世界一周トラベリングソング。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うだつってなんだ。美濃市女子旅

出張ついでに岐阜県美濃市なるところへ小旅行。
仕事先の近くで何かいいところがないかな~と調べていたら、なにやら『うだつのある町並み』とやらがあるらしく。
うだつって何?と思いつつ、古い町並みに惹かれていざ単線列車でゴー。

PB210033.jpg



PB210066.jpg

紅葉の山々が素敵でした。



PB210063.jpg

市ですが、



PB210067.jpg

なつかしの地下道!!!



PB210070.jpg

駅もこんなに昭和スタイルなんです。



PB210076.jpg

いざ『うだつ』の町並みへ



PB210094.jpg




PB210089.jpg
なかなか趣のあるお宅が沢山残っています。




PB210097.jpg




PB210086.jpg




PB210100.jpg

ふむふむ・・・この立派な邸宅は、和紙で設けた豪商のものだったらしい。
どうりで和紙のランプ、和紙の店が多いはずだ。




PB210074.jpg

和紙ののれんのあるお店。



PB210077.jpg

各家庭全ての電気の機械みたいなのを和紙で覆っている。



PB210087.jpg

貼り絵みたいでかわいい



PB210072.jpg




PB210073.jpg

こういうものを軒先に放置しても盗まれない日本はすごい。
ヨーロッパでも皆軒先のデコレーションを大切にしていたけど、こうして町ぐるみで協力し合って観光地を築いていくのは素敵なことだ。



PB210090.jpg

この家は素で昭和レトロなのか・・・新聞受けが素敵すぎる。



PB210078.jpg

ちなみに本日はパナのパンケーキレンズ一本のみ持参。
デジカメに慣れていると、寄ったりできないから多少不便を感じますが、国内旅行ならこれ1本で十分だな。



PB210081.jpg

お寺の銀杏が黄金色。きれいだなぁ



PB210079.jpg




PB210118.jpg




PB210098.jpg

酒屋の誘惑に負けそうになりつつ・・・



PB210103.jpg

和紙アートミュージアムへ



PB210104.jpg

和紙ってランプによく似合う素材。



PB210116.jpg

博物館がこれまたレトロ。木の階段って、最近めっきり減ったよね。



PB210110.jpg

これは写真を撮ったもの


岐阜駅行きのバスを待っている間、ふと道路標示を見たら、うだつの町並みがUDATSU STYLE STREETになっていたので、うだつは様式の名前なんだな、と勝手に納得。

その後うだつ様式が気になって、新幹線の中でパンフレットをよーくよーく見てみる。
すると、おやまぁ!
うだつというのは、日本家屋の屋根につける装飾の一種のことなんだそう!
うだつのある町・・・でうだつを見ていない私!!

あわててデジカメの画像を探して、かろうじで撮れていたのがこれ・・・


PB210088.jpg

分かりますでしょうか、真ん中の家の屋根に見える装飾。これが『うだつ』か・・・

ということは?
うだつが上がらないのうだつというのは、もしかしてこれ?
そもそもこういう装飾ができない人=貧乏な人・成功していない人をうだつも上げらない男と言ったことが大元なのでは??

帰ってウィキで調べてみたら、
『うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。』

だそう。

それにしても・・・ホームページやパンフレットにうだつについての説明が全然見当たらないということは、うだつって、常識なんですかね??


PB210051.jpg

某駅にて。電車が来ない間、トイカメラ機能で遊んでみた。何もない駅だからこそ、遊び甲斐があるというもんです。



PB210043.jpg

もう大人なのに、夢中で遊んでしまった。
カメラ、楽しいね~まだまだ皆様にお見せできるようなものはありませんが、いい趣味にできそうな予感。


-----------------------------------------------

美濃市は町は去ることながら、人がよい!!日本でそんなこと感じるなんて珍しいけど、お土産屋さんのお母さんが、何も買わずに出ていく私の背中に向かって『お気をつけて行ってらっしゃい』って言ってくれたり、観光所のお姉さんがお茶を出してくれそうになったり。
極めつけに横断歩道にて。思いのほか車の通りが激しい道で、なかなか渡れそうも無かったとき、右から来た車が止まってくれたんです。でも、対向車はずーっと先まで連なってるし、ご好意はありがたいがこりゃ渡れないなぁ~と途方に暮れていたら、なんと対向車線の車も止まってくれたのです!!!
なんと親切な方々!世界広しと言えど、たった1人の歩行者のために車が止まってくれる場所なんて、美濃市だけだと声を大にして言いたい!ええ人たちやー!!!

うだつは見れなかったけど、日本でこんな親切に触れられただけでもう十分美濃に来た甲斐があったと言うものです^^
スポンサーサイト

| 2010 岐阜 美濃 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。