世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

街中のゲバラ

ハバナの町で見つけたゲバラ。

P9164220.jpg
一番有名なゲバラ



P9174498.jpg
食堂のゲバラ



P9164287.jpg
古本屋のゲバラ



P9164288.jpg
たくさんのゲバラ



P9174347.jpg
港のゲバラ


P9164245.jpg
郊外のゲバラ



P9174431.jpg
夕暮れのゲバラ
スポンサーサイト

| Cuba キューバ | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハバナ下町散歩③

P9174417.jpg
日暮れの時間も迫ってきました。夕日を浴びるこの時間はきれいな写真を残すのに持ってこい。黄金色の世界から少しずつ光が消えていくのがこれまた名残惜しい。
明日の朝にはもうハバナを去るのです。
キューバ、大好きになったけど、多分もう来ることはないと思う。
いや、宝くじを当てたら真っ先に戻ってくるとは思うけど、そうでもなければこんな日本の裏側、もう二度と来れないと思うから。
日が暮れてしまう前に今一度、ハバナの路地を歩きたい!



P9174413.jpg
屋上でデート中のカップルが手を振ってくれた。



P9174411.jpg
夕日を浴びるアパート。



P9174428.jpg
カラフルなハバナの町並み。



P9174429.jpg
民宿マークがあるから、ゲストハウス。



P9174407.jpg
あの奥の路地裏みたいな道がそこらじゅうにあるハバナ旧市街。
吸い込まれるんです。



P9174434.jpg
ロマンティックなアパートの横にプロバガンダ。



P9174431.jpg
町中どこででも会える英雄。



P9174450.jpg
最後の路地に吸い込まれます。



P9174440.jpg
いくら歩いても飽きない。



P9174441.jpg
みんな同じに見えるけど、全然違う。



P9174443.jpg
みんな全然違う。



P9174445.jpg
見上げても楽しい。



P9174446.jpg
日が当たらないことに気を落とさずに。そんなときはレトロカメラモード



P9174448.jpg
一期一会



P9174453.jpg
トイカメラモードもなかなかいいね。



P9174457.jpg
ボロボロのアパートからこぼれる緑がなんともきれい。
こんな路地、他にある?



P9174459.jpg
全然新しくもないし、ゴージャスでもない。
それなのになんかこう、どどどーんと感じるものがあるのです。
歴史の重み。と言ったら軽そうなんだけど、そういった類のものを。



P9174467.jpg



P9174464.jpg
そしてハバナは暮れてゆく。



P9174475.jpg



P9174482.jpg
ハバナの夕暮れ



P9174485.jpg
ゲバラ邸も暮れてゆく



P9174490.jpg
オビスポに灯りが燈る。



P9174497.jpg
キューバ最後の食事は、民宿ならぬ民食。
一般家庭をちょこっといじって食堂にしたようなお店で、民宿同様、許可は必要とか。
オビスポ通りから一歩入ったところに数件点在していた。
高校生ぐらいの男の子と女の子がずーっと歌を歌ってくれてた。
個人的にはプロ級のバンドより楽しかったなー。



P9174498.jpg
もちろんこのお宅にも彼がいます。

散々呼び込みをしても、さすが普通の民家っぽいたたずまい、なかなか次のお客さんは来ない・・・
庶民の食べ物が食べたい!という希望があったので利用しましたが、そうでもなきゃなかなか入る勇気は沸かないよなぁ・・・

私たちが席を立つころ、やっともう1組お客さんが。
なんとなく肩の荷が下りた気分(笑)

すっかり夜も更け、ココタクシーで家路へ。
ココのお兄さんも、自転車タクシーのおじさんたちも、みんなすごいいい人ばかりだった。
汗だらだら流しながら、懸命に働いてた。
それで嫌な顔一つせず、きりっと目をみて握手でさよなら。

自転車タクシーで生計をたてる人がいるわけで、決して豊かな暮らしとは思えない。
でも、世界中の人を惹きつける何かがあることは分かった。

そしてキューバ人はちょっとシャイなんじゃないかなとも思った。

ハバナ、実にいい町でした。
まだまだ世界には素敵なところがいっぱい残ってるんじゃないかな??

明日はこれまた初めての土地、メキシコへ飛びます!

| Cuba キューバ | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハバナ下町散歩②

ちょっと遅いお昼のあとは、ハバナお散歩ツアー。
P9174334.jpg
常長様の対岸にあるのは、第二ゲバラ邸。よーくよく目をこらすと、cheと書いてあるんです。
残念ながらこの日は閉館。



P9174337.jpg
海沿いを歩くと、今はもう使われていない船のターミナル。
きっと昔は各地からの旅人が出入りするにぎやかな港だったのでしょう。この町は今でも何十年も前みたいな風情が残るから、想像力が掻き立てられる。



P9174359.jpg
雨が降ってきちゃった。



P9174347.jpg
港の壁に。



P9174338.jpg
港の近くにも広場があった。静かで落ち着いたたたずまいのエリア。



P9174341.jpg



P9174343.jpg
古い古い教会



P9174354.jpg
ハバナクラブの博物館にて。



P9174353.jpg
博物館のタイルに、ハバナクラブのシンボルと、ラムの原料であるさとうきびの絵が。



P9174363.jpg
大きな広場に戻って一休み。



P9174369.jpg
カフェエスコリアルというお店。コーヒー豆の匂いが漂うお店でした。



P9174366.jpg



P9174368.jpg
ねこさんも一休み。



P9174375.jpg
キューバのお土産がそろう民芸品市場



P9174373.jpg
昔の駅舎を利用したたてもの。



P9174370.jpg
絵画を扱うエリア。お土産も絵画もどれも似たりよったりで、冒険心が感じられず。。。



P9174371.jpg
この市場から港が見えました。



P9174374.jpg
ハバナバスの停車駅も目の前に。



P9174376.jpg
ここから少し歩くと、現在のハバナ駅があります。



P9174382.jpg
これがそれ。



P9174383.jpg
世界の車窓からの音楽が聞こえそう!これに乗ってどこか遠出がしたいなぁ。
サンティアゴデクーパーに行きたいなぁ。



P9174391.jpg
これを撮ってるこの時間、めちゃくちゃ暑かった・・・雨があがって湿度もすごくて。
今年一番暑かった。



P9174394.jpg
駅の前の大通りを少し行って、「シナゴーグ」の文字に導かれ路地裏へ。
これがまたえらい庶民通り!
シナゴーグは、トゲトゲの針金が張り巡らされていてエライことに。まるでパレスチナ人エリアとユダヤ人エリアの境目のよう。この穏やかなハバナでも、この針金が必要なのかしら。
この辺の道は路面もぼこぼこで、一見ちょっと治安が悪そうに見えた。
でも、開けっ放しの家とかもあるから実際は違うのかもしれない。
ドアが閉まっている家が多かったから、一応カメラは出さないでおいた。



P9174392.jpg
愛国心。至るところで見ました。あ、この通りはCUBA通りですね!



P9174396.jpg
下町のパン屋さん。商品少ないなー。大体お店はこんなもの。パンはこういうところで買うのが一般的らしい。



P9174398.jpg



P9174400.jpg



P9174404.jpg
オビスポ通りに帰ってきてほっと一息。このお姉さんたちのバンド、まだ若いけどかっこよかったなぁ。
音楽ももちろんすごくいいし、ファッションもバンドごとに統一感があるのがいい。



| Cuba キューバ | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハバナ下町散歩①

P9164282.jpg
海沿いの砦に置いてあるのは、ハバナクラブのシンボル。



P9164291.jpg
再びオビスポ通りに戻りましょう。アルマス広場の古本屋さん



P9164288.jpg



P9164293.jpg
ピンクの建物は、ヘミングウェイが泊まっていたホテル。



P9164295.jpg
こんな格好の人がディズニーランドにいるね。



P9164298.jpg
花の路地。



P9164300.jpg



P9164303.jpg



P9164307.jpg



P9164308.jpg



P9164309.jpg
こんな素敵な広場発見。



P9164315.jpg

| Cuba キューバ | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西へ東へ、ハバナバスツアー

ところ変わってここはセントラル
P9164170.jpg
このホテルの下に、貴重なカフェらしいカフェが!



P9164169.jpg
やっとキューバコーヒーが飲めます!なんだかちょっとレトロでいい!



P9164168.jpg
沢山甘そうなパンがありました。



P9164166.jpg
左側のお菓子がとってもおいしかった。カスタードクリームみたいな、プリンみたいなのの上に、マカロンみたいなサクサクの何かが乗ってました。お菓子についての表現力が全く無くてごめんなさい。まだ温かかった^^



P9164171.jpg
市内を走るココタクシー。
いかついドライバーに、これってココタクシー?って聞いたら、「イエス、コーコッ!!」と言われたのがかなりツボでした(笑)
ちなみにココタクシーのドライバーはヘルメットをしなければいけません。言ってみればインドのオートリキシャーなんだけど、交通ルールには意外と厳しいキューバなのでした。



P9164174.jpg



P9164173.jpg
セントラルでひときわ目立つ建物、確か国立劇場か何かだったと思う。



P9164178.jpg



P9164181.jpg
これからハバナバスツアーを使って、ハバナの西側まで行ってみます。
旧市街じゃない、普通のハバナ、住宅地をめぐるので、かなりおすすめです。



P9164180.jpg
二階建てバスから見る眺めもおもしろいし。



P9164183.jpg
カリブ海沿いを走って西へ西へ。
この光景はベイルートを思い出す。



P9164199.jpg
こ、これは・・・!!!ザンビアの首都にもあった!!!



P9164185.jpg



P9164189.jpg



P9164197.jpg
スタジアム。スポーツ大国だけあり、こういうのを結構見た気がする。



P9164194.jpg
海沿いの民家。



P9164202.jpg
バスは一度海沿いを離れ、かの有名な内務省方面へ。道と道の間がずっと公園になっていて、植木もすごく丁寧にカットしてあった。ハバナで観光客の目に入る部分は本当にきれいに整えられている。



P9164226.jpg
そして、キューバで一番行きたかったこの場所へ・・・


P9164223.jpg
ゲバラ!!!キューバ内務省にて。



P9164229.jpg
もうね、めちゃくちゃかっこいいのです。キューバの英雄。



P9164220.jpg
世界中にファンを持つゲバラの国かぁ・・・なんだかちょっとキューバ人がうらやましい。



P9164205.jpg
隣にある情報通信省?は、カミーロ・シエンフエゴス氏。彼のことを知らないので、イマームホメイニー氏に見えてしょうがない私です・・・すみませんすみませんっ。



P9164225.jpg
昨年の北京人民広場、ロシアの赤の広場につづき、今年はキューバの革命広場!
無意識に社会主義というキーワードを選んでいることに今気付きました。刺激を求めてる!?



P9164240.jpg
キューバの英雄に別れを告げ、再びバスにのって西へ西へ。



P9164241.jpg
ごく普通の住宅街の一角で下車してみた(間違えて。)
お花が自然に植えられていて、南国っぽい!



P9164243.jpg
市場の風景。



P9164244.jpg
人の集まる市場の横には、小さな商店もあった。私が行った商店のほとんどは、商品を手に取れる店は少なく、カウンター越しのおばちゃんにほしいものを指差して買うスタイルのお店ばかりだった。当然順番になるから、ちょっと水を買うだけでもすごい並ぶ。それもまた、キューバらしくてよろし。



P9164245.jpg
この写真を撮りたくて下車してしまったのよね。
なかなかハバナバスが来なくて、仕方ないからトボトボ歩いてたら、後ろからハバナバスがやってきて、だめもとで手をあげたら止まってくれました(笑)タクシーかいな。
余談ですが、その歩いた道がラホールだった。ラホール、パキスタンですよ。
でもすごくラホール。
ラホールは空気も悪くて、道行く人も暑っ苦しい格好をしていて、今思い出しても息が詰まる。
ハバナは同じように暑いんだけど、空気が澄んでいて、すかっとした気持ちよさがあった。

ラホールを思い出したように、いつかどこか別の国を歩いたとき、ふとこの場所を思い出すことがあるかもしれない。
それで「ああ懐かしい、また行きたいな」と思うんだろうな。
そんなときのために、こんななんにもない住宅地だって、いつも全身全霊で堪能しておくのです。



P9164246.jpg
そうこう言っている間に、バスは旧市街へ戻ってまいりました。



P9164250.jpg
またまた途中下車して、海まで続くこの道を一枚写真に収めます。
ついでにオシャレホテルのトイレを拝借。キューバ、トイレはまぁまぁ色々なところにあった気がする。流れない!!とか、便座がない!!ってことはあまりなかった。紙もちゃんとトイペだったし。(トイペで一番強烈だったのはやっぱりグルジア、ネリダリの家。なんてったって新聞紙だもん!!!私70年代生まれだけど、新聞紙使ったのはあとにも先にもあれだけだ(と願いたい。)しかも流していいのが笑った。)



P9164253.jpg
バス停前のレストラン。こういうイラストのポスターがありそう!



P9164254.jpg
バス停の反対側が、ちょうど有名なホテルハバナリブレでした。



P9164272.jpg
セントラルに戻ってきました。ハバナの郵便局。ここで手紙を送ったら、一体いつ日本に届くのだろうか。というか、どのルートで来るのだろう??



P9164274.jpg
これまたすごいのが停まっている。



P9164275.jpg
旧市街の中の下町エリア、そんなにきれいじゃないけど、庶民的ですごくいい。あとで戻って来よう。



P9164281.jpg
旧市街をぐるりと回りこんで、最後はハバナ東側の海沿いへ。
地図片手に今か今かと待ちうけ、いたー!!!
キューバでぜひともお会いしたかった支倉常長様!!!
詳しくは遠藤周作「侍」参照。あの話はメキシコ・キューバに行く前にぜひとも読んでほしい!!
だいぶ遠くまで来てしまわれたんですね。感無量。
(ちなみに常長様はさらにこれからスペインへと向かいます。)

ということで、ハバナを西に東へ、ハバナツアー、だいぶお世話になっちゃいました!
すごい充実のツアーでした。

















| Cuba キューバ | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キューバ ハバナの安宿

P9164155.jpg
ハバナで泊まっていた安宿はこちら。casa de ania。ハバナは登録制の民宿制度があって、多少安く泊まれる。といってもそこそこ高かった。
ここのオーナーはとっても親切で色々教えてもらったし、部屋も毎日掃除してくれてとても快適でした。



P9164145.jpg
向こうは他の人の家っぽかった。普通の民家の一室なので、庶民の生活が垣間見られるのも良かった。



P9164156.jpg
宿のある地区は、多少新しいらしい。道も広く、観光エリアよりは整然としているものの、雰囲気は十分いい。みんな軒先に座ってのんびりしていた。



P9164160.jpg



P9164157.jpg



="http://blog-imgs-50.fc2.com/c/h/o/chori/P9164159.jpg" alt="P9164159.jpg" border="0" width="500" height="333" />


P9164162.jpg



P9164163.jpg



P9164165.jpg
時々あるお店はどこも無機質でシンプル。社会主義だなーと思う。

どこにでもカフェがあって、コンビニがあって、なんでも便利に買えるのが当たり前だと思ってたけど、このとんでもない不便さがなんだかとても新鮮だった。
こんな国、もうほとんどないんじゃないかな?インドだって、ミャンマーだって、水ぐらいどこででも手に入るもんね。

| Cuba キューバ | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キューバのビーチ★プラヤ・エステ

キューバのカンクンといえばバラデロ。ハバナから2時間くらいのところにあるビーチリゾートです。
宿のお兄さんに、バラデロに行きたいと言ったら、「なんでまた!?」と言われた。
なんでもハバナのビーチだって、バラデロ並みにきれいなんだとか。
キューバ人が言うなら、まぁそうなのかなってことで、移動も面倒くさいし、ハバナバスツアーも巡回しているというプラヤ・エステビーチに急遽行き先を変更。
バラデロに行くバスは1日1便のみらしく、日帰りで帰ってこられないとも言われたけど、真意のほどは不明。

前述のハバナバスツアーの終点で下車すぐ。

プラヤ・エステ (2)
このレストランが目印。



プラヤ・エステ
白い砂を登ると、向こう側はもう海!



プラヤ・エステ (8)
十分ですよ!



プラヤ・エステ (7)



プラヤ・エステ (9)



プラヤ・エステ (3)



プラヤ・エステ (4)



プラヤ・エステ (6)



プラヤ・エステ (5)
このビーチ、結構長いらしく、ずっと向こうまでビーチが続いてました。
もう1箇所ぐらい、ハバナバスが停まる場所があるみたい。バスツアーのガイドさんに聞いてみるべし。



プラヤ・エステ (10)



プラヤ・エステ (11)
カリブ海で昼寝、最高!



キューバのお食事
お昼ごはんはバス停前のレストランで。暑い中で飲むモヒート、最高に酔っ払います。



キューバのお食事 (2)
海のそばならもちろんお魚。おいしかったです♪


一旦宿に戻ったのが悪かった。疲れが抜けきれず、そのまま本日は終了。
地球の裏がわでもったいないことしたな。

| Cuba キューバ | 23:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝のハバナ散歩(ハバナ・セントロ)

キューバ2日目。前日7時に寝たので、5時に起きてしまった。
が、キューバの朝は遅い。
8時すぎにやっと朝日が差し込んできて、町が動き出す。いつもの感覚でカフェを探して歩きだすも、コーヒーとパンが食べられるお店は見当たらない。。。仕方ないから、ちょっと遠くのハバナセントロまで、片道1時間弱の散歩に出かけます。

3セントロハバナ (2)
朝のサイモン・ボリバール通り。この通りは建物の下に歩く所あるから、きっとかつての繁華街だったんだと思う。



3セントロハバナ (4)



3セントロハバナ (5)



3セントロハバナ (6)



P9154094.jpg



3セントロハバナ (10)



3セントロハバナ (8)
旧国会



3セントロハバナ (12)
ハバナ大劇場



3セントロハバナ (9)



3セントロハバナ (7)
旧国会議事堂の前のカラフルな家。




3セントロハバナ
やっと見つけた食べ物屋台はチュロス!揚げたてで最高においしい。


| Cuba キューバ | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生きた自動車博物館・キューバのヴィンテージカー!

P9154094.jpg
アメリカから車が入ってこないキューバ。革命前にアメリカから持ち込まれたヴィンテージカーを、半世紀経った今も大切に使い続けている。まさに町中が車博物館。
町自体も古いから、とても絵になるんです。
車に興味の無い人でも、思わず足を止めて写真を撮らずにはいられない!



1キューバクラッシクカー (8)
町の中心部、旧国会議事堂の近くで見つけたタクシーの駐車場。車好きの人にお勧めのスポットです。
多分エル・クリタ公園とparque de la fraternidadの間あたりだったと思います。公園脇。



1キューバクラッシクカー (9)
圧巻。一体何時代!?



1キューバクラッシクカー (10)
すごく大切にしているんだなー。私も1回乗ったけど、魔女の宅急便の世界に入ったような気分!!
すごくすてきな経験でした。キューバを訪れたらぜひ乗ってみることをお勧めします!



1キューバクラッシクカー



1キューバクラッシクカー (11)



1キューバクラッシクカー (2)



1キューバクラッシクカー (7)



1キューバクラッシクカー (3)



1キューバクラッシクカー (4)



1キューバクラッシクカー (5)



1キューバクラッシクカー (6)



P9154023.jpg



P9154025.jpg



P9154030.jpg



| Cuba キューバ | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハバナ散策 オビスポ通り

ハバナ散策続きます。
ハバナ一の繁華街、オビスポ通りへ。
1オビスポ通り (9)
観光客は多いし、お店も多いけど、どの店もシンプルで品数も少ない。
ヨーロッパみたいなおしゃれなお土産屋さんもない。



1オビスポ通り (8)



1オビスポ通り (11)
ハバナに多いテークアウトの軽食やさん。売っているのはたいていピザか質素な具のハンバーガー
簡単にペイントしただけの手作りのお店が多い。



1オビスポ通り (10)
カフェも庶民的。



1オビスポ通り (12)



1オビスポ通り
オビスポの真ん中あたりにある配給所みたいな場所。シンプルなサンドイッチを売る軽食屋さんもある。
キューバは配給制の残る数少ない国のひとつ。配給といっても、多少のお金は払うらしい。
配給手帳もあるとのこと。



1オビスポ通り (2)
パテだけのハンバーガーを出すお店。カウンターがなんともレトロ。
味はマスタードとパテから出た油だけ。すごくシンプル。二つ食べても100円しなかった。




1オビスポ通り (3)
オビスポ通りをもっと海側に入っていくと、だんだん落ち着いた雰囲気に。
両替所もこのあたり。なんだかすごい混んでいたなー。
キューバも出稼ぎ国家だと聞いたことがあるけど、その影響なのかな?
ちなみに両替所は窓口と同じ人数しか中に入れず。ドアが開く度、エアコンの風が気持ちよかった。



1オビスポ通り (4)
薬屋さん。と思う。



1オビスポ通り (6)



1オビスポ通り (7)



1オビスポ通り (5)
ヘミングウェイの定宿を右に行くと、おしゃれなレストランがちらほら。
このあたりが一番きれいな通りだったかな。



P9153982.jpg
路上を利用してなんかのパフォーマンスをやってた。



P9153987.jpg
手作り感がいいですね。ナイスボディもすてき。



P9153989.jpg
カリブの美人。



P9153980.jpg
うわっ!こっち来る!!!!



P9153993.jpg



P9153995.jpg
このあたりは道も建物もとてもきれいにしてある。



P9153996.jpg



P9153997.jpg
これに似た建物をザンジバルで見たなー。
考えてみれば、あちらは奴隷貿易の出発地で、こちらが目的地、どちらの国でも、悪名高い奴隷貿易船の絵を見た。



P9154002.jpg



P9154003.jpg
有名なカフェ。キューバの有名なミュージシャンも来るのだとか。



P9154004.jpg
広場に出ました。



P9154005.jpg
音楽のあるカフェレストラン。



P9154008.jpg
ハバナ、町中が生演奏中。



P9154009.jpg
ここから先は、庶民的なエリア。すごい下町になる。



P9154012.jpg
生活感あふれる通り。



P9154011.jpg
もっと先に行くと、道もボコボコ。このエリアは決して綺麗ではないけど、開け放たれたドアから庶民の生活が垣間見られる。時々二階からおじいさんが手を振ってくれたりして、のどか。
ここを歩いていると、キューバの治安はいいんじゃないかと感じてしまう。
本当はどうなんだろう??



P9154013_20121016151505.jpg




P9154014_20121016151505.jpg
庶民の足の三輪車タクシー。
この運転手さんはみんないい人ばかりだったなー。白人系のドライバーも結構多くて、生活は苦しいのかなーと思った。



P9154015_20121016151504.jpg



P9154016_20121016151504.jpg
オビスポ通りに戻って、キューバ名物モヒートで一杯。
思い起こせば会社に行った日の朝から横になって寝てないわけですよ。
そりゃぁもう、一口でくらくらに酔っ払いました。



P9154019_20121016151504.jpg
エビのトマト炒めを頂きました。
ご飯はパラパラ米。



P9154032.jpg
どっと疲れが出たので、夕暮れ前に撤収。三輪車タクシーに乗って帰ります。

| Cuba キューバ | 15:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハバナ El Floridita ヘミングウェイの愛したバー。

floridita (9)
あったあった。ここ、ここ。



floridita.jpg
フロリディータは、ヘミングウェイが通ったバーとして有名。



floridita (7)



P9153938.jpg



floridita (6)
あの窓際の一角がヘミングウェイの特等席だそう。




floridita (3)
すてきな音楽を聴きながら



floridita (4)
ヘミングウェイお気に入りのダイキリを。
すごく暑くて疲れている午後、甘いダイキリが体にしみます!



floridita (8)
客層が高く、落ち着いた雰囲気でした。おすすめ。

| Cuba キューバ | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハバナ散歩

1ハバナ
うーん、社会主義のかほり!
空港から市内へは30分くらい。
早速レトロなクラッシクカーがごろごろ走っていてびっくり!
道が結構きれいで、道路脇をどこもすごくきれいにしているのが印象的でした。



1ハバナ (2)
ホテルに着いて、相当疲れているけど早速ハバナ散歩。
ホテルがあるのは旧市街のうち、少しこぎれいなエリア。



1ハバナ (3)



1ハバナ (4)
既に冬服のメキシコシティから、この夏最高の暑さのキューバ。
ここは南国。



1ハバナ (5)
ちょっと町を歩いてみて思う、水が買えないよ!
キューバはまだ配給制があるそうで、コンビニとかスーパーマーケットがほとんど無い。
ホテルのあるエリアには、ピザ屋さん以外何にもない!ああ不便。でもこんな不便な国、いまどき貴重だと思う。
やっと見つけた小さな立ち食い軽食屋で買ったパイナップルジュースのおいしいこと!




1ハバナ (6)
路上のフルーツ売り。カスタードアップルを売っていた。



1ハバナ (7)
このあたりは商店街エリア。
キューバの旧市街は世界遺産だけあり、こんな町外れでもとってもいい雰囲気。



1ハバナ (8)
やっと見つけた第一スーパー。


| Cuba キューバ | 13:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メキシコ&キューバ旅行に行ってきた。

フィリピンから帰って休まず仕事し向かうは羽田空港。行き先はアメーリカ。旅行のためなら限界までがんばりますよー!

生まれて初めてのアメリカ行き飛行機ですが、時差が複雑すぎて、一体何時間乗ったんだかよく分かりません。
深夜発便はしっかり寝られるのでいいですねってこと。

IMG_0536.jpg
夕方のロスに到着!ロス、巨大!!なんというか、超巨大な平安京みたいでした。延々と碁盤目状の町並みが広がってて。
道とか、倉庫地帯とか、どこもかしこも大きくて、ああ、いつかここにも来てみたい。
巨大なロスの周りは、何もない砂漠地帯なのもびっくり。人類はすごすぎる。砂漠の真ん中にこんな巨大な町を造ってしまうなんて。


IMG_0535.jpg
アメリカって、トランジットなのに必ず1回入国しないといけないそうで。
というわけで、初アメリカ大陸上陸です。
フィリピンでは自分が大きく感じてしょうがなかったが、この国では私は小さいほうみたいってか、みんなでかいよ。
そういえば、ドイツでもらった服はSサイズで、フィリピンでもらった服はLだった。
服の規格は同じなのに、周囲との関係で見え方が変わってしまうらしい。



IMG_0539.jpg
なるほど、コイツでアメリカンサイズが作られるわけね。
軽食にと注文したサンドイッチが大きすぎて「えー!!??」となった時。
なんというか、パンの部分もふわっとかじゃなく、ぎゅうぎゅうに詰まった重いパンだし、中身のチキンも鳥一羽入ってるんじゃないかってほどぎゅー!!って詰まってる。
極めつけにこのサラダのクルトン!これだけで主食ですよ。
まぁ、食べたけど。



IMG_0540.jpg
ロス深夜発のメキシカーナ航空でメキシコシティへ。
私の席だけアップグレードされていた!!!ナイススカイチーム!!



クバーナ航空
メキシコシティまでは3時間程度の旅。到着するのは夜明け前頃。
メキシコでも一度入国するものの、乗り換えの接続はよく、朝8時ごろのキュバーナエアでキューバへ。
ところでキューバはツーリストカードなるものがあって、メキシコ空港でも買えるんじゃないかといううわさも聞いたことは聞いたが、私は赤羽橋のキューバ大使館で取得してきました。安いし、何より待ち時間無しですぐ発行してもらえるから、お昼休憩中にゲットできた。乗り換えは忙しかったのでこれでよかったと思う。

というわけで、メキシコはまたあとで。
もはや日本から何時間経っているか全く分からず。



P9143896.jpg
よく落ちると有名なクバーナエアに乗ってみた。
色々なところにガムがくっついてた。多分何かのおまじない!?塩盛るりみたいにガムが盛られている機内。
ベルトが、上下逆についているのもおもしろかった。



P9143895.jpg
メキシコ上空。メキシコは標高が高いそうで、大地が近く感じた。



クバーナ航空 (4)
4年ぶりくらいにカリブ海へ!
そしてキューバ上空から見る初キューバ!
平野が広がり、昔地理の教科書で習った、サークル状の巨大農地が見えました。(サークル内を区切り、区切ったエリアに植えるものを毎年変える方法。)

そしてこれがハバナの空港。ここからキューバナショナルチームがオリンピック会場に飛び立っていくのです!



空港でお金を兌換券へ交換。昔なつかしいミャンマーの強制両替みたいなやつで、外国人が使う通貨です。
キューバはアメリカと国交がないので、アメリカ発のフライトもないし、米ドルもレートがとっても悪い。
ユーロか円がいいとのこと。

外国人とキューバ人の使うお金が違うなんて!
社会主義ですよ!わくわくしますね!

| Cuba キューバ | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |