世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

迷子日記パート2

お久しぶりです。グルジアの日記を書いたあと、イランで年越しして、今あっという間にレバノンまでやってきました。ネットがまた再び1時間1ドル以上になってきました。もう世界で物価が手放しに『安い!!』と感じられるのは、インド、パキ、イエメン、そしてボリビアぐらいなのではないでしょうか。あと5年早く中東に来てたら・・・

アゼルバイジャン編
BAKU, AZERBAIJAN

イランビザを求めて世界を迷走、アゼルバイジャンまでやってきました。
その昔中学地理で習ったバクーは、この国の首都。当時はまだソビエトの1都市だったのですが、子供心にバクーという名前に変なロマンを感じたのを覚えています。
『石油の出るソビエトの辺境、バクー。』
一生行くことなんてないと思っていた場所に、まさかこんな簡単に行けちゃうなんて、人生って、分からないものだな。

ccsga (43)
BAKIというのは、こっちの言葉でバキュと読みます。トビリシからの寝台列車。2等利用。
4人コンパートメントで、1車両に1人ずつ車掌がつき、とってもあったかくて快適でした。

ccsga (41)

ccsga (42)
バクー郊外。石油出てる!?

ccsga (44)
翌朝バクーに到着。

ccsga (45)
バクーの地下鉄はとってもレトロ!!お菓子の缶みたい。

ccsga (47)
そして真っ先に向かったのは、カスピ海!!世界最大の湖です。
油田が見えるかなと思ったけど、大きすぎてとても見えませんでした。

ccsga (46)
バクー旧市街のシンボル、乙女の塔。英語だとアイアンタワー。ぜんぜん違くないか??
英語でアイアンタワーはあっちだと言われ、乙女の塔とは別のタワーがあるのかと思ってしまいました。

ccsga (48)
石油のおかげで、バクーには欧米のブランドショップが並び、ドミトリーはなんと20USD!!!!石油の威力ってすごいなー。しかし例によって、その恩恵を預かっているのは本の一部の人なのだとか。バクーもグルジア同様失業率はかなり高いそうです。

ccsga (49)
全部とっても飲みたくない。

ccsga (52)

ccsga (53)

ccsga (51)

ccsga (50)
旧市街のキャラバンサライ(隊商宿跡)

ccsga (54)
旧市街。バクーの旧市街は修復作業を進めているらしく、古めかしさはあまりない。住んでる人たちからすると、修復はとても重要なのだとか。

ccsga (55)

ccsga (56)

ccsga (57)

ccsga (58)

ccsga (59)
じゅうたん工場見学。陽気なおばちゃんたちに盆踊りを踊らされました。

じゅうたんは、縦糸に1本づつ手作業で染め糸を絡めてカットし、それを横1列ひとつひとつ繰り返します。ある程度幅ができた時点で、平たいはさみで染め色を平らにそろえて再びカット。ものすごい手間のかかる仕事でした。一人ではとてもできないので、数人で作業。絨毯1枚何千ドルもする意味がやっと分かった・・・

アゼルバイジャン バクーで取るイランビザ
所要2日。50ユーロを銀行で先払い、レシートを持参し申請。係員の対応は至上最悪。どこの銀行にいくら払うのかも教えてくれませんでした。なんで警備の人がそれを教えなくちゃいけないの??銀行もめっちゃ遠い。詳しくは1000CAMELのお兄ちゃんにたずねてみてください。。。。

とにかく3度目の正直でやっとイランビザをゲット、激物価高のバクーはさっとおさらば!!
取得当日の夜行列車(23時か24時ごろ発)で、イランとの国境の町へ向かいます!!
(ちなみに寝台で3ドルって・・・宿は20ドルなのに。アゼルの物価が分からん。)


バクーの安宿情報
1000CAMELS
ホステルワールドに乗っているバクーの2つの宿のうち、1つ。地下鉄で旧市街下車、メリディアンホテルの隣の細い路地を入ったところにあります。めっちゃ親切な管理人さんがいて、大変お世話になりました。上記のとおり20USDでドミですが、これはバクーのほぼ最安値。きれいだし、ネットもキッチンもフリー、安全安心でお勧めです。



スポンサーサイト

| Azerbaijanアゼルバイジャン | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |