世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トルコのお食事 いろいろ編。

PC311542.jpg
オールドバザールの脇のとっても小さなスープ屋さん。
スープとパンだけで勝負!
寒い日だったので温まる。



IMG_5637.jpg
シミット(トルコのゴマパン)サライというフォーストフードチェーンのパイ。
おいしかった。



IMG_5640_20150324101501042.jpg
これおいしかったなー。ナスのドルマ。中にごはんが入ってます。
トマト風味のスープをからめて食べるとなお美味。
こういう煮込み料理って手が込んでる分感謝の気持ちが増しますわ。



IMG_5653_2015032410152667c.jpg
ドーハで食べたトルコ料理。
トルコ料理にひき肉を揚げたものがあると聞いて、帰りのドーハで滑り込み試食。
パッサパサの味なしひき肉。まずかったぜ!
焼きナスのサラダはどこで食べても外れなしだね。
スポンサーサイト

| 西アジアのご飯 | 12:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルコの飲み物 サレップ

IMG_5619.jpg
サレップはラン科の植物の根茎から作る飲み物。
寒い冬、トルコだけでなくギリシャや中東各国で飲まれるものです。
前回トルコに来たときに路上販売のおにいさんに味見させてもらったのが出会い。
シナモンをかけていただきます。
ギリシャでも路上ベンダーを見かけました。体が温まるから、外で飲むのがいいみたい。
ミグロスでプライベートブランドのインスタントも売っていたのでお土産に。

| 西アジアのご飯 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルコののびーるスイーツ キュネフェ

トルコのスイーツ、キュネフェ。激あまな上にチーズが入っているというカロリーが恐ろしいことになっているスイーツ。
アツアツで冬のトルコ散歩にちょうどいいのです。


IMG_5614.jpg
キュネフェは店頭で作っていることが多い。こんな感じでお皿を直に火にかけてます。



IMG_5608.jpg
細いパスタみたいなのを焼いてます。
カダイフという小麦粉でできた麺状のもので、中東のお菓子でよく見かけます。
たっぷり蜜をかけて、ピスタチオをちらしてあります。



IMG_5609.jpg
なんと中にはとろけるチーズが。市場に売ってる裂けるチーズみたいなやつらしい。
が、残念ながら寒いのですぐ固まります。

これ、もし日本で食べることができても食べてはいけないと思う。
人生においてキュネフェを食べていい個数はおそらく2、3個、そのくらい激甘なのでした。

| 西アジアのご飯 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルコのお食事 ロカンタ巡り

PC301533_2015030920304626d.jpg
オールドバザールの近くのロカンタで頂いたもの。



PC301531.jpg
ホウレンソウの上にチーズを載せたシンプルな料理。
味は薄め。



PC301532.jpg
いつものレンズ豆スープ。



PC301535_20150309203047492.jpg
ファラフェルを揚げていたので二つだけ頼んでみた。出来立て。
ひよこ豆のおだんごで、その昔肉が不足したイスラエルで重宝されたそう。
ファラフェルサンドは今でもイスラエルのナショナルフードと呼ばれていて、トルコからエジプトまで中東全域でよく食べられています。以前は節約旅行をしていたので値段の高い肉料理をあまり食べなかったのですが、ファラフェルはボリュームもあるしヘルシーでしかもおいしいので大好きになりました。



PC301536_20150309203049e3d.jpg
こちらはまた別のレストラン。ふっくらとしたナンがついてきた。
いろんなスタイルのパンがあるトルコですがどれを食べてもほっこりとしていておいしい。何もつけないで食べるのが一番好き。



PC301538.jpg
軽く飲みたかったのでハーフサイズを頼んだら結構な量だった。
フムスとトマトと唐辛子のサラダ。
ヘルシーで栄養があって、こういうのを日々のレパートリーに入れたいなー。

| 西アジアのご飯 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イスタンブール アメドロスでおいしい宮廷料理

イスタンブールでおいしい宮廷料理やメゼを頂きました。スルタンアフメッドのAMEDROS アメドロスにて。

トルコ滞在もあと2日。おいしくてちょっと素敵なトルコ料理を一度はいただきたいと思い見つけたのがここ。
IMG_5581.jpg



IMG_5580.jpg
まずは昼ビール。外は超極寒なんですが・・・



PC301483.jpg
まずはメゼの盛り合わせ。これだけでずっとお酒飲めるよ〰
これはハーフサイズ。
真ん中はナスの中にごはんを入れたドルマス。ドルマスというとご飯を詰めた料理で、ブドウの葉やパプリカなども有名。とってもおいしかった。
そのうえはブルグルというプチプチした食感の穀物をナポリタンのような味付けにしたメゼ。これもいい味だったなぁ。
時計回りに濃厚なヨーグルトのサジキ、ラタトュユのような野菜とトマトの煮込み、フムスというヒヨコマメのペースト(中東の代表的なお料理で本当においしい)、パトルジャンエズメという焼きナスサラダ、ニンニクが効いていて超美味、最後は唐辛子のサラダ。パンも本当に香ばしくて美味しかった〰どれもどんぶりでください。


PC301485.jpg
こちら、このお店の一番人気、レヴァンケバブ。
ラム肉とアプリコットを濃厚すぎるクリームであえてあるお料理。ラムは全く臭みがなくて、これラムかしら?と思うほど。
ラムはフルーツとの相性がいいが、ドライあんずを使っているお料理というのが新鮮。
日本でもラム&フルーツが気軽に食べられるといいな。本当においしくて大満足でした。
これはハーフサイズ。最初はハーフではできないと言われたので、「あら?日本で見たブログの記事ではみんなハーフで頼んだみたいよ?」と突っ込んでみたら、あっさりハーフでオーダーできました。店頭の人は客引きだろうから、適当なこと言うんだろうな。



PC301486.jpg
トルココーヒーを頼んでみた。
粉っぺ〰〰(笑)下のほうは飲まないらしいけど、大体上から粉やん。
器はとってもかわいいね。



IMG_5582.jpg
お店からサービスでアマレット。
アマレット、飲んだことなくて初めていただきましたが、衝撃でした。
杏仁豆腐やんけ〰!!
これは杏仁好きとしては黙っていられませんよ!?
世界にはまだまだ驚きな食材がたくさんあるものですね。一つ学びました。
大満足のランチでした。

| 西アジアのご飯 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルコのお食事ベレケットハルクドネル(タクシム広場・イスティクラル通り)

IMG_5264.jpg
タクシム広場からすぐのイスティクラル通り沿いにある老舗ロカンタ、ベレケットハルクドネル。
観光客だけでなく地元の人にも大人気のロカンタだそう。
価格もそれほど高くないので、気軽にトルコ料理が楽しめるお店。

IMG_5263.jpg
ずらりと並ぶおかずをオーダーしてお会計、スプーンやパンはセルフで。


PC240739.jpg
すごく人気だった一品。大きなナスをくり抜いて、中にニンジンやジャガイモなどの野菜と、鶏肉がゴロゴロ、たっぷりのチーズを載せて焼いたもの。こってりとして濃そうな見た目とは裏腹、案外薄味。


PC240740.jpg
メゼはマッシュルームがごろりとはいったマリネ。半分量にしてもらった。
こちらもすごく薄味。他にもメゼがたくさん。他にもおいしそうなものがたくさんあって、大人数で少しずつつまんだらいいかも。

| 西アジアのご飯 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルコのお食事 ウスキュダルのケバブ屋さん

PC240674.jpg
赤レンズ前のスープ。トマトの酸味までは想像できる味。
トルコのスープで変わっているのは、ここの乾燥ミントを入れること。
ミントを入れると驚くほどおいしくなる!というわけではないのですが、食べた瞬間「トルコの味!」を思い出す独特の風味。


PC240676.jpg
セットメニューのサラダ。トルコでよくあるスタイル。
細かく切った玉ねぎ、トマト、ピーマン、チリ。味はごくシンプル。



PC240675.jpg
飲み物もセットでアイランを頼みました。
これだけでも結構満足。



PC240677.jpg
ですが、ここからこれが来るのです。メインはこちらのチキンケバブ。
炭で焼いているのでとっても香ばしいうえ、すごく柔らかい鶏肉に感動。焼き加減もよく、丁寧に焼いている感じがしました。
同じく炭で焼いた辛くないチリもとっても美味。
奥のオレンジは、ナポリタン味の麦だそうです。すごくおいしい。
玉ねぎにはスマクというシソのようなパウダーが乗っていて、チャパティのようなうすいパンもついてきます。
スープが出たとき付け合わせのパンをがっつり食べてしまった・・・


PC240679.jpg
食べたのはこのお店。



PC240678.jpg
この12.5リラのセットでした。(700円ぐらい。)
なかなかいいお店でした。

| 西アジアのご飯 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルコのスイーツ★ミルクで作ったカザンディビ

トルコで最初のスイーツは、写真を見ても謎だったカザンディビというミルクで作ったデザート
PC240583.jpg
卵の入っていないあまーいカスタードクリームみたいな感じ。とにかく甘く、ね〰っっとりとした触感。
レシピを見ると、ミルクに上新粉、コンスターチとのこと。
400円ぐらいした。



PC240582.jpg
このチャイ1杯250円ぐらいだったかなぁ・・・
チャイもこのデザートもおいしいっちゃおいしいのですが、素朴な駄菓子的な位置付け、日本でいえばおはぎと緑茶ですよ。これに対し650円というのはコスパ悪いと思うの。
お土産もしかり、トルコの物価に品質が追い付いていない。ちょうど2008年ごろのブラジルもそうだった。まっずいスナック一袋200円もしたときの衝撃。
ユーロやドルが高く感じるのはうなずける。でも新興国の物価が高いと感じると、いよいよジャパニーズYENも終わったか!?とちょっと危機感を感じてしまう。

あまりに気になりトルコ人の平均月収を聞いたところ、300ドル程度なんだそう!その割に、トルコのショッピングセンターの価格設定は日本並、もしくはそれ以上。一体どうやって300ドルでマネージしているんだ!?現地の人によると、トルコには一部高所得層がいるらしく、中間所得層は少な目、つまり、圧倒的多数の低所得層が平均月収を引き下げているということ。華やかに乱立するショッピングモールも実はほんの一部の人しか利用できないものということになるらしい。
いやぁ、スイーツ一つで経済学ですね。
今後この値段と価値の関係がどう変わっていくか気になる。

食べたのはスルタンアフメット駅前のスイーツショップ、MADOマド。
他の店より高いし対応が悪いし、このデザートではどこでも食べられるのであえてここで食べる必要はなかった!
(毎日浮かれた観光客ばかり相手にしているからしょうがないと思うけど。)
ちょっと離れてエジプシャンバザールの裏あたりまでいけば、半額ぐらいで食べられるお店がいっぱいあるし、多少なりとも対応はよい。

残念ながらイスタンブールで観光客が行くようなお店はサービスの質も悪い店が多いと思いました。
前に来たときはそういう印象はなかったんだけどなー。
今やイスタンブールは近隣アジア諸国で力をつけてきた成金とかボンボンがなりふり構わず闊歩する町。
きっと観光客自体の質も悪くなったんだと思う。
一般市民や、観光客とは無縁の人々はそんなこと全然ないけど。
「もうイスタンブールはないな」と思う度、善人すぎる人に出会い思いとどまる・・・の繰り返し。

同じ観光大国でもタイなんかじゃほとんど不快な思いをすることはない。
トルコもここを乗り越えて、ぜひとも洗練されたおもてなし観光大国になってほしい。

| 西アジアのご飯 | 01:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルコのお食事 セリムウスタ(イスタンブールの老舗キョフテ)

久しぶりの世界のお食事西アジア編更新ですよ。
 
トルコ最初のご飯は、トルコを代表する肉料理、キョフテにしてみました。
普段あまり肉料理を食べないので味の比較はできませんが、ふつうに肉肉しくておいしかったし、香辛料も塩っけも私にはちょうどよかったかな。肉ーって感じで、食べた感もあり、昼に食べて、その後夜まで腹持ちもよかったし、ゲップも寝るまでずっとこの味でした。食べてるときはそこまで強烈な味だとは思わなかったんだけど。

PC240440.jpg
スルタンアフメッド駅近くにある人気店。いつ見ても人でいっぱい。
キョフテと言えば!の老舗なんだそう。


PC240436.jpg
トルコで一番最初に食べたかったのは実はキョフテではなく隣のレンズ豆のスープメルジメック チョルバと、トルコのパンであるエキメッキ。
どちらも前回の貧乏旅行時にお世話になった思い出の味。
トラブゾンだったかな、黒海に面した町の、早朝の寒いバス停で体を温めてくれたのがこのレンズ豆のスープ。
具が溶け込んでとろーりあったか。とてもよく香る乾燥タイムや、オイルをまぶしたチリをかけて食べるのもいい。
もしも夏にトルコに行っていたら、スープじゃなくてドンドルマが思い出になっていたかも。


PC240437.jpg
で、これがキョフテ。
この肉の種類は何か。検索したけど出てこないのよ。羊が苦手なので羊ならすぐ分かるはずなのに、全然羊臭くないし。適度にジューシーでぷりっぷり感もあって、もし羊ならトルコすごい。ギリシアの羊は臭くないと聞いたけど、トルコもなの?丁寧にグリルして、香ばしい。最近はお肉そのもののうまみを感じられるシンプルな調理方法のほうが好みかも。
周囲の人もみんなこればかりオーダーしているので飛ぶように売れていく。本当に人気みたい・・・付け合わせの唐辛子のピクルスはいいアクセント。


PC240439.jpg
地元の女の人も一人で食事しているようなお店。
私の相席のおっちゃんは、キョフテは頼まずスープだけ飲んでた。それで、食べ残したパンをお持ち帰りしていた。
お相席はトルコ人の観察に持ってこい。
次に相席になったスカーフ姿の女性は、フォークとナイフでとても上品にキョフテを召し上がっておりました。こんな一コマでさえ東西の感じるイスタンブール。
ちなみに飲み物はナショナルドリンクのアイランでした^^

| 西アジアのご飯 | 03:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事アラブ編

leban (25)
おいしい中東料理NO1はシュワルマ。チキンが入っています。中に何を入れるかは国によって若干違うけど、サワークリームやピクルス、トマトなどが入ってます。サワークリームはにんにくテイストが◎。チャパティの皮をかりかりに焼いてくれるのがトルコ~ヨルダン風。

damas (15)
シリアのピザ。シンプルな味付けだけど、焼きたてなのがうれしい。

tusy (40)
中東はキッチンつきの店が多かったのであまり地元ご飯は食べていません(あんまりご飯やもないし)これはアレッポの食堂。油ぎっとりのナストマト煮込み。。。

tusy (38)
同じくアレッポの食堂。苦手な羊ですが、コフタにすると臭みも減ってなかなかおいしかった。
アラブの人はピクルスが大好きで、この店もピクルスの盛り合わせがつきました。

leban3 (25)
レバノンのパン。ピタみたいに二つに分かれる。イスラエルならヒヨコマメのコロッケをはさむ。レバノンは甘いお菓子をはさんでいた。

leban (26)
パンケーキのようですが、若干水っぽいかんじ。どらやきの皮をすこし薄めた感じ?作り方はどら焼きの皮と同じで、平たい鉄板に記事を流していくかんじ。さっぱりしていて、甘くなく、朝食にとてもいい。
シリア、レバノン、ヨルダンで見ました。

leban3 (16)
おかしの街、トリポリのアラブ菓子。レバノンはアラブ料理の中心だけあり、お菓子は中東で一番おいしかったです!他の国は味が雑だったり、変な油の味がしたり、食感もいまいちだったり。レバノンのものは甘さもほどよく、何より食感がとても繊細。みんな大体ナッツが入っていて、とっても甘い!でも慣れると毎日3個ぐらい食べてしまって超危険・・・

leban2 (9)
お菓子屋さんはこんな感じ。大体大きなお盆でまとめて作ります。

leban2 (8)
そうめんみたいな生地をかりかりに焼き上げたおかし。中には卵無しのカスタードクリームみたいなのが入っていて、ちょっと蜜が絡めてあります。さくさくぱりぱり感がもつのは1日だけ。大きかったり小さかったり、形は違えど中東全域で見られるお菓子。

damas (46)

damas (45)

damas (44)
おかしの詰め合わせ。ナッツのものが多い。さっきのそうめんで巣を作ったおかしもあります。これは一口サイズバージョンで、見た目もとってもかわいい。

cracde (30)
大きいバージョンも。中のナッツはピスタチオ、中東のおかしでは一番人気のナッツ。

cracde (31)
シリアのハマで有名なハマロール。もちもちっとしていて、中にはクリーム。何かの植物の繊維が入っているらしく、不思議なアロマが漂っていました。地元の人はさらにあまーい蜜をかけて食べます。

cracde (28)
パンにもパイにもとりあえず蜜をかけてしまうアラブ人。。。だからみんなデブなんだよ

leban3 (15)
これも中東全域にあるココナッツのおかし。とても甘い。ココナッツのマカロン??

tusy (39)
トルコからヨルダンまで、どこでも人気のアラブのおかし。薄い生地の中にチーズが入っていて、あたたかくして最後に蜜をかけて頂きます。慣れると病みつきになる味。トルコのシャンルウルファ、トリポリなどが有名ですが、アンマンにも人気店があるし、シリアでも各地で食べることができます。

leban (22)
レバノンで初体験!クリスピークリームドーナツ。へーへーへー。ぽんでりんぐみたい??オーソドックスなヤツはなかなかおいしかった。あとはミスドに軍配。

tusy (41)
焼きウドン?いやいや、野菜パスタ。中東はやさいがとってもおいしく、種類も豊富なので、野菜パスタは何度も作りました。八百屋に行って1個だけ野菜を買うと結構おまけしてくれちゃうのがアラブ風。

crack.jpg
ケチャップをバックパックに隠し持つほどケチャッパーな私の力作、オムライスシリア味。

| 西アジアのご飯 | 02:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事トルコ編その2

tusy (37)
シャンルウルファ名物、でっかいナスの串焼き。
でもはさまれているのは羊肉で食べられないので、羊抜きで焼いてもらいました。そしたら見事に焼きなす!!!ポン酢がほっすぃ~!!!

tusy (16)
ウルファのちょっとおしゃれなシュワルマ屋さんで。若い女の子同士でも入れるお店は珍しい。女の子がシュワルマ食べてる姿を見るのも珍しかった。

tusy (18)
トマトの冷製スープがおまけについてきました。薄味で、パクチーがアクセント。

tusy (2)
トルコの豆スープは濃厚でどこで食べてもおいしい。これにはラー油のような香ばしい油が乗っていました。

tusy (1)
トルコ名物、チョコババロアってか、チョコ濃すぎババロア。パンに塗るチョコペーストみたいな感じ。全部食べた暁にはもれなく大後悔が待ち受けているでしょう。




| 西アジアのご飯 | 15:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事・イラン編

iranfood.jpgiranfood (2)
イランで一番おいしかったもの、バルバリー(パン)。イラン人も毎朝毎晩出来立てをゲットしにきます。そしてこうやって持って帰ります。はちみつとクリームチーズをつけるとなかなか素敵な朝食に。

iranfood (1)
バルバリー屋さんがあれば、必ず人だかり。

店頭にはバルバリーを冷やすための台があり、あつあつを受け取ったお客さんが自分でこの台にバルバリーを広げ、少し冷ましてから持って帰る仕組み。台の上のバルバリーはもうすでに人手に渡っているので取ってはいけません。

iranfood (34)
イランのチャイは、トルコと違ってかなり薄く、お砂糖は中にいれずに口に放り込む仕組み。なので通常はスプーンは付いてきません。でもこれって美味しくないと思う・・・

iranfood (19)
ラシュトでムハンマド君の知人がおごってくれたご馳走。これはほんの前菜です。たっぷりのオリーブと、たっぷりのクリームチーズがリッチすぎる。

iranfood (18)
メインは黒海の魚のフライ。オレンジみたいなのは、オレンジではなく実はすごくすっぱい。レモンの役割。

iranfood (17)
これも頂いてしまった。カレーのようなもの。スパイシーでどろどろしていた。
そして、高級料理店ではごはんと一緒にバターが出され、それをご飯にあえて食べます。ぱさぱさごはんにこれはありがたい。

iranfood (15)
チキンケバブなるもの。ちょっとイメージとは違って淡白だが、バターが効いていてまぁまぁおいしゅうございました。

iranfood (13)
こちらも同じ

iranfood (12)
これは・・・ナスかまめかのペーストなんだけど、非常に理解に苦しむ味。まずいわけではないけれど・・・一体何!?一応ナンにつけて食べるらしい。

iranfood (10)
モツのトマト煮込み。ちょっとだけ臭いがあるけれど、まぁ食べられる。豆なども入って具沢山なのは○

iranfood (11)
ご飯はサフランライスなどをまぜて色づけをするのがイラン風。

iranfood (9)
マシュハドのハンマームレストランにて。

iranfood (8)
ノンアルコールビア。イランには高級ホテルにもアルコールはありません・・・

iranfood (14)
こちらはごく一般的な食堂。でも安飯屋というほど安くはない。
豆のカレーにポテトチップが乗っていて、ぱりぱりした感じがよかった。カレーというよりビーフなしのビーフシチューのような味でおいしかったです

iranfood (32)
イランと言えば、ザムザムコーラ。これはザムザムブランドのお水。

iranfood (27)
イラン風ピザ。結構普通のお味。
普段は滅多に食べないピザですが、なんで食べたかというと、他に食べるものがないからです・・・
イランといえば、飯がない、というか、飯がまずいで有名ですが、まさかこれほどとは。
上記のものは実はお値段も一個あたり3~4ドルと、バックパッカーにはありえない金額。
かと言って安飯というと。。。ケチャップマカロニが具のサンドイッチとか。。。ゲロまず。そんなん1回食べたら二度と食べたくなくなるって。
で、案の定それからというものサンドイッチ屋がトラウマとなり、入店することもできず。
最初の方はバルバリーを食べてしのいでいたけれど、つらかった・・・食べるものがない!!

iranfood (26)
シーザードレッシングかとおもいきや、ヨーグルト味。このピンクのものは一体なんだろうか・・・

iranfood (6)
綿菓子みたいなおかし。インドや中国にもあるけれど、ちょっとだけ癖がある。

iranfood (20)
パイも試してみましたが、パイなのに1枚1枚の生地がクッキーのように重たい。まずくはないけれどあまり喉には通らず。

iranfood (25)
シュークリームはおいしいけれど、主食にはなれません。

iranfood (22)
シュークリーム、もとい、脳みそ。
マカロニサンドイッチがだめなら、脳みそサンドイッチはいかが??
(冗談でなく本当にサンドイッチ屋の定番の具)

iranfood (33)
キューイのシーズンだったので、キューイジュース。贅沢な~
でも加糖して激甘に。
贅沢といえば、ざくろは本当に絞りたて100%。少し渋さは残るけど、日本では決してお目にかかれないよね??

iranfood (23)
バナナジュースも加糖しまくり。そして極めつけにソフトクリーム入り!でもそれがくせもので、バターソフトクリーム!?ソフトクリームすらまずく作れるイラン人、恐れ入りました。

iranfood (21)iranfood (16)
ということで、自炊生活復活。
左・テヘランの宿の近くに魚屋さん街があり、100g1ドルでえびをゲット。トマトスープにして食べました。いい出汁が出ました。
右・トマトナスパスタ。

iranfood (31)iranfood (28)
左・ツナサラダ+カレー味の冷や飯。カッパドキアで会ったカップル秘伝のモロッコ風サラダのアレンジ。これは結構美味しくて何回も作りました。ツナがサラダに入っていると、サラダ感覚で冷や飯も結構進む。お試しあれ。
右・ツナとロメインレタス。トマト・ズッキーニのパスタ。中東はロメインレタスの産地。普通のレタスは見当たりませんが、葉っぱがしっかりとしているので炒めやスープにも使える。ピーナッツを添えて。

iranfood (29)
カレーをスパイスから作る技を習得しました。
野菜がおいしいイランだけに、具はたんまりと。ズッキーニやナス、にんじんなどなど。

iranfood (4)iranfood (5)
左・第1作目カリー。小麦粉が無くて、とろみを出すためにスパイスとトマトペーストを多めに入れたため、両方が主張しすぎ。でも具はリッチにマッシュルーム・ポテト・ナスなどが入っています。
それとほうれん草がフレッシュでおいしそうだったので、卵と炒めてみました。
左・トマトソースで炊き込んだご飯。お肉系で簡単に手に入るのは鳥か羊のみなのですが、せっかくなのでベジタリアン生活。それはそれでなんとかなるものなのですが、コクが出ないのでマギーのお世話になってしまうのが難。


ということで、結論。
イランのご飯は世界一まずい

そして国民はそれに疑問も抱かず、また既存の食事に大して工夫をすることもなく、それで満足しているくせにバルバリーだけは毎食フレッシュなものを食べたがる。

生意気なんだよ!!
フレッシュを求めるなんて100年早いわ!







| 西アジアのご飯 | 07:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界のお食事トルコ編NO1

istan (56)
トルコ風ピザ。生地は最高においしい。具は。。。ひき肉なんだけど、くさい。・・・まさかアイツでは。いや、まだ早い。イスラム圏は好きだけど、羊だけはやめて!

istan2 (2)
こっちは庶民向けトルコ風ピザ。生地は薄くてクリスピー。でも具はあいつの味が・・・

istan (42)
トルコと言えば、ケバブ。実は苦手なんですが・・・これは牛なので、ハンバーグのような感じ。おもしろいのはたまねぎにかかっている紫色のパウダー。梅干の味なんです!なんなんだろう。トルコ人は梅干食べられるかもしれない・・・

istan (19)
トルコといえば、ケバブサンド。一番手っ取り早いファーストフード。チキンとビーフが主流。いつ羊主流になるか、ちょっとびくびくしている今日この頃。
トルコのパンはもちっとしていてとってもおいしかった。

kappa (38)
手のひらより大きなパンで作ってくれたケバブサンドイッチ。チャイをサービスしてくれました。

istan (40)
日本人に人気のサバサンド。レモンをかけるのでかなりさっぱりいただけます。

istan (41)
海辺の町だから。ムール貝とご飯を一緒に炊き込んだもの。日本人にはたまらんお味。

safran.jpg
ヒヨコマメスープ。レモンをかけてさっぱりと召し上がれ。

kappa (52)
ハンバーグのトマト煮込みみたいな感じ。まずいわけがない。チーズも乗ってます♪

kappa (51)
トマトの煮込み、パイ包みならぬナン包み。でもナンは焦げてて食べられなかった。中には何種類か豆が入っていました。

kappa (50)

kappa (53)
チャパティにカレー味のひき肉がはさんである食べ物。これも普通においしい。

safran (24)
ポテトとハンバーグの煮込み。ロカンタというトルコの食堂にて。

safran (23)
これもロカンタの人気メニュー。ナスのトマト煮込み。とってもおいしゅうございました。

ccsf.jpg

ccsf (2)

ccsf (1)

istan (37)
地元民に人気の朝ごはん。歯ごたえのいいパイ。味はほとんどなく、粉砂糖をかけていただきます。

safran (9)
トルコ人が大好きなゴマパン。ベーグルみたいな感じ。出来立てが一番!

istan (55)
こっちも忙しいイスタンブールっ子に人気。ふわふわのパン。

istan (46)
トルコ菓子。パイ生地を幾重にも重ねてピスタチオのパウダーをかけた手の込んだ1品。中にもどっしりとした餡が入っていて、小さいけどかなり重い。

istan2 (3)
イスタンブールには洋菓子のお店も結構あって、見た目に負けてちゃっかりティータイム。
木苺のソースはすっぱく○

istan (54)
栗の季節ですね。

kappa (6)
でもアイスは食べとかないと。

kappa (5)
トルコと言えばドンドンルマ、伸びるアイスですよ!!!なるほどざわーるどで見て以来、憧れの伸びるアイス。お兄ちゃん伸ばして伸ばして!!!
『。。。伸びないよ。』
固まりすぎて伸びませんでした。
えーめっちゃ残念!!!
でも食感はねっとりしていて、普通のアイスとは違いました。こんにゃくぜりーを固めた状態で口に入れてだんだん解けてきた感じ。

kappa (4)
どーん。

safran (1)
おばちゃんの手打ちチャパティ

safran (2)
こんなフライパンで焼きます。

istan (22)
中にマッシュポテト。シンプルだけどおいしい。

safran (32)
サフランボルと柿。。。似合いすぎる。とても食べごろのようです。
でも私はみかんばかり食べていました。トルコのみかんは世界一!1キロ60円也。

safran (31)
これはなんでしょう?

safran (27)
ヨーグルトジュース。甘いかとおもいきや、しょっぱい。なれると結構いける。

istan (1)
安飯屋の見つからなかったイスタンブールで唯一見つけた安飯屋は、アジアサイドにありました。やっぱアジアだよ。
ひよこ豆の炊き込みごはんに牛肉のトマト煮、サラダ付き。栄養バランス抜群。

istan (5)
なんだと思いますか??ピクルスセットなんです。中にはきゅうりのピクルスとキャベツのピクルス。赤いのはお酢を薄めたもので、トルコ人を真似てこれもごくごく飲んでしまいました。

istan (27)
あったかい飲み物。なんだかよく分からないけど、甘くて、ちょっと杏仁のような・・・葛湯のような・・・シナモンをかけていただきます。『これ何?』と聞いたら、お兄さんが『持ってきな!』とただでもらってしまいました。

istan (12)
裂けるチーズ。『ちょっとでいいんだけど・・・』と言ったら、お兄さんが『持ってきな!』とちょっとだけ分けてくれました。割とおいしかった。

istan (13)
バザールで見かけたピクルス。凝ってます。ナスかな??

istan (66)
トルコのチャイはとっても苦い。でも大好き。

| 西アジアのご飯 | 03:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オマーンの思い出。

oman.jpg

何に感動したって、これこれ。
きれーだなぁ。。。

| 西アジアのご飯 | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DUBAIのお食事

uae.flu.jpg


uae.ebi.jpg

フルーツシェイクとえびバーガー。
おいしいし安全だけど高いの。。。

| 西アジアのご飯 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イエメンからのお土産

おいそうじゃないし、写真栄えもしないイエメンのお食事。
でもそれほどまずくもなかったの。
Yemen Food 


y.sarta.jpg

イエメンと言ったらサルタ。いつも石の器に入っていて、あつあつ。
どろどろの豆ペーストにトマトの味が付いている。パンにつけて食べるとおいしい。



y.sora.jpg

ソラマメペーストとオリーブオイルのサラダ。
これもピタパンに合う。


y.shaharanaight.jpg
シャハラの宿の夕食。基本的に炭水化物が多いイエメン。これにチャパティ、何をおかずに食えというんだ。
まんなかは蜂蜜パン。はじっこがかりかりしていてすっごくおいしかった。シャハラというより、マナハ、ハジャラのあたりの食べ物らしい。



y.nan.jpg
こんなに大きなホブスもあります。サルタにつけて食べるとおいしい。
y.chik.jpg
テーブルにビニールを敷いて食べます。





y.mame.jpg
これもお豆のトマト味。見た目ほどまずくないよ。

y.egg.jpg
イエメン風玉子焼き。見た目ほどまずくないよ。


y.ksi.jpg
食べてないけどイエメンのおかし。


y.jubiri.jpg
インドのジュレと同じ味。ドーナツにたっぷりと蜜を浸したもの。


y.mytedukuri.jpg
自炊サンドイッチ。路上で売ってるポテトと卵も入ってます。




y.kfcset.jpg
イエメン的ファーストフード。チキンはKFCよりおいしかった。全部で1ドル。


y.fara.jpg
ひよこまめのコロッケにトマトソースをかけてくるくるしたもの。毎日食べてた。



y.chic2.jpg
ぐるぐるチキン食べてみました。とってもジューシーでおいしゅうございました。

y.coffee.jpg
コーヒーが入っている入れ物。土器!?
ちなみにこのコーヒーは、イエメンのチャイ同様いろんなスパイスが入ったビミョーなお味でした。


y.asa2.jpg
ある日の朝食。見た目ほどまずくないよ。

y.chaiharif.jpg
ここのチャイ、世界で一番甘い。

y.chai.jpg
香辛料の効いたイエメン式チャイ。ミントの葉が浮いてることもある。


y.chic.jpg
ぐるぐるちきんとトマトとおくらの野菜炒め。


y.cake.jpg
食べてないけどイエメンのケーキ。


y.asa.jpg
朝はサンドイッチとチャイに限ります。


y.amuran.jpg



y.amin.jpg
アミンさんちでツアー頼んだらお昼をご馳走になってしまいました。トマト味のあかゆ、普通のライス、パンをトマトで煮込んだものと、とことん炭水化物。チキンスープはなかなかおいしかった。






y.syaharamornig.jpg
シャハラの朝ごはん。揚げパンは素朴な味。

y.syuwa.jpg
ちょっとハイカラなお店で頼んでみたシュワルマ。マヨネーズに感動。


y.yasai.jpg
いつもの野菜炒め。困ったらこれ。

| 西アジアのご飯 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |