世界一周トラベリングソング。

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BENOS AIRES

arg.jpg


arg (1)


arg (2)


arg (3)


arg (4)


arg (5)

スポンサーサイト

| Argentina アルゼンチン | 06:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

sekai de zisui tyuu 2

fro mininamib (242)

namibia pork

fro mininamib (241)

egg soup tukidesu

fro mininamib (243)


cheese and tomato namibia
brafood (1)
oyako don brazil

brafood (2)
cha-han to misosiru brazil

ariguaz (13)

tori to kanzume no takikomi
iguazu

fro minizinbabwe (75)

t born

fro minizinbabwe (73)

ra-men harare

fro mininamib (99)

namibia drive tikin

fro minibr.sanpaulo (67)

tikin momoniku no takikomi

fro miniCIMG2846

konnakanzide


brafood.jpg

tomato ra-men

fro minibr.sanpaulo (65)

syougayaki brazil

fro minibr.sanpaulo (66)

tomato and cheese salad

fro minibr.sanpaulo (38)

beaf at brazil

fro minibr.2 (55)

hutuuno nimono







| アフリカのご飯 | 05:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モンテビデオ montevideo、 Uruguay

ブエノスアイレスからウルグアイの首都モンテビデオまで小旅行。
特に何があるわけではないのですが、こじんまりとまとまっていて、カフェでのんびりしたい町。

urug (17)


urug (15)


urug (16)


urug (12)


urug (11)


urug (14)


urug (13)



urug (10)
umibe

urug (9)


urug (7)


urug (6)


urug (5)


urug (4)


urug (3)


urug (1)


urug.jpg

モンテビデオのバスターミナル

urug (19)

とっても近代的でおしゃれな町、モンテビデオですが、ごみ拾いの人たちはいまだに馬を使っていました。

| Uruguay ウルグアイ | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウルグアイのお食事 uruguay

urug (20)

ポテトの上にステーキの上にベーコンの上に玉子焼き。とにかくすごい料理でした。

urug (18)

人の顔より大きいサンドイッチ

urug (2)

釜焼きのピザ。チーズはかけないけれど、すごく美味♪しかも安い!



| 中南米のご飯 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パラグアイ Paraguay

paracde (2)
Ciu ded del este
免税の町シウダデルエステ

paracde (3)

ブラジルを出るとき、イミグレをスルーしてしまい、パラグアイの入国スタンプを押したあと徒歩でブラジルまで帰り、「あのぅ、ハンコ押し忘れちゃったんですけど」と自首して無事出国完了。
そんなかんじのなーなーなボーダーです。


para (28)
Asuncion bus terminal

para (29)
terminal

para (33)
bus

para (22)


para (23)


para (21)


para (24)


para (25)


para (19)
kabotya

para (18)


para (17)


para (11)


para (14)


para (16)


para (15)


para (12)




para (9)
down town

para (10)


para (8)


para (7)


para (6)


para (5)


para (4)


para (20)


para (32)


para (27)


para (31)

mate cha cup

para (30)

mate cha pot







| Paraguay パラグアイ | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パラグアイのお食事

PARAGUAY
para (26)

肉の塊。私は二人で食べてもおなかいっぱいだったのに、パラグアイのおばちゃんは一人でこれをぱくぱく食べていた。

paracde (1)

pasta and beaf

paracde.jpg

アフリカ的な beaf and rice

para (3)

ミラネーゼ風ハンブルゲサ。朝からこれ!?

para (2)

手作りニョッキ

para (1)

手作りラビオリ
このあたりはどこでも手打ちパスタが食べられる。

para.jpg

チパと呼ばれるパラグアイ独特のパン。芋系の何かが入っていて、食感はポンデリングのよう。チーズが入っているのでチーパンチーパンと呼んでいた。
あとはボリビアでも食べられるらしい。

| 中南米のご飯 | 06:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラジルのお食事

fro minibr.2 (27)
?
あれ?

fro minibr.2 (28)

あれあれ?

fro minibr.2 (20)

ブラジルのご飯じゃないの??

fro minibr.2 (17)
??

fro minibr.2 (21)

サンパウロに日本人街に売っていたお弁当でした。
これは中国人が作っている焼きそば



fro minibr.sanpaulo (4)

たまには豪勢にブラジル料理

fro minibr.sanpaulo (3)

ビーフビーフ♪

fro minibr.sanpaulo (2)

魚をトマトで煮たもの 淡白だけど肉厚な魚でした

fro minibr.sanpaulo (1)

なんだかよくわからない。まったくわからない何か。

fro minibr.sanpaulo (11)

味のないスナック。ブラジルはおかしも1ドル以上する。

fro minibr.sanpaulo (10)

アサイという名の果物のシェーク。
梨のような食感がする。

fro minibr.sanpaulo (5)

魔法の液体。
コーヒーに一滴垂らすだけであら不思議、とーっても甘くなってしまいます。
南米に入って驚いたこと、ゼロカロリーシュガーがかなり一般的

fro minibr.sanpaulo (56)

激安ビュッフェ。お肉を2種類つけて4.5リアル
3ドル以下でこのボリューム!

fro minibr.sanpaulo (60)

ビールは冷やしてどうぞ。

fro minibr.sanpaulo

のんべいさん

brafood (3)

粉を練ったものの中にシーチキンが入っていたブラジルで人気の揚げ物。見た目とぜんぜん違う内容。

ariguaz.jpg

アルゼンチン行きのバス。このあたりのバスは大体軽食をつけてくれる上、リクライニングもかなーり利いてすんごいのです☆☆☆夜行移動も楽勝♪

| 中南米のご飯 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イグアスの滝 IGUAZU FALLS

オラ!ついに南米最南端ウシュアイアに来てしまいました!
ずっと来たかった日本人宿・上野山荘で愛犬トゥルーチャとお散歩に行きながらのんびり過ごしています。

今日の画像は世界3大瀑布の一つ、イグアスの滝です。
ほんの2ヶ月前にビクトリアの滝を見ていただけに、あまり感動しなかったらどうしよう!?とちょっとびくびくしていたのですが、そんな心配は全く無用!!!いやぁ、すごかった。ぜんぜんすごかった。
湿気と暑さの中 丸一日色々歩きまわって大満足の1日でした。
ちなみにここはアルゼンチン、今いるウシュアイアもアルゼンチン。
方や真夏、方やもう冬、周囲は雪山に囲まれています。
アルゼンチンはとんでもなく大きい!!!!
これからパイネやフィッツロイをトレッキングしつつ、北上していく予定です♪


ariguaz (11)


ariguaz (12)


ariguaz (10)


ariguaz (1)


ariguaz (2)


ariguaz (3)


ariguaz (4)


ariguaz (5)


ariguaz (6)


ariguaz (7)


ariguaz (8)


ariguaz (9)


ariguaz (15)


ariguaz (14)
anaguma san




| Argentina アルゼンチン | 06:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIO

fro minibr.sanpaulo (17)


fro minibr.sanpaulo (33)



fro minibr.sanpaulo (18)


fro minibr.sanpaulo (19)


fro minibr.sanpaulo (22)


fro minibr.sanpaulo (21)


fro minibr.sanpaulo (26)


fro minibr.sanpaulo (20)


fro minibr.sanpaulo (30)


fro minibr.sanpaulo (29)


fro minibr.sanpaulo (27)




fro minibr.sanpaulo (25)


fro minibr.sanpaulo (23)


fro minibr.sanpaulo (32)




fro minibr.sanpaulo (28)


fro minibr.sanpaulo (40)


fro minibr.sanpaulo (39)


fro minibr.sanpaulo (37)


fro minibr.sanpaulo (36)


fro minibr.sanpaulo (35)


fro minibr.sanpaulo (34)


fro minibr.sanpaulo (10)


fro minibr.sanpaulo (9)


fro minibr.sanpaulo (8)


fro minibr.sanpaulo (7)


fro minibr.sanpaulo (6)


fro minibr.sanpaulo (12)


fro minibr.sanpaulo (13)


fro minibr.sanpaulo (14)


fro minibr.sanpaulo (15)


fro minibr.sanpaulo (16)


fro minibr.sanpaulo (31)


fro minibr.sanpaulo (50)


fro minibr.sanpaulo (49)


fro minibr.sanpaulo (48)


fro minibr.sanpaulo (47)


fro minibr.sanpaulo (46)


fro minibr.sanpaulo (45)


fro minibr.sanpaulo (44)


fro minibr.sanpaulo (43)


fro minibr.sanpaulo (42)


fro minibr.sanpaulo (41)


fro minibr.sanpaulo (59)


fro minibr.sanpaulo (58)


fro minibr.sanpaulo (57)


fro minibr.sanpaulo (55)


fro minibr.sanpaulo (54)


fro minibr.sanpaulo (54)


fro minibr.sanpaulo (53)


fro minibr.sanpaulo (52)


fro minibr.sanpaulo (51)


fro minibr.sanpaulo (68)


fro minibr.sanpaulo (64)


fro minibr.sanpaulo (63)


fro minibr.sanpaulo (62)


fro minibr.sanpaulo (61)





| Brazil ブラジル | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(BRAZIL?)

ブラジルのサンパウロの画像。
SAO PAULO 
fro minibr

サンパウロ 国際空港内。夜遅くに到着しても出発ロビーで安心して眠ることができます。

fro minibr.2 (52)

鹿児島県人会館のあるクリニカ駅から

fro minibr.2 (48)

世界でも屈指の巨大都市、サンパウロ。

fro minibr.2 (50)

鹿児島県人会館。放置プレイ、もとい、土日は誰もいない気楽さで居心地はとってもよかったです。

fro minibr.2 (6)

サンパウロのメトロ。こんなところは日本よりも進んでるよね。

fro minibr.2 (8)

そしてここがサンパウロで一番行きたかったLITTLE TOKYO

fro minibr.2 (9)


fro minibr.2 (10)


fro minibr.2 (15)


fro minibr.2 (16)


fro minibr.2 (17)


fro minibr.2 (20)


fro minibr.2 (23)

仏壇やもありました

fro minibr.2 (24)


fro minibr.2 (26)


fro minibr.2 (25)


fro minibr.2 (14)


fro minibr.2 (42)


fro minibr.2 (40)


fro minibr.2 (39)


fro minibr.2 (37)


fro minibr.2 (33)


fro minibr.2 (32)


fro minibr.2 (31)


fro minibr.2 (30)


fro minibr.2 (28)


fro minibr.2 (27)


fro minibr.2 (53)


fro minibr.2 (47)


fro minibr.2 (46)


fro minibr.2 (44)


fro minibr.2 (43)




fro minibr.2 (13)

| Brazil ブラジル | 00:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナミビアドライブ3日目

ケープクロス・おっとせいだらけ。

fro mininamib (144)


fro mininamib (140)


fro mininamib (136)


fro mininamib (147)

!!
fro mininamib (141)

fro mininamib (134)

fro mininamib (123)

fro mininamib (115)

fro mininamib (114)

fro mininamib (113)

くさいんですけど!!!

fro mininamib (155)

しお

fro mininamib (161)

みちばたでランチ

fro mininamib (159)


fro mininamib (169)


fro mininamib (167)

スワコップムントの町

fro mininamib (172)

ムーンランドスケープ

fro mininamib (176)


fro mininamib (190)

ヴェルウィッチアをさがして。

fro mininamib (192)


fro mininamib (195)


fro mininamib (227)


fro mininamib (215)


fro mininamib (224)


fro mininamib (206)


fro mininamib (199)


fro mininamib (235)


fro mininamib (233)


fro mininamib (211)


fro mininamib (212)


fro mininamib (209)


| Namibia ナミビア | 05:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナミブ砂漠

fro mininamib (6)


fro mininamib (8)


fro mininamib (13)


fro mininamib (14)


fro mininamib (15)


fro mininamib (20)


fro mininamib (21)


fro mininamib (23)


fro mininamib (25)



fro mininamib (27)


fro mininamib (28)


fro mininamib (29)


fro mininamib (33)


fro mininamib (35)


fro mininamib (37)


fro mininamib (38)


fro mininamib (39)


fro mininamib (47)


fro mininamib (48)


fro mininamib (52)


fro mininamib (54)


fro mininamib (58)


fro mininamib (59)


fro mininamib (71)


fro mininamib (84)


fro mininamib (90)



fro mininamib (105)




| Namibia ナミビア | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソリテイル

fro mininamibiasoritere (4)


fro mininamibiasoritere (5)

1泊目ソリテイルのキャンプサイト。人生初のテント泊。ショップライトであわてて購入した安テントを張ってご満悦


fro mininamibiasoritere (3)

トイレットペーパー入れに協賛。さすが欧米。

キャンプサイトに生えていたサボテンたち
fro mininamibiasoritere (10)


fro mininamibiasoritere (9)


fro mininamibiasoritere (8)


fro mininamibiasoritere (7)

ハタオリドリの巣

fro mininamibiasoritere (2)

ここに唯一ある売店。メニューはサンドイッチのみ。

fro mininamibiasoritere (1)


fro mininamibiawind (1)

| Namibia ナミビア | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウイントフック NAMIBIA

ナミビアの首都ウイントフックは、あまりにも自分の想像とかけ離れていた。
群馬県民程度しか人口のいない砂漠に囲まれた国にこんな近代的な都市があるなんて想像できなかった。
ここはもう欧米人が作り上げた南ア文化圏の一端でした。

fro mininamibiawind (4)


fro mininamibiawind (5)


fro mininamibiawind (6)


fro mininamibiawind (7)


fro mininamibiawind (8)


fro mininamibiawind (9)


fro mininamibiawind (10)


| Namibia ナミビア | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボツワナからナミビアへ

Botswana → Namibia

fro minibotswana
首都ハボロネからローカルバスでナミビア国境を目指す。ナミビア行きは道端で下ろされ、別方面から来る車を拾う。

fro minibotswana (1)

こんなところで降ろされても困るよ。

fro minibotswana (4)

いつ来るか分からないバスを待ってます。

fro minibotswana (2)

ナミビアの「ヘレロ」とよばれる人々。すごい衣装。

fro minibotswana (3)

元はヒンバ族(赤土で体や髪を塗りたっている民族)と同じだったらしいが、気がついたらヒンバは上半身裸に、ヘレロはビクトリア調のゴージャスマダムになっていたそうです。

fro mininamibiawind (11)

これヒンバ。ウイントフックの街角で普通にピクニックしてました。

fro minibotswana (6)

運良く30分ほどでバスをゲット。さらに国境手前のGSで降ろされ車を待つこと30分。親切なナミビア人の若者がナミビア側最初の町まで送ってくれた。

fro mininamibiawind

カラハリ砂漠の横を通ってナミビア入国。ハボロネからのルートは砂漠もピグミーも動物見れない微妙な道だった。

fro minibotswana (7)

バックパックに頭を乗せて、ただ空だけを眺めながら走った道。
トラックの荷台だけど、最高に贅沢な移動だった。

| Botswana ボツワナ | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨハネスブルグでびびりまくる。

fro minirsajoba

ムババネから30分程度で南ア入国。約5時間でヨハネスブルグ(ジョバーグ)へ。

fro minirsajoba (9)

ジョバーグのバスステーション。ここだけは?セキュリティコントロールが保たれているらしい。
しかし私たちのミニバスはタクシーランクというところについてしまい、そこからバスターミナルに移動するわずかな道で強盗に遭った話を聞いていたので、だいぶてんぱってしまいました。てんぱりすぎて旅の相棒に「もう勝手にしろー!!」と怒鳴られました。勝手にって、あーた。そんなこと、はじめて言われたわ。しかも彼氏でもないやつに。
だってだって、この時ランドをまったく持っていなくて宿に電話すらかけられない状態で、でも怖くてその場所を離れられず半泣きでおろおろしていたら見かねたお姉さんが携帯を貸してくれ、無事宿に電話し迎えにきてもらった次第。
こんなときは必ず誰かが手助けをしてくれます。ほんとにもう、いつもいつも大感謝です。

fro minirsajoba (8)

外から見るとこんな感じ。治安の悪いダウンタウンに位置するバスターミナル。
「ここから外に出たらお前は確実にやられる」と忠告されるらしい。そして実際私はここを歩いて首締め強盗に遭った旅人にちゃんと出会いました。

こんなんでほんとにワールドカップできるのかなぁ??

fro minirsajoba (7)

それにしてもジョバーグ、大都会だね。

fro minirsajoba (5)

そういえば強盗にあった旅人は男の子二人組で、真昼間女子供も歩いている一見安全そうな道でサクっとやられたそう。怖かったからおちたフリしたといってました。そして「ほんのちょっと気持ちよかった」とも言ってました。。。

fro minirsajoba (6)

イーストゲートバックパッカーの愛犬クロちゃんが一緒にお迎えにきてくれました。

fro minirsajoba (4)


fro minirsajoba (3)


fro minirsajoba (2)

クロちゃんの後姿。

fro minirsajoba (1)

滞在中に泥棒に入られたらしい。

EAST GATE地区は治安もよく(↑ほんと?)歩いても問題ないとのこと。近くに巨大ショッピングモールと中華街があるのでとっても気にいりました。中国大好きの私としては故郷に戻ったような気分に浸って炒麺を注文。久々に「アールスークワイ」を聞いただけでテンション上がった。ランドでも「クワイ」を使ってしまう中国人がすきです。


日本食も沢山ゲットし大満足していざボツワナへ。ここまでやってきてもケープタウンはまだまだ遠い!



| South Africa 南アフリカ | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スワジランド

SWAZILAND
スワジランドは小高い丘に囲まれた美しい自然を持つ小国。アフリカ最後の黒人王国と言われているが、町の雰囲気は南アに近く、これといって見所もないので20時間ほどでサクっと通過。


fro miniswaziland


fro miniswazihamubabane (3)


fro miniswazihamubabane

泊まった宿が高くて泣いたがきれいだし朝食が豪華だし職員の人が親切だし、もうアフリカは終わったと感じた一瞬だった。

fro miniswazihamubabane (2)

スワジランドはHIV感染率がとても高い。

fro miniswazihamubabane (1)

首都ムババネ。小さくてこぎれいな町。

| Swaziland スワジランド | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モザンビークのお食事 と バルジニアについて

fro minimozafood

いつものビーフシチュー。

fro minimozafood2

ニナが作ってくれた海老と豆のマサラ。インド人の家庭なのでモザ&インドのミックス料理。

fro minimozafood2 (2)

ビーチで食べた昼ごはん。これを作ったニナのメイド・バルジニアはニナの抱えるもう一つの問題の種。
ひょんなことから家を飛び出し、連れ戻そうとニナが家族のもとに向かったところで彼女の妊娠が発覚、彼氏はマプトで今は別の彼がいるのでどーでもいいような感じ。仕事を放棄し何をしているかと思えばダイブショップで働く男の子に会いに行ったり、チュッパチャップスなめながら木陰で友達とぼけーっとしてたり。なんだか人生に何も期待していないような女の子で、あっけらかんと子供を生み、適当に育てていくんだろう。ニナはもし妊娠を打ち分けてくれていれば彼女を助けていたと思うし、望むならマプトに行って彼を探してもいいとさえ言っていたのに、恩知らずの小娘め。いや、彼女の家は貧しく、ニナが彼女を雇うことはすなわち彼女の家族を助けることでもあり、そのことをよくわかっているニナはジュニアに大やけどを負わせた彼女を今もなお雇い続けている。「一から新しいことを教える苦労を思うと」とニナは言うけれど・・・とにかく、さすがに子連れのメイドは要らないので今度ばかりは本気で解雇するだろうと言うニナ。バルジニアに仕事があるありがたみを教えるためには、もうそれしかないんじゃないのかな。。。。


fro minimozafood2 (1)

マプトのバス停で食べた、いつものチキンとライス。
いつも食べてるんだけど、ここのはタレに凝っていてすごくおいしかった。
ご飯も○

「アフリカ 沿岸部は若干ごはんがマシ」 説は結構合っていると思う。

| Mozambiqueモザンビーク | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モザンビーク・その他の出来事。

fro minimozamapto


fro minimozachimoiyo

ジンバブエとの国境の町、チモイヨ。根拠はないけど「モザンビークは危ないので行くな」という母の一言でなぜか怖い国だと思っていたモザンビーク。でも全然そんなことはなく、のんびりした場所だった。

fro minimozachimoiyo (2)

マシシェ行きのバスは過去最強朝3時集合。意味わかんない。

fro minimozachimoiyo (1)


fro minimozamapto (3)

首都マプトのバス停

fro minimozamapto (2)

全然プチリスボンじゃない。

fro minimozamapto (1)




| Mozambiqueモザンビーク | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モザンビークの悪夢

以前ちらっと書いた、旅の相棒がマフィアの車のガラスを割って汚職警察に助けてもらえず全額賠償した件、全容。

fro minimozamaxi (2)

マシシェ側の船着場。曇り空に掛かる虹は何を暗示しているのか。

fro minimozamaxi

荒れる海をボートで渡る

fro minimozamaxi (1)

船着場

fro minimozatofo (9)

因縁の町TOFO到着。

fro minimozatofo (10)

賄賂マークと呼びたいわ。

fro minimozatofo (11)

忌々しい証拠写真。私のバックパックを乗せた状態で車が発進したため、慌てた相方がガラスを手のひらで叩いたら、ごく簡単にパリと割れてしまった。グーじゃないよ、パーでだよ?

ガラスは元からひびが入っていたし、保険会社の人も「その場合相手にも過失がある」と即答してきたぐらいで、100%のこちらが加害者になるはずがないことは明らかだった。
しかし賄賂がまかり通るこの国ではそんな簡単なジャッジでさえ正確には下されることはない。
何度も正義は勝つに決まっているとたかをくくっていたし、いつだって常識や判例や善意や情けに守られ生きてきた日本人の私にとっては、自分の父親ほども年の離れた男が不当に金銭を要求してくること自体が信じられず、言葉を失った。心底幼稚で未熟な後進国と呼びたかった。

fro minimozatofo (8)

3日目にして初めて見た海。
もしもあの事件が起きていなかったら、この海がこんなに美しく見えることはなかっただろう。

ってことにしておきます。



fro minimozatofo (7)


fro minimozatofo (6)


fro minimozatofo (5)


fro minimozatof

全て終わってビーチで飲むビールは格別。

fro minimozatofo2 (1)

お、ヒトが落ちてる、喰っちゃおうぜ

fro minimozajun (5)

海が怖いジュニア、ママに強制連行されて

fro minimozajun

絶叫。

fro minimozajun (1)

逃走。

fro minimozajun (3)

もう、やんなっちゃう。

fro minimozajun (4)

ママっ子だけど、それだけはかんべん。

fro minimozajun (2)

やっぱ海は見るに限るね。


究極の末っ子ママボーイ、ジュニアは若干二歳半で「Sxxt!」連発。でもこれはママの口癖なんだよね。ママは使うなって怒るけど。

fro minimozatofo (1)

たまたま通りかかって、ポルトガル語の通訳をしてもらっているうちに部屋まで貸してくれ、結局最後まで私たちの面倒を見てくれたニナ。正義感が強く、汚職警察にも一生懸命事態を説明してくれたにもかかわらず、最後には署長にまで「身内(彼女の旦那さんは韓国人)を助けるため嘘を言っているんじゃないのか?」とまで言われてしまい、本当につらい思いをさせてしまったと思う。それでも最後まで私たちの味方でいてくれたニナは、本当に女神のような存在だった。


fro minimozatofo2

陽気でビール好きなニナとの食事は楽しく、いやなことをちょっとだけ忘れさせてくれる。
最後にこんなことがあってニナが嫌がらせをうけないか心配だと話すと、「大丈夫!私有名だから誰も私に手出しなんてできないわ!」と笑っていた。
彼女のこの強さに私たちは何度も励まされてきたんだと思う。

fro minimozatofo2 (2)

母は偉大なり。きみは早く保育園に行って社会の荒波にもまれてきなさい。

fro minimozafood2

ニナの手料理。お豆と海老のカレー。
父親がインド人だけあり、マサラの扱いもお手の物。
出前一丁やキンパブもどきもおいしかったな。

fro minimozatofo (12)

泊めてもらっていた部屋。完成したらゲストハウスとして外国人ツーリストに貸し出す予定だとか。
名前は「ジュニアハウス」で、いつかロンプラに載る予定!?
「でも何かあっても絶対TOFOの警察は信用しない!」

fro minimozatofo (4)

警察署に通ったイニャンバネの町。

fro minimozatofo (3)


fro minimozatofo (2)


fro minimozatofo

ジュニアの友達アレックスのお父さんが作ってくれた風車。南ア育ちでMP3やゲーム機に慣れているジュニアは見向きもしない。せっかく作ってくれたのに壊して捨てちゃった。


TOFO最後の日には本来の目的であったジンベイザメとスイミングも達成でき、本当にもうおなかいっぱいのTOFO滞在でした。
あの時は大変だったけど、思った通り終わってみれば事件よりもニナという素晴らしい女性との出会いのほうが忘れえぬ貴重な体験だったよね??

| Mozambiqueモザンビーク | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HARARE

インフレじゃなかったらすごくステキな町、ハラレ
ナイロビ以来の大都会でおのぼりさん気分

fro minizinbabwe (47)


fro minizinbabwe (44)


fro minizinbabwe (43)



fro minizinbabwe (72)


fro minizinbabwe (67)


fro minizinbabwe (56)

ハラレ銀座

fro minizinbabwe (52)


fro minizinbabwe (51)


fro minizinbabwe (48)



| Zimbabwe ジンバブエ | 04:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はーこれがインフレかー。

インフレを見にジンバブエにいってきました。

fro minizinbabwe (62)

みんな札束をもっておかいもの。

fro minizinbabwe (60)

スーパーにモノがない
砂糖をもとめて町に行列ができていた

fro minizinbabwe (53)

モノがない。

fro minizinbabwe (42)

デニッシュ1こ 2,500,000Z$なり。

fro minizinbabwe (41)

お札に期間現定

fro minizinbabwe (37)

なぜか250000札と750000札がある。めっちゃつかいずらいんですけど。

fro minizinbabwe (36)

インフレとはまったく関係ないけど、なんでパッチンがついてるのにその下のところをくっつけちゃうんだろう。アフリカのふしぎ。

fro minizinbabwe (19)

ハラレ以外ではたべものも種類がすくなくこまった。
これはメイズいりケーキ。粉が手にはいらないらしい。

fro minizinbabwe (20)

まずいとうもろこしのポップコーン。みんなこればかりたべていた。

| Zimbabwe ジンバブエ | 04:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラワヨからハラレへ 

 
fro minibrawayo (3)

ジンバブエ第二の都市、ブラワヨ。昨日夜着いたときには人っ子ひとりおらず、弁当箱ひとつがころころーっと転がっていただけのなんとも寂しい町だったが、実はかなり大きくきれいに区画整備された近代都市だった。ダルエス以来の大都市。

fro minibrawayo (1)


fro minibrawayo (2)

ブラワヨからハラレへの道ではバオバブを見ることができる。


fro minibrawayo (4)

無事に着くといいな。

fro minibrawayo (5)


fro minibrawayo (6)

やっぱり故障

| Zimbabwe ジンバブエ | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上から下からビクトリアの滝三昧

①ザンビア側でびしょびしょになって滝を体感
fro minivictaki (5)


fro minivictaki (6)


fro minivictaki (7)


fro minivictaki (8)


fro minivictaki


②歩いて国境を渡ります。
fro minivictaki (4)


fro minivictaki (1)

③中間地帯でバンジージャンプ中の人を発見。

fro minivictaki (2)

むりむり。

fro minivictaki (3)

③ここからジンバブエ。
中間地帯、しかも橋の上。国家の軍事機密ポイント?で写真とりまくり。
さすがアフリカ。

fro minivictakiheli (1)

④じゃぁちょっと行ってきます。

fro minivictakiheli (2)

まかせたよ。
初ヘリコプター。

fro minivictakiheli (4)

ザンベジ川に感無量。

fro minivictakiheli (5)


fro minivictakiheli (17)

滝のしぶきが見えてきた。

fro minivictakiheli (16)


fro minivictakiheli (15)


fro minivictakiheli (14)


fro minivictakiheli (13)


fro minivictakiheli (11)

虹がかかっているところに橋があり、ザンビア側でびしょびしょになって歩いた場所。

fro minivictakiheli (10)

お値段95USD+空の国立公園入場料5USD、

fro minivictakiheli (7)

プライスレスー!!!

fro minivictakiheli (6)

「緑の海」と呼ぶ人もいれば、「ごはんですよを敷いたみたい」と呼ぶ人もいる、
ジンバブエの広大な大地。

fro minivictakiheli (18)

夢のような15分でした。
感無量。

| Zimbabwe ジンバブエ | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

センガベイの街角で

マラウィといえばンカタベイが有名だが、ここはリロングウェから一番近いマラウィ湖畔で、ツーリストは皆無。のんびりしながらすれていない地元の子供とたわむれにはなかなかいい場所でした。

fro minimalawisenga (4)

センガベイの小さな食堂。メニューはあるけど、おいてあるのは毎日1品のみ。

fro minimalawisenga (3)


fro minimalawisenga (2)

マーケット

fro minimalawisenga (1)


fro minimalawischool

小学校。生徒数が多すぎるためか、屋外で授業しているクラスもあった。

fro minimalawischool (1)


fro minimalawihouse (3)

小学校の校庭で。地引網の整備中。

fro minimalawilake (6)

マラウィ湖

fro minimalawilake (5)

雨季のため、透明度はあまりよくない。

fro minimalawilake (4)


fro minimalawilake (3)

地引網中。1時間ぐらいかけて網を引いていく。

fro minimalawilake (1)

収穫。この作業を一日5回ほど繰り返す。

fro minimalawilake (2)

湖畔の泥でなべを洗っていた

fro minimalawilake

湖畔の漁村。魚の煮干を作っているため、すごくくさい。

fro minimalawilake (10)

掘っ立て小屋の並ぶスラムのような漁村には、商店・食堂・チャイ屋などが並ぶ小さな商店街ができあがっていた。なんでもこのあたりなら数千円で一軒家を立てられるだけの土地が買えるらしい。しかし飲み水は地元のインド人が所有するポンプから汲んでいるらしく、各家庭はそれぞれ毎月20ドル程度の水道料を支払っているのだといっていた。日本とほぼ同額。漁村の裏にどぶ川があり、これを飲んでいるのかと思っていたがそうではないらしい。それを聞いて安心したので漁村のチャイ屋で一休み。

fro minimalawilake (9)

三石かまど発見!炭を炊くためのかまどすらないこの漁村ではどこも三石かまどが大活躍。石を3つ置くだけで煮炊きできるなんて、見ればみるほどよくできたやつです。

fro minimalawilake (8)

宿の灰皿に和のかおり。

fro minimalawilake (7)

白人のおばちゃんが若い地元の男と結婚し作った孤児院。そこまでは別に何も言うまい。そこまでは。

| Malawi マラウィ | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マラウィのお宅拝見

主にセンガベイで見つけた家屋の写真を集めてみました。
簡素ながらも軒先はきれいに掃除されていて、植物を植える家庭が多く清潔感があった。

fro minimalawihouse


fro minimalawihouse (6)


fro minimalawihouse (5)


fro minimalawihouse (4)



fro minimalawihouse (2)


fro minimalawihouse (1)


fro minimalawihous


fro minimalawihou

マラウィ以降、ザンビア、ジンバブエあたりの田舎はいまだこういった簡素な家が多い。

fro minimarawihouse (2)

| Malawi マラウィ | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界で自炊中。

最近物価が高い国が多いので自炊に凝ってます。


fro mininamibiawind (2)

干しえびと干した貝でダシをとったお醤油味のリゾット。
相棒の自信作。
ナミビアにて

fro mininamibiafood

ジョバーグの中華街で仕入れてきたゴールデンカレー
スーパーにカット野菜セットが売っていたのでそのまま使ってみました。
ばらばらに買うより安いし種類も多いので○
ウイントフックにて

fro minimozafood (3)

マシシェのマーケットで購入した海老を使ったトマトスパ。
TOFO NINA宅

fro minimozafood (2)

海老の殻でダシをとったスープ。日本人にはこの磯くささがたまらないのですが、外国人のNINA用に長ネギを入れてくさみを減らしてみました。

fro minimozafood (1)


fro minimozafood2 (3)

TOFOでゲットしたとりたての鯛。身がしまっててプリプリ。
がんばってさばいてみました。

fro minimozafood2 (5)

これは私の自信作、鯛のあらのお吸い物。
本当は煮付けにしたかったけど、甘辛い料理はニナには難しいかもと思ってスープに変更。しょうがとねぎとしょうゆで臭みをとって、ほんの少しお砂糖を入れてみました。ジュニアがすごく気に入ってくれてよかった。

fro minimozafood2 (6)

お刺身を自分で作って食べたのは初めてだし、包丁もないから惨殺現場みたいになってしまったけどなんとか形になりました。
素晴らしいことにニナのお宅にわさびと醤油があったので完璧なお刺身を堪能することができました。

fro minimozafood2 (4)

あまった皮を炭火焼。日本人にしか分かるまい。
日本酒ください。









| アフリカのご飯 | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マラウィのお食事

タンザニアでマトケとウガリにお別れを言ってきたつもりが、相変わらずウガリは健在。
それどころかチップスとチキンとビーフシチューしか選択肢がないのも相変わらず。
いよいよ肉を受付けなくなったとき食べたビーフシチュービーフ無しは、ビーフストックを水で溶いた味だった。
私が泊まっていたリロングウェのクリスタルロッジ周辺にはレストランらしいレストランはほとんどなく、店という店が閉まってしまう日曜日の午後には食パンをかじっていた気がする。


あ。でもマラウィはアフリカで唯一カールスバーグの工場があるらしく、それだけは安くておいしかったです。


fro minifoodmalawi

マラウィ式フライドポテト店。
後ろにポテトの皮が散乱していた。めっちゃ汚いけどほかに選択肢もないし、気にしなーい。

fro minimalawisenga

ピリピリ(このあたり一帯の言葉で唐辛子のこと)
マラウィのものはまんまるな形だった。

fro minimalawisenga (5)

センガベイのお茶屋。
出がらしの茶葉を使って自分でお湯を注ぐ。
このプラスチックカップがまずさに拍車をかける

fro minifoodmalaw

油がこんなのに入ってた。
センガベイの市場で。



| アフリカのご飯 | 05:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「アフリカのあったかハート」

マラウィのキャッチフレーズです。
旅行者は皆口をそろえて「マラウィは何にもないけど人がいいよ!」といいます。

深夜のバスターミナルでおびえつつトイレを探してうろうろしていたときに助けてくれた少年たち。
小さな塩を入れる筒を作ってくれたゆでたまご売りのおにいさん。
おつりが無いときに「ちょっと待ってて!」と商売道具のアボカドを全部私に託しておつりを工面しにいってしまったおじさん。
屈託のない笑顔でカメラを見つめる子供たち。

確かにマラウィではいらいらすることもなく穏やかに人々とのふれあいを楽しむことができました。
でもそれは別にマラウィに限ったことではないと思う。いや、親切な人ならアフリカ中どこにだって沢山いたし、どこでだって素直で朗らかな人たちに出会えるのがアフリカのいいところ。何にもないど田舎で地元の人に遊んでもらうことが一番楽しい!と言っていた旅人がいましたが、マラウィはそもそも何もないから、ここを訪れた旅人は地元の人と触れ合った記憶だけを思い出にこの国を離れていくのかもしれません。



写真はセンガベイの子供たち。木陰に座ってお店や景色を撮っているところへ集まってきた子供達。実はちょっと作戦だったりする。

fro minimalawichildren (15)


fro minimalawichildren (18)


fro minimalawichildren (17)


fro minimalawichildren (21)


fro minimalawichildren (20)


fro minimalawichildren (16)


fro minimalawichildren (19)


fro minimalawichildren (13)


fro minimalawichildren (14)


fro minimalawichildren (12)


fro minimalawichildren


fro minimalawichildren (24)


fro minimalawichildren (23)


fro minimalawichildren (22)


fro minimalawichildren (11)


fro minimalawichildren (9)


fro minimalawichildren (8)


fro minimalawichildren (7)


fro minimalawichildren (6)


fro minimalawichildren (10)


fro minimalawichildren (5)


fro minimalawichildren (4)


fro minimalawichildren (1)

センガベイの小学校。
このままだと学校中の子供が集まってきてしまいそうな勢いだったので、この辺で撤収・・・

fro minimalawichildren (3)


fro minimalawichildren (2)


fro minimalawichilde


fro minimalawichilde (1)




センガベイにて 2008/02

| Malawi マラウィ | 04:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マラウィへ

malaibus.jpg

ろうそくと蛍の光だけが浮かび上がるマラウィの田舎道を走ること一晩。国境で乗ったリロングウェ行き夜行バスは無事翌朝道端にて故障し、払い戻しされることもなくローカルバスに乗り換え再度リロングウェを目指す。

fro minimalawililongwe (4)

昼ごろやっとリロングウェのバスターミナルに到着。ここが一国の首都のバスターミナルなのに、舗装もされていなかった。リロングウェ、私の見たアフリカの中では最強にしょぼい首都だった・・・
Lilongwe

fro minimalawililongwe

荷物が多すぎるアフリカ人の移動。トランクが閉まらないのはもうあたりまえで、こうやって紐でむりやり扉を閉めて使っていた。
タンザニア以降、ミニバスは常にパンク状態で乗客を集めていく。ハイエースに最大24人乗っていたこともあった。タンザニアは立ち席前提で天井が高いダラダラ(ミニバス)が主流だったし、フロントの席の後ろのでっぱりにも人を乗せ、足元には荷物がびっしり、誰かの脇の下に頭がはさまりひたすら2時間耐えたこともあった。

fro minimalawililong

魚!?

fro minimalawililongwe (2)

旧市街と新市街を結ぶ橋のあたり。スラムが近くにあり、この橋は強盗スポットととして有名らしい。

fro minimalawililongwe (1)

リロングウェ郊外。工場を見るとびっくりしてしまう。

fro minimalawiroa (1)

マラウィはたぼこが主要産業の一つ。畑は大抵たばこかとうもろこしのどちらかだった。

fro minimalawinuno

東アフリカ全域で見られる布。このまま腰巻にしたり、ワンピースに仕立てたりして使う。日本人にはどぎつい色でもアフリカの女性が着るとよく似合うから不思議。

fro minimalawinuno (3)


fro minimalawinuno (1)


fro minimalawinotebook

小学生のノート。

fro minimalawifood


fro minimalawifood (1)


| Malawi マラウィ | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT