世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中東2B

今日はPじゃないよ、B。
私が勝手に言ってるだけだけど、バールベックとボスラのB。今日はレバノン一番の見所、バールベックです。
今のところナンバー1!!それほど大規模ではないけれど、ぎゅっと凝縮されていてかなりボリューム満点。巨大な柱や細かなレリーフなどは溜息ものでした。これは是非ともお勧めです。

leban (20)
無造作にころがる1偏ですら魅力的。

leban (19)

leban (18)

leban (21)

leban (16)

leban (15)

leban (17)
ドーム型の屋根が少し残っているのが珍しい。

leban (14)

leban (13)

leban (11)
巨大な柱

leban (10)
比較。歩き方。

leban (9)


leban (7)
そんな柱で神殿作ってみました

leban (8)
比較・私。

leban (4)
そして神殿。こんな完全な形で残っているのを見るのは初めて。

leban (12)

leban (3)

leban (2)

leban (1)

leban2 (5)
支えてみました

leban2 (4)

leban2 (3)
ここにも屋根が残っています。天井までレリーフがびっしり。すごいなー。

leban2 (2)

leban2 (1)

leban2.jpg


leban2 (6)

leban (5)
今日の道連れはパルミラやハマでもちらちら会っていたすがぴーと、香港人カップル。みんな頼りになる人ばかり!すがぴーは久々に一緒に行動して楽!って感じる人でした。互いに依存し合わないのはもちろんなんですが、なんというか、右か左で迷ったときどちらに行くかが感覚で合うというか。そして旅以外のごく普通の話題も自然に話せる、これも重要だよね。旅中だと変に力まなくてすぐ心を開けるってのもあるから、日本で会っていたらそうもならないかもしれないけど。
2日ぐらいだったけど、どうもありがとー!

leban2 (11)
宿の屋上から。せっかく泊まったのにうっかりライトアップを見逃してしまった・・・

leban2 (7)
そりゃ残念!


意外と居心地の良かった町、パルミラでのんびり1泊し、翌日シリアに戻ります!












スポンサーサイト

| Lebanon レバノン | 06:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レバノンで体験。(初体験も!)

中東で最もヨーロッパに近い町、ベイルート。1泊ぐらいでいいかなと思ったけど、なんだかちょっと長居したくなってしまいました。

leban.jpg
内戦で大打撃を受けた旧市街、今はすっかり修復され、ぴかぴかのヨーロッパ風。

leban (49)

leban (52)

leban (50)


leban (51)

leban (47)

leban (48)
モスクと教会が同じくらい多く、隣合って建っていることさえある。せっかくきれいに立て替えたのだから、もう壊し合うことはしないでほしい

leban (32)
遺跡の多い国ではあるけど、こんな市外のど真ん中にも。

leban (44)
これは・・・!?
クリスピークリームドーナツを日本で見たことのない私はまったくぴんと来なかったけど、これが噂のあれか。
並ばなくていいことだしレバノンで初体験しちゃいました。

leban (43)
ここにもあった、限定メニューその名もマックアラビア。

leban (46)
スタバだってあります

leban (24)
そしてもうひとつ、初体験。日本と同じでおっさんだらけ。競馬新聞片手にわーわー言ってました。

leban (23)

leban (41)
海外通り

leban (42)

leban (37)

leban (36)

leban (39)


leban (40)
中東でも裸で日向ぼっこする人が多いのは、クリスチャンが多いからかな。
女の子の服装も、周辺諸国と違ってタイト。



leban (35)
そしてまた、突然現れてぎょっとする。この付近はほとんどきれいに修復が進んでいるけれど、ここだけは負の遺産のごとくそのまま残されていました。

leban (34)
海側から離れると、今も残る廃墟と化したビル郡。

leban (30)

leban (29)

leban (31)


leban (28)

leban (27)

ベイルートはトリポリとは違って、庶民的なスークなどを見ることなく、ただただ都会でした。
しかしクリスチャンとムスリムの共存という点で考えさせられることも多かったです。
一方でパレスチナ難民が多いこともあり、開放運動はほかのどこの国よりも過激でした。町も厳戒態勢で、武装した兵士や装甲車までうようよしていてとっても不気味。真の平和はまだまだ遠い先・・・

女の子たちはあんなに自由を謳歌しているのに。

leban (38)




| Lebanon レバノン | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

'おいしい'に惹かれました。

ハマから次に向かうのはレバノン。私はタラトゥースを見てみたかったので、タラトゥース→トリポリで入りましたが、今ならホムス→ベイルートのルートなら国境で1ヶ月無料ビザ取得可能!もっと早く教えてほしかった。。。トリポリ⇔ベールート往復の交通費を考えてもこっちのほうが断然お得。

cracde (33)
ハマからのバス。シリアのバスもなかなかがんばっていた。トルコをまねして飲み物サービスもあるけど、水は水道水。コーヒーは車掌が1このおちょこみたいな小さなカップを持ってサーブしてました。洗わずに使い回すけど、これはどうやらシリア風。

cracde (34)

cracde (35)
タラトゥースからレバノンに入国。畑と雪山がきれいでした。タラトゥースからは乗り合いタクシー。普通のタクシーに大人6人キッズ2人乗せて・・・・

トリポリはおかしの町で有名だと聞いて即ここで1泊決定。
肝心のお菓子はまぁまぁだったけど、近くの山合いの村、ブシャーレに足を延ばしたり、地元色の濃いスークでのんびりおじちゃんたちと遊んだりして楽しかったです。おすすめ。

leban3 (22)

leban3 (21)

leban3 (20)
レバノンといえばついこの間まで内戦の行われていた国。今でこそ安全でヨーロッパ化してきている国ですが、まだまだ各地に戦争の傷跡が残っていて、時々はっとします。

leban3 (23)
でも今は穏やか。

leban3 (19)
スークを歩けばたくさんの人たちから声が掛かります。

leban3 (18)

leban3 (17)
『コーヒー飲んでいきなよ!写真撮って!!タバコいるか??お代?あいつが払うから気にするな!』

そんな感じで、たった2時間の散歩で2回もコーヒーおごってもらっちゃいました。レバノンの人たちは人懐っこくていい!

leban3 (24)
コーヒー屋台がたくさん。凄く濃くて、すごく甘い。ほんのちょっとだけど疲れた体に有難い。

leban3 (30)

leban3 (29)

leban3 (31)

leban3 (28)

leban3 (27)

leban3 (26)

leban3 (25)

leban3 (32)

leban3 (33)
あ、横になってる。
ぼろくてもエスプレッソマシーン!

leban3 (35)

leban3 (34)

leban3 (37)

leban3 (36)


国旗にもなっているレバノン杉群生地のすぐ近くにあるブシャーレの町に日帰りで行ってきました。

leban3 (6)
海辺で暖かいトリポリからたったの1時間ですが、雪山が目の前に迫ってきます。

leban3 (8)

leban3 (9)

leban3 (10)
写真ではわかりずらいけど、真ん中あたりに渓谷があります。この渓谷の眺めもなかなかダイナミックで素敵。

leban3 (12)

leban3 (11)

leban3 (13)

leban3 (14)
冬でもこの景色。段々畑の緑が乾いた心に効く!中東と言っても、こんなネパールみたいなところもあるんだなー。

leban3 (4)
町自体は小さくて30分もあれば見て回れます。でも細かいところを1つ1つ見ていると、案外いろいろな発見があって面白い。こんな何にもない小さい町でのんびりしてみるのもたまには楽しい

leban3 (7)

leban3 (5)
アラビア数字のナンバープレート

leban3 (3)

leban3 (2)
浮いてそうな家

leban3 (1)
ここからあと5キロほどでレバノン杉の群生地。ペルセポリスの神殿の屋根にもなっていたという由緒ある木だそうですが、残念ながら現在は乱獲によりその数は数千程度なのだとか

leban3.jpg
教会が多いのもブシャーレの特徴。なんだかヨーロッパの田舎町のようで、イスラム疲れにちょっと一息付くことができました。
ブシャーレから戻ってお昼過ぎのバスで首都ベイルートに向かいます!



| Lebanon レバノン | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。