世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボスラや、ボスラ

アゼルで会ったオージーに「パルミラより良かった!!」と言われ、ダマスカスから日帰りで行ったボスラ。モスラのテーマソングの替え歌が終始頭から離れなかったことは言うまでもありません。
世界遺産ですが、かなり手入れがなっておらず、遺跡内に多数の民家があり、ゴミだらけなのが大きな特徴。他では見ることのできない黒い石を使った遺跡群と、とても状態のいい円形劇場があり、パルミラ同様観光に力を入れてあげてほしいところです。

damas (74)

damas (75)

damas (77)

damas (78)

damas (76)

damas (79)

damas (80)

damas (81)

damas (82)

damas (83)

damas (84)

damas (85)

damas (86)

damas (87)


スポンサーサイト

| Syria シリア | 02:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カオサンでアップするのもなんなんですが。

こんにちは、3年目7度目のタイからです。甲子園みたいだな。ちなみに初出場は10年前だ。
10年一昔とはこのことかってほど、色々変わってきたバンコクですが、一番驚いたのは赤バスの料金が3.5Bから7Bと、倍になっていたこと。公共料金が2倍って、住む人からしたらかなり大きいはず。

他にも空港が新しくなっていたり、タクシーの会社がやたらと増えて、街が色んなカラーのタクシーでカラフルになっていたり、カオサンにマックとかあったりして、3年前ともまた随分変わった印象。

とりあえずミャンマーに行ってきます。
戻ったら、実は行ったことのないチェンマイやルアンバパーン、プノンペンやハノイなどをめぐって中国に戻る予定です。あー楽しみ。やっぱ東南アジアが一番ですね。

そんなわけで、ラエリーだらけのカオサンロードでちょっとどきどきしながらアップするのはこちらです。
damas (41)
ダマスカスの旧市街にて。イスラエル国旗の「踏み絵」

damas (42)
ダマスカス市内にて

damas (40)
ダマスカス一帯に貼られていたポスター。

| Syria シリア | 02:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

負の遺産、クネイトラ

イスラエルとの国境近くにあるゴラン高原に、クネイトラという町がありました。
この町はイスラエルに完全に破壊された町。しかしシリア政府はそれをそのままにし、公開しています。戦争とは何を意味するのか、一目見れば、この町が無言でその答えを教えてくれるでしょう。

damas (54)
病院跡。かつてボスニアやレバノンなど、内戦を経験した国をたくさん訪れてきたけれど、この病院ほど激しく銃弾をあびた建物はありませんでした。

damas (55)

damas (56)
撤退に際し、イスラエルはこの町の建物をことごとく破壊していったそうです。もう何十年も昔のことなのに、まるでついこの間のことのように思えてしまうのが不思議だった。
現在クネイトラは国連監視下にあり、訪問者はダマスカスでパーミットを取る必要があります。

damas (57)

damas (58)

damas (59)

damas (60)

damas (61)

damas (62)

damas (63)

damas (64)
モスク跡

damas (65)

damas (66)

damas (67)
こちらは教会。イスラエルに占領される前は、ムスリムとクリスチャンが仲良く暮らす町だったのだとか・・・

damas (68)

damas (69)
町があるかのように見えるのに、何も聞こえない、誰もいない。こんなに晴れているのに、この町は完全に死んだ町だった

damas (70)

| Syria シリア | 02:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダマスカス

タイに飛んできました!もう帰国まじかってことで、このあたりからはしょっていきます。日記などは帰国後にまたゆっくり。今までブログを読んでくれた方どうもありがとう、もうじき帰国します。今死ぬほど寂しいです!!!あと1年ぐらい旅できそう!!!でも、エジプトでほとんどのものに心を動かされなかった自分がいて、そろそろ潮時だなと感じています。
あと1ヶ月、東南アジアで旅のおまけを楽しんできます!

シリアダマスカスです。DAMASCAS
damas.jpg

泊まった宿はKOREAN GUEST HOUSE
オモニがお手製のキムチやチャプチェをおすそ分けしてくれました。極秘情報は『ドミの一番手前のベットに電気カーペットが!!』
汗をかくほどにあったかいなんて、ぜいたく~!!!!

damas (43)
ダマスカスのこんな景色がお気に入り



damas (53)
モスクの傍らで

damas (52)
シリア最古のモスク

damas (26)

damas (25)

damas (24)

damas (22)

damas (19)

damas (20)

damas (23)

damas (16)

damas (51)
旧市街のキリスト教区

damas (50)

damas (49)

damas (48)

damas (39)

damas (38)

damas (37)

damas (36)
旧市街の民家のドアには、ファティマの手と呼ばれるノックが今も愛用されている。色々な手があって面白い。

damas (35)

damas (34)

damas (33)

damas (32)

damas (27)

damas (13)

damas (12)
中東一立派なアーケードのあるダマスカスのスーク。外国人よりも地元観光客に大賑わい。

damas (8)
気持ち悪いほど大統領の写真を街中に飾っている。これは前大統領アサド氏。
車の後部ガラスに大統領のシールを貼るのも大流行・・・イスラムは偶像崇拝禁止のくせに、火が着くと歯止めが効かなくなるのがこわい・・。

damas (6)
これもアサド氏。昔ムスリムは、遠くルクソールの神殿の像や新疆の洞窟の壁画まで、偶像という偶像をつぶしてきたくせに。。。。今では大好きな大統領の銅像であふれているではありませんか!!

damas (5)

damas (4)
ダマスの原宿

damas (3)
恒例のムスリマの下着拝見。やっぱり大胆ね。

damas (30)

damas (29)

damas (28)

damas (7)

damas (9)
こんな超立派な市バスががんがん走っているシリアは、先進国一歩手前!?

| Syria シリア | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラピュタ!!!

パルミラから3時間ぐらいかけて移動したのはハマ。
水車で有名ではあるけど、それより人気宿リヤドホテルがハマ滞在の目的。決して安いとはいえないけど、キッチンも広いしスタッフは親切。部屋は中級ホテル並みにきれいで、なんといっても寒くないのがすばらしい!噂どおりの快適宿でした。

cracde (32)

ハマは小さい町。人も結構よくて落ち着けました。でも冬場は水が枯れていて水車が回っていません。そして4つの水車のほうは、レストランに入らないと見れない仕組みになってました。でもホテルが良かったので良しとしよう。

hama (1)

hama (5)



ハマに滞在したもうひとつの目的はクラックデシュバリエという十字軍の残した砦。旅に出る前はその存在は知らなかったけど、皆が『あれは間違いない、ラピュタだ』と言っていたのを聞いて、ずっと楽しみにしていたところです。シリア最大の見所!

crack (3)
暗い入り口を通って砦へ!あまり手の付けられていないところが、ヨーロッパで見たお城よりもよっぽど昔の雰囲気をかもし出していました。

crack (10)

crack (9)

cracde (18)

cracde (10)

cracde (19)

cracde (3)



crack (6)
これこれ、シータがここに立ってた!

cracde (22)

cracde (2)

crack (13)

cracde (1)

cracde (4)

cracde (5)

cracde (7)

cracde (8)

cracde (9)

cracde (13)

cracde (15)

cracde (17)

cracde (21)

cracde (25)

cracde (24)

cracde (27)
これが全景!二重の要塞になっていて、ここまで完全な姿で残っているのは珍しいそうです。
かっこいい!!!

cracde (12)
この辺りはレバノンに近く、山がちな場所。久しぶりに緑に囲まれた土地に来て、ちょっとなごみました。遠くの雪山はレバノン

cracde (11)

cracde (6)

crack (19)

crack (4)

crack (1)



cracde (26)
道壊れてるよ。

cracde (23)
城壁の上で日向ぼっこタイム。気持ちよかったー。

cracde (16)
一緒に行った2人のイケメンと記念撮影。天気も最高に良かったし、楽しかったです!







| Syria シリア | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中東3#シリーズその2パルミラ

イランのペルセポリスに続き、中東3#(ここにPと言うアルファベットを入れるんだけど、それをタイトルにしたらとたんに病みきったサイトからの書き込みが増えたので頭に来てもう書きません。まったくもう)です。

まだまだ飽きずに『お~!!!』って、一人ぽつんと砂漠の真ん中で盛り上がってました。


prmrs.jpg

prmrs (25)

prmrs (24)

prmrs (16)

prmrs (15)

prmrs (14)


prmrs (23)

prmrs (18)

prmrs (21)

prmrs (30)

prmrs (17)


prmrs (22)
ローマ劇場

prmrs (19)

prmrs (20)
アラブ城

prmrs (13)

prmrs (12)

prmrs (11)

prmrs (10)

prmrs (9)

prmrs (8)

prmrs (7)

prmrs (6)

prmrs (5)

prmrs (4)

prmrs (3)

prmrs (2)

prmrs (1)

tusy (73)

tusy (72)

tusy (71)

tusy (70)

tusy (69)
極寒の町、パルミラから夜のアラブ城。この町は寒すぎる。泊まるべきではない。

prmrs (26)

prmrs (27)
パルミラの町。冬季は閑散として寂しかった

prmrs (28)

prmrs (29)
1泊して翌日観光。お昼すぎの便でホムス経由・ハマに向かいます




| Syria シリア | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シリア・アレッポ・ふんずけてやる!

ALEPPO SYRIA

シャンルウルファを夜行バスで発ち、翌朝早朝アンタクヤ(ハタイ)に到着。寒すぎるハタイのバスターミナルで寝袋に包まって朝を待つ。ああ寒かった。。。でもトルコの大きな町では大抵24時間バスターミナルが開いているのでありがたい。

そういえば、きっと色々な旅人が経験しているかと思うんですが、何か客引きされて断っただけで『FUCK YOU』といわれることがあるんです。あるんですよ本当に。
私が何をした。この怒りをどこにぶつければいいのか。
今日こそは!!!
『どろぼーへんたーいあいつをつかまえてー!!!!』
ふんがー!!!!!踏んづけてやる!!!
大声でどろぼーへんたーいへるぷーと叫んで追いかけました!!
だってだって、言われ損なんて嫌!!!!
いい感じでエコーが響いてみんながそいつに注目。やつはまさかこんな反逆に遭うとは思っていなかったらしく、大慌てでバス停から逃げていきましたとさ。ざまーみろ。変態!!!
(たかがFUCK YOUと言っただけなのに変態にしてしまったが、その辺は大目に見てね。)

そんな朝の一こま・どたばた劇のあと、無事バスでシリアへ。ノービザだったのですが、バス会社の人がよくわかっていて、国境で無事ビザを取得。私がお金を払っている間、地元の旅行者たちは免税店でお買い物にいそしんでいました。免税店があるなんて、ちょっとちょっと、アラブの余裕が感じられるぞ!?

9時ごろに出発し、お昼ごろには無事シリア最初の町アレッポに到着。

tusy (44)
アレッポ中心の時計台と、アレッポシェラトン。

tusy (45)
レンガに統一感があって、なかなか味のある町・アレッポ。シリアは色々回ったけど、町の雰囲気はアレッポがダントツ良かったな

tusy (46)

tusy (47)
モスク

tusy (48)
この靴は僕が死守します!!

tusy (49)
初めての中東のモスク。ミャンマーの仏教寺院のように、くつろいでいる人たちがいっぱい。こういう雰囲気はとてもよい。

tusy (50)
かっこいい!!アレッポ城

tusy (52)
なんだか映画に出てきそうな壮大な門構えではありませんか。

tusy (56)


tusy (51)
家族旅行中

tusy (53)
アレッポ城からアレッポの町を望む。イメージの砂漠の町そのもの。


tusy (54)
城の上は遺跡になっていて、それもまた楽しい。

tusy (55)

tusy (58)
庶民的なアレッポのスークでアレッポ石鹸ご購入。効果のほどは、特になし。完全踊らされたな。

tusy (64)
石鹸やの主人はいい人だった。おまけもいっぱいもらってしまった。でも効果特にないよ。

tusy (60)
久々の靴直しやさん。今も大活躍。

tusy (59)

tusy (61)
アルメニア人地区。ほんの少し周囲の地区とは違い落ち着いた感じ。

tusy (62)
アレッポ駅。デリゾール行きがほしかったのですが、ちょうどいい時間のものはなくバスで行くことにしました。

tusy (63)
公園

もうちょっと長くいたかったけど、泊まった宿SPRING FLOWERのオーナーが噂どおりむかつくのと、トイレの扉が壊れているのと、ヒーターの調節をうーんと絞ってしまってめっちゃ寒いのとで、アレッポとは2泊でおさらば。もっといい宿があればいいのになぁ。。。

ユーフラテス川を見るだけのために、デリゾール経由でパルミラに1日かけて移動しました。
tusy (65)
見えますでしょうか、ユーフラテス川。ロマンだー。
チグリス川は多分トルコで夜行バスに乗っている間に通過してしまったようです。残念。

tusy (66)
シリアの内陸部なんて砂漠一辺倒かと思ったら、ユーフラテス川のおかげでずーっと畑が続いて意外と緑も多かったです。川って偉大だ。

tusy (67)
デリゾールの町をチラ見。

tusy (68)
到着と同時にポリスでレジストレーション。その直後またポリスに出頭し出発の報告。滞在時間3分。
個人的にはそれで十分だった。
お昼2時ごろのバスでパルミラ行きに乗り換え。川も遠ざかり、いよいよ砂漠地帯へ。








| Syria シリア | 15:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。