世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

香港元朗⑰ グルメの街の茶餐廳

IMG_6071.jpg
最後の晩餐は、元朗の茶餐廳。
ウィンちゃんセレクト。チャーハンが2種類ある( *´艸`)どっちがどうだか忘れちゃった。どっちもおいしかった。とても。

あと菜芯とフクロダケの炒めたの、青唐辛子と豚肉の回鍋肉的な味のもの。青唐辛子のフレッシュな青臭い味が好きなので、とてもおいしく、そして熱く頂きました。こういう青唐辛子にフューチャーした炒め物ってもしかして初めてかも。家に青唐辛子があるので早速やってみようと思います!

最後にイカリング!衣にカレー粉がまぶしてあって、フライドガーリックと塩で頂きます。
これは一番おいしかった!!!ビールによく合う!

ビールといえば、スコット君と私がビールをガブガブ飲んで、30分以内に3本目をオーダーしたら、お店の人が超驚いてました。
スコット君によると、香港では茶餐廳で飲みながら食べる習慣は無いのだそう。なんと!
お酒を飲む場所はバーなど、決められているみたい。

台湾で、私と今回同行の友人が小籠包を食べながらビール2本目をオーダーした時、相席の親子に笑われたことを思い出した。
台湾もそうだったのか・・・でも飲むけどね。中華にビールがないなんて、寿司にネタが乗っていないようなもんだ。

それにしても!みんなで食べる中華はほんとにおいしい。
楽しい夜をありがとう\(^o^)/
スポンサーサイト

| 中華圏のご飯 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港元朗⑭ 香港式大鍋の店 萬里縁盆菜

元朗にある大鍋料理の店、香港を代表するパーティ料理として有名なんだそう。

P5252050.jpg
元朗ツアーでウィンちゃんが紹介してくれた香港カルチャーは、大鍋の文化。
祝い事で好まれる料理なんだそう。



P5252049.jpg
こういう大きな鍋に、お鍋セットを敷き詰めて、あとは自宅でお鍋をするだけの状態に仕上げてくれるんだそう。
日本のものよりももっと具だくさんで、山盛りに盛り付けるみたい。
このお店はお届け用専門のお店。



P5252048.jpg
有名。



P5252123.jpg
こんな感じで祝い事で皆で頂くそう。
みんなで食べてこその大鍋。香港の家族観を象徴するような料理だね。



P5252122.jpg
ウィンちゃんが、『これであの大鍋を食べるんだよ』と教えてくれた。

| 中華圏のご飯 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港元朗⑬ 色々な香港食

P5252067.jpg
なんと、私の好きな鴛鴦茶がペットボトルになっているではないか。時代だね〰
これは陰陽模様のごとく、コーヒーと紅茶を合わせて作る香港オリジナルのお茶。
今までは茶餐廳でしか飲めない特別な飲み物と思っていたのに、今は粉タイプのも出ていた。



P5252059.jpg
これはウィンちゃんの大好物だという小麦粉を揚げて、蜜を絡めたかりんとうのようなおやつ。



P5252060.jpg
ウィンちゃんが本気買いをするということで、私たちもあれこれ味見させてもらった。
シナモンやら生姜やら、甘いやらしょうゆやら、それらのミックスやら、とにかく複雑な味が多いおかし。
確かになれると病みつきになりそう。
あまりにも印象的な味で、一度食べたらしばらくは味の記憶が残ると思う。


市場近くにこういう伝統菓子を売る一角があって、他にバナナの味のやわらかい餅菓子とか、ピーナッツなどを蜜で固めた甘いお菓子などが人気だそう。ウィンちゃんのお父さんもこういうところの伝統菓子が好きらしく、実家に帰るときはお土産に持っていくそう。



P5252058.jpg
街角で見かけたリラックマと、エルモのケーキ。

| 中華圏のご飯 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港元朗⑫ 食べ歩きの街一番の人気店、恒香老餅店

食通の街元朗には、海外に移った香港人からも絶大な人気をほこる名店があります。恒香老餅店!

P5252074.jpg
ここー。路面電車の大棠道(ダイドンドウ)」駅前にある恒香老餅店。
ウィンちゃんはなんでも知っている!
日本で調べてみると、教えてもらった店はどれも日本人の香港通に有名な店ばかりではないか。




P5252073.jpg
横浜中華街にあるような素敵な店舗。
ここは元朗に来る香港人にとっても有名なお店なんだって!
ウィンちゃんによると、海外から香港に帰省する香港人は、皆からお店のお菓子をお土産にしてほしいと頼まれるんだそう。
遠い異国の地でも食べたい味とはいかに!?



P5252070.jpg
こんな素朴な焼き菓子が有名。
海外に買って帰ってきてと頼まれるのは点心だったな。あまり甘くなくて、確か、餅みたいなのが入っていたような。
特に印象に残らなかったが、海外に行った香港人には大変思い出深い味なんでしょうね。ごめん分からなくて。



P5252071.jpg
私はこっちがかーなーり、おいしかった。
一口サイズのミートパイです。



P5252072.jpg
サクサクサクサクのパイの中に入っているチャーシュー味の餡、甘すぎることもなく最高の組み合わせでした。
元朗で食べたものの中でダントツで一番おいしかった。


ちなみに★
このお店の回りには激安のお菓子を売るお店がたくさんあります☆
平日は中国人のおばちゃんたちが大きいバックを持って大挙してやってきて歩けないほどだそう。
海外のチョコとか、日本で買うより半額ぐらい安かったので、普段買えないドイツ製のチョコを大量買いしたわたし。しかも香港の土産がそれだけっていう・・・どこに言ってたんだ自分。

| 中華圏のご飯 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港元朗⑪ 食通の街、元朗でミシュラン掲載のお店・好到底

グルメの街元朗には、有名店が何件も軒を連ねています。好到底麺家は、ミシュランガイドに掲載された名店だとか。

P5252055.jpg
そんな人気店の代表がこちら。好到底とは、心底好きになる、みたいな意味みたい。



P5252042.jpg
お昼すぎでも超満員。
並ばずに入れるのは珍しいのだとか。



P5252054.jpg
2015年のミシュランなのかしら。★をとったわけではないみたいだけど、掲載されているのはすごいね。



P5252057.jpg
これが有名な蝦子撈麺というエビの卵の振りかけがかかった麺。
乾麺なのかな、固めの麺で、実はスープをかけながら食べるようです。
実は地下鉄などでたくさんこの料理の写真を見て、気になっていたのです。
で、お味は、ビミョー。
ゴムっぽい食感のたんぱくな麺に、パサっとしたエビふりかけ。
この水分のない感じの麺には日本人はちょいと不慣れ。
おそらく見たままの味。特に気の利いたアミノ酸的テイストが加えられているわけでもなく、とにかくそのままの素朴な味。それ以上でも以下でもない。
どうやらエビの卵よりも麺自体がおいしいそう。お土産にもなってたみたい。
あれだけ宣伝して、これだけ人が入るってことは、香港の人にはツボみたい。



P5252056.jpg
私は奥に見えるナポリタン味の麺がとても好きだったな。
かなり甘い味つけで、豚肉がごろっと入っていて、子供受けしそう。
こちらも麺は同じ。
他にワンタンメンなどもあって、こちらもおいしいと言っているブロガーがいました。

あとはウィンちゃんおすすめの大根と牛肉の煮込み。日本のおでんみたいな味。

それにしても香港の人は胃が小さいのか!?というほど一杯は少ない。



P5252041.jpg
ウィンちゃんがおもしろいことを教えてくれた。
なんでもこのお店はとっても古いそう。
それは、お店の右側の昔のタイルに書かれた電話番号のケタ数でわかるんだって!
勉強になった!

他にも食通の街元朗にはたくさんの有名店があります。
続いてはスイーツを。

| 中華圏のご飯 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港元朗⑩ 亀ゼリーの海天堂

ウィンちゃんも1か月に一回は食べるという亀ゼリー。初めていただきました。

P5252037.jpg
ウィンちゃんも、ウィンちゃんの弟も、回数券で通うという海天堂。
亀ゼリーというのは、亀の肉が入っているものとばかり思って避けていたが、実は亀の甲羅を煮出した液が入っているんだそう。
滋養強壮効果が高いらしく、疲れを感じたときにお勧めなんだって。



P5252038.jpg
1つは1000円近くするのだよ。たかーい。でも体にいいならぜひ!!
良薬や財布に苦し。
味はいつも食べてる薬草ゼリー。亀ゼリーもベースは薬草ゼリーなんだって。
シロップを付けるとむしろおいしい。

香港旅行で疲れたら、マッサージに合わせて亀ゼリーを食べるのがいいね。

| 中華圏のご飯 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港元朗⑥ 飲茶@グルメの街元朗

IMG_6060.jpg
ウェンちゃんチョイスの朝ごはんは、飲茶でしたー。さすが香港人。

ここでスマホを忘れたことに気付いたウェンちゃん。
スコット君に『持ってきて』と。
24階ぐらいまで?
お茶を入れたり、何かとこき使われるのが香港流彼氏らしい。がんばれスコット君!



IMG_6058.jpg
プリンとして、ちゅるんとしたエビさんの飲茶。日本人にはあまり馴染みのないコレ、中華圏の人はとても好きアルネ。



IMG_6059.jpg
素敵です( *´艸`)
甘い味付けの肉まん、おいしかったなー。
シューマイもぷりぷり。
そして一番おいしかったのはカスタードが入ったあんまん。しっとりとして上品な生地も、卵感の強い餡も、どちらも本当に美味でした。

地元のお年寄りは毎日こんなホテルみたいなところで飲茶しているらしい。
すごいなー。



| 中華圏のご飯 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港女子旅④屋台料理屋 興記菜館

P5241993.jpg
晩ご飯はこちら。テンプル通りにほど近い屋台街にあるお店。
なぜか、一軒間にはさんでその隣も同一店舗だそう。



P5241989.jpg
まずは大好きな香港野菜、菜芯の炒め。火加減が絶妙で。中まで柔らかいけど、しなっとしてない。
茹でたのかと思うほどあっさりとした炒めでした。塩味はかなり薄め。
ちなみにこれは冬の野菜で今は旬ではないそう。



P5241990.jpg
ナスのフリッター。塩とニンニク揚げで頂きます。ビールに合うよ。



P5241991.jpg
中国で贅沢だと思う炊き込みご飯。専用のしょうゆだれをかけていただきます。
この鍋で炊き込んだごはんはシンプルながら味わい深いと思う。
真ん中に乗った甘口の中華ウィンナーのお酒っぽい味が私は好きです。



P5241992.jpg
海鮮オムレツというから台湾の牡蠣オムレツをイメージして頼んだもの。
かき揚げ的なものでした(笑)暑い国の料理ー!という感じだね。
すっごい山もりで、半分持ち帰りにしてもらって香港の友人のお土産に。

暑い中、ビール飲みながらおいしい料理を頂くだけで最高ですねー。ちなみにこれ書いてる今糖質制限ダイエット中です!
香港写真にアップしている大体のものが食べられないっす!ヒモジー 

| 中華圏のご飯 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港女子旅②香港スイーツ★許留山のマンゴープリンだー

香港に来たら許留山だよー。マンゴー食べたいっ!
P5241967.jpg
今回はちょっと王道から外れてマンゴープリン。ちゃんとしたマンゴープリンをあまり食べたことがなかったので。
上に乗ってるしゃりしゃりのココナツアイスが南国風でした。



P5241970.jpg
これはココナツ好きの友人がオーダーしたココナツ麺入り。
ココナツ麺はちゅるちゅるで美味!マンゴーソースも濃厚で、香港でしか味わえないおいしさでした。



P5241966.jpg
今や香港各地に店舗を構え、50年の歴史のあるこのお店、なんと1号店は元朗にあるそうです。

| 中華圏のご飯 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マカオ女子旅⑭マカオの朝ごはん 寶富咖喱面食/マカオカツレツサンドイッチ

セドナ広場前のアーケードのある通りをポンテに向かうと朝から流行っている店を発見。
マカオは今空前のカレーブーム(?)なのか、カレー風味を全面に押し出してくるお店でした。
宝富咖喱面食。

P5241843.jpg



P5241838.jpg
きしめんみたいな柔らかい麺に、肉団子だったか魚丸(つくね)だったかが浮かんださっぱりスープ麺。
朝からやさしい味。
揚げニンニクが香ばしい。



P5241842.jpg
マカオで定番らしい、カツレツサンドイッチ。町中でこの写真を見て、実際食べ歩きしている人も多かった一品。
この店でもほとんどの人が頼んでいました。バターたっぷり。今日もがっつり歩くぞー!



P5241841.jpg
カレーの名店ってことでカレー風味のものも一つ頼んでみた。
豚肉のカレーかと思いきや、カツカレーではないか。かぶってるし。
下に敷いてあるじゃがいもは、フェルナンド同様とってもホクホクでほんとにおいしい。
カレーの香辛料の配合は、インドや日本のものというより、マレーシア系のものに近い感じがしました。
ココナッツは入っていないし、日本人にとって癖のある香辛料もあまり入っていない気がした。
でもしっかりオリエンタルな味で、ほんのり中華っぽいコク(カレーうどんで言うところのカツオテイスト)も入っていて、おもしろかった。
お肉がね、これまたおもしろい食感で、あんまり筋っぽくなくて、なんというか・・・さつま揚げみたいな?柔らかさ。
疑問を抱きつつ食べてましたが、カツレツの断面見てわかるように、肉でした。



P5241840.jpg
分量がよく分からず、こんな感じになってしもた。
今日もたっぷり歩くしかないね!ってことで、チェックアウト後は最後に復興新街を歩きつつ、歩いて反対側の沿岸まで歩いてみることに。

| 中華圏のご飯 | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マカオ女子旅⑬深夜のマカオスイーツ★復興新街

カジノで買ったわたくしのおごりで深夜1時にマカオスイーツを。
復興新街の奥のほうにあるこのお店、昼間はやっていないが、夜は1時をすぎてもどんどん人が入ってくる。
香港でも、ウェンちゃんにスイーツショップを案内してもらったのは確か夜も遅い時間だった。
こちらの人の体内時計はどうなってるんでしょう?

P5241834.jpg
香港、マカオのスイーツってある意味独特かも。
こういうお椀に入れて食べるのが一般的なよう。
ほとんどのメニューで温と涼が選べる。
マンゴーに、薬草ゼリー入りのものを選びました。せっかく南国だし、フルーツも食べたいよね。



P5241835.jpg
手前は友人の。マンゴータピオカだったかな。



P5241837.jpg
暑い時期でしたが温を頼む人も結構いた。
根菜系とか穀物系の入ったぜんざいみたいなのも人気みたい。
和っぽいテイストと南国テイストのミックスみたいな香港マカオスイーツ。
東南アジア系のスイーツと比べると甘さはかなり控えめ。

思えば4時にフェルナンドで飲み食いし、1時にデザートって、マカオにいると我々の体内時計もおかしくなってしまうね。

| 中華圏のご飯 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マカオ⑩名店フェルナンド。幸せを運ぶレストラン・ポルトガル料理

マカオでもっとも日本人に人気のレストランと言えば、ここ、フェルナンド。コロアン島(コロアネ島)の黒沙湾という、マカオの一番先端にある、とっても雰囲気のいいレストランでした。
P5231794.jpg
この開放的な雰囲気とヨーロッパのようなレンガ造りの内装がとても素敵。
お客さんは半分が欧米の方、日本人客も多かった。
土日は予約ができないので、アドバイスを忠実に守り、土曜日の4時にいざお店に。
4時という中途半端な時間にもかかわらず、ほぼ満席。
食事が終わり、6時前ごろ一瞬テーブルに空きが出始めたので、もしやと思って聞いてみたところ、私たちが夕食のつもりで入った時間帯はランチ組がまだ残っている時間帯だったらしい。マカオの人は昼も夜も遅いらしい。



P5231792.jpg
この景色だけでもビールが進みますね。



P5231791.jpg
まずはビールと焼きたてのパン。
スーパーボック。
スタッフは地元の人に加え、どこぞのヨーロッパからやってきたアフリカ系のお姉さんも。
英語が通じるのでありがたい。



P5231793.jpg
まずはタラの乾燥させたバカリャウとじゃがいものコロッケ。
初めてバカリャウを食べましたが、おいしかったわー。
魚とポテトの組み合わせは意外と合うもので、ロシア料理のニシンとポテトとビーツのサラダも自宅でも真似するほど気に入っている。タラとじゃがいもが混じり合って新たな味を・・・というわけではなく、タラとじゃがいもはそれぞれ口の中で独立しているのですが、サクッと香ばしく揚げることでなんとなくうまくまとまってくれる感じ。ちょっと魚臭いので、苦手な人はだめかもしれない。



P5231795.jpg
エビちゃん。ニンニクたっぷり、トマトベースの濃厚すぎるソース。
エビはぷりぷり。食べ終わったあとはパンにつけて、二度楽しめる。毎日でも食べたい〰



P5231797.jpg
アフリカ好きな我らが懐かしんで頼んだのは、お豆と豚足の煮込み。
ソーセージも入っていて、スモーク感がコクを引き出していた。こういう豆料理は日本にないね。体にいいから日本でも一般的になるといいな。
さすがに食べきれず、残してしまったら『持ち帰る?』と聞かれました。持ち帰り文化があるのか。
ちなみにエビはハーフでオーダー可能なのに対し、他はハーフサイズは無理みたい。
大人数で行くといいね。



P5231799.jpg
そして、ここに来たらぜひ食べようと思っていたイワシ〰
この店を紹介しているほとんどのブログがこれを頼んでいたので。

まず、付け合わせのピーマン、トマト、たまねぎと、そのドレッシングが異様にうまい!
ここのサラダが人気な理由が分かった。
そして、ポテトがまた、ほっくほく!!本当においしかった。エビのソースをかけても最高。
そしてイワシ。塩加減がちょうどいいし、まず臭みが全然ない。本当に新鮮なんだなー。
この一皿は、シンプルな調理方法でマカオの魚と野菜を最大限においしく食べられる一品でした。
やっぱりこれはマストだね。



P5231798.jpg
後半から500Lの壺入りサングリア。この一杯のために仕事がんばった。(※500mlでした。)
香辛料、柑橘類とも控えめ、甘さは結構あった。
全部飲んだら悪酔いするかなーと思っていたけど(思いつつ全部飲んだ。)氷もたっぷり入っていたし、十分水分を取ったのでレストランを出てマカオ半島に戻ったころにはすっかり酔いもさめていた。


フェルナンドの気取らぬ雰囲気、国籍、世代を超えて愛されるのがよくわかりました。
雰囲気もさることながら、とにかく素材の味を最大限に生かしたシンプルなポルトガル流の調理方法が本当に気に入った。その日、海や畑で採れたものを食べられる幸せ、塩胡椒とオリーブオイルだけでもおいしいと思えるような良質の野菜があること。実はとってもシンプルなことで、もしかしたらそれは遥々マカオまで行かなくても、あなたの実家や、おじいちゃんちでも味わえることかもしれないね。

最後にちらっと会ったフェルナンド氏もとっても気さくで本当に素敵なレストランでした。
遥々遠くまでやってきて、”おいしい”以上のものを得たような気がする。

P5231801.jpg
待っている間にこちらをどうぞ。



P5231802.jpg
レストランの席待ちスペース。バーがあるんだって。
こんな素敵な場所だったら、待つこともまた一興ですね。



P5231804.jpg
路線バスでフェルナンドに行く行き方はこちら:黒沙ビーチ(終点)下車後、バスの進行方向を向いて、すぐそこ。



P5231805.jpg
帰りのバスも頻発。



P5231807.jpg
もう少し早く着いたらビーチも見てみたかった。



P5231809.jpg
バス待合所にあった、獅子會の文字、なんだと思いますか??
すぐに『ライオンズクラブ!』と気付いたあなた、アタマイイネー。
鋭い友人が解明してくれました^^



P5231810.jpg
まだ6時!マカオに戻ります。さて、マカオの夜が待っているよー!

| 中華圏のご飯 | 00:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マカオ香港女子旅⑧マカオのスイーツ★ロードストウズベーカリーのエッグダルト

マカオ女子旅一押しのコロアンビレッジ。小さくてかわいいこの町を有名にしているのが、ロードストウズベーカリーというエッグタルト専門店。なんでもマカオのエッグタルト発祥地なんだとか。。。


P5231772.jpg
マカオ半島からのバスを下車するとすぐ向かいに系列のカフェ。そしてロータリーの反対側にあるのが、ローズストウズベーカリー店舗。カフェは観光客が並んでいましたが、こちらはすぐに買えました。
すっごく流行っているのに、昔ながらの古い建物の店舗。

エッグタルトの他にもおいしそうなケーキが並んでいました( *´艸`)女子はときめくだろうな〰。30代はコレステロールとかいろいろ気になるので、食べたあとの罪悪感を想像しながら見なかったことにしましょう。



P5231770.jpg
久々のエッグタルト。
1個あたりは150円ぐらいしたかな??ちょっと忘れましたが、それぐらい。
日本に帰ってポンパドールでエッグタルトの値段を見たら250円ぐらいしていたので、やっぱりまだマカオのほうが安い??
パイがとってもサクサクで、層が繊細なのが香港やマカオのエッグタルトの特別さなんじゃないかと思う。
できたてでまだ温かいカスタード部分の甘みはかなり抑えめ。タマゴの味を味わえます。
やっぱりエッグタルトは本場が間違いないと思った一品でした。
このシンプルな袋も味わい深い。

| 中華圏のご飯 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港マカオ女子旅⑤マカオのお食事 お粥

復興新街の奥のほうにあったお粥さん。いつ通っても人がいっぱいだったので、朝ごはんに入ってみた。
P5231727.jpg
三軒粥。内装がなかなかの古臭さ。



P5231725.jpg
私:牛肉のおかゆ、友人:お店名物の豚三昧おかゆ+卵入り。豚ひき肉のお団子はぷりっぷり。ほかにレバーなどが入っていてボリュームあり。もちろん油条はお約束。
香港・マカオのお粥は具に重きを置いていて、調味料は入っていないものが多い。
タイのお粥が好きな人にはコショーや生姜が恋しいのでは?
さっぱりしていて朝にうれしい食事でした。

| 中華圏のご飯 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渋谷で火鍋 小肥羊

最初で最後に火鍋を食べたのは大連。
あれから8年、人生二度目の火鍋の日が突然やってきた。
小さいが肥えた羊、小肥羊@渋谷店へ。
20081031_438556.jpg
なんでも中国の大手火鍋チェーンの日本支店だそう。
言われてみれば、あの店のかわいい肥えた羊ちゃんのマーク、どっかで見たことあるような。

IMG_5989.jpg
どーん。ラムちゃんいただきます。お肉はしゃぶしゃぶすると、くしゃっとなって見た目ほどのボリュームではないのです。
適度な臭み・・・最近ウズベキスタンに行く予定の私ですので、期待していた通りの臭み!

ちなみに羊のケバブは脂身、羊臭さとも本場ものとは全然ちがって、羊嫌いの人でも食べられる味。
できればもっとクミンどっさりでお願いしたいが、臭くないように調理しているから、不要と判断されたのかな??

赤い方・・・麻辣
大量のニンニク
大量の鷹の爪(種は抜いてある)
ゴマ
花椒
クミンの味がとても効いている。ちょっとカレーっぽい風味。
乾燥棗(なつめ)
丁子(クローブ)
ローリエ・・中国語で香叶

白い方・・・白湯
龍眼
草果・・・3cm大の花のつぼみのような形。ぴりっととがった味。胡椒の仲間らしい。
フェンネル・・・インドで食後に出されるアレ
党参(トウジン)・・・干した朝鮮人参みたいなもの
白冠(びゃくつぐ)・・・ごぼうの輪切りにそっくり
白豆蔲(ビャクズク、びゃくずく)・・・ヒヨコマメのような見た目。中に種が入っていて、草果ににたぴりっとした香り。


両方に入っているもの
大量のニンニク(つぶさない)
ぶつ切りの長ネギ
生姜の輪切り
クコの実


確認できないが、レシピを研究して入っていると思われるもの
八角
シナモン
陳皮
良姜(りょうきょう)
甘草(カンゾウ)・・・木の輪切りみたいなもの
当帰(とうき)
カルダモン
ウコン

IMG_5990.jpg
羊肉は色々効能があるそうで、女子が多かったこと!
なんでも油の融点が44度と高く、体内で溶けにくいのだそう。
なるほど、よくウイグルなんかで『羊とビールを一緒にとるな』と言われたのはそんな事情が関係するからなのか。詳しいメカニズムは分からないけど、とにかく何か特別なラム。

本場中国から出店されているだけに、ここのは薬膳の風味は結構癖が強いらしい。それでも辛さはかなりマイルドだと感じた。
マーラーのほうは、ウコンのような、クミンのようなカレー風味が独特で、それがまたとっても美味。
にんにくは、煮込みすぎて最後はとろとろに。
煮込んだあとのスープも本当においしく、ビールを飲まずに最後の一滴までスープを頂きたかった。
たっぷり漢方がしみ込んだうえ、エビなどの海鮮、ラム、チキン、ポーク、きのこ類もたっぷり入れてとっただし。
捨てちゃうなんてもったいない!!最高に素敵なスープでした。上半期最大のヒットだな。毎週でも行きたいよ。

| 中華圏のご飯 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横浜中華街のおいしい水餃子、山東

最近仕事で中華街付近を通ることが多く、今年になってもう三回ぐらい中華街ってます。今日はランチ時間に立ち寄って、以前紹介してもらった水餃子の山東にリピート。初めて食べた時はもちもちすぎる食感も、ココナツのつけだれもイマイチ慣れずに違和感があったのですが、時が経っても忘れることのなかったのが、これまたもちもち感とココナツだったのです。

これが中華街一と言われる水餃子。
とにかくもちっとした食感は、できたてほどおいしい。
水餃子は自分で作ったことがありますが、つるんつるんにはなってもプリプリにはならなかったんだな。このもちっと感、一体どうやってるんだろう。

餡は豚肉とたっぷりの韮がメイン。
そして、なんといっても独特なのがつけダレ。中国でもそういう凝ったタレは見たことがない。
ココナツと、醤油、チリ、そして中国から取り寄せているという漢方が調合されています。豚肉とココナツというのは実は東南アジア料理では鉄板の組み合わせ。合わないわけがないのです。でも餃子とココナツと聞くとやっぱり不思議よね。

この店はもともと山東省出身のお母さんが開いたのだとか。珍しい中華のつまみセットもおすすめ。
青島を飲んでたら、となりにやってきたおばあちゃんがまさに創業者さんでした。

| 中華圏のご飯 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本で葱餅

IMG_4615.jpg
台湾帰りに見つけた台湾料理店。行動範囲内にいい店をみつけてしまった。
台湾で一番大好きな葱餅〰


IMG_4614.jpg
千切り大根たまごも、



IMG_4613.jpg
るーろーふぁんもあるのです。

| 中華圏のご飯 | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生煎

神奈川県某所にて、焼しょうろんぽうのお店があったので入ってみました。

6個入りをオーダーし、出てきたのが・・・コレ。
IMG_4438.jpg
(笑)
こぼさないようにらしい。

| 中華圏のご飯 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 庶民の味方、安くてほくほくの朝ごはん 興隆居

こういう店が大好きなんです。
庶民による庶民のための庶民の味。
ゆげが上がる蒸篭の中には、できたてほくほく、手作りの肉まんに花巻・・・
毎朝だって通いたい。ここにお粥とおいしいベトナムコーヒーでもあったらもう文句なしだね。
隣に引っ越すよ。

P8109284.jpg
こういうこと。
暖かい豆漿、パイ生地のパン、出来立て油条、豆乳、お店名物ジューシー肉まん、蒸焼き
二人だけなのでこれだけしか食べられないのが残念だわ~



taiwanfood (2)
お店名物の肉まん。この肉まんは野菜多めでジューシー。確かにおいしい。
飛ぶように売れていました。



taiwanfood (3)
こちらも台湾で人気のパイ風のパン。
中になんと揚げパン!お好み焼きにご飯的な!?いや、むしろご飯にお粥か!?
こちらでは店頭で焼いてくれる熱々の卵焼きをはさむのが通らしい。
卵焼きは塩を入れ忘れたのか、全体的に粉の風味を味わう食べ物でした。
パイはパイだけ、油条は油条だけが良さそう。
卵焼きとあわせるなら、葱餅とのコンビのほうが圧倒的におすすめ。



P8109285.jpg
このお店は大盛況。



P8109286.jpg
中華圏の人は手早く効率的に作業をこなすプロ。
お客を待たせません。
やり手おかみはインカムを自在にあやつり、次から次へと客をさばいていきます。
私たちも『トウニュー!?アツイ!?アマイ!?』と日本語でチャキっと対応!
こんなにバタバタしているのに、不快感ゼロの接客に脱帽。



P8109290.jpg
興隆居さんは黒い看板が目印。
看板だけでもおいしそうに見えるのはなぜ。



P8109287.jpg
雨の日も、この店だけは活気に満ち溢れている。



P8109288.jpg
これはお隣さん。ここも人気だそうです。



P8109291.jpg
ライライ豆漿か。

台湾に来たら、ぜひこういう街角の朝ごはんやさんで台湾風の朝を迎えていただきたい!

| 中華圏のご飯 | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 大東夜市の葱油餅

台南の夜市は、同じ場所で毎日やっているわけではなく、曜日ごとに開催地が異なる仕組み。台南人は、月曜日から日曜日までの市場開催場所を、「大大武花大武花」と覚えているそうです。一番大きいのが花園、この日は月曜日だったので大の大東夜市。シャングリラから100元で行ける立地。

P8119719.jpg
台北とは違って、広場に展開。食事スペースと買い物スペースが分かれていて、目的のものを探しやすい。



P8119720.jpg
これこれ、台湾で一番好きな食べ物、葱油餅。
焼きたてはさくさくで本当においしい。4分の1から買えます。

| 中華圏のご飯 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 安くておいしい。上海華都小吃の小籠包

P8119701.jpg
上海華都小吃の小籠包は、安くておいしくて地元民にも大人気のお店。



P8109420.jpg
松を敷いているのが珍しいそう。
肉汁は少なめですが、お肉についている味が風味豊かで、私も友人も昨日の上海湯包館よりこちらのほうが好みでした。
お肉そのものの味が好き、肉汁重視なら上海のほうがいいかも。



P8119703.jpg
日本人好みの春巻き。



P8119702.jpg
豚肉のオイスター炒め。どこで食べても間違いないお味。



P8119704.jpg
台湾の海老はプリプリでおいしいとのことなので、海老チリもオーダー。
この店もビールを飲む人はいなかったが、もしかして人気店で回転が速いので、みんなビールを飲んで長居するのは遠慮しているのかもしれません。
私たちもグルグルテーブルで相席となりました。それでもなんでも台湾ビールを頼んだら、まわりの台湾人に笑われた。
そんなに飲まないものなの!?
ちなみに隣の母娘、食べ終わったあとにしっかりお皿を重ねてかたづけていた。女性なら食べる姿勢もみんなきれいだし、台湾は本当に洗練されてきている。それでいて、隣のガイコクジンに『これオイシイヨ』と気さくに話しかけるフレンドリーさんもある台湾人。
台湾だったら本当に住めるわ。台湾に通う友人の気持ちがだんだん分かってきた。

| 中華圏のご飯 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾 謎の小吃 碗粿(國華街 一味品)

台湾ブログやお店で、謎の食べ物を見ました。
お椀になにやら黒糖のような蜜をかけ、プリンのような・・・?
ネーミングもなんとなく甘そう。あまりにも多くの人が食べているので、謎のまま挑戦。

P8119628.jpg
看板おばあちゃんがとてもかわいらしかったので、この店で購入。
みんながかけている黒糖の入った小袋を入れたあと、おばあちゃんが『これはいる?』と言って見せてくれたのが、なぜかチリソース!?(このあたりでちょっと嫌な予感・・・)


P8119630.jpg
お持ち帰りパック。。。
一体どんなブツが入っているの??黒糖にチリソースよ!?


P8119631.jpg
どーん!

ぐ、ぐろい!!

お味は。。。意外とおいしかった。というか、粽の味と具。
茶碗蒸しみたいな見た目ですが、もっともちもちとしていて、切って食べる感じ。
なんでも女性は米字、男性は十文字に切って食べるのが縁起のいい食べ方らしい。

黒蜜だと思っていたソースはうすいオイスターソースのようなものでした。
何もつけなくても平気。
結局なんだか分からないけど、ぜひかわいらしいおばちゃんに会いに行ってみてください。

| 中華圏のご飯 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 國華街の豆華屋さん

豆花はこちらのを食べてみた。人生二回目の豆花につき、比較はできません。
P8119625.jpg
國華街にあったこのお店にしてみました。たくさんの具が並んでいて、メニューが多いが特徴。



P8119626.jpg



P8119633.jpg
おすすめの総合豆花にしてみました。
普通の豆花のほか、梅味、黒糖味、モチモチ風などのミックス。
原味以外は、ゴマ豆腐のような食感でした。甘いシロップがちょうどよく、食欲が落ちる夏にとてもよさそうなデザート。

| 中華圏のご飯 | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 國華街のおすすめごはん屋さん 江川

P8119624.jpg
お昼は、朝も行った國華街へ。朝も夜もにぎやか。



P8119622.jpg
朝ごはんでお世話になった江川さん再び。



P8119629.jpg
お昼ごはんは、朝食べて気に入った二品と、冬瓜炒め、そしてミートボールの煮物。どれも美味。
ミートボールもおいしかったけど、やっぱり大根の煮物の煮汁が一番コクが深くてご飯に合いました。
おすすめの江川でした。

| 中華圏のご飯 | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 周氏蝦捲で海老のから揚げ

周氏蝦捲は、台南を代表するお店。
国賓を迎えたこともあるらしい。
安平支店も大賑わいでしたが、高級感などで言ったら台南方面に戻るほうにある本店のほうがいいのかも。
本店もとてもにぎわっていました。

P8119541.jpg
おなかいっぱいだったので、二人で一皿だけオーダー。
サクサクの生地と海老のすり身がとても美味。すり身には日本人が大好きな味に味付けされているので何もつけなくてもいい。
付け合せは生姜でした。



P8119547.jpg
こちら、セブンイレブンの中華風おでん。マーラーテイストで辛いのです。
昼ごはんに差し支えるとまずいので、豆腐と大根を選んで二人でシェア。
今回マイブームの台湾のお豆腐、ここでもおいしかった。とろんとしていて食感がいいんです。

台湾のコンビニでは、今イートインスペースの確保に力を入れているらしい。大体どの店舗でもかなりの広さのスペースがあって、トイレも開放している場所が多かった。旅行者にはありがたい限り。今後台湾でトイレに行きたくなったらセブンを探すべし。

| 中華圏のご飯 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾3日目 國華街で朝ごはんを。江川の金得春捲

台湾3日目、台南2つ目の朝は、記録的な豪雨に見舞われておりました。
そんな中でも、台南はアーケード街が発達しているので、歩いて出発。
台北ナビで見つけた台南の朝ごはんストリート、国華街へ行ってみた。
朝ごはんだけでなく、昼もやっているんだけどね。
朝と昼とでは若干開店していお店に違いがあった。私たちは江川さんの朝ごはんがとても気にいったため、当日のお昼も行ってしまいました~
P8119513.jpg
これが江川さん。お惣菜が中心。


P8119511.jpg
私たちのチョイスはこちら。
燥肉丼小椀は、大人気のルーローファンに似たお味。とろっとろのお肉と、見た目ほど濃くない味付けでペロリといけちゃいます。スープは隣のおじさんが飲んでいた魚丸湯小椀。なんでもないように見える魚丸(つみれ)には、薬味でしっかり味がついていて、ぬかりがない。
麻婆豆腐は日本と違ってお肉は不使用。しっかり辛くてご飯が進む。硬すぎず、やわらかすぎず、ほどよく餡に絡む豆腐がとてもいい。
そして一番おいしかったのは台湾風の大根煮。豚肉とにんじんでくたくたっと煮込んだ煮物。八角が利いている。
この八角の味が台湾らしくて実にいい。にんじんも煮汁をしっかり吸い込んで、にんじん嫌いでもパクパクいけるんじゃ無いかと思うほど味がしっかりしている。
スープには大根の出汁がしっかりついていてこれだけでご飯が何杯でも食べられるわー。


P8119512.jpg
これが江川さんの金得春捲。以前台湾のこじゃれたレストランでも食べたことあるけど、こっちに軍配!
薄い小麦粉の皮に、ゆでたキャベツやもやし、豆、錦糸卵、肉、パクチーなどを巻いた台湾風春巻き。
これは決してみんなの知っている生春巻きや、揚げ春巻きとは違います。
なぜなら仕上げたにピーナツと粉と、たっぷりのお砂糖をふるからなのです。
ここのお店のは砂糖の粒が大きめで、じゃりじゃりする感じ。それがまた癖になるのよねー。
一緒についてくる酸味のあるタレはあってもなくてもいい感じ。
私は食後の甘いデザートのような感覚でおいしくいただきました。
調べてみると、甘すぎて食べられなかったという人も多いみたい。
確かに、あまりにもまとまりのない具と食材のミックスだけに、いったい誰がこのコンビネーションを考案したのか、どのような研究のもとこの黄金比が生まれたのか実に気になるところ。普通にない組み合わせだよねー。

ちなみにこの春巻きが確か35元程度、ご飯はこれだけのバラエティでなななんと80元!驚きの安さで大満足の朝ごはんなのでした。

| 中華圏のご飯 | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南のお食事 三越 上海湯包館

台南でおいしい小籠湯で検索してヒットしたこのお店。台南三越の西門店地下のフードコート奥にある上海湯包館と言います。何を食べてもおいしいことで有名だとか。台南には台南駅近くにも三越があるので注意。

P8109488.jpg
これがメニュー。トンポーローはなんと5人前から!二人で来ているお客さんも結構いたんだけどな~



P8109489.jpg
蟹味と普通の味をオーダー。汁の量は多くてかざりっけの無い肉味を楽しめます。あまり小細工していない肉本来の味がすきな人にはいいかも。


P8109487.jpg
こちらは珍しい蟹味噌と豆腐のスープ。日本人が好きな味。台湾はお豆腐がとてもおいしいのでチョイス。

お店は10時ぐらいまでだったかな。
台湾では食事しながらビールを飲む人が少ないので、このお店にはカールスバーグの小瓶しか置いていないのが残念だった。お値段は高いので、ここでお目当ての料理を食べて、フードコートでデザートを食べるのがよいかも。

| 中華圏のご飯 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 莉莉水果店でマンゴーカキ氷

台南で一番有名なカキ氷店は、莉莉水果店。最近店舗外観をリフォームしたらしい。
P8109449.jpg
こんな感じでおしゃれーに。



P8109453.jpg
色々な国の言葉でフルーツと書かれています。


P8109454.jpg
人気店なのでひっきりなしに人が入っていました。



P8109457.jpg
これがマンゴーとコンデンスミルクのカキ氷。台南ではレモンをぎゅっと絞って食べるらしい。
台南はマンゴーの産地玉井が近いだけあり、おいしいマンゴーでした。
現地人は、総合フルーツ(フルーツ盛)や、八宝カキ氷(色々なお豆などが盛られている健康そうなかき氷)が人気。
お店のメニューにお勧めが書いてありました。
涼しくなった夕方、ちょっと家族でフルーツ盛を食べにいく文化なのでしょうか。いいね。


P8109459.jpg
四角いスイカがてんこ盛り!日本では有名なフルーツパーラーでしか見たことないのに。
ここに『おばあちゃん大好き!お誕生日おめでとう』などの言葉を入れて贈るようです。


P8109458.jpg
スイカコラボWITHブタちゃん。


P8109450.jpg
お店の横に七夕的な飾りがありました。


P8109460.jpg
お店の近くにあった教会。椰子の木とのコンビが南国らしくていいねー。

| 中華圏のご飯 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南 鳳凰印象の膨餅アイスクリーム

莉莉水果店の近くの交差点に、斜めに向かい合って2件のお菓子屋さんがある。
1件はパンやパイナップルケーキを置く、どちらかというと洋風なお菓子屋さんで、もう1軒がここ。鳳凰印象というお店だそうで、本家台湾の食通さんたちの間では有名だそう。日本でもananに掲載されたみたいだけど、日本語ページはあまり出てこなかった。


P8109446.jpg
アイススタンドの隣で伝統的な台湾のお菓子が1つから買える。台湾人には人気。


P8109445.jpg
これが人気の一品。膨餅に豆乳アイスを入れたもの。



P8119501.jpg
アイスはご遠慮し、お土産用にこの土台の部分を購入。台南では有名なお菓子らしく、中にジャムや黒糖の餡が入っている。
林百貨店でも売られていたので、台南の伝統的なものかもしれない。
生地は案外しっかりとした歯ごたえで、生地自体にはあまり甘みがない。卵を破壊しながら中の餡をつけて食べる。
この店のはちょっと粉っぽい。林百貨店のは餡がおいしく頂けました。


P8109443.jpg
隣の店舗にはちょっとだけ日本のお菓子も売っています。これが台湾語になったサクマドロップ。

| 中華圏のご飯 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南のかわいいお茶土産~茶藝館奉茶

粽屋さんの近くにとてもかわいいお茶屋さんを発見。灯台のような気象台の前。
P8109408.jpg
素敵な内装~パッケージもかわいいのです。
台南を紹介するイラスト入りの本にも掲載されているらしく、わざわざ店員さんが見せてくれた。
二階は茶藝館らしい。



P8109409.jpg
すぐ近くにある十八卯にも、同じ商品が置いてある。
これは日本家屋を改造したレトロなカフェ。林百貨店にも少しだけ売っていた。



P8109411.jpg
試飲用のお茶がたっぷり。頼むといくつか空けてくれる。



P8109495.jpg
あれこれ悩んで、味ではなくジャケ買いをしてしまった。日本みたいに小分けの袋まで入れてくれる。
(右の小分け袋、持ち手のところが台湾の形にカットされている。)



P8109492.jpg
台湾の伝統的な結婚証明書をプリントしたパッケージの「結婚證茶」。



P8119711.jpg
色々なお茶が入ったセット。阿里山の紅茶なんてのもある。これが一番お土産にはいいかも。



P8109418.jpg
すぐ近くにある


P8109414.jpg

| 中華圏のご飯 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台南の伝統的ちまき店。再發號肉粽

P8109400.jpg
ここの角を曲がると



P8109407.jpg
ここここ、有名な粽(ちまき)のお店。創業1872年、4代にわたり続く老舗中の老舗らしい。
台湾でも粽は端午の節句に食べられているらしく、その期間になると1日1万個も売れるらしい。



P8109403.jpg
南国レトロ中華なたたずまい。実は今までおいしい粽を食べたことがなく、このお店もたまたま通りかかったから入ってみた程度だった。あんまり期待してないよ??



P8109406.jpg
これが有名な八宝粽。3代目が考案した贅沢な具が特徴の粽。大きくてとても立派~。
一口食べて、これまたびっくり!なんてことでしょう。巧みの技~ さすがは老舗中の老舗。
干しえびやしいたけ、豚肉、栗などがぎっしり。何もつけなくても十分おいしいのだけど、お皿に張っているしょうゆの煮汁との相性も抜群。しょっぱすぎず薄すぎず、やさしい中華味。
もち米の柔らかさも最高でした。粽の常識が覆った瞬間。

このお店、持ち帰りだけでなく冷凍パック対応もしているらしい。こんな粽が届いたら台湾人でもうれしいはず。
台湾人が書いた宿のゲストブックにも、この店がおいしかったと書かれていた。

| 中華圏のご飯 | 13:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港でトランジット休憩中

年末フィリピンはストップオーバーを狙って香港経由に。
が、僅差で香港昼着・夜発便が売り切れてしまいました(涙)
なのでフードコートでプチ香港気分。ささやかな待ち時間も無駄にしないのが女子旅。

IMG_3144.jpg
大食い選手権みたいですが、3人でシェアですよ??
元香港居住者チョイスのランチ♪
ピーナッツの入ったおかゆはお魚のつくね入り。冷凍のつくねじゃなくて、貝の風味が利いたモチモチのつくね入り。
さすが香港クオリティ。
お勧めの肉まんはほのかに甘くてとってもおいしかった。
香港国際線待合場のフードコート、ちょっと高いけどやっぱりおいしい。ちなみにここは0時を境に人が引く・・・



IMG_3147.jpg
おなかいっぱい、香港の夕暮れ。
なんだかとってもスモッグ気味でした。
香港からマニラまでは2時間弱のフライト。なぜかプレミアムエコノミーにアップグレードされてて超ラッキーでした^^

| 中華圏のご飯 | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事台湾編 金峰魯肉飯

魯肉飯デビューしてきました。
お店は、ガイドブックでタクシーの運転手さんが推薦していた金峰というお店。
P3176601.jpg
こんな感じで下町の食堂と言った感じですが、店頭は早くも地元のお客さんでいっぱい。おいしいお店なんだろうなー。
日曜日だったので家族連れも多かったです。魯肉飯も老若男女に人気なんですね。



P3176600.jpg
これがそれ。まずいわけがないよねー。
お値段もびっくりするぐらい安くて、きっと日本で言うところの牛丼感覚なんだろうなー。

| 中華圏のご飯 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事台湾スイーツ編 思慕昔

P3176612.jpg
3日目にマンゴーカキ氷食べてきました。2日間はとてもカキ氷など食べたくなるような天気ではなかったのです。
隣の人たちも私たちと同じマンゴー味。老若男女好きな味なんですねー。
お皿の形もかわいい。



P3176609.jpg
この時期のマンゴーは冷凍らしく、予め断りを入れられました。
氷にも味がついていておいしかったー。
けど、3人で1つで十分すぎるほどでした。

| 中華圏のご飯 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事 台湾の豆漿

P3176580.jpg
台湾3日目の朝ごはんは、ホテルから一番近い豆漿屋さん、洪記へ。



P3176578.jpg
台湾人の朝ごはんで人気の豆漿なるものを食べにやってきました。
あまり日本人は来ないのか、おじさんたちみんな親切でした。



P3176571.jpg
これがうわさの豆漿。おおおおおいしい!!
豆乳にお酢を入れて少し凝固した状態のあたたかいスープ。
乾燥えび・コショー・塩・ねぎ・ゴマ油で味付けて、最後に油条を入れる。とっても気にいったので早速日本で再現。



P3176573.jpg
このローティーにねぎ卵つけたのもおいしかったー。ローティ、どうして日本に無いんだろう?
いっそ作ってしまおうか。



P3176574.jpg
中身がなんだったか忘れたけどなんかのおやき。



P3176576.jpg
「有意者、請」!!入社したい!

| 中華圏のご飯 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事 老舗台湾料理 欣葉

P3166552.jpg
台北に戻って、2日目のディナーはしっかりした台湾料理を頂くことに。
選んだお店は
お隣は外国からのお客さんを接待中の集まりでした。



P3166553.jpg
このお店の名物、切り干し大根の卵焼き。菜脯蛋。
味がぜつみょ~。濃くも無く、また薄くもなく・・・このお店で一番おすすめ。



P3166558.jpg
春巻きの皮みたいなのにくるまれている何か。
ピーナッツの粉みたいなのとか、もやしなどが入っていて想像と全然違った。



P3166563.jpg
空心菜炒め。きれいな色~。味はちょっと薄いぐらい。野菜のうまみを堪能。



P3166561.jpg
なすと言ったら中華でしょう~ビールください。



P3166559.jpg
こちらは生春巻きの皮を揚げたタイプの春巻き。



P3166567.jpg
カニ飯ー。お酢をつけていただきました。



P3166564.jpg
台湾料理は素材のうまみを大切にするやさしいお味でした。




P3166568.jpg
デザートの餅。

ごちそうさまです。

| 中華圏のご飯 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事 九份茶坊で素敵なお茶の時間。

P3166509.jpg
1日目にすっかり味をしめてしまった茶藝館。ここ九份には、一等地にすてきな茶坊がありました。
値段は日本の喫茶店並みに高いですが、とてもいいです。



P3166496.jpg
ちょうどサンセット前だったので、テラス席にしました。一番いい席をゲット。



P3166497.jpg
では、お茶の時間。
各テーブルにこんな囲炉裏みたいなのが運ばれてきました。
昨日の失敗から、この日はお茶請けを頼まず。
周りの台湾人は、お豆と甘いものを1種類ずつというコンビが多いみたい。



P3166472.jpg
茶器がとても素敵。ここのオーナーがデザインしたそう。
まずは器をあたためます。この日は寒かったので、これはとても重要。
今回もお姉さんが説明してくれました。台湾人の日本語って、全然助詞を使わないし、活用も無し。
「これ、ウロンちゃ、 におい、ミルク、これ1分待つ、においいい。」
でも通じるんだなーこれが!



P3166489.jpg
茶筒から、1回に使う分の茶葉を少し出します。こういう器に入れ替えると、素人も茶葉の分量が分かりやすいということですね??



P3166485.jpg
台湾のお茶は、急須からこういうちょっと大きめの器に入れて、この器からさらに各自の湯のみ(?)に入れる。
昨日の吉祥草では、さらに茶漉しを使って小さなかすが入るのも食い止めていた。
一杯のお茶にかける手間は本当にすごい。
そして小さな湯のみに入れられるほんの一口のお茶が本当に美味!
香りはお花みたいに甘くて、これがまた、自分ではなかなか上手に淹れられない。
茶葉や入れ方以外にも色々な要素があってあの香りが出るのかな??



P3166483.jpg
お茶セット。右側のふた付きのものが、急須代わり。
左の丸いのが、使った茶葉を入れるもの。ちらりと奥に移ってる鉄の枠は、実は蓋置きとのこと。細部へのこだわりがとても優雅。
器の厚さが薄くて、持った感じもすごく上品でした。



P3166487.jpg
サンセットタイム。
隣にいた親切な日本人が記念撮影をしてくれましたが、あいにくど逆光で、私たちの顔、全く見えずでした。
でもとにかくありがとう、親切な方。



P3166468.jpg
ふおーーーー幻想的。
そして再び、おなかタプタプ~



P3166498.jpg
室内もとっても素敵!



P3166501.jpg
室内その①小上がり風。中国のアンティーク風でかわいい。



P3166502.jpg
室内その②ヨーロッパの洞窟風!?机と椅子もすごいかわいい。



P3166500.jpg
地下へ続く階段。水が流れて鯉がいました。おされ。



P3166507.jpg
細部にもこだわってます。



P3166506.jpg
室内その③地下空間。



P3166504.jpg
入り口は茶器などを販売。一つ一つゆっくり見たいなーと思わせる雰囲気。



P3166465.jpg
お茶の数々。包装が素敵すぎる。
台湾の若い世代はこういうレトロな文化をとても上手に取り入れているなぁと思う。



P3166466.jpg
とても素敵な茶器。



P3166505.jpg
地下の空間になにげなく置いてあった急須。どれもかわいい。

| 中華圏のご飯 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事 台湾九份

九份をぶーらぶら。

P3166458.jpg
ガイドブックに載ってたなぞの食べ物。
左側の蜜で固めたナッツを、カンナみたいな道具で削ったものを、クレープのような生地に乗せます。
この時点でよく分からん。



P3166459.jpg
アイスを乗せて。



P3166462.jpg
最後にパクチー!!!
パクチー入りがぜひ食べてみたかったのですが、友人が買ったのはマイサイパクチーでした。残念。
ちょっと味見させてもらった感じ、生地もナッツ削ったやつもアイスも口の中であまり統一感が無くて、かといってまずくはなかった。
摩訶不思議な九イ分名物なのでした。
ガイドブックの評価も「ビミョー」(笑)


P3166461.jpg
花生巻?ってことはピーナッツかな。



P3166456.jpg
なんかよく分からないけど黒糖の蒸しパンみたいなもの。友人ご購入、一口頂きましたが、普通においしかった。



P3166463.jpg
エリンギもでっかいが、おばちゃんもデカイ。

| 中華圏のご飯 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事 台湾田舎ご飯編

P3166411.jpg
お昼は台湾の田舎によくありそうなお店。



P3166410.jpg
店頭に蒸篭があると、ついつい・・・



P3166406.jpg
一篭ください。お母さんの手作り的なしょうろうぽう



P3166407.jpg
水餃子ー。



P3166408.jpg
台湾らしい八角と牛肉の味の麺。きしめんみたい。ちょっと入っている野菜がしゃきしゃきで存在感がありました。



P3166405.jpg
台湾屋台のお味。



P3166414.jpg
友人いわく、「くさ豆腐~」!!すごいネーミングだ。



P3166416.jpg
せっかく台湾だから、これも。

台湾の食べ物はどれもとっても量が多いから、シェアできる3人旅はとても便利なのです。

| 中華圏のご飯 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事 台湾士林夜市編

P3156224.jpg
士林夜市の地下屋台街。ビールを飲みたい地元客が多かったです。


P3156222.jpg
具沢山ケバブロール。
ピーナッツみたいなのの粉が入ってるのが台湾式。
さすが野菜料理の国だけあり、野菜も盛りだくさんでした。



P3156227.jpg
人気のフライドチキン屋さん。上海や台湾で見られるまるごと鶏のから揚げ屋さん。
超ハイカロリーの都合上、数年に1回しか食べられませんが(笑)おいしいよ。
このお店も大人気でした。



P3156228.jpg
サクジュワです。



P3156231.jpg
胡椒餅~外側は小麦粉の記事で、南米などではエンパナーダと呼ばれるアイツにそっくり。
これは多分大陸ならヤンローで作る味だと思う。似たようなものをよくウイグルの方で見ました。
肉の臭みよけに胡椒を多めに入れているのかな??
石釜で作りたてを頂きました。アツアツホクホク、贅沢な味でした。
個人的にはもう少しネギのような野菜が入っているとさらに◎

台湾屋台街、無くならないでねー。

| 中華圏のご飯 | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事 台湾 鼎泰豊ディンタイフォン本店

台湾と言えば小籠包、小籠包と言えば県泰豊。以前行ったときはここから暖簾分けした京県豊に行きましたが、それはもう衝撃的なおいしさでした。
今回は世界中に支店を持つ、台湾で一番有名と言っても過言でない鼎泰豊、それも本店!
朝自宅を出てお昼に鼎泰豊なんて、なんて贅沢~

P3156151.jpg
で、ここが本店。名前を告げて番号をもらったら、あとは順番まで町でふらふらしていてもOK。
電光掲示板で番号をお知らせするスタイルでした。銀行みたい。



IMG_0075.jpg
メニューたくさん。写真を見ながら自分たちでオーダー表に書き込んでおく。合理的だー。
小・大皿選べるのもいいねー。



P3156159.jpg
店内の感じ。世界の支店のような高級感が無く、地元の人々でにぎわうアットホームな雰囲気なのです。



P3156156.jpg
これが世界に名高い小籠包。
以前食べたあとに上海をはじめとし、中国全土を3ヶ月回りましたが、台湾のほどおいしい小籠包には出会えていません。



P3156157.jpg
この薄さ、この肉汁。
く~~っ!ビールください!
スープの味があまり濃くなく上品なのも良かったです。



P3156163.jpg
お醤油を絡めたえびの水餃子。プリップリ。



P3156165.jpg
もち米のシュウマイ。これ、なかなかおいしかったです。



P3156164.jpg
台湾の炸醤麺。炸醤麺というのは、国や地域によって全然違うから、出てくるまでどんなものか分からない。




IMG_0078.jpg
ごちそうさまでした。



P3156171.jpg
おいしかったです。

| 中華圏のご飯 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

池袋 四季香 マニアック中華

いつもお世話になっている食通日本語の先生たちと肉会。
今日は羊!ということでブクロまで遠征。
北口出た瞬間漂うアジア臭!!どこのアジアだ!?
ブクロは庭だという先生Aによると、どうやらここの公用語は中国語らしい。

本日のお店は延辺料理ということ。ちゃんとした東北料理は初めてなので興味深々。
てか、エンペンって言った時点でみんな場所がすぐ分かるこのメンバー、すごい。

そもそもこの店、あまり日本人には有名でないらしく、客層は我々以外すべて大陸の人。
先生Bによると、前回もそうだったとか。
でも中国で混んでる店って間違いなくおいしいから、いい店だと思う。

まずは羊串。本場の大きさ!!
クミン最高!内陸の味というよりは、多分東側風のやや穏やかな味付けかと思った。
みんなあっという間に完食。以前行った黒猫夜の羊は、とってもかわいく盛り付けされてたけど、今日の串の4分の1ぐらいだったかも!?

続いてエビマヨ。1200円ぐらいの大皿を頼んだら、びっくりするぐらい山盛りでやってきた。衣がサクサクでなかなかおいしかった。


先生B推薦、串パン。熱々サクサクで美味しかった。
ラー油のような色のタレに、クミンやスパイスで味付け。初めて食べた!



土豆とセロリの炒めもの。
自分ではうまくは作れない一品。最後に食べたのはイーニン、2007年。
これは味付けもさっぱりで日本人もいい一品。



隣の人が食べてたのをオーダー。まわりにあるのは、花巻みたいなキメのこまかい中華パンを揚げたも。甘くて気に入ってパクパク行ける。
真ん中は、チャプチェ、トウモロコシ、豚バラ、カボチャなどで、八角を効かせたこってり味。すごい組み合わせ。創作料理かな?
超山盛りだったのに、最後には全部なくなってた。



今日1番の衝撃はこれ。干したナツメにもち米入れて揚げて、砂糖の蜜を絡めたもの。大連あたりで食べられているとか。熱々、甘々で、さわやかな酸味があって、すっごく美味しかった。
すごい夢中で話してたけど、みんな箸は止まってなかったよ。山盛りで、結構重いお菓子にもかかわらず、気づいたら全部なくなってた。
枣のもち米入リ蒸し(ろうみーほんざお) [北京料理] 糯米红枣 nuò mǐ hóng zǎo


他にもデザートで杏仁豆腐、マンゴープリン、かぼちゃのごまだんご4個入りをオーダー。
先生たち、食べる食べる!!!中国人経営の中華料理屋ってお土産もOKなのに、誰一人残さなかった(笑)

この店、とにかく量がすごい!1品大体1200円前後と、決して安くはないのですが、5人でも一皿食べきるのが結構大変なくらい。
これだけ食べて、一人お酒二杯飲んで、お会計一人あたり2300円と激安、とってもおなかいっぱいでした。

他の席の中国人たちも、みんな山盛り食べてた。犬もあるんです。先生Aは興味あったみたいだけど。。。まさかの肉会 犬編!?
中国の人には排骨だっけ?骨付きの肉の大きな塊を揚げたっぽいものを山盛り、もう、これでもかってほど山盛りにして、手に手袋はめて食べてた。多分あっちの人にとってはこの店はそれが名物なのかも。
メニューもすごい沢山あったなー。カエルとか蚕とか。

味はとにかく妥協無し、客のほとんどが中国人だから、その必要がないのかも。
以前行った黒猫夜は、この店をもっと洗練した感じ。この店は、とにかく中国にいるかのように仕上げてくる中華料理。
中国の中国料理に不慣れな日本人にはちょっと抵抗あるかも。
かなりディープな中華。ぜひ中国滞在経験ありの人に勧めたいです。

| 中華圏のご飯 | 22:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西米椰汁紫米露 香港スイーツを作ってみた。

香港の友達がお土産に持ってきてくれた西米椰汁紫米露を作ってみました。

西米椰汁紫米露
こんな感じでセットになっている。友人がココナッツパウダーもお土産に買ってきてくれた。

作り方は、黒米(玄米状態なんだって)を洗ってから何時間か水に漬け込まなくちゃいけないみたいだけど、そこをはぶいてコトコト煮てみた。タピオカも一緒に煮てみた。
すぐにお湯が紫色になって、最後に砂糖とココナツミルクを加えて出来上がり。
中国ではこういう温かいスイーツが好まれるんだそう。

西米椰汁紫米露 (2)
北京の朝食屋さんでみんなが食べていたのはこれなのね。
米を水に浸さなかったけど、個人的には玄米のプチプチした食感が良かったです。
1月4日だったので、中華風お雑煮みたいな気分で頂きました。
東南アジアのぜんざいを真似して、ちょっときつめに塩もふったら甘みが増しておいしかった。

| 中華圏のご飯 | 23:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国のスイーツ 北京・平遙編

北京のスイーツは全般的にこってり系で変わっているなーと思いました。
今まで食べたことのない組み合わせだったり。

2011china 465
今回一番おいしかったのがこれ。奶油炸糕というらしい。
シューダネを揚げて砂糖をまぶしたもの。中国には揚げ牛乳プリンまであるそうですが、これは揚げシュークリーム!?
中にクリームは入っていないんだけど、しっとりしていてとても美味。
中国人の小姐はこぶし大のこのバターボールを6個も食べていたが、サーターアンダギーのような重さはないので食べられるのかも。

今気付いた。これってもしやフレンチクルーラー!?


2011china 466
食べたのは地下鉄2号線阜成門を魯迅博物館側の出口に出たところにある人気の朝ごはん屋さん。
ここは地元の人にとても人気で朝7時ぐらいから大盛況。
ほかの人は黒米のお粥や揚げた粉のかたまり(!)が定番のよう。


2011china 320
シーチャーハイにある三元梅園の奶巻(ナイジュエン)
北京スイーツの代表格。
カッテージチーズとこしあんって、一体どんな味なの!?気になって食べてみました。
この組み合わせ、きっと偶然生まれたんだろうな。
合っているような、合っていないような・・・(笑)
こしあんがとてもしっとりとして日本のものみたいだったので、中国の赤福と命名しました。
1個6元でかなりお高級。6個からの販売だったので、なんとかねばって2個にしてもらいました。


2011china 327
こちらも三元梅園で人気の奶酪。ただのヨーグルトかと思いきや、最近のコンビニ杏仁豆腐のようなまろやかな舌触り。味はほどよい甘さで酸味がかなり控えめ。最初は酢のような不可解な酸味と、上に乗っている松の実の味が移ったかのような不可解な味に抵抗を感じたのですが、食べ進めるほど癖がなくなりました。
わざわざ食べにいくほどのものではないと感じましたが、こちらも北京を代表するスイーツ。


2011china 322
他にも色々売ってます。イートインもOK


2011china 341
シーチャーハイの北京麺大王(ジャージャー麺)の向かいにある他、北京の各地に展開している模様。


2011china 480
鼓楼大街の駅からシーチャーハイ方面に下ってすぐにある店頭で買ったもの。
パオズの生地にあんを練りこんで、層状に蒸したもの。
この中国風のあんは、ちょっと荒くて甘さがかなり控えめでとても好き。
万里の長城の頂上で食べました。


2011china 363
北京名物飲むヨーグルト。といってもとろとろ。
普通においしかった。
北京ではどこの商店でも必ずこれがおいてあって、お客さんが飲んだ空き瓶を店頭に並べて人気度をアピールしている。


2011china 021
平遙名物手作り月餅。中にはあんこじゃなくて砂糖にゴマなどをまぜたものを入れていました。


2011china 022
焼き立てで1個5角。


2011china 300
東方新天地のパン屋さんのケーキ。ちょっとこじゃれていたのでチャレンジ。ラムレーズンと名がついていて、ムース中に大きくてやわらかい緑の干しブドウが入っていました。15元なり。
他にも日本の有名なスイーツチェーンが色々入っている東方新天地。地下鉄王府井直結なのでとてもお世話になりました。


2011china 282
王府井の屋台街。観光客メインでお値段はお高め。


2011china 283
あらかわいい。
しかしあのエメラルドグリーンは一体・・・


2011china 295
左は有名なサンザシ飴。サンザシ、はじめて食べた。北京名物らしく加工菓子も色々と売っていました。
右は前にリージャンで食べて感動したぶどう飴。プチプチはじけるぶどうの皮の食感と、パリパリはじける飴の食感がなかなかよかった。ここでは地元の人も“6元!”と言われていて、ちょっとお高め。


2011china 467
北京子の朝の定番、無糖の豆乳。
水で薄めて水みたい!量は少なくていいから薄めないでほしいなぁ。
それにしても中国の人って本当によく水分を摂る。


P5101662.jpg
やすしはくの提供でお送りいたしました。

| 中華圏のご飯 | 07:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国のご飯は幸せがいっぱいつまってます。 世界のお食事【中国のお食事】

帰ってまいりました、北京&平遥の旅。
まずは世界のご飯から。

P5111782.jpg
やっぱりこれから始まります。お粥。鶏肉の裂き身が入っていて、確か名前は素鶏粥みたいな感じ。素ってなんだろう、まぁ鶏だろう・・・みたいな適当オーダーでした。パクチーがいいアクセント。味はタイと比べるとかなり薄味。
出発前に風邪から腸炎にかかっていたので、このやさしさが、ああ、しみわたる~


P5111778.jpg
こんな素敵なテーブルで、平遥の旧市街を見ながら朝食。
もちろん油条も忘れずに。黄金の組み合わせ。


P5111780.jpg
店頭で揚げていた。近所の人が鍋をもって、3つ4つと買っていく。いいなぁこういう風景。
しかし中国の油条は大きくて豪快。


097.jpg
北京名物褡褳火焼だとばかり思っていたけど、今調べたら違うやんかー!
えーと、餃子です。
両端を閉じていなくて、ちょっと変わった包み方だった。具は何にする?と聞かれ、分からなくてちょっともたついていたら、シャオジェが勝手にチョイス(笑)豚肉+韮は普通においしかった。一番おいしかったのは韮だけ!ジューシーでさっぱりで、ぜひ再現したい味。あとはにんじんの葉みたいな香草と葱類のもの。これは不慣れな香草でなんだったか分からず。

なんだかんだで今回の中国滞在で一番おいしかったのが餃子とは。私とても普通。
東方新天地のフードコートにて。


2011china 093
大好きな焼小籠包。中国では生煎(シェンチェン)と呼ばれています。
上海名物らしく、北京には専門店が見当たりませんでした。
東方新天地という王府井のショッピングモール内のフードコートで見つけました。本場でないので中身の肉汁の量がぜんぜん違いました。いやしかし美味。今一番ほしい資格は生煎職人!


2011china 072
お約束の小籠包。店のおばちゃんの手作りで、蒸したてで湯気がもわもわ漂って、籠から直接食べるのがなんとも幸せ。
実は超美味!ってほどおいしいわけではないんですが、(もちろんおいしいですが。)この籠に込められた色々なドラマが小籠包を何倍もおいしく思わせてくれるのです。だから私は幸せの小籠包と読んでいます^^

平遥駅前のお店にて。


2011china 307
これは北京の朝御飯の定番らしく、沢山屋台を見かけました。(というかむしろ朝の屋台はこれだけ。チェーン屋台?)
鶏蛋灌餅(じーだん ぐぁんびん) と言うそうで、サクサクの生地が膨らんだところに、卵を割り入れて焼きます。これにレタス・ソーセージOR中国風のベーコン・漬物(お店によってザーサイだったりよく分からない何かだったり)・みそダレ・ラー醤を入れて半分にてできあがり。

この生地、確認した限りでは西はモロッコまで食べられていて、油たっぷりでコネコネしているあの1品です。中国では味噌や漬物で和風な味付けですが、これまためっちゃ合う!大変おいしゅうございました。

かわいいシャオジェの笑顔を撮ったつもりが動画になっていたので残念!


P5101617.jpg
こちらは平遥のショッピングセンター街で人気だった屋台の中華風のハンバーガー。
中に味つきチキン、みそダレ、ラー醤だったかな。
調べたらパンは無醗酵で[食莫](も?)と呼ぶらしい。カリカリになった皮とモチモチの生地がおいしい。

中国では行列ができていたり、通りすぎる人みんなが食べていたりするものはほぼおいしい。これもそんなチョイスで当たりだった1品。


2011china 024
こちら平遥のお昼ご飯。平遥にはいくつか特色料理があって、それはその1つの蒸し焼き餃子。
残念ながらレンジでチンorz
中身もかさ増しでふにゃふにゃの春雨が入ってて、黒酢すら出してもらえずがっかりだった・・・
ちなみに皮の触感はもちもちでもふわふわでもなくふさふさ(?)ありそうでない新食感。


2011china 094
これもお約束のKFC北京ダックツイスター。北京ダックよりおいしいです。
日本で話題に上がることも多いので、日本でも隠れファンが多いと思う1品。
相変わらずどこでもベイジン!?メキシカン!?と聞かれます。



もうお気づきかと思いますが、北京はかなりの粉文化!そして油も大変お好みのようで・・・


058.jpg
路上の屋台のショーケースもご覧の通り揚げた粉ものばかり。


059.jpg
とんでもなく大きなナンも見かけました。


P5101746.jpg
平遥のレストランで食べた魚香肉糸。見るからにビールが進む。
豚肉がやわらかくおいしかった。甘口。
ご飯が1人分づつ素焼きの器で炊かれていた。出来立てではなかったので味は普通だったが、北京のフードコートでもこういう器におかずを載せた小鉢風のスタイルがたくさんあったので、どっかの名物なのかな??


P5101742.jpg
ごくごく呑みませう。


2011china 460
おかず系は一人では食べられないから、フードコートではついついお弁当をチョイスしてしまいます。
奥は茄子のテンメンジャン&トマト(!)、ジャガイモ、ピーマンの甘辛炒め。トマトが新鮮!そして合う!
左は魚の醤油・にんにく・花椒煮。ピリ辛でご飯が進む一品。
魚は川魚でちょっと臭みがあって、小骨が多い。でもこうやって豪快に魚を料理できるのはいいと思う。日本だと魚って高いからあまり使えないから残念。
そして最後がきゅうりの和え物。豪快に盛られてしまいました。にんにく・塩・油でさっぱりと。

いやぁビールが進みますな!

2011china 461
食べたのは工美大厦のフードコート。(王府井)
若干庶民的。


CIMG4573.jpg
北京西駅で調達したお弁当。ズッキーニの炒めは薄味でおいしかった。


2011china 345
北京の炸醤麺。
什刹海(シーチャーハイ)の近くある北京麺大王にて。
歩き方に載っているけど、ちょっと味がきつくてしつこいかな。麺はまるで拌麺。うどんです。
ジャージャー麺はイマイチだったけど、この店は中華料理全般を出す人気店で、車で乗り付ける中国人で大盛況でした。


2011china 342
一人でも割りと大丈夫な雰囲気。



098.jpg
あんかけおぼろ豆腐。北京で定番の朝御飯らしい。
最初あんがしょっぱい!と思ったけど、下にあるお湯やお豆腐と混ぜると、最後まで飽きのこない、絶妙な辛さだったと分かりました。
あんかけは椎茸の風味が効いていて、パクチーがアクセント。中国人はパクチー使いがうまいなぁ。

おぼろ豆腐も幸せの要素大有り。


2011china 297
中国のファストフード的レストランでマーボー豆腐丼。野菜炒めとともに(?)
麻婆豆腐研究家の私としては食べておかなければならなかったのですが、これなら確実に私の方がうまいよ。
黒いのは豆鼓(トウチ)。これとテンメンジャンと豆板醤と花椒が味の決め手。最後に山椒をかけるとなお良し。めっちゃ本場風味になりますよ♪


CIMG4589.jpg
こちらも平遥で大人気の串揚げ屋台。地元の人は野菜を好んでいる様子。
私は鶏肉にしてみましたが、まぁやわらかいこと!揚げたあとに鉄板に押し付けて十分油をきってくれるにもかかわらず、ジューシーで2日連続通ってしまった。

そうそう、このおじさん、「タレに気をつけて」とか「うまいかい?」とか、たぶんそんなことを色々話してくれた。

中国の串揚げは、唐辛子パウダーやラー醤だけでもおいしいのですが、ここに孜然粉(じーらん粉)をまぶすと一気にオリエンタルな味に!この味、ウイグルでの羊肉の串焼きなんかにも使われていて、気になっていたんだけど、ついにスーパーで発見したのでご購入。


088.jpg
他にこんなものが串になっております。


123.jpg
ああまた今衝撃の事実が!
ジーラン、お前がクミンだったのか・・・


2011china 282
最後は王府井の屋台街から。


064.jpg
地下鉄和平駅と前門の間にあるフートンエリアの商店街にて、中国風の漬物屋さん。これまた豪快な。にんにくまるごと漬なんてのもありました(汗)


2011china 293
王府井屋台街名物ゲテもの。
ヒトデはちょっと食してみたかった・・・
ちなみにこれは私が写真に撮れる限界。もっと色々ありました・・・


| 中華圏のご飯 | 22:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港のおかず

20071106213713.jpg
たこゲソ。ビールに◎◎◎
20071106213659.jpg
香港のチーズ?とあえたもの。あまり感じなかったけど普通においしかった。香港のお父さんは、このチーズをごはんにかけて食べるらしい。

20071106213643.jpg
焼き米麺。ビールが・・・
20071106213618.jpg
坦々麺の有名店で食べた麻婆豆腐。セロリが入っていて主張しすぎ!でいまいち。きっと香港人向けにアレンジされているんだと思う。

20071106213534.jpg
こっちは日本人好みにアレンジされたさんらーたん。卵も入ってなかなか美味でした。

20071106210950.jpg
菜心?という野菜。アスパラみたいに濃い味の芯がおいしい。たっぷりのにんにくでいためるとビールが・・・

| 中華圏のご飯 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国のおかず

CIMG2263.jpg
トルファンの屋台にて。鶏肉の激辛炒め。ビールに最適。

20071106213520.jpg
ほうこうろう といえばこんな感じ。本場ではキャベツは入れません。脂身多い。

四川・雲南に多かった「自分でチョイス」食堂。
ショーケースに入っている中から好きなものを選んで調理してもらう。
毎日いろいろ考えてオーダーできるのでおもしろかった。
調理方法は基本的に炒めるORスープのみ。

20071106213438.jpg

20071106213422.jpg

20071106213411.jpg

20071106213353.jpg

20071106211606.jpg
成都のシャオチー。いっぱい種類があったけど、ほぼおいしくなかった・・・中国で数少ない大撃沈。

20071106210738.jpg
これおいしかったなぁ。中華湯葉とセロリの炒めもの。そんなにしつこくなくて、ビールにも◎

20071106210443.jpg
本場マーボーナスは友人SPもお気に入りでした。

20071106210226.jpg
豚肉の揚げ物。やわらかくておいしい。

CIMG2450.jpg
トルファンで注文したおかずは基本同じ味→にんにくの効いたトマト味。中華と洋食の間みたいで、パンにつけて食べても○。これはきゅうりと何か。CIMG2346.jpg

これは確か、ウルムチで食べたケバブと羊の丸焼きを解体してもらったもの。羊です、基本的に。


CIMG2475.jpg

イーニンのレストランで、じゃがいもとなんかのなんとか炒め。洗剤の味がしたのでなんだったか覚えてない・・・


20071106213828.jpg
桂林のリ江川下りの船中で出た食事。川海老などが出てかなり豪華だった。


20071106213812.jpg
中国風パッタイ。まずいわけがない。

20071106213758.jpg
客家料理だったと思う。豚肉とじゃがいもが入っていて、濃い目の味付け。一人サイズで鍋にしてくれるので、ビールに最適。@チャンジャージエ


| 中華圏のご飯 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほかほか中国★

20071106214149.jpg
西安のしょうろんぽう。清真通りにあるので、中は牛か羊。たっぷり汁が入っててなかなかおいしかった。何件か人気店がある。

20071106214135.jpg
焼き餃子はどこで食べてもおいしいよね。何回食べたことか・・・
中国は何も言わないと蒸しになることが多かった。貼餃子とも言うかな?

20071106214106.jpg
蒸し餃子もおいしいよね。あんが野菜だけだとよりヘルシー。


20071106214045.jpg
せいろうからあがる湯気を見ているだけで幸せな気分になります。
中は地方によって、お店によって、何十種類も!みんなお店の人が手作りしているのかと思うとそれだけでありがたい。しょっちゅう食べてた。

20071106214029.jpg
中国人ちょっとがんばってみました。チーズピザってお願いしたらすごいチーズ・・・しかも冷めるとすごく硬くなるんです。60点ぐらい。

20071106201129.jpg
こっちはもう少しがんばっていた。80点あげます。ヨウサクってつくづく欧米人のために作られた町なのね。

| 中華圏のご飯 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国のおやつ★

CIMG2445.jpg

ウルムチのケンタ
CIMG2439.jpg

超お世話になったツイスター北京ダック味。
ちなみにパキ人やイエメン人はチキン食べてたら幸せらしく、メニューに向上心が感じられない。

CIMG2668.jpg

よく屋台である揚げ串屋さん。
ほろ苦い思い出が・・・

20071106215534.jpg
厚揚げみたいな感じ。


20071106215513.jpg
散歩にはトマト。
この袋にせんたくせっけんいれると調子いいよ。


CIMG2261.jpg
ウイグルといえばケバブ。どこでも売ってます。羊嫌いな私もこれだけは食べられる。だけどビールとの食べあわせがあまりよくないと地元の人が言っていた。
寒天みたいなのは、寒天で、にんにくの効いた塩味のソースがかかっててわりとおいしかった。 トルファンの屋台で

20071106215407.jpg
康定に行く途中、バスの乗客がみんなおいしそうに食べていたので買ってみた。
そんなにおいしいか!?
なぜか中国人はとうもろこしの食べ方だけは異様にきれいで驚いた。
ほかでもそうしなさい。

20071106215347.jpg
大理名物。多分米の粉で作ったと思われるパンに、漬物やすりゴマ、辛いなにかを塗っていただく。韓国料理みたいな味。皮はこのまま焼き付ければせんべいになると思う。


20071106215459.jpg
西寧の屋台で女の子に大人気だったお店。
中には何種類ものおかずが詰まってる。じゃがいものの千切りいためとか、煮豆腐とか、野菜炒めなどなど。大変おいしゅうございました。
屋台街に2件ほどあり、1件が異様に人気でいつも行列だった。

まいてあるものは基本的になんでも好きです。

20071106214246.jpg
これも巻き巻き系。ヤンソーの屋台。
皮はいまいもが入った生地で、揚げたワンタンの皮とサニーレタス、中国でよく売ってる安いソーセージと辛いソースを入れて巻く。
出来立ては皮がカリカリでおいしい。


20071106214418.jpg
はさんであるものも大抵すきです。
桂林の屋台で。牛筋かチキンだったか忘れたけど、煮込んである肉を繊維状にしてパンに挟んだ物。パンに汁がしみこんでいておいしい。


| 中華圏のご飯 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香港から深圳のシャングリラホテルへ、わざわざ飲茶出張してきたざます。

シンセンシャングリラホテルの飲茶はたった70元で食べ放題!
おすすめです


20071106220834.jpg
並べて幸せ。

20071106221033.jpg
えびのすり身と、ころもにアーモンドかなんか。歯肉が痛くなる。




20071106220907.jpg
じゃがいもの春巻き。


20071106220846.jpg
中にえびが入っていた気がする。日式ぎょうざ。見た目もきれいでお気に入り。






20071106220435.jpg
しょうろんぽう。台湾の老舗にはぜんぜんかなわないけどまぁまぁおいしかたった。


20071106220341.jpg
チャーシューマン。甘い味付け。


20071106220316.jpg
ワンタンを頼んだら、こんな素敵なものが。ひだが多いほど幸せな気分になるのはなぜかしら。スープは薄味。


20071106220217.jpg
えびが入ったなんか。飲茶の名物らしい。


20071106220202.jpg
水しゅうまい!?


20071106220136.jpg
見た目がとってもきれいい。キャベツとえびが入っていた気がする。


20071106220059.jpg
ミートパイ。さくさくしてておいしかった。

シャングリラホテルの餃子も食べてみたくなったので頼んでみたけど、
これだけは下町の食堂の方がおいしかった。

20071106220016.jpg
お茶は八方茶をオーダーしました。これだとお湯がなくなる度にお兄さんがアクロバティックにお湯を注いでくれるのでおもしろい。
デザートは別腹。
20071106220945.jpg
ココナッツ味の焼き菓子。もち米ベースかな?

20071106221131.jpg
雪見大福みたいな感じ。中はクリーム。SPちゃんここでギブアップ。
20071106221000.jpg
ココナッツのプリンだったかな??クリーム味で美味。したの緑のところはゼリーなのです。
20071106221106.jpg
いやぁ、よく食べた。


2015年追記
2015年現在、香港深圳とも物価急上昇中ですが、なんと現在ではむしろ中国の人が安さを求めて香港にやってくるのだそう。
この時のことを話したらとっても驚かれました!
時代は流れるね〰

| 中華圏のご飯 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT