世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マリメッコの包装紙・・・萌。

自分用なのに思わず包みますと言ってしまったマリメッコの包装紙。かわゆす。
CIMG4617_20120130171044.jpg
アウトレットでお土産を買うと、希望数の袋(お花の柄のやつ)とお花のシールを付けてくれます。日本人をよくわかっとるな。



CIMG4622_20120130171044.jpg
こちらもマリメッコ。お鍋の取り皿用とスープ用に。何かと便利で大活躍中。



111016_165904.jpg
お土産のエコバックたち★
スポンサーサイト

| Finland フィンランド | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィンランド2日目② かもめ食堂とかキアズマとか。

ヘルシンキ2日目。今日は風が強く、予定していたリトアニア行きの小型高速ボート「リンダ」が運休とか。
フロントで偶然耳に入って慌てて聞いてみたら、今日動くのは遠くの港から出る大型船のみで本数も少ないのだとか。
聞いといてよかった!!


旅の相方は、もうヘルシンキに用は無い!ということで、一足早く午前の便でリトアニアへ。
私は今日もヘルシンキ観光^^

ヘルシンキ (3)
まずはかもめ食堂から。現地ではスオミカフェという名前でした。




ヘルシンキ
日本人が多いらしく、お醤油が。
なんでも定食は値段が安く味もなかなかだとか。




ヘルシンキ (2)
まだ午前中だったので、映画でも出てきたシナモンロールを食べてみた。
クローブっぽい大人の味が香っていました。ぐぐってみたら、フィン式はカルダモンも重要らしい。
でもカルダモンってどんな味?
甘さは控えめだったので、上に乗っているザラメがうれしい。




ヘルシンキ (4)
スオミカフェのある地域は落ち着いた感じのレジデンスが多く、泊まってたエリアや旧市街とはまたちょっと違う感じ。





ヘルシンキ (5)
ウィンドウショッピング中のお姉さん。って年でもないけどこの色使い!




ヘルシンキ (6)
トラムも走るレトロな通り。




ヘルシンキ (13)
ここ、すごく行ってみたかったキアズマという現代美術館。
北欧の現代美術って言ったら、きっと世界の最先端なんじゃ!?




ヘルシンキ (14)




ヘルシンキ (15)




ヘルシンキ (16)
メッセージボードもおしゃれ。




ヘルシンキ (17)
アフリカをテーマにした特別展だったみたい。
学生の遠足がすごく多くて衝撃でした。小学校低学年が特に多かったかな。
日本では、大人でも現代アートって苦手な人が多いと思うけど、早い段階で色々な可能性のある現代アートを見せておくことって、子供の発想力育成にはとってもいいことだと思いました。

イスラエルでも子供の作品を見る機会があって、そのクオリティの高さに衝撃を受けたのですが、まずは大人たちが芸術に制限を加えさせないことが肝心だと思う。
小学生に現代アートって、大人たちの理解があるからこそなんだろうな。

という話をインドで会った小学校の先生に話したら、フィンランドは教育先進国なんだそう。
ちょっと調べただけなのでここに書くのも憚られるのですが、なんでもあちらは芸術の時間数が大分多いらしく、学力を支える基礎を芸術に置いているのだとか。

これはますます興味深い。が、続きは結婚できてから考えよう。
今回の旅行での1番の収穫は、このフィン式教育でした。



ヘルシンキ (19)
キアズマから見たヘルシンキ中心部の様子。




ヘルシンキ (18)
こちらも。
このあとカメラぶつけて壊れる(凹)
レンズカバーが変な風に食い込んじゃっただけなんだけど、どうしても自分で取り外せず、こんな時に限って替えのレンズもコンデジも持ってこなかった・・・・(涙)
フィンランドより先は携帯カメラからの映像をお送りいたします。リトアニアもラトビアも一生に一回しか行けないと思うと、かなり残念です。




ヘルシンキ (20)
テンペリアウキオ教会。岩の中の教会として有名です。
シャッターの紐(?)がきつい欧米人も、みんなシャッター切りまくり。
なんとかがんばってやっと撮れた1枚。




ヘルシンキ (23)
駅前からトラムに乗って、旧市街をぐるり一周して港へ。
これは港にある「オールドマーケット」。




ヘルシンキ (21)
これね、オールドマーケットの中の有名なスープ屋さんSOPPAKEITTIOの反対側の通路にあるご飯屋さんのシュリンプスープ。
も、絶品でした!!!!この旅で一番おいしかった!
カメラ壊れたけど撮っといた。

ハカニエミの中にも入っているSOPPAKEITTIOの本日のメニューがなんだかそそらなくて、ふらっと立ち寄ったお店。
店員さんはお姉さん2人で、木のトレイに赤いナプキンを敷いて、その上にエビとパンをきれいにトッピング。スープはアメリカンソースとトマトの風味で、熱々濃厚。有名なスープ屋さんよりも何倍もおいしく感動しました。
ほかにシュリンピカクテル風のポテトサラダを丸ごとゆでジャガイモにトッピングするメニューなんかもあって、結構流行ってました。
お姉さんたちの丁寧な仕事ぶりも素敵だったし、好きなことしてますっていう雰囲気が、お料理にもお料理の見せ方にもにじみ出てていました。




ヘルシンキ (22)
バイキングっぽい。




ヘルシンキ (24)
リトアニアに向かうのは奥に見えるぐらいの大型船。
大型船の出発が16時ぐらいだったかな。
ヘルシンキ中央駅からバスが出ているのだけど、1時間に一本程度だったはず。こちらも今朝あらかじめ調べておいた。

大体の人がEチケットっぽいものを持っていて心配だったけど、難なく窓口でチケットゲット。30ユーロぐらいだったかな。2、3時間の船旅だけどちと高い。

船はすごい大きいのに、人がくつろぐスペースが思いのほか少なく、乗船早々場所取り合戦でした。
早々にあきらめて通路で横になる人も。
荷物を預けるところがあったので、しばしバックパックから開放されてのんびりできました。

帰国直後にちょうどこの船旅の様子がテレビでやっていて(大久保さんがリトアニアで飲んだくれる内容)なんでも酒税が激安なリトアニアビールの大量購入が目的のフィンランド人が多いのだとか。リトアニア側にもフィンランド人向けにケースのまま販売するお店が多いそう。

2、3時間程度の船旅で無事リトアニアに到着しました^^

| Finland フィンランド | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘルシンキ2日目 マリメッコとか、アラビアとか。

午後はヘルシンキの台所、ハカニエミ市場へ。
ハカニエミ (10)
レンガ造りのレトロな建物でした。



ハカニエミ (2)
ワンコ禁止。



ハカニエミ (3)
うわさのスープ屋さんで、ブイヤベースのスープ。日本人いっぱいいた(笑)
確かにどんぶり!食べ放題のパンを浸しながら食べると、おなかいっぱいになります。



ハカニエミ (4)
マリメッコのアウトレットは二階に。エコバックを大量購入。
アウトレットなのにかわいい包装紙とシールを買った分だけ入れてくれました。



ハカニエミ (7)
1階は市場。
フィンランドと言ったらサーモンでしょう!うまそー!



ハカニエミ (8)
エビちゃんもこんなに山盛り。



ハカニエミ (6)
しつこいようですが、北欧と言ったらベリーなんでしょ??



ハカニエミ (5)
なんだか素敵な北欧紳士がお茶してました。



ハカニエミ (15)
すぐ近くにFIDAが。セカンドハンドのお店で、FIDA INTERNATIONALという非営利団体が運営しているセカンドハンドショップ。ヘルシンキにいっぱいあります。
売り上げはアフリカやアジアの人道支援に使われるらしい。



ハカニエミ (13)
こっちはUFF。FIDAと同じような感じだそう。
要らないものをUFFのボックスに入れて、それをお店において、地元の人がお買い上げして、売り上げが途上国の支援に使われるわけです。
日本だと、要らないものをそのまま途上国に送るよね??

さすがフィンランド人、余裕があるからこういう仕組みが円滑にまわせているだけでなく、ものを大切に使っているという証拠でもある。

そもそも蚤の市が今でも定着しているヨーロッパ人って、日本人よりも裕福そうに見えて、案外古いものをメンテナンスしながら長く使っているのかも。



ハカニエミ (14)
ハカニエミのある建物の付近は、よく見るとセカンドハンドのお店がいっぱいありました。
生地やさんもあって、かわいいボタンが沢山ありました。



ハカニエミ



ハカニエミ (9)
これは地下鉄とトラムの駅付近。



ハカニエミ (11)
レンガ造りの建物と丸い党はフィンランド独特だと思いました。



ハカニエミ (12)



アラビア
最後はトラムに乗ってアラビアファクトリーへ。



アラビア (2)
一通り買い物したあと、併設のカフェでお茶したら、この水色のカップがほしくなり再びお店に戻って買ってしまった・・・ミルクティがとてもよく合う色なんです。
今おうちで大活躍中。



帰りにトラムに乗っていたら、1ユーロショップを発見。

8時に夕飯を約束していた旅の相方から「疲れたので帰ります」というメールを確認したため、引き続きお買い物!(←なにか?)

マリメッコのアウトレットじゃないお店、かもめ食堂で有名な本屋さん、ストックマンという百貨店などを発見してしまい寄り道三昧。マリメッコでは自分用にもかかわらず、包装しますか?と聞かれ思わず「ハイ。」と答えてしまった。だってマリメッコの包装みてみたいんだもん。

最後はデパ地下でお惣菜買って、(ここの若いバイトのお兄ちゃんも英語うまかった・・・)ホテルに帰ったら、「夕食8時ってそもそもひどくない?」って怒られちゃいました。だってー。買い物してたら最短でもそんなもんでしょ!!



PA130860.jpg
それにしてもさすが北欧!スモークサーモン激うまでした。肉厚ぷりぷり!
サラダはザリガニ。これは普通。あとはチーズも安かったので、1パック。
やはり旅の相方も買っていた・・・相方は蜂蜜の付いたサーモンを焼いたものを買って激ウマだったそう。レストランもいいけれど、お気軽なお惣菜コーナーもなかなか楽しいフィンランドでした。



いやぁ、よく買った!ワーホリの時もらったユーロの給料で散財してやったさ。
ユーロで豪遊、めっちゃ気持ちよかった。


| Finland フィンランド | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィンランド1日目 ヘルシンキ観光と蚤の市(valtteri)

いよいよ今日はこの旅のハイライト、ヘルシンキお買い物ツアー!
この日のために夜な夜なお買い物スポットを研究していたのですよ!
相方に一日自由行動!と宣言し、6時に起きていざ出発!

aヘルシンキ (4)
まずはウスペンスキー大聖堂。レンガ造りなのがこの町によく合っている。
そう、ヘルシンキはレンガ造りの建物が多く残る町なのです。
ユーロホステルから徒歩圏内。



aヘルシンキ (3)
朝焼けを見ながら散策。寒いけど空気が澄んでいて気持ちいい。
この感じ、パタゴニアのどこかの町でも感じたような・・・同じような緯度なのかもしれない。
(あとで調べたらヘルシンキは北緯60度、南緯60度は南米と南極の間の海ですた



aヘルシンキ



aヘルシンキ (2)
冬の早朝に見る家の明かりって、なんかとても暖かいね。



aヘルシンキ (6)
そのまま旧市街へ。石畳や古い家並みが残る地区。



aヘルシンキ (5)
ヘルシンキ大聖堂も見てっと・・・



aヘルシンキ (8)
そのまま歩いてあっという間にヘルシンキ中央駅へ。



aヘルシンキ (8)
ここから先は新しい町並み。

じゃ、観光終わり!

ここからトラムに乗って、お買い物行きましょう!!


まずはVALTTERIの蚤の市。
この時期はあまり平日の蚤の市はやっていないようですが、ここは倉庫でちょうど開催日だったのです。

valtteri (4)
ここがトラムの停留所。



valtteri (3)
塀にVALTTERIって書いてあった。



valtteri (2)
この倉庫が会場。



valtteri.jpg
まだ開店準備中。ベルリンにもこういう倉庫型蚤の市があったけど、ドイツのように宝の山ってわけでは無かった。カップとかも全然無かったし。
とりあえず北欧の蚤の市もチェックできて満足。

続いてマリメッコ本社アウトレットへ。

マリメッコアウトレット
一旦ハカニエミ市場のある地下鉄ハカニエミまで戻って、地下鉄に乗り15分ほど郊外へ。



マリメッコアウトレット (3)
オレンジで明るい車内。



マリメッコアウトレット (2)
新聞が置いてあった。



マリメッコアウトレット (4)
ネットで調べてあった通りに行ったら簡単にたどり着けた。歩いて15分くらいかな。
途中にスーパーが2件あって寄り道。パンの買い方聞いたら、これまたおじさんが素晴らしい英語で説明してくれた。ドイツではスーパーの店員さんで、しかも中年となると英語はからっきし話せなかったけど、やっぱり北欧は違うんだなぁ・・・(あとで聞いたら、フィンランドは教育先進国なんだとか)

肝心のマリメッコ本社アウトレットはというと、結局アウトレット商品は買わず現行品のお皿を何枚かゲット。町にもいくらでも支店があるし、ここで買わなくても良かったんだけど、なんとなく本社で買いたかったから。。。

ネットで見てたようなかわいいモチーフの柄のものはほとんど無かった。
地元の人も結構多く来てて、その人たちは完全にアウトレットだけ目当てだったみたい。


続いて地下鉄でKAMPPIへ。ここには駅直結のショッピングモールがあります。

ヘルシンキ (2)
地下のスーパー前にあったカフェで休憩。
コーヒーは自分で入れてレジに持っていくのがフィンランドスタイル。



ヘルシンキ
ホワイトチョコレートとなんとかベリーケーキ。
北欧といえばベリーだから。



ここのスーパーは品揃えも良かったし、アラビアの食器が特価で売っていたりして充実していた。
(なんでも時々スーパーなどで特売することがあるんだとか。)
ここではとりあえずインテリア雑誌だけ購入。
マリメッコの支店や比較的安くてシンプルなインテリア雑貨店があって、一通り偵察。
どこもセンスが良くて、バス用品から何からあれこれコーディネートを見ているだけでも楽しい。


営業時間や行きかたをしっかり下調べしておいたおかげで、午前中だけで予定の半分はしっかり回れた
午後もお買い物続きます★

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周に旅立つ?

いつもご愛読ありがとうございます。

| Finland フィンランド | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘルシンキの安宿★EURO HOSTEL

ヘルシンキ到着は23時くらいだったかな。
私はややびびってたけど、この国ではあまり深夜って時間でもないみたい。

駅でいきなり背後から背中叩かれ、妙に流暢な英語使う男の人がユーロホステルならこのトラムだよ!と教えてくれた。バックパッカー=ユーロホステルってぐらい有名みたい。

私が超びびったら、お兄さん何度も謝ってくれた。
どうやらユーロホステルの隣に住んでいる一般人だったらしく(笑)
警戒してすみません。

PA120781.jpg

ヘルシンキには安宿が少ないと聞いていて、調べたら、ちょっと遠くのオリンピック選手村だった場所と、ここぐらいしか見当たらなかった。ホステルワールドで予約。
こちらもとっても大型の宿で、システマチック。
先進国だし、のんびりする人もいないと思うからいいのかな。
季節外れだったこともありますが、中年の利用客も多かった。

水周りも普通に綺麗だし、トラム降りてすぐ!っていう立地も素敵。
(ヘルシンキ中央駅の目の前のトラムじゃなくて、駅を背後にして右手の大通りにあるちょっと離れたトラム駅から!)

| Finland フィンランド | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。