村だったからこそ、特異な自分を逆に利用できるチャンスは多い気がした。


帰国してからの予定は全く未定。就職したいなとも思うけど、このままドイツとの縁が切れてしまうのはとてももったいない気もする。さぁ、どうなるか。
人生は1度きり。決まった道はない。でも隣の芝は青く見える。安定ってステキ。
どうする俺。なんか、年中カードを選択させられている気がしますが・・・

大学卒業したとき就職しなかった時点で色々と狂ってきているのかもしれないけど、でも29歳になった今現時点までは特に後悔はありません。過酷な会社で働けたし、すごいがんばってお金ためて世界一周という夢も叶えられたし、ドイツでの生活は楽しかった。

でもなんか突っ走ってる気がするのは気のせい?ふと振り向いたら周りに誰もいないなんてことにならないかしら?

まぁ、一説によると29歳はまだまだ若い方らしいので、もうちょっと突っ走ってみます。


gzgif (1)
ドイツ生活、最後に一言。
ライターでビールの蓋開けられるようになりました。

以上。
スポンサーサイト

| Germany2 ドイツ | 17:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドイツ暮らしもあと9日!

ビザが切れる。
で、出国。まず私の場合シェンゲンエリアへの滞在可能日数90日はもう使い果たしている。それに加えてドイツにてドイツ限定90日間ビザを取得していて、その有効期限が今月15日。
シェンゲンエリアへの最初の入国日は5月19日で、次回入国可能日は半年後の11月20日。ということは16日から19日まではドイツも含め全てのシェンゲン協定加盟国に入国してはいけないことになります。

当初はニュルンベルクから空路でイスタンブールへ飛ぼうと思っていたのですが、(片道140ドル!バスより安い)やっぱり人生最後のチャンスかもしれないので当初の予定通りバルカン半島諸国を見たい!!!ってことで、15日の夕方の夜行バスでボスニアヘルツェコビナに行くことにしました。

さて、ここで問題。国境審査のないドイツ、オーストリアは問題なく通過できるとして、問題はシェンゲンエリアと非シェンゲンの境となるスロベニアとボスニアのボーダー。ここで私はパスポートチェックを受けます。たいていは適当にチェックされるだけだと思うのですが、運が悪いとここで滞在日数をつつかれるはず。そのとき私はドイツビザを取得していた旨と、ドイツから夜行バスでダイレクトでボスニア入りするのでスロベニアには滞在していない旨を説明しなければなりません。つまりトランジットなのよと。アジアでは通じそうな屁理屈ですが、スロベニアでそれが通用するのか。スロベニアがいい加減であることを祈るのみ。

uoct2 (33)
最近の出来事。

uoct2 (12)
ハロウィーン。子供が来るかなと思ってチョコを用意しておいたけれど、不発。去年は2人来たらしい。
子供だけで見ず知らずの人の家を訪ねるなんて、安心できる環境でないとできない習慣だよね。。。ハロウィンはアメリカから輸入された習慣で、大人世代はあまりなじみのないものの、かぼちゃを飾る家は結構ありました。

uoct2 (4)
私も作ってみました。

nov (49)
お花畑のキビー。

nov (47)
イタダキマス!!


nov (46)
大学の同級生からうれしい差し入れ。おせんべいにようかん、そして葉唐辛子!!!!すばらしいチョイス!!!!!

nov (41)
・・・・参りました!!!!!その通り!!

nov (52)
これこれ、キビー。つまみぐいしちゃいかんよ。

nov (26)
村長夫妻が旅行のため、犬と猫の世話をすべく村長宅にプチ移住してきました。
この子が少々問題ありのわんこ。迷い犬だったところを村長夫人が保護したのだそうです。
いつもびくびくしていて、朝晩安定剤を飲ませなくてはいけません。常に尻尾が足の間に挟まってます。前の飼い主に虐待でもされたのか・・・後ろをちょこまかついてくるわりに、少しでも体にふれるとびくーん!!としてしまうので、近づくときはものすごーくやさしく、ゆっくりと近づかなければいけません。あまりよく知らない人間がやってきて、いつもより余計に彼女を警戒させてしまったと思いますが、私も相当ナーバスになりました。調子が悪いと痙攣を起こすらしい・・・そんな、責任重大な・・・・

nov (12)
こちらも村長夫妻のペット。かわいそうに、心無い人のいたずらで、右手がありません。他にも被害猫がいたらしい。こんなに穏やかな村なのに。
そんな痛ましい事件を経験したにもかかわらず、彼は本当に人懐こくて、会えばいつもぐるぐるごろごろ言いながら顔や体をこれでもかってほどこすりつけてきます。全身全霊で喜びを現しているような・・・ほんとにけなげでかわいい子なのです。こんなにかわいい猫を傷つけるなんて・・・

nov (35)
仲良くご飯中。

nov (36)
あっ!!横取りされた!!と思ったら、よく見るとにゃんこの手が『どうぞ』になってるぞ。

nov (39)
環境問題先進国のドイツですが、現役で暖炉を使用している家庭が結構多い。初めて暖炉生活してみましたが、1晩でかなりの薪を消費していました。んー。灯油と薪、地球にとってどっちがやさしいのでしょう・・・Nさんちも薪なのですが、家に帰って火をおこすと時間がかかるので、外出前から点火していくのだそうです。部屋はすすだらけになるし、温度調節はむずかしいし、大変そう。

Nさんによると、電子レンジがあまり普及していないわりに食器洗い機はかなり一般的らしい。食器洗い機用の洗剤も沢山売っています。洗濯洗剤のほとんどが、色物用と白用に分かれているが、いちいち分けて洗わないのでどちらを買っていいかわからない。ビニール袋やゴミ袋は細くたたんだ状態でぐるぐるロールになって売られている。トイレットペーパーにWロールならぬ3ロール、4ロールがある。流れないから。ボディソープの種類は多いけど、洗顔フォームとか化粧水はあまり売っていない。ビューラーを買ったらカーブが深くて彫りの浅い自分にはフィットしなかった。暖炉とは関係ないけどドイツの不思議でした。

nov.jpg
おかんの和紙人形、外国へ行く

nov (25)
昔ハト小屋があった家。もう小屋を閉めて何十年も経っているのに、いまだハトが寄り付いてくるそうです。屋根の下にあるまるっこい穴が小屋の入り口。

nov (8)
マスターヨーダ

uoct2 (40)
3晩一人ぼっちで過ごしたキビー。ドアの前でお迎えしてくれました。普段は断固拒否の抱っこも、ちょっとだけ許してくれました。しかもごろごろ言っていた。

fkkw (5)
ライナー宅にて。最近ゾンビ映画を立て続けに見たもので・・・

fkkw (4)
『ドイツ女子はマッチョがお好き』と普段からぼやいているライナー。ここで日々筋トレに励んでいるのです。マッチョといえば、茶色い目や髪の男子もポイントが高いらしい。これらの点を踏まえると、よりマッチョでオリエンタルなトルコ人がもてるらしい。ドイツ男子からしたらおもしろくないところ。仕事もとられちゃうしね。

ドイツでは以前不足していた労働力を補うため、積極的に移民受け入れをしたものの、現在は逆にドイツ人の失業率が増えてしまって、それが大きな社会問題になっているそうです。外国人の私が労働ビザを取得するとしたら、雇用主はなぜドイツ人でなく日本人の私を雇う必要があるのか説明しなければならないらしい。

korokke (9)



見ちゃうの??






korokke (10)
きもーい。



| Germany2 ドイツ | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

進化した世界で自炊中

暇なもので。
uoct2 (8)
専業主婦にしかできない!?『餃子を皮から作る』

uoct2 (32)
初めてのわりには形になったな。結構薄くしたつもりだけど厚かった。
思ったほど手間はかからないので(具を切るほうがよっぽど大変)、日本に帰ったらまた挑戦してみよう。
白菜は『中国キャベツ』という名で普通に売られています。

uoct2 (26)
日本食普及委員会その4.徹底的にご飯に合うおかずパーティー。
本日のメインディッシュはなんと言っても救援物資葉唐辛子。
そして母から差し入れのちりめん山椒・梅干・そしてだしまきたまご。
今日は日本人女性Nさんの彼氏で元寿司職人Fくんが来ていたので、だしまきたまごはちょっと緊張した。ドイツにはこういう感じの玉子焼きはなく、Nさん、ドイツ人に向かって『卵ケーキ!』と説明。

uoct2 (25)
他にひじき煮・そぼろ・ハロウィーンのランプから採取したかぼちゃの味噌汁、餃子・麻婆ナス&ズッキーニと、Fくんからの差し入れの肉じゃが。

uoct2 (23)
サラダにはわかめを入れて、すりゴマとお味噌で作ったごまドレッシングで食べました。デザートはようかん!!徹底的に和食。
3人とも日本を離れて久しいので、庶民の食卓が何よりうれしい!!これであと明太子と子持ちめかぶがあったら最高・・・

uoct2 (11)
翌日あまったご飯でお弁当を作成しドイツ人にご紹介。欧米のお弁当といったらサンドイッチとりんごだとばかり思っていたが、ドイツではかなり近い形のお弁当を持っていくらしい。

gzgif (3)
お弁当第二弾、豚のしょうが焼き定食!!!これを嫌いなひとはいないはず。
豚ばら肉は、近所のスーパーだと固まりで売っているので切るのが大変。日本はつくづくなんでも便利だなぁ。値段は割りと安くて、100グラムで35セントぐらいなので日本よりも安いかも。(円高なら)
日本ではお安いフレッシュ鶏肉はこちらでは高価で、まるまる1匹の冷凍鶏のほうが安い。

uoct2 (3)
目玉焼きってどう作りますか??
我が家ではお水を入れて蓋をして蒸し焼きにしていて、それが唯一の目玉焼きの作り方だと信じて疑わず生きてきました。しかしここドイツで思わぬ大発見が!?
蒸し焼きにすると何が起こるか。黄味に白い膜ができるのです。
それを見たドイツ人が『この白い膜は何者!?一体どうなっちゃってるの!?』と不思議そうに首をかしげていました。
この目玉焼きを見ても分かるように、別に蓋をしなくとも目玉焼きはとってもきれいにできるものなのですね。しかも私好みの半熟で。

そんな、自分では全く意識したことがない小さな発見が面白い。

hasiyasume.jpg
村長の孫娘、スカーレットちゃんにお箸を貸してあげたら、
箸やすめ・・・天才だと思いました。

susi.jpg
ビビンバ。野菜のバラエティが少なく苦労しました。何気に思ったんですが、もやしがあんなに安価で当たり前に手に入るのは日本だけなのでは。

gzgif.jpg
二度目のビビンバはドイツ適応型。大根は手に入るのですが、季節的にラディッシュが安く出回っているので薄切りにして酢で漬けこみ、しゃきしゃきの歯ごたえが◎
きゅうりもの代わりにズッキーニ。あまり生野菜が多いと水っぽくなるので、ズッキーニはおしょうゆでいためました。
しかしドイツでは葉もの野菜が手に入らないのが困る。(レタス類を除き)
唯一確認できたのはほうれん草だけど、これは冷凍のみ。春菊食べたい・・・

29bday (40)
お芋の国の人だから。
芋は、5㌔ぐらい入って3ユーロぐらいで売ってます。ドイツ家庭は決して芋を欠かさないのだとか・・・
すごいと思ったのは、じゃがいものの加工食品であるおいもボール。ニョッキみたいな触感で、野球のボールぐらいの大きさにしてゆでて食べます。家庭用フライドポテトマシーンも普及しているらしい。
で、余りに余った芋を活用してマーボー芋。まぁおいしかった。ご飯には合わないけど、ご飯ないし、主食として丁度いい。

29bday (39)
ゆで芋3種。梅バター・辛味噌ねぎ・味噌マヨバター。

29bday (41)
冷凍で安く売ってたトリガラで出汁をとってつくった炊き込みご飯。とても高評。自分でとったトリガラスープを利用すると、ラーメン屋のわかめスープの味が再現できます!

korokke.jpg
コロッケを作るときはいつもコロ助のコロッケをイメージして山積みになるくらい大量に作ります。この日もこれは一部部分のみ。
コロッケなら世界中どこに行っても作ることができるのでは。しかもうまい。誰にでもうける。
普通味とカレー味を作りましたが、カレー味の方がパンチがあって好評のよう。
生地にはマヨネーズを混ぜるのが我が家風。中にはチーズを入れて揚げました。
そしてさりげなく救援物資ブルドッグソース・・・・
ソースというのは、日本オリジナルだったということを旅に出てから知りましたが、これがまた大好評!BBQソースのようだという回答も。

oct (30)
救援物資冷やしラーメン。本当は冷やし中華をオーダーしたんだけど、おかんちょっと間違えた。野菜やハムを細切りして無理やり冷やし中華気分に致しました。

oct (22)
手巻き寿司韓国風。ひき肉をコチュジャン・味噌・しょうゆで味付けて、にんじんと大根のナムルを一緒に巻き巻き。単に私の大好物。


rb2by (75)
チャーハン。私は卵を混ぜるより、上に乗せるほうがすきです。半熟風にできるから。これは昔アンアンでキムタクが紹介していた小技。

rb2by (76)
大根は手に入るので、救援物資の梅干で前原ミート風梅大根サラダを。前原ミートは本とはごぼうだったけど。ポイントは油を入れること。あと本だしでいい具合にUMAMIを。
UMAMIという言葉が昨日テレビで紹介されていたのですが、それって肉からだけじゃないよね??他にも昆布やカツオから出る出汁というのがUMAMIの重要な要素ですってば。
カツオで思い出したが、何十年後の磯野家が実写で放送されるそうですね。イクラちゃんがやたら賢そうになっていたが、正直、夢を壊さないでくれ。


kiwi (14)
おわんと箸が無くて困ったそうめん。天ぷらはチヂミになってしまった。

rb2by (78)
イタダキマス!!!!






| Germany2 ドイツ | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

期間限定生にごりワイン

どうも、おしっこがまんすると本当に膀胱炎になるよ、ちょりこです。

バイエルン州の中にある、下フランケンへ行ってきました。ここはドイツでも有名な白ワインの生産地。マイン川を越えて少しすると、とても豊かなブドウの丘が広がっていました。
fkkw (34)
こんな感じ。ハンガリー人のジグモンド大先生がドイツを訪れた際、畑があまりにも整然として美しく感銘を受けたとおっしゃっていたが、このぶどう畑にもしっかりとドイツ人気質を垣間見ることができた。
そういえば、ウクライナで会ったイケメンドイツ人ボルフガング君ハタチは、自作の旅行計画ファイルを持参していた。これぞドイツ人気質!そんなん作るの日本人だけかと思ってた・・・・

fkkw (36)
これも全部ぶどう畑。フランコニアのぶどう畑は丘陵地帯に広がって、スペインでもフランスでもアルゼンチンでも見たことのない独特な風景をつくりあげていた。なんというか・・・写真に残せなかったが、夢のような光景だった。いや別にワインの風呂に浸かる夢を見ていたわけではなくて。御伽噺のような世界。

fkkw (38)

fkkw (33)
近所のおじさんの行きつけのワイナリーに行きました。ここはそのワイナリーの経営するホテル件レストラン。めっちゃガウディ入ってます。『曲線を排除した・・・』どっかで聞いたことあるせりふだ。

fkkw (32)
これもまたどこかで見たような・・・

fkkw (35)
おじさんの目的は、この時期にしか飲めない特別なワイン、生にごりワインを手に入れるため。ドイツではフェダーヴァイザーと呼ばれているもので、新しくワインを作るこの時期、ほんの数週間しか楽しめないものらしい。
ぶどうジュースがお酒に変わる過程で瓶詰めされているらしく、ワインからは随時ぷしゅぷしゅと泡が出てくるため、コルクはついておらず、コルクの上から瓶の蓋を覆う紙?だけがついた状態で販売されている。(横にするとこぼれてしまう!)

置いておく期間で味やアルコール度数も変わってくるらしいが、まだ本当に若いものはぶどうジュース!ぶどうの甘みがとってもさわやかで、アルコール度数は5%程度だというが、私にはもっと低く感じられた。

この時期なら地元のレストランでも飲むことができるが、おじさんの目的はもっと若いにごりワイン。わざわざ蔵元まで赴いて、ここでしか手に入らない特別なフェダーバイザーを手に入れたいらしい。これは本当にすごくにごっていて、すごい勢いで発酵している。
ポリタンクに入ったフェダーヴァイザーを持参したペットボトルに移し変えてもらう。これ、ぱっと見アジアやアフリカでよく見かけるペットボトルに入ったガソリン状態(笑)
よく見ると主のつなぎズボンはつぎはぎだらけ。なんだか何十年か前の映画に出てきそう。関係ないけどドイツ人はモノを大切に長く使い続けることでも有名らしい。

家に帰ってから蓋を開けたら、振ったコーラのようにプシューっと勢いよく空気が飛び出してきた。1週間たった今もまだ元気に発酵中。だんだんアルコール度が濃くなってきた様子。
赤のにごりもあるのだが、フランコニアは白の産地なので断然白がおすすめらしい。

色々と勉強になったので面白かった。でも沢山飲んでもあまり酔わないのと、糖分が気になるのが難点・・・・

29bday (38)
とっても甘く、贅沢なぶどうジュースを飲んでいるかのよう。


fkkw (37)
ウェルコメン赤ちゃんズ!

fkkw (30)
ワインの町らしい番地標識。多くの家庭の玄関先にぶどうの木が植えてあったのも印象的。

fkkw (31)
記念撮影。
下フランケンへは車で1時間程度なのですが、大人数となったためまるでイタリアにでも旅行に行くかのような騒ぎでした。そっかぁ。このまま南へ向かえば車に乗ったままいろんな国に行けるんだ。なんかヨーロッパ人ってお得だな。

fkkw (29)
上フランケンにある森は、『木の種類が沢山ですごくステキ』だと皆が口をそろえて言っていた。日本には森はあまりないけれど、森と言ったらいろんな種類の木が生えてて当然じゃないの??山の多い日本から来た私にしてみると、1、2種類の木しか生えていない森のほうが珍しいが。

fkkw (28)
ここに来る間に、小さいけれどツーリストインフォメーションがあるようなちょっとし旧市街のある町をいくつか通りました。畑に埋まっている作物も、アスパラとかハーブとかめずらしいものばかり。
私にしてみたらなんて美しいところなんだと思って感心してしまいますが、当の地元民は感心するどころか、ここに来たのは初めてってぐらいだから、きっと自分たちの土地がどれだけすばらしいか気づいていないんだろうなー・・・

| Germany2 ドイツ | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これは絶対膀胱炎

旅に出てから初めて病気らしい病気になったみたいです。ってゆっても膀胱炎は投薬で簡単に治るらしいですが。
病院に行きたいけど、症状が微妙なので説明が大変そうだ。
日本語でもなんと言っていいのか分からない、痛みでもなく、ただなんかじわーっというような・・・むずむず?いや、痒くない。熱を持ったような??英語で言ったらHOT?なんか勘違いされそうだ。
とりあえずぶつぶつ言ってないで病院行こー。。。。

追記。
膀胱炎でした。病院というか、町医者に行ってきました。
地元の人は小さなクリニックのことを病院とは呼ばないらしい。あくまでも『ドクター』。
で、ドクターの部屋に行くと、暖色系の家具が置かれたオフィスの応接間みたいなかんじ。
薬の瓶もスチールデスクもなく、看護婦さんもいない。
握手をしてから、『膀胱炎の疑いが・・・』といったら、問診もせず、『じゃ、ちょっと検尿しましょう』
ってなかんじでさくさくっと進む。
検査もその場でやってくれて、ほんの30秒お話しただけで抗生物質を処方され終了。

HP見た結果、膀胱炎の疑いがあって病院にいっても、検尿検査に3日ぐらいかかると書いたあったが、はぁ、さすがドイツ。こういうとこはほんと合理的というか、効率がいいというか・・・

でも、会計をしようとしたら、コンピュータが壊れたから明日でいいわと言われた。保険の都合上全額払わなければいけないので、結構な額になっていると思うのだが・・・その辺はやはり村人的価値観か。

まーとにかく厄介な病気でなくてよかったです。膀胱炎は自然に治る場合もあるということですが、菌が残ると繰り返す可能性もあるので、抗生物質を最後までキチンと服用し、しっかりと菌を殺しておかないといけないらしい。
でも、どうやら寒いドイツでは膀胱炎はかなり一般的で、自力で治す人が多いらしい。家主は『キビーも2回なった!!!』と言っていた。猫と一緒にするな。

民間療法としては、腹部を湯たんぽであっためる・ドイツでかなり一般的なハーバルティーを飲む、など。ハーブティは症状によって色々な種類があって、葛根湯のごとくドイツ人にあがめられている。
te.jpg
ずばり腎臓と膀胱ティー

女性が9割を占める病気だということで、なるべく冷えないようにし、トイレを我慢しない、普段から水分を沢山とり、膀胱を洗い流すようにするとよいそうです。ちなみに日本では汗をかいて膀胱への水分が少なくなる夏季に膀胱炎が増える傾向にあるらしいです。
ちょっとした膀胱炎マニアになってしまいました・・・

| Germany2 ドイツ | 18:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後のビール祭り

5月に始まり、夏の間各地で行われてきたビール祭りも、冬の到来と同時に幕を下ろす。
こえがきっと私が行く最後のビール祭り。

fkkw (2)

fkkw (26)
懲りずにパレード。車の横には、今年この村がしでかした失敗談が書かれているらしい。とても自虐的だ。

fkkw (39)
ビアーシュトラーゼ。そのまんまビール通り。

fkkw (3)
『鯉やってます』

fkkw (25)
子供向けのアトラクション。村っ子たちは他に遊ぶ場所がないために、こんなチープな乗り物に殺到していた。私も乗ってみたけど、激突したときの衝撃が結構すごい。見た目よりも刺激的かも。

fkkw (24)fkkw (40)
大人はやっぱりビールを飲む。

fkkw (19)
ローカルサイズ

fkkw (22)
キビーも飲んでます。

fkkw (20)
最後の夜は特別に花火があがった。小さい村、ちょっとがんばった。

fkkw (18)

fkkw (23)
きっと最後のビール祭り。一体何回行ったことか・・・



| Germany2 ドイツ | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太った。

この間ペルーに来た友人SPに太ったねと言われました。
日本から出発前に履いていたジーンズが送られてきて、遅ればせながら実感しました。。。
ということで晴れた日は自転車に乗ろうキャンペーン実施中。
29bday (11)
ヤセタイ・・・

29bday (6)

29bday (7)

29bday (8)

29bday (9)

29bday (10)

29bday (12)

29bday (14)

29bday (13)
近所で見つけた最強の家

29bday (15)

29bday (16)

29bday (17)
ど根性かぼちゃ

29bday (29)

29bday (30)

29bday (31)

29bday (32)

29bday (33)

29bday (34)

29bday (35)

29bday (36)

29bday (28)


29bday (20)

29bday (21)

29bday (22)

29bday (23)

29bday (24)

29bday (25)

29bday (26)

29bday (27)

29bday (1)

29bday (2)
秋に菜の花?でもいいにおい。

29bday (3)

29bday (4)

29bday.jpg

29bday (5)

29bday (19)

29bday (18)
秋ですなぁ

| Germany2 ドイツ | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本食普及の会活動その3お好み焼き

近所に住む日本人Nさんがおたくふくソースをゲットしてきたのでお好み焼き会を開催しました。

okonomizaki (2)
じゃーん。冬はお好みに限る!!!!
半分が石焼き用の石になっている不思議なホットプレートでした。
考えてみたら日本だと圧倒的に室内で焼肉かお好み焼きが一般的ですが、こちらでは夏や晴れた日は外でBBQが普通みたいです。日本の住宅事情を考えると当然だけど・・・

okonomizaki (5)
具はあるもので。キャベツ、豚肉、長ネギ、剥きえび、瓶詰めたけのこ、チーズ、そしてポテトチップ!
これで1人たったの2ユーロ×6人分はとても経済的!!野菜がいっぱいなのがなかなか受けたようです。
ソースはオーロラソースが圧倒的に人気でした。我が家では20歳になるまでオーロラソースオンリーで食べていたのでうれしいです。

okonomizaki (4)
『プレートを囲んであつあつをわいわいがやがや食べる』
お好み焼きの極致をヨーロッパにて完全再現に成功。
これでオーベー人がもんじゃの良さを分かってくれたら感動なんだけど。
関西の人にも理解難しいぐらいだからまぁ無理だと思うけど。
。。。おいしいんだけどなぁ~特に冬に焼酎飲みながらちょびちょびとはふはふ言いながら食べるのが・・・

okonomizaki (6)
しめは餅!のりもあったので磯部で攻めてみました。
『チューイングガムみたい・・・・』

okonomizaki (7)
皆無言でがんばってました・・・
ちょっとハードルが高すぎたか?こんなに縁起のよい国民的日本食なのに・・・残念!

| Germany2 ドイツ | 22:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

がけっぷちってこのことか。

♪へるぷみーわーすとでーとぅーみー♪
・・・・また1つ年をとりました。ノーモア誕生日。ちっともハッピーじゃないよちくしょう。

せっかくの機会なので、お世話になった方にアジア料理を披露することにしました。
何から何まで自力で、準備には丸2日かかりましたが、最低の日であることをどうにか忘れることができたのでそれはよかったです。

それはそうと、パーティメニューを自分で用意するのは楽しい!!!!趣味自炊人間の極致ですな。

29bday (43)
和食は地味だし苦手な人もいるので、中華や東南アジア風のピリカラ味も混ぜてみました。

29bday (45)
コロッケはここでもウェルコメンでした。30個ぐらい作りました。
春巻きはオーブンで焼くと軽くてよい。にんにくしょうがねぎを入れた酢醤油ダレを添えて。
メインはカリフォルニアロールなのですが、自分で好きな具を選べるように、レタスの葉とご飯と色々な具を用意し、手巻きもできるようにしておきました。具はハムやチーズ・パプリカ・ツナマヨなど。あとトマト・カレー・韓国風の3種類の味の挽肉を用意。特にカレー味が高評のようでしたが、3種類ともあっさりとさばけてしまいました。

29bday (44)
裏巻き方式のカリフォルニアロールは、実は通常の海苔巻きよりも簡単!
これなら誰でも巻けることから、アメリカで開発され逆輸入されたのだそうです。

作り方は簡単なので早速今夜のおかずにどうですか??レシピを乗せておきます。
①のりは半分に切ります。
②サランラップを敷き、のりをのせ、その上にご飯を敷きます。のりしろは作らなくても大丈夫。全面に均等に。
③ご飯の上に白ゴマかとびこか薄焼き卵を敷きます。
④そしてそれをのりごとひっくり返します。
⑤のりが上、ご飯が下の状態です。
⑥のりの手前の方に具を並べます。のりが半分しかないので入れすぎに注意。
⑦サランラップごと手前から巻きます。サランラップを巻き込まないように注意。具を中に押し込んでいくように巻くとうまくいきます。ラップに包まれたら軽く整形する。
★ここでご飯が割れても心配無用なのがカリフォルニア巻きのいいところ。
⑧形が整ったら、ラップごと巻き簾に移して巻き簾で形を整える。
わたしは巻き簾が無かったのでダンボールで代用しました。
⑨最後にサランラップをとって切れば出来上がり。


試しに現地人にやってもらったところ、1発できれいに作ってしまいました。
そのあとはお任せで、ドイツ人同士で『あれとこれ入れて!』『わさび!』『色が悪いからパプリカ入れよう』などわいわい言いながら好き勝手にあれこれ試作してました。これはいいアイディアだった。

具は前回寿司職人に教えてもらったアボカドサーモンモッツァレラのほかに、ハムチーズきゅうり・チキン照り焼にんじんサラダ菜など。個人的には薄焼き卵を皮にして、中にレタスとツナサラダを巻いたものが見た目も味も一番良かったかも。
 
29bday (46)
ドイツではサラダを辛くして食べることはないので、豆板醤とにんにくとしょうが入りの醤油ドレッシングはなかなか新しかったようです。蒸し鶏の裂き身を乗せました。
あとポテトサラダはドイツにもあるのですが、日本のようににんじんやきゅうりを入れるのは初めて見たらしく、不思議そうにしてました。ドイツ人の友達が差し入れしてくれたポテトサラダには、ピクルス・ウィンナー・そしてりんご(!これは一緒!!!)が入ってました。めっちゃかぶってるけど、そこは突っ込まず。

29bday (47)29bday (48)
村長一族大集合&ライナーのパン屋でワーホリ中の日本人女性Nさんからのステキな差し入れ、チーズケーキ!驚くほど甘くなく、日本人にはうれしいところ。

29bday (49)
近所の子とか。知らない子もいるんですが・・・Nさんによると、そういうものなのだそうです。ステフィの男友達がおじさんの娘に猛アタックしてました。ふーん、こうやって知り合いを増やしつつ、彼氏彼女をゲットしていくのか。でもいいことだ。俺の友達はキミの友達でもあるんだ的な雰囲気は・・・。

29bday (55)
自分で作るパゾル風ランプ。これはなかなか面白い!小一時間我を忘れて無我夢中になれます。見栄えがいいので食卓に飾らせてもらいました。


世界一周に旅立ってから2回目の誕生日か。。。時が経つのは早いものですな・・・この1年は中東・アフリカ・南米・ヨーロッパと立て続けに未知との遭遇が重なり、人生の中でも最も写真の多い一年になったことかと思います。そしてすでに1年前にいた中国やパキスタンでの日々が懐かしくなっています。同じ旅の延長にあるのに、おかしな話ですが。
でももう旅も終盤!11月半ばにはドイツを出国し、中東方面からアジアに飛ぶ予定です。年末年始はカイロかイスタンブールを予定しています。お休みが取れそうなあなたのお越しを心よりお待ちもうしあげております

出発前の予定では30までに再就職だったので、よいペースです。あ、私の中では嫁も職のうちなんだけど、職安行くのはまだ早いよね?ね?ね??

そしてカウントダウンは始まった。次回いよいよケタが変わります・・・

| Germany2 ドイツ | 18:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キビーの悪事と報復

キビーは昨日沢山悪事を働きました。
悪事1 テーブルの上に乗って花の飾りをいじって遊ぶ。
悪事2 観葉植物の葉っぱで爪とぎ。
悪事3 服の上でおしっこ。
悪事4 キビー用トンネルの上でおしっこ(未遂)
悪事5 台所の流しに乗る。
悪事6 隣の家に住む猫フィレのトイレを無断使用。

もう朝から何度も怒鳴られています。

しかしもっと怒っているのはおそらくフィレであろう。

普段は臆病なヤツが、うちの玄関の前に座ったまま私が出てきても逃げない。
・・・。どうしたかフィレ。キビーに求愛か。言っとくがキビーはおかまだぞ。
・・・??
・・・・!?
あああああ!!!!!うんこしてる~!!!!!!

くそー、あの品行方正なフィレが仕返ししてくるとは。
でも今日はキミを怒れないよ。
分かっているさ、キビーがフィレのトイレを無断使用するのは今回が最初じゃないってことぐらい・・・
ひょっとしたらフィレよりも頻繁に使用しているかもってぐらいだもんね・・・
それどころかやつときたらフィレ専用の猫ドアからフィレの家に不法侵入している現場も目撃したことがあるぞ・・・

!?ああ、もしかしたらヤツめ、また不法侵入したか!?
あんまりにも引きこもりで、あんまりにも悪事を働くから強制的に外に追い出したのがいけなかった!?

なんかこのフラットに暮らす4匹を観察すると、キビーが一番問題児のような気がしてきた・・・
とんだ箱入りわがまま娘め!!

rb2by (2)
それが何かぁ~???

rb2by (1)
つんつん。

rb2by.jpg
寝ている時はかわいいのに。あ、天使の輪ができてる。

rb2by (78)
イタダキマス!!!!

rb2by (77)
猫食いしてもいいですか!?



oct (26)
キビーです。

oct (24)

fkkw (12)
寝ている時はかわいいって言われます。

oct (25)
いつもおなかがすいています。

oct (23)
ヒーターの上が好きです。

oct (26)
キビーです。

29bday (57)
勉強は欠かしません。

fkkw (14)
うそです。

fkkw (17)
何事にも動じません。

fkkw (16)
ちょっと多すぎはしませんか?

fkkw (15)
。。。。

oct (26)
キビーです。

fkkw (22)
ドイツ猫はビールがお好きです。

fkkw (21)
1日1回『シャー!!!!!』と攻撃します。

29bday (56)
抱っこは嫌いな私です。なぜって?私には自由への権利があるのです。抱っこはそれを阻みます。ここは権利の大陸ヨーロッパ・・・(←これ、飼い主が本気で言っていたキビーを抱っこしない理由)

fkkw (11)
。。。。

fkkw (10)
んー。

fkkw (9)
感無量。

oct (26)
キビーでした。










| Germany2 ドイツ | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リアルディズニーランドⅡ×クリスマスランド

『冬になったらもう一度行きたい!!』と思ったローテンブルグ。
あいにくクリスマスまでは待てないので、ちょうど紅葉が一番きれいな時期に合わせて再訪してきました。前回は曇りで写真があまり映えなかったので、今回は晴れの日を選んで行ってきました。

rb2by (3)
入り口付近の道路の看板に、ドイツ語と並んで小さく日本語で『ロマンティック街道』と書いてありました。
いかにロマンティック街道が日本人に大人気かを物語っています。

rb2by (4)

rb2by (5)

rb2by (6)
私の滞在している村からは車だと45分ということもあり、村人の中にはローテンブルグ城壁横にある職業専門学校に通う人も多いのだとか。この学校が少し変わっていて、3週間おきに学校→仕事と繰り返し、働きながら学校に通いつつ3年がかりで卒業するのだそう。私だったら毎日学校に行って1年半で卒業したいけどなぁ・・・

rb2by (13)
晴天!!!

rb2by (7)

rb2by (8)

rb2by (9)
やっぱり青空が良く似合う。

rb2by (10)

rb2by (11)
リアルディズニーランド再び

rb2by (12)
久々に見た日本人団体観光客。日本人はやっぱりおしゃれ!!いつでもどこでもきちんとした身なりなのが日本人の生真面目さをあらわしているのでは。特に若い人が多い場所での私のひそかな楽しみは、今の流行は何かを観察すること。でもまさか9月の終わりでダウンジャケットが必要だとは想像しなかっただろう。寒くてびっくりしたんじゃないかな。
この時期なので定年夫婦が多いのかと思いきや、老若男女幅広い層の人が観光に来ていた。

よく色々なところで『日本人といえばカメラ』と言われ続け、ドイツのCMの中でビールを注文する日本人観光客役の人の首からもしっかりとカメラがぶら下がっているぐらい、ドイツ人にとって四六時中カメラを手放さない姿がすっかり日本人の典型となっているようだが、ここにいた皆さんの手にもしっかりとカメラが握られていた。
ホンモノ見ちゃったよ~見たいな感じで同行のドイツ人はいたく歓心していた。いやいやあんた、私だって四六時中カメラ持ってるよ??そういう本人も四六時中携帯のカメラを稼動させている。
今や韓国人観光客はコンパクトデジカメだけでは飽き足らず高価な一眼レフデジカメを持つのが標準だし、中国人に至っては景色よりも多くの『自分』を納めることだけに命をかけている。もはやカメラは日本人だけの象徴ではないのだけどね・・・

rb2by (23)

rb2by (20)

rb2by (21)
こちら前回は見逃していて展望台。さらに先は公園になっている。中世犯罪記念館を奥に行った方にあり、とてもいい眺め。

rb2by (24)

rb2by (25)

rb2by (26)

rb2by (27)

rb2by (28)
紅葉と赤い家並み。とてもかわいらしい景色だった。

rb2by (29)
のんびりとした公園。

rb2by (30)
栗に似ているけれど苦くて食べることはできない

rb2by (31)
城壁の入り口を守っている!?

rb2by (37)
昔のパン屋さんらしい。
家の壁にはしばしばドイツの古いことわざが書かれているらしい。

rb2by (39)

rb2by (40)
日本食やさん発見!!中華のお店もあります。

rb2by (51)
城壁を登って散歩。

rb2by (52)

rb2by (54)
フランケン地方の旗

rb2by (55)
アルゼンチンで見たのと同じ実のなる木。あの時は確か4月ぐらいだった気がするが、あちらは秋だった。半年も経たないうちにもう一度秋。

rb2by (56)
ヨーロッパの木々は日本ほど紅葉しないと聞くが、蔦の葉は真っ赤に色づく。

rb2by (64)rb2by (65)

rb2by (66)rb2by (67)
ローテンブルグ名物のクリスマスランド。クリスマスにまつわる色々なものを売っています。
もともとはおもちゃ屋さんで、これは入り口を飾る動くおもちゃ。ディズニーランドみたいで、1つ1つ見ているといつまでも飽きません。
rb2by (63)

rb2by (71)

rb2by (70)

rb2by (68)
口から煙を出すお香用の置物。かわいくて使えないよ。
どれもとーってもかわいい手工芸品で、ツリーに飾る小さな飾りは木製やガラス製などさまざま!!他にもクリスマスを物語る木彫りの置物や木製クリスマスツリーなど、数百ユーロもする高価なものまで沢山!!クリスマスのディナーを彩るナプキンやレースの敷物もあってお母さんへのお土産にももってこい。もちろん高くて買えませんが・・・100万円持ってお買い物したい!!!!!!

rb2by (69)
ワイナクチュマン。ドイツ語だとクリスマスはワイナクチュ、サンタクロースはその名もクリスマスマンとなるそう。なんかぱっとしないな。しかもサンタクロースというと通じない。フィンランドの住むプレゼントをくれるひげのおじさんと言ったら通じた。ところで村長は毎年サンタになって幼稚園の園児を訪ねているらしい。私の保育園も役場の人がサンタだったぞ。

rb2by (72)
クリスマスランド最強のクリスマス広場。ローテンブルグで一番好きな場所!

そんなわけで2度目のローテンブルグ観光でした。やっぱりクリスマスにまた来たいなー。
何度でも行きたいステキな町です。





| Germany2 ドイツ | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キノコ狩りとチェルノブイリについて

チェルノブイリ原発事故は1986年ウクライナのチェルノブイリで起こったものです。
チェルノブイリ基礎情報

ウクライナのマーケットで野菜を買うとき、同行したドイツ人2人がチェルノブイリ・・・』とつぶやいていました。そのとき私は特に何も考えず、そんなオーバーな・・・と思っていましたが、遠く日本にも放射能が検出されたぐらいなので、ヨーロッパの人々は今も忘れることのできない大事故だったようです。
ここババリヤでも少なからず影響があったそうです。

村長が言っていました。
昔はキノコ狩りといったら、どこの森がいいか誰もが知っていたものだけれど・・・
村長はその時なぜいつの間にかキノコ狩りに行かなくなったのか思い出せなかったようですが、ある日チェルノブイリの事故がきっかけだったことを思い出したそうです。

きっかけはテレビでやっていたキノコ特集。その中で、毒キノコの見分け方以上に時間を割いていたのはキノコに含まれる放射能の量についてでした。どうやらオーストリアやババリアは、今でも基準値以上の放射能を有するらしく、特に雨の多い森の産物で、しかも菌糸がサッカーコートの何十倍も伸びるというキノコだとその影響を受けやすいのだそうです。

森から収穫したものを自分で調理して食べるというごくごく質素な喜びを知った直後にこの事実は驚きました。彼らが私たち以上にこの問題について神経質である理由も分かりました。

ほんの少し調べてみたのですが、その量は広島原爆の600倍、なんと放射能は北半球全域に飛散していたのだそうです。なので、スカンジナビアのトナカイの肉からも放射能が検出されたし、フランス、ギリシアなどヨーロッパからの産物も例外ではないそうです。

インスタント食品でなく、野菜そのものから自分で作る食べ物くらいは安全であってほしい。
毒キノコは毒キノコだけであってほしい。
キノコ狩りの先には実はこんな悲しい現実が隠れていたのでした・・・



・・・でもやっぱりあまりピンとこない。
1年に1度ぐらいだからいいかなと思ってしまう。
・・・もしかしたらこのせいでドイツ人にキノコが定着していないのかもしれないな・・・

ヨーロッパは森が豊か。
村々にはフルーツの木も沢山生えているし、ベリーの木々を見つけるとうきうきしてつまみぐいしたくなります。
そんな小さな幸せが安全でないと思うととても悲しい。
一体この地球のどこにいったら子供を安全に育てられるのでしょうか・・・


| Germany2 ドイツ | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きのこ祭りじゃ~!!

ちょっと近所の森へキノコ狩りへ。
kinoko.jpg

kinoko (1)
村長の愛犬ピコも参戦。トリュフは任せた!

kinoko (2)kinoko (3)
右)第一キノコ発見。多分毒きのこ
左)キノコ狩りは素人にはかなり難しい。マッシュルームのようだけど、これは毒。ちなみにマッシュルームは森でなくて『オンザグラス』に生えているのだそう。草って、なんだ?

kinoko (4)kinoko (6)
左)怪しき者には手を出すべからず。
右)これは毒キノコ。形はきれいなんだけど。

kinoko (20)kinoko (19)

kinoko (7)kinoko (9)
左)しいたけに似ているけれど・・・やめとこう。
右)脱皮中?

kinoko (5)
待望の食べられるキノコ(名称不明)→分かりました。シュタインピルツ、訳して石キノコ。石のようにずんぐりと重いから??
後ろ側が黄色くて、指で軽く押すと青色に変色する。見た目は非常に気持ち悪いが、肉厚でどんこによく似た味。

kinoko (21)
これもいける。

kinoko (8)
籠と同じサイズの巨大キノコ

kinoko (29)

kinoko (10)

kinoko (14)


kinoko (34)kinoko (35)
上のキノコのは日が経つとこうなるそうです・・・

kinoko (33)kinoko (30)
アートな毒キノコたち

kinoko (27)kinoko (28)
アートキノコも日が経つにつれ形が変化します・・・

kinoko (18)kinoko (22)
左)巨大きのこ
右比較・1ユーロコイン

kinoko (23)kinoko (24)
左)カットしてみます。
右)食べられるキノコだ!

kinoko (13)
分厚いキノコブック。

kinoko (25)
ピコ、仕事しなさいよ。

kinoko (44)
ポルチーニ茸でもいいんだけどなぁ・・・

kinoko (45)
検証中

kinoko (16)
森には必ず所有者がいるけれど、特別な保護区以外はフェンスを張ってはいけない決まりで、誰でも勝手に入って森からの産物を収穫していいのだそう。野生の鹿にも出会いました。

kinoko (31)
きのこ狩りというよりは、ちょっと近所の森まで散歩といった感じ。皆森が大好きで、お気に入りの森があるのだそう。

kinoko (46)
そろいの帽子で意気揚々と帰宅

kinoko (36)
収穫。
結局確実に安心して食べられると判断できたのは2種類だけでした。
早速どんこ風のきのこを料理。伝統的メニューは バター・たまねぎ・塩・コショウのシンプルな炒めもの。
日本ではきのこはさっと炒めただけでもOKという認識がありますが、ドイツ人はきのこに付着している雑菌を異様に恐れていて、なんと30分近くも火にかけていました。さすがにこれは長すぎで、たっぷり水分が出てしまい、最後にはスライム状態になっていた。しかも、調理したキノコでも翌日になると毒に変わる!!と本気で信じていた。本当か!?怖いから捨てたけど・・・
→ちょうどテレビできのこ特集をしていたので発覚。答えは『大丈夫だが翌日もしっかり加熱処理すること』だそうです。この質問を街頭インタビューしていたぐらいだから、キノコというのはあまりドイツ人にの食生活に根付いていないようだ。*キノコの缶詰は一般的のようだ。

洋風料理よりも中華に良さそうなので、あんかけか、マーボー風にしてみたらいいかと思う。

余談ですがキノコについて調べていたところ、日本のキノコは余ったら冷凍しておくといいそうです。かちかちになることはないので解凍なしで調理できるとのこと。余談でした。


kinoko (42)
小人を連れて帰ってきてしまった。

| Germany2 ドイツ | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビール祭りじゃ~!!!

昨日までドイツ・ミュンヘンにて世界的に有名なビール祭り、オクトーバーフェスが開催されていました。
この『ビールを飲んで歌ってさわぐ祭り』は、実はドイツ各地で行われているそうです。ここババリヤでも、9月初旬から毎週毎週各農村でミニオクトーバーフェスが行われています。

oct (4)
実によいお天気。

oct (9)oct (10)
伝統的な飾り。ちょっと見クリスマスツリーのような・・・

oct (3)
普段はほとんど人の歩いていない村なのですが、この日ばかりは村中の人がやってきているのではないかと思うほどすごい人出。
日本のお盆のように、この時期になると遠く離れた家族が一同に集まるのだそうです。

oct (5)
子供向けの出店や乗り物アトラクションも特徴のひとつ。

oct (8)
砂糖菓子でコーティングされたハート型クッキーや、蜜を絡めたナッツ、わたあめなどを売っているお菓子屋台

oct (7)
パレードがやってきた

oct (1)
トラクターに引かれてやって来た人たち。宴会中でした。運転手は片手に大ジョッキ。

oct (6)
・・・みんな飲んで歌って騒いでいるだけなんだけど。

oct (2)
若者が着ているTシャツは地元ブルワリーのロゴT。ビール王国だけあり、この近所だけでも沢山の地ビール工場があります。ちなみに国内では1000社以上のビール会社が、銘柄は5000以上あるのだとか・・・
地ビールは地元スーパーで買うほか、各農村に地ビール会社協賛のレストランがあり、オリジナルジョッキでご当地ビールを楽しむことができるのです。
地ビール支持者も多く、有名な大会社のビールは一切買わない!という人も結構います。曰く、『地元中小企業に救いの手を!』

korokke (15)korokke (17)
上の子たちが着てるビールはこれ。蓋の開け閉めができるのがいい!

korokke (16)
ジョッキやグラスには必ず『ここまで入れる』表示があります!!!日本にはないけどと言っても信じません。それぐらい徹底している。さすがはビール王国!

oct (32)
青空の下で飲む生のお味は格別!

korokke (18)
ラベルがかわいいこちらのビールは500ミリかける20本で6ユーロという破格のお値段。しかしビールの味があまり分からない私でもまずいと感じる。

oct (12)
ドイツといえばサッカーも忘れてはいけません。村役場サッカー場にて。各村にチームがあり、中には所属選手に小額のお給料を出す村もあるのだそう。

oct (14)
いい日曜日だった。寒くなる前に帰ろう。










| Germany2 ドイツ | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レース観戦

近所でバイクレースがありました。初めて見たけど見所がいっぱいで面白かったです。

49 (12)

49 (11)

49 (10)

49 (9)

49 (8)

49 (7)

49 (6)

49 (5)

49 (4)

49 (3)

49 (2)

49 (1)

| Germany2 ドイツ | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寿司パーティ@ドイツ

susi (3)
今年最初の暖房を点火。11月中旬のような今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。キビーは早速家の中で一番暖かい場所を発見したようです。

susi (4)
本日は、元寿司職人をお招きして寿司パーティ。普通のナイフできゅうりのかつらむきをしていました。さすが元プロ。

susi (5)
比較・素人VSプロ。恥ずかしいからやめて~と言われたけど、私からしたらすごいよ。普通のナイフで切ったんだから・・・

susi (7)
まずは巻きから。さすがプロ、ご飯の硬さを確認する仕草や、シャリを握る手つきがサマになってました。

susi (8)
ネタはあるもので。スモークサーモン、モッツァレラチーズ、アボガド、カッパ、ニシンのオイル付け・・・みんなおいしかった~

susi (9)
そしてにぎりも!いやーさすがはプロ!

susi (10)
この見た目、食欲をそそります

susi (11)
外人寿司に初挑戦の図。

susi (12)
見よ、この手つき!

susi (13)
手巻きの上手な作り方も教えてもらいました。でも、外国人にはのりがなかなか曲者のようでした・・・

susi (14)
おじさんも大満足☆




| Germany2 ドイツ | 21:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都会さ行っただ。

朝の気温7℃って・・・まだ9月9月!!!

昨日都会に行ってきました。
都会の子たちはもうダウンジャケットプラスブーツ!!!まだ9月!!
(半月前はまだ半そでで汗かいてたのに・・・)

都会の靴屋さんは夏物処分をしていました。お値段5ユーロ・・・いいなーいいなーいいなー~
でも我慢、無職ですから。

都会では、必要に迫られ10ユーロ以下の冬服を購入し、普段なら絶対にひとつにまとめるところをいちいち袋に入れてもらい(生ごみ入れになるので重要!)、『ヨーロッパでショッピングしました~』風に装ってみました。(でもその袋はヨーロッパでいうユニクロやジーンズメイト、悲。)

何が悲しいって、都会に行く交通費21ユーロ・・・ブーツと同じ値段だ。
もう都会に行くことはあるまい。
久々のショッピング楽しかった~!!!!!!!!

kiwi (9)
村長夫人とその子供・孫らとともにショッピングに行った時のもの。
カフェでアイスココアをご馳走してもらいました。欧州にきてからこんな贅沢したことがないよ。

kiwi (8)
将来お姫様になりたいスカーレットちゃん。はにかみやさんでめっちゃかわいくて私はすでに大ファンです。

kiwi (7)

明日は元プロ寿司職人をお招きして寿司パーティ!!!
本場わさびと穀物酢をゲットし、カリフォルニア巻~(日本人のくせにこれが一番好きだったりする)


| Germany2 ドイツ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マスタードまみれで帰宅。

近所でワインフェスティバルが開かれたので行ってきました。
この時期、出来立ての若いワインを飲むこういったお祭りがドイツ各地で開催されているそうです。

まず入場ゲートでIDカードチェック。私と同行した日本人女性は何も持っていなくて、ちょっと心配してしまいましたが、入り口でポリスメンが私たちの顔を見るや、

『行ってよし。』

そりゃそうだ、いくら日本人が幼く見えるっつたって、三十路前後が18に見えるほど世の中そんなに甘くない!!ってことで、顔パス?で入場することができました(悲)

関係ないけどドイツでもスラングで警察のことを『ポリ』と呼ぶんだそうです。
日本語と同じといえば、『あっそうなんですか』で使うドイツ語は『アッソ』。
日本語で『あっそ。』は、あっそう、だから?みたいな素っ気無いニュアンスがありますが、こちらはそうでもないらしい。みんなアッソアッソ言ってます。

最初に2ユーロで自分専用のワイングラスを買って、あとは全部ボトルでオーダー。
味はすごく軽く、ジュースのよう。ワインになれていない若い人でもがぶ飲みできてしまうのでかなり危険!だからなのか、会場は圧倒的に二十代前半の若者が多かった。

kiwi (26)
もう夜は相当冷え込むので、野外は無理!

kiwi (28)
椅子の上に立って体を前後にゆらしながら踊っていました。なぞ。

kiwi (27)
こんな感じで、10時をすぎると誰も彼もが自分を見失う。

kiwi (30)
普段はお酒を飲まないというライナーの弟、案の定別人に変身していた。

kiwi (29)
日本人女性Nさんもご一緒に。

kiwi (33)
ここにも自分を見失った人たちが!いつもお世話になっているライナーと待望の新しい彼女!ずーっとラブラブでした♪

kiwi (32)
おじさんも負けてません。ボトル抱えて登場。

kiwi (34)
おっさん!じゃましちゃいかんよ!!

そんなこんなで私も大いに酔っ払い、次の日気づいたら着ていた上着がポテトのマスタードとケチャップまみれに!いつの間に~。
赤ワインまみれでなくてよかったー。

翌朝はかつて味わったことのないぐらいひどい頭痛。ライナーも薬飲んだと言っていたけれど、きっと町中の若者が同じようにひどい二日酔いでうなっていたことだろう・・・ワインフェスティバルは要注意!!!

| Germany2 ドイツ | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ババリアの空から

kiwi (17)
9月の中旬だというのに、長袖を3枚も着込んでパソコンに向かっています。今月に入ってから雨や曇りの日が一段と増えた南ドイツ。晴れた日はまだまだ暑いし、日差しは日本の夏以上に強烈!こりゃ白人じゃなくてもサングラスが必要!

kiwi (3)

ある晴れた日の日曜日、村長夫妻のお宅までハイキング。
この日は最後の夏日と言われた日曜日。確か8月の末だった気がします。

kiwi (2)
この辺りはヨーロッパの格安航空会社が頻繁に往来する地区らしく、常に複数の飛行機雲が浮かんでいます。夏休みのこの時期はいつにも増して多いのだとか。

kiwi (4)
この辺りの特産、鯉の養殖池。鯉はケンタッキーフライドチキンみたいな絶妙なスパイス味の衣をつけてサクサクに揚げて食べます。養殖池は沢山あって、上空から撮った写真を見ると、まるで田植え直後の田園地帯のようでした。

kiwi (5)
ゴール!村長自慢の庭先で、村長夫人お手製のランチのご褒美付でした。

kiwi (15)
庭先でビールを飲めるのもあとわずか・・・
ババリアの冬はもうそこまでやってきています。

| Germany2 ドイツ | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミラクル発生☆

結果から申し上げますと、村長夫妻以下、沢山の村人の助けをお借りし、無事ドイツ滞在延長ビザをゲットすることができました。
しかし一体これは何ビザなんだ??


時間がなかったので、ありとあらゆる必要書類を全て取り揃え、今滞在している所の村長の付き添いの元登録局を訪れていたのもひとつ信頼材料となったのだとは思いますが・・・

ちなみに申請に必要な書類、

・残高証明(場所によってはドイツの銀行で口座を開き、銀行から発行される証明を取るように言われるらしいが、私の場合日本の銀行口座のネットバンキングのページをプリントアウトして持参。申請当日の残高(円)を提出し、係官がその場でユーロに換算・念のため滞在月×800ユーロを用意。ドイツの小さな銀行だとATMで残高を確認することはできない。ただの引き出しでもレシートをくれない。)

・住民登録(ほんとはドイツ入国後すみやかに行うということですが、小さな村なのでさくっと手続きしてくれました)

・パスポート

・写真1枚

・保険の証書(旅行保険でOK)

・仮に私の残高が証明されなかった時のために、家主の収入証明を持参 これも家主の職場が役場だったので、エクセルでさくっと作成してもらった。

本来ならこれにプラスし語学学校なり大学なりの入学許可書や、労働するのであれば雇用主からの労働契約書などが必要となるところなのですが・・・

とにかく、もらってしまった。




ということで今後もドイツに滞在できることになりました。

最近は村長夫妻のお宅にお邪魔してバーベキューをしたり、ぼちぼち始まりだしたビアフェスティバルに行ってみたり、近所に住んでるおじさんにドイツ料理を教えてもらったり、時々はライナーと同僚の日本人女性のうちに遊びに行ったりと、かなりまったりと過ごしています。

自分としては若干目的が無さすぎはしないかと心配しているところもあるのですが、未知の環境から1歩1歩地盤を築いていくことは、多少なりとも今後の人生に役立つのではと思っています。

実際いつここを出発するかは未定ですが、当面は専業主婦のようなぐーたら生活をしつつドイツの秋を楽しみたいと思っています。


追記
完全攻略!オーバーステイなしにシェンゲン協定国を網羅するヨーロッパ一周の方法

①EU加盟国とシェンゲン協定国は違う!!!ということを頭に入れてください。
②シェンゲン協定加盟国と、協定の実施国もまた異なり、随時変更します、最新の情報を手に入れてください。
③シェンゲン協定加盟国のトータル滞在日数は90日。90日越えたら、はじめてシェンゲン加盟国に入国した日から数えて6ヶ月経たないと再びシェンゲンエリアに入ることはできません。


まずシェンゲン協定加盟国で、協定の実施をしている国(西ヨーロッパのほとんどの国)を周遊する場合、1カ国につき90日間滞在できるのではなく、協定内のトータルの滞在日数が90日となります。
→なるべくシェンゲン協定加盟国の旅行を3ヶ月以内におさめること!



シェンゲン協定非加盟国の場合は、滞在日数カウントされません。たとえばスペインからモロッコに行き、モロッコからフランスに帰る場合、モロッコにいた期間はカウントされません。

シェンゲンエリアを全部まわるには3ヶ月以上かかるといういう人。
シェンゲンエリアを3ヶ月旅行してしまった場合、最初の入国日から換算して6ヶ月たたないとシェンゲンに戻ることはできません。なので、90日経ったあとは残りの90日をシェンゲンエリア外にいなければなりません。シェンゲンエリア外というのは今で言ったらバルカン半島やモロッコなど。こういった国を間に3ヶ月入れ、再びシェンゲンに戻るという方法がひとつ。

もうひとつは、
シェンゲン初日をとりあえず作っておく方法。
①シェンゲン国にとりあえず入国し、すぐ出国しておく。(1月1日)とする
②シェンゲンエリア外のまだ見ていない国をできるだけまわっておく3ヶ月間だとなおよい。(1月2日から3月31日までとする)
③シェンゲンに戻り、3ヶ月間旅行する(4月1日から6月末)

この後、最初の方法だとシェンゲンエリア外から3ヶ月出ていなければなりませんが、この方法の場合シェンゲンエリアに最初に入ったのは、1月1日。シェンゲンエリアに再び戻れるのは、最初の入国日から6ヶ月経ったあと。つまり1月1日から6ヶ月後の7月1日には再びシェンゲンエリアに戻ることができるのです。
この人はさらに7月から3ヶ月間シェンゲンエリアに滞在可能!


ちなみにシェンゲンを出たり入ったりする場合、何度出入りを繰り返しても、シェンゲンエリア初日入国日は変わりません。
シェンゲンエリアでの滞在日数は積算されていきますが、シェンゲンのエリア外に出ていた日はカウントされませんよ!!!


モデルルート
①1月1日スペインにIN
②1月5日にスペインからモロッコに。
モロッコからトルコ、ギリシア、バルカン半島などを3ヶ月かけて旅行
③4月1日よりシェンゲンエリア内を観光
④6月25日シェンゲンエリア滞在可能日数90日が終了
⑤6月25日から6月末日までシェンゲンエリア外であるイギリスを観光
⑥7月1日(1月1日から6ヵ月後)、再びシェンゲンエリア内にもどり観光を続け、3ヵ月後の9月末まで滞在



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんグ村→世界一周をしている人たちのブログリンク集です!!



| Germany2 ドイツ | 18:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この旅最大のうっかりミスだ・・・

どうなったか、俺。ちょりこです。

そもそもなんでこんなことになってしまったのかと言うと、シェンゲン協定で取り決められている滞在日数のカウント方法について、重大な勘違いをしてしまっていたからなんです。
私はてっきり半年以内であれば、ドイツ一国については90日間まで滞在可能だと思っていたんです。が、前回の日記に書いたとおり、シェンゲン協定では半年間での通産滞在日数を90日と定めているので、私のようにヨーロッパ周遊をしている場合、訪問先がシェンゲン協定国内である場合はトータルで3ヶ月までしか旅行ができないということになるのです。

もうこれはこの旅最大のうっかりミス!!!!
そしてそれに気づいたのがホントについ最近!!

それからはもう大慌て。徹夜で対策を考えました。するとどうやら語学学校に通うための学生ビザならうまくいけば即日発行できるかも!という情報ゲット。
即効語学学校を探し、住民登録をし、残高証明を取り揃えていざ語学学校へ、入学許可書を取りにいく。

がしかしいきなり二度目の落とし穴が!!
『シェンゲン国内外への出入国が頻繁なので、今現在不法滞在になっていないかどうか、まずは外国人登録局に問い合わせてからでないと入学を許可できない』

まーわからなくもない。仕方ないので順序が逆になるが外国人登録局へ行くことに。

堅物チーフは虫眼鏡を取り出して、私のシェンゲンスタンプをひとつひとつ全て確認し、正確に滞在日数をカウントしている。私も会社辞めて以来エクセル使って90日以内であることをわかりやすく表示したカレンダーを作成し持参している。さぁ早く語学学校に入学許可を下すよう連絡しておくれ・・・

そこで3つ目の落とし穴・・・

外国人登録局によると、ルーマニア出入国時に押されているスタンプがシェンゲン協定国内で適応されているスタンプであるため、ルーマニアも『90日以内』の枠に入るのだという。
いや待て。
ルーマニアは2007年にシェンゲン協定に調印しているものの、実際は2011年より実施予定だということはこちらも何度も確認している。
http://www.greekembassy.org/Embassy/content/en/Article.aspx?office=11&folder=79&article=20406
http://en.wikipedia.org/wiki/Schengen_Agreement#Status_of_membership_and_implementation

もし登録局の言うとおり、すでにシェンゲン協定内にあるとしたら、なぜルーマニア出国時とハンガリー入国時にそれぞれスタンプを押されているのか。協定内であればスタンプは簡素化されるので、モルドバからルーマニアに入った時に入国スタンプを押されて、それ以降は他国同様スタンプは押されないはずなのでは。

しかし、結局登録局の人はスタンプの形だけですべてを判断しているようで、調べようともせなんだ。くそー。
しかも、だ。ルーマニアをシェンゲン協定国に加えるとなると、私は速攻シェンゲン国内から出国しなければなりません。ドイツではなく、シェンゲン協定国全てから外に出なくてはならない!不法滞在の危機!?
*オーストリアならシェンゲン協定国であるにもかかわらず日本との独自の協定により半年間の滞在が可能なのですが、いずれにしろシェンゲン協定国内で90日滞在してしまったあとオーストリアに行くとなると、いざ出国するとき、周りをすべてシェンゲン協定国に囲まれているため、もうどこの国へもいけなくなってしまって飛行機で出国するしかなくなるのです。もしくは次回シェンゲン協定国入国が許される日(最初のシェンゲン入国日より6ヶ月後)までオーストリアにいるか・・・無理無理、あんなばか高い国。



いやぁ、もう血の気が引きました。生まれてこのかた法を犯したことなんて一度もありません。万引きだってしたことありません。免許はゴールドです。まっとうに生きてきたつもりなんです!!
どこの国へでも自由に行き来できるすばらしいパスポートが私の誇り・・・

オーバーステイをすると、罰金だってあるだろう。いや、それどころかもしかしたらこの先数年ドイツはおろかヨーロッパにすら戻ってこれないかもしれない・・・!

あせる私を横目に、登録局の一番偉い人はなにやら分厚いファイルを取り出して何かを探しているようだ。罰金の金額でも探しているのかしら・・・
が、だ。どうやら彼は日本とドイツとの独自の取り決めについて調べているらしいのです。
いやでも、多分そんなもんないだろう・・・HPを調べまくって、ワーホリ・学生・労働・婚姻・病気入院以外での長期滞在ビザ取得の可能性は皆無であることは確認済みなのだ。

短い春だったよ・・・

気分は強制退去・・・
どうなる俺・・・

(続く)

| Germany2 ドイツ | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はじめてのオーバーステイ!?

ルーマニアってシェンゲン協定に調印しているけれどまだ実施はされていないよね!?
昨日ドイツの学生ビザ申請しにいったら ルーマニアはシェンゲン協定内なので、90日間の滞在可能日数に加算されると言われました。
(シェンゲン加盟国内を旅行する場合、はじめにシェンゲン加盟国に入国してから6ヶ月の間で通算90日滞在することができる)

えーーーー調印と実施は違うでしょう!?
どうなる俺!?

(明日に続く)

シェンゲンについて調べている人へ!
シェンゲン詳細はこちらへ
ドイツでの長期ビザ取得についてはこちらへ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんグ村→世界一周をしている人たちのブログリンク集です!!

| Germany2 ドイツ | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |