世界一周トラベリングソング。

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サピ島でシュノーケル 魚に食われそうになった

2日目はホテルの桟橋からボートに乗ってサピ島へ。

そういえば、出発前天気予報を見ていたら、7月のコタキナバルは前日雨のマーク!!!
ベストシーズンのはずなのになぜ!?
と思ってたら、ただのスコールでした^^
雨は毎日降ったものの、すぐに止みます。
海で泳ぐならお昼過ぎくらいまで、キナバルに行くなら朝超早くからがいいみたい。
毎日山を見ていましたが、大体10時くらいから雲がかかりだし、お昼には雲の中に消えてしまいました。

CIMG3470.jpg
この日海は波がほとんどなし。
天気はややどんより。
海と空がほとんど同じ色になっていました。結構珍しい光景かも!

CIMG3475.jpg
これがサピ島。


CIMG3478.jpg


CIMG3485.jpg


CIMG3479.jpg
桟橋には魚がいっぱい!



CIMG3514.jpg



CIMG3482.jpg



CIMG3507.jpg
珊瑚はほとんど死んでいる感じ。
生きてる珊瑚まではちょっと距離があるので、慣れている人でもフィン必須。

遊泳ライン?は二本あって、一本目のあたりから少し海底の景色が変わりました。
でも、このあたりで人が流されて亡くなったと聞いていたので、1本目のラインは超えず。
レンジャーによると、1本目のラインの先まで行くとニモに会えるのだとか。
ベリーベリーラッキーだったら海がめにも会えるとか。
(ボーダーラインは二本目までだそう)

とにかく観光客が多く、海はゴミだらけ!透明度もそれほどよくはありません。
天気がよければ少しはいいかも・・・

観光客がバラバラとえさを振りまくので、魚だけはうようよいました。
島で1リンギで売っているペットボトルにパンが入ったものが便利。
水中にそのまま入れて、ペットボトルを握るとちょっとずつパンが出てきて、お魚が目の前でパンをつんつくしてくれるのです★
その量ったらもう。
『パンをやっている人にむらがる魚の大群』観察のほうがもっとおもしろかった。

魚たちがあまりにもアグレッシブだったので、母は恐怖すら覚えたとか・・・

シュノーケリング初体験の母は最初はビクビクしていましたが、エントランスでライフジャケットを借り、安全地帯を確保して一人黙々と水中の世界を堪能していたようでした。



CIMG3500.jpg
日差しが差してくると、浅瀬はまぁまぁ南国風になる。


CIMG3486.jpg
日本からビニールシートを持参☆ちょっぴり節約。



CIMG3489.jpg
大抵のものは売っていて、値段もそんなに高くありません。
トイレもシャワーもあって便利。


CIMG3491.jpg
有名なイグアナどんも登場。
あれこれ忙しい島なのです。


10時発のボートで着いたときにはまだあまり人はいませんでした。
お昼頃がピークで、大体3時には皆帰るようです。

CIMG3525.jpg
タンジュンアルホテルの近くにある水上集落が見えました。
ガイドブックには、フィリピンからの密入国者がつくっている集落で、近づかないようにと書いてありました。

そういえば、今回お世話になった人々はほとんどがフィリピン人だった!
70年代に本当に亡命してきた人もいたし、出稼ぎで来ている子もいた。
マレーシアが出稼ぎ先になってしまうくらい、フィリピンは貧しく、仕事もないのだそう・・・
でもフィリピン人は英語が話せるからイイ!
色々と話ができたので、またあとで色々とエピソードを書きます★


CIMG3633.jpg
サピ島で見れなかったニモが空港にいました。

コタキナバル サピ島 
スポンサーサイト

| Malaysiaコタキナバル | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

るんるるんコタキナバルのリゾートホテル

こんな贅沢なホテルに泊まったのは、大学生の時行ったタイのアマリ以来じゃないだろか。
今回はおかんの退職記念&シーズンオフプライスで、どーんとランクアップしてしまったです^^

ホテルの部屋に入ったときにはおかん共々大はしゃぎしました。
ありとあらゆる箇所を写真に収めました。
タオルがある!(当たり前)
バスローブがある!!
ボディクリームがある!!
アイロンだってある!!
カサもある!!
洗濯洗剤まである!!

むきゃー!むっちゃテンション上がります!

1 (32)
セッケン皿が貝。ウィークエンドマーケットで同じものを購入しました★

長い一日で疲れたけれど、しっかりお風呂にも入って休みました。
明日の朝食楽しみだ~

yoru (7)
よく分からない飾り。

テンション高いまま就寝し、翌日・・・・

朝ごはんビュッフェ

シャングリラ系列の朝ごはんはすごいという噂を各方面から聞いていて、楽しみにしていたのだ。
それではみなさんもご一緒に
アーユーハングリー?(?)

asa.jpg


asa (2)


asa (3)
オムレツを作ってくれる人がいます!(全然上手じゃなかったけど)


asa (4)
麺をゆがいてくれる人もいます!


asa (7)
パンもたくさん。
ワッフルを焼いてくれる人までいます!


asa (5)
暑いけど外の席で朝食を。
ああ幸せ。


asa (6)
あなたも私もああ幸せ。


和食・中華・洋食・インド・マレーとありましたが、やっぱりマレー風のカレー類が一番おいしかった。
それにしても種類が多いのなんの・・・4日かけてやっと全部を一口づつ食べた感じです。
すごくおいしいって訳ではないけど、あれこれ目移りしながらの朝食は楽しいものです。
ああ、また次もシャングリラがいいわ・・・


食後はひろーいホテル内を観光♪

soto (4)
これがレストラン件フロントのあたり。
フロントは吹き抜けになっているので暑いが、南国ムードあふれていて◎


soto (2)
私たちのお部屋 キナバルウィングマウンテンビューに泊ったわけだが、
マウンテンもキナバルも見えず。
キナバル山は海から向かって左側にあるが、私たちの棟は海から向かって右。
なぜにキナバルウィング??
ちなみに海はチラチラっと見えました。


yoru (10)
キナバルキナバルとうるさい私たち。
それもそのはず、コタキナバルに来た目的はキナバル山を見るためなのだ。

レストランを出るとすぐにあこがれのキナバル山が!(標高は4000m以上なのです)
さっそくおかんは感動していた。


soto.jpg
こちらはキナバルウィングじゃない方


1 (9)
広い広い!ジョギングもできます。


1 (8)



1 (2)



1 (3)



1.jpg



1 (10)
泊り客は欧米人とアジア人が3:7くらいな気がした。
アジア人は広東語っぽいのがよく聞こえてきたのと、韓国人が多かった。
あと英語を話す中華系の人がかなりいたので、シンガポール人かしら。

リゾートだけどどこに行ってもそんなに気取らずに羽を伸ばせる感じが好印象。
しかもどのスタッフもとっても親切!タンジュンアル、かなりいい!


1 (5)
子ども向けの施設が充実。子ども向けプログラムも子どもプールもあり。
新婚旅行には若干ロマンティック度が欠けるかもしれないが、家族や友達同士の旅行には本当におすすめ。


1 (6)
こちらがプライベートビーチ
すぐ近くに水上集落があるため、泳ぐ気持ちにはなれない。
奥にあるのがスパ。
ここがなかなかきれいに整備されていて、散歩にはおすすめ。


1 (7)


1 (24)
おかん撮影。
写真にいやな顔一つしない住民に感動していた。


1 (27)
エントランスでいつも生演奏。


1 (25)
その他タンジュンアルリゾートの情報

町まではタクシーで15リンギ(フィックス)
空港までは20リンギ(逆は25リンギでFIX)
町までのシャトルバスは無くなったそう。
タンジュンアル半島の入り口に屋台村あり。ホテルからは歩いて10分くらい。
夜はちょっとだけこわい。

| Malaysiaコタキナバル | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コタキナバルに到着~タンジュンアル・リゾート

air (2)
コタキナバルまでは直行便もありますが、私たちはKL乗り継ぎ。丸一日の大移動です。KLで結構時間があるなら、国内線ターミナルへは行かず、国際線ターミナルでお買い物がおすすめ。免税店だけでなく、普通のふく屋さんや靴屋さんがたっくさん入っているのです★

air.jpg
ちなみに国内線ターミナルは何にもありませぬ。免税店と、ちょっとした軽食のお店くらい。
新生銀行も使えるATMは両方のターミナルにありました。

CIMG2271.jpg
そんなことは知らず、とっとと国内線ターミナルへ移動してしまった私たち。何もやることがなくてびっくりしました。
さっそくお金を下ろして、マレーシア初のごはん。
マンゴージュースがおいしいと聞いていたので注文してみたら、ただの加糖ジュース・・・
ジュースは1日一本だけって決めてるのに、早速痛恨のミス!(泣)

CIMG2273.jpg
おなじみお祈りルーム。
おかんにとっては早速衝撃!
マレーシアという土地柄、多種多様な人種がひしめいていることにも随分驚いているようだった。

そして20時頃のフライトでコタキナバルへ。
今回はHISのホテルと航空券のセットで予約してあるので、空港まで迎えが来ると聞いている。

そこでインドに行きすぎの私は考えた。

『もし、HISじゃない人に騙されてちがう車に乗せられたらどうしよう・・・』

『本当のHISの人が持っている名前のカードを見ていたら、偽者だろうと私たちの名前を知っているはずだ。そしたらどうやって識別すればいいんだ・・・』

日本人が来てくれていたらいいんだけど。




案の定。来ていたのはマレーシア人。

人相悪し。

変なコピーのきれっぱしに我々の名前をメモっている。
あきらかにちょっとメモった感。

しかし、他に日本人らしい人も、またHISらしきプラカードも見当たらない。
あたふたしているうちにちゃっかりとバンに乗せられる私たち。
バンには手書きっぽい感じのHISの文字...
ちょっと待て。HISのイメージカラーは青じゃないのか!?

この手書きカー、みどりー!!!!


『ワタシ、カールさん、カールおじさんね グヘヘヘヘ』
・・・こ、この種のジョーク、怪しすぎる!!!!!


深夜23時。
内心バクバクの私と、そんな危険のキの字も感じていない母を乗せた手書きカーは、闇夜のコタキナバルに向けて走り出した。
果たして我々の運命はいかに!?






























yoru (6)
ワオ!!!

yoru (3)
アオ!

yoru (4)
キャー。

1 (31)
ワンダフル!

1 (30)
スペクタクル!

1 (33)
ファンタジー!

yoru (5)
ウェルカム真夏の楽園!!!!!!




カールさん(HISの人相の悪いお兄さん)はいいました。
『コレ、ナマコセッケンネ、オミヤゲー』

HISのツアーに申し込むともれなくついてくるなまこ石鹸。
おぬし、さてはホンモノだな!?

んなわけで、我々は無事今回のお宿、シャングリラ系列のタンジュンアルリゾートホテルに到着したのでした。

ワオ!

| Malaysiaコタキナバル | 16:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガイコクに行こう!

CIMG3415.jpg
これこれ、この飛行機会社ははじめてです。

CIMG3417.jpg
これこれ、こんなんついてます。
ななななんと、内線電話がついています!ちょっと先の席の人と、席を立たずに話せるのです!!!
しかも!!カードをピっと通せば、機上から国際電話も!
え??そんなん常識?

あたい、はじめて。

そんな私が見た映画は『パイレーツオブカリビアン』
ええ、はじめて見ましたが、何か?


CIMG3420.jpg
結晶がこびりついてました。こんなんも見たことないかもー。

CIMG3418.jpg
おおお!よく見るとハートマークが!!!!


まぁ 何もなくて今にいたりますが。


そんな感じで久々に旅行記らしいものをやります。
とっても充実のコタキナバル&ブルネイ4泊6日の旅、乞うご期待~♪

| Malaysiaコタキナバル | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西日本の旅

仕事で広島の山奥に行ったついでに、大阪で途中下車、ずっとあいたかった人たちに会いにいきました♪
CIMG3923.jpg
これが職場・・・。

CIMG3925.jpg
山。

CIMG3926.jpg

CIMG3931.jpg
こんなめずらしい形のおうちが沢山ありました。

CIMG3932.jpg
雪深いのかしら。

CIMG3933.jpg

CIMG3934.jpg
ピックアップの運転手も仕事のいっかん。

CIMG3935.jpg
偶然にもそんな広島の奥地をよくご存知のご夫婦宅を訪問。
奥様のMちゃんは10年前ぶりの再会。10年前、大学を休学していたときにカルカッタのマリアで出会い、ボランティアをしていた女の子。10年ぶりで顔は分からないわ、名前は間違うわで一瞬初対面の人に会っているようでしたが、すぐにあの時のことを思い出して、忘れてたことまで思い出して、昔の記憶を共有している人と思い出話をするのはなかなか楽しいものだと思いました。旦那様にも本当にお世話になってしまい、どうもありがとうございます!初めて泊まる家で11時半まで爆睡してすみません・・・
再会できて本当によかった!!!
沢山ご馳走も作ってもらっちゃいました^^


CIMG3937.jpg
山口のかわらそばというらしい。おそばに焦げ目をつけた変わった1品。
普段もてなす側ばかりだけど、こうやって誰かの手料理を食べるのはなかなかよいものですね。
みなさん、もっと私にご飯をつくってください。

翌日は大阪で大学の同級生とお茶をし、大阪を案内してもらいました。
CIMG3939.jpg
生まれてはじめて。

CIMG3940.jpg
こっちもはじめて。
道頓堀も梅田も御堂すじもはじめて。
なかなか充実したひと時をすごせました。
obaさん、今度は東京で同窓会やろうね!どうもありがと~

夜は昨年帰国の船(鑑真号)で乗り合わせたガキちゃんと、こちらも1年ぶりの再会。ガキちゃんは相変わらず不思議な魅力に溢れていた。
ガキちゃんのとんでもないチベット冒険記、おすすめです。
ところでガキちゃん、あのせんべい、固くて歯が折れそうです・・・


Mちゃんもガキちゃんも、もっと近くにすんでいたらいいのにね。大阪は遠かったよ。
でも、遠くに住んでいるからこそ、はぐくまれる何かもあるのかもしれないね。

皆様、また会いましょう★

| 2012 広島 | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。