世界一周トラベリングソング。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイの洪水と列車の旅。

タイ3日目の朝は、スーツケースに入れてきたバックパックを背負って移動します。
スーツケースはミラマーホテルが預かってくれました^^

PA300189.jpg

電車まで時間があったので、船でワットアルンに行きました。
おとんもおかんも、バックパッカー姿にご満悦でした。(笑)



PA300213.jpg

この時(10月30日)はチャオプラヤー川の水位が限界ぎりぎりまで上がっていて、あとちょっとで溢れそうな状況でした。(実際溢れていたのかも)



PA300215.jpg

ワットポーに隣接する桟橋近くは浸水中。



PA300221.jpg



PA300220.jpg

この店は浸水している中で営業中。そしてこのガイジンは浸水の中買い物中。
おかんがカメラを向けたらポーズをとってくれました。



PA300174.jpg

花市場近くのよくいくセブンも土嚢で浸水対策。



PA300231.jpg

ホワランポーンからアユタヤに向かいます。



PA300232.jpg

エクスプレス内。たった1時間ちょいなのに、なんと300Bもしました。ちょっと目をうたがった・・・だって、ローカルなら多分50Bぐらいだよね?



PA300236.jpg

エクスプレスは外がとても見ずらい。。。
そして、テーブルが斜めっている・・・水を配ってくれるんですが、置けません。



PA300237.jpg

途中の村は大洪水中でした。



PA300246.jpg

バングラデシュのハオルみたい!!!

なんでも、1日前はアユタヤも水で埋まっていて観光どころではなかったとか・・・



PA300248.jpg

アユタヤまで、なんとか列車は走ってくれました。



PA300251.jpg

おつかれさまー。



PA300259.jpg

こちら、アユタヤ駅からすぐにある川。もう、限界スレスレ。アユタヤは土嚢だらけでした。



PA300254.jpg

あーあ。
スポンサーサイト

| Thaiタイチェンマイ | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バナナパンケーキって、このこと。

10年前カオサンではじめてこれ食べたとき、衝撃を受けた。
だからおかんをカオサンに連れていって、食べさせてみました。

PA290091.jpg

バナナパンケーキタイスタイル。
ダイエット中のおかんとあたいはチョコ無しだが、これにチョコをかけると、もう最強。
ほのかな苦味がまた合うんだな。


PA290114_20101126084718.jpg

ところ変わって中華街。
豪華にシーフード屋台で食べてみました。
これはイカのすっぱくて辛いスープ。こんなにイカばかり乗っていても・・・


PA290116.jpg

これはとことんタイスタイル。
生のわけぎがなんともワイルドなシーフードサラダ。
味は甘くてすっぱくて、そして激辛。
もう少し唐辛子が少なかったら、本当にいいおつまみ。


PA290118.jpg

にんにくがごろりと入った空芯菜炒め。こういう炒め物は間違いない!ビールがよくすすみます。


PA290033.jpg

こちらはバンコクのミラマーホテルの朝食。
このお粥におかん一目ぼれ。しっかりと塩味がついているお粥に、肉のつみれが入っています。
そこに生姜を入れるのがおかんのお気に入り。
私はパクチーなど薬味と胡椒、そして後半に酢を入れるのが好き。


PA290032.jpg

種類は多くないけど、味はなかなかよかったミラマーの朝食ビュッフェ。
特に目玉焼きが絶品。目玉焼きにうまいもヘタもないと思ったあなた!あるんですよ!ここに絶品が!!


PA300234.jpg

アユタヤ行きのエクスプレスの中で出たごはん。
前もブログで書いたが、タイの列車のお弁当はごはんとの割合が変なんです。
でも、おかずはいつもおいしい!おかんもこれには驚いていました。この日は鶏のひき肉にたけのこの炒め。


PA310459.jpg

こちらは寝台列車の食堂車の朝食。
シンプルね。
思いの他列車が遅れ、朝食を何も持ってきていなかったので食べてみました。
タイで食べる洋風な朝食がなぜかとても好きです。多分、そののんびりとした朝の雰囲気が好きなのかも。
あと、卵焼きをあまい食パンにのせてぺろりと食べるのが、まるでシータとバズーが洞窟の中でパンとたまごを分け合って食べるシーンみたいで好きです。マニアックですみません。

とにかく食堂車で食べるご飯は格別!
お金がかかってもこれだけはやっておきたいことです^^


PA310461.jpg

食堂車の胡椒。薬みたい!

| 東南アジアのご飯 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

写経。

今流行りの写経に挑戦。気軽に楽しめる鎌倉のとあるお寺に行って参りました。
ここんとこ和テイストが流行っているためか、女子の多いこと・・・

なんでしょうね。別に何を見たわけでもないし、メディアの影響を受けているとは思えないんだけど、なぜか私も最近神社仏閣がやたら気になるんです。下町巡りも楽しいし、最近昭和っぽい喫茶店が妙に気になる!!ステンドグラスのランプシェイドのある感じの。着物もいいなぁと。

世間はあれほど羨望の眼差しを注いできた欧米文化にいよいよ飽きてきたんですかね。これってもしかしてナショナリズム?

CIMG4277.jpg

硯で墨をするなんて20年ぶりぐらいよね??
手ごたえのない作業が妙に心地よかったりして。
しかしいきなり筆ですらすら書けるわけもなく、あえなく筆ペンに変更。


CIMG4278.jpg

だんだん上手になってきたが、書くのに一生懸命で、精神統一どころではない。



CIMG4284.jpg

Pさんも真剣。



CIMG4280.jpg


こちらうめっこは写仏。これはこれでおもしろそう・・・



CIMG4305.jpg

写教室の横にあった洞窟に、小さい仏様がいっぱいいた。こういうのってアジアン仏教よね。



CIMG4308.jpg

日本にもいた、へん系なおじぞうさま。今流行りのゆるキャラ?



CIMG4320.jpg


写経のあとは、大仏見物。小学校の修学旅行もココ。
その時身代わり大仏を母へのお土産で買ったのですが、後日母親が事故を起こしたとき、その身代わりさんの頭が欠けたといういう・・・今はもう売ってないみたい。あのときはありがとうございます。


CIMG4325.jpg

待ち受けにしてみました。慣れるとごく当たり前になってしまうんですが、偶然見た人はびっくりするだろうな。



CIMG4314.jpg

近くにあったかわいいカフェで、タコライス的な何か。



CIMG4311.jpg

続いて長谷寺。とてもいい天気。



CIMG4329.jpg

まだまだ時間があったので、江ノ電で江ノ島へ。



CIMG4339.jpg

江ノ島・鎌倉はディズニーランドの次によく行くが、プチ旅行気分を味わうのにはちょうどよい。



CIMG4333.jpg



CIMG4338.jpg



CIMG4340.jpg

くぐってみました。



CIMG4344.jpg



CIMG4362.jpg

台風のあとで、海が荒れて船はお休み。


CIMG4354.jpg

火サスのテーマが聞こえてきます。


CIMG4348.jpg

神様来ちゃうよ。



CIMG4377.jpg

〆はしらす丼セット。しらすてんこんもりでした。

CIMG4378.jpg

寒くなったらぶり大根。






| 都内近郊の旅 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

谷根千散歩

谷根千知ってる??あたい知らなかった。

この間、千駄木に用事があって行くのに地下鉄3本乗換えて銀座だかどこかを経由して行ったんですが、実は浅草の我が家から自転車で20分程度だと知りびっくり。上野公園からすぐだったなんて、キツネにつままれたような気分。

で、その時結構いい雰囲気だな~と思っていたら、千駄木・谷中・根津あたりは下町散歩コースとして有名なのだそう。
今日会社だと思ったら祝日だったので(出勤する5分前、みのもんたに言われるまで気づかなかった!!!)自転車で乗って行ってきました。

しかし、考えてみれば祝日を待ち焦がれなる必要がないなんて、幸せな話だよね。



PB230122.jpg

上野公園入り口を過ぎ、上野動物園に挟まれている道をまっすぐ行って、谷中墓地へ。
墓地なんだけど、なんか妙にさわやかな通り。観光客も多かった。


PB230124.jpg

谷中銀座という有名な商店街。
あちらこちらにコロッケ屋さんがあり、みんなそれを食べながら歩いていた。
どこの店にも芸能人が来たという触書があり、一体どこが一番有名なのか分からず・・・


PB230127.jpg

こんな感じ。みんなが食べ歩いていると、ついつい私も何か買ってみたくなってしまうので。


PB230130.jpg

ネコのしっぽドーナツを買ってみました。ネーミングがネコの種類なのがかわいい。なんでもこの界隈、ネコが多いことで有名らしい。


PB230129.jpg

商店街の看板はみんなこんな感じで統一されていてかわいかった。


PB230128.jpg

根津神社に行こうと思ったけど、見当たらず、気づいたら上野公園に帰ってきてしまっていたのでそのまま公園内を散歩。


PB230138.jpg

銀杏が黄色できれい。都会のオアシスやー。


PB230141.jpg

ずっと撮ろうと思っていた作りかけの新東京タワー。
もっと近くで撮りたくなったので、隅田川まで行くことにした。


PB230161.jpg

この新タワーも、いつか3丁目の夕日になるのかもしれない。
もしこれが新宿だったらそうは思わないかもしれないけど、なんせここいらは下町。まだまだ昭和のかほりが沢山残っているので、変わり行く姿に哀愁を感じずにはいられません。


PB230157.jpg

ニューカメラさんの設定は『はっきりカラー』。
随分赤が水増しされている・・・


PB230148.jpg

こちら、ミニチュアアート風機能。ターゲットが悪いな。


PB230145.jpg

いつの日か、過去の思い出となる日が来るのでしょうか。


PB230154.jpg

空がキレイ。



PB230152.jpg

青も随分水増しされたなぁ。
まぁ、キレイだからいいか。









| 都内近郊の旅 | 21:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うだつってなんだ。美濃市女子旅

出張ついでに岐阜県美濃市なるところへ小旅行。
仕事先の近くで何かいいところがないかな~と調べていたら、なにやら『うだつのある町並み』とやらがあるらしく。
うだつって何?と思いつつ、古い町並みに惹かれていざ単線列車でゴー。

PB210033.jpg



PB210066.jpg

紅葉の山々が素敵でした。



PB210063.jpg

市ですが、



PB210067.jpg

なつかしの地下道!!!



PB210070.jpg

駅もこんなに昭和スタイルなんです。



PB210076.jpg

いざ『うだつ』の町並みへ



PB210094.jpg




PB210089.jpg
なかなか趣のあるお宅が沢山残っています。




PB210097.jpg




PB210086.jpg




PB210100.jpg

ふむふむ・・・この立派な邸宅は、和紙で設けた豪商のものだったらしい。
どうりで和紙のランプ、和紙の店が多いはずだ。




PB210074.jpg

和紙ののれんのあるお店。



PB210077.jpg

各家庭全ての電気の機械みたいなのを和紙で覆っている。



PB210087.jpg

貼り絵みたいでかわいい



PB210072.jpg




PB210073.jpg

こういうものを軒先に放置しても盗まれない日本はすごい。
ヨーロッパでも皆軒先のデコレーションを大切にしていたけど、こうして町ぐるみで協力し合って観光地を築いていくのは素敵なことだ。



PB210090.jpg

この家は素で昭和レトロなのか・・・新聞受けが素敵すぎる。



PB210078.jpg

ちなみに本日はパナのパンケーキレンズ一本のみ持参。
デジカメに慣れていると、寄ったりできないから多少不便を感じますが、国内旅行ならこれ1本で十分だな。



PB210081.jpg

お寺の銀杏が黄金色。きれいだなぁ



PB210079.jpg




PB210118.jpg




PB210098.jpg

酒屋の誘惑に負けそうになりつつ・・・



PB210103.jpg

和紙アートミュージアムへ



PB210104.jpg

和紙ってランプによく似合う素材。



PB210116.jpg

博物館がこれまたレトロ。木の階段って、最近めっきり減ったよね。



PB210110.jpg

これは写真を撮ったもの


岐阜駅行きのバスを待っている間、ふと道路標示を見たら、うだつの町並みがUDATSU STYLE STREETになっていたので、うだつは様式の名前なんだな、と勝手に納得。

その後うだつ様式が気になって、新幹線の中でパンフレットをよーくよーく見てみる。
すると、おやまぁ!
うだつというのは、日本家屋の屋根につける装飾の一種のことなんだそう!
うだつのある町・・・でうだつを見ていない私!!

あわててデジカメの画像を探して、かろうじで撮れていたのがこれ・・・


PB210088.jpg

分かりますでしょうか、真ん中の家の屋根に見える装飾。これが『うだつ』か・・・

ということは?
うだつが上がらないのうだつというのは、もしかしてこれ?
そもそもこういう装飾ができない人=貧乏な人・成功していない人をうだつも上げらない男と言ったことが大元なのでは??

帰ってウィキで調べてみたら、
『うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。』

だそう。

それにしても・・・ホームページやパンフレットにうだつについての説明が全然見当たらないということは、うだつって、常識なんですかね??


PB210051.jpg

某駅にて。電車が来ない間、トイカメラ機能で遊んでみた。何もない駅だからこそ、遊び甲斐があるというもんです。



PB210043.jpg

もう大人なのに、夢中で遊んでしまった。
カメラ、楽しいね~まだまだ皆様にお見せできるようなものはありませんが、いい趣味にできそうな予感。


-----------------------------------------------

美濃市は町は去ることながら、人がよい!!日本でそんなこと感じるなんて珍しいけど、お土産屋さんのお母さんが、何も買わずに出ていく私の背中に向かって『お気をつけて行ってらっしゃい』って言ってくれたり、観光所のお姉さんがお茶を出してくれそうになったり。
極めつけに横断歩道にて。思いのほか車の通りが激しい道で、なかなか渡れそうも無かったとき、右から来た車が止まってくれたんです。でも、対向車はずーっと先まで連なってるし、ご好意はありがたいがこりゃ渡れないなぁ~と途方に暮れていたら、なんと対向車線の車も止まってくれたのです!!!
なんと親切な方々!世界広しと言えど、たった1人の歩行者のために車が止まってくれる場所なんて、美濃市だけだと声を大にして言いたい!ええ人たちやー!!!

うだつは見れなかったけど、日本でこんな親切に触れられただけでもう十分美濃に来た甲斐があったと言うものです^^

| 2010 岐阜 美濃 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASAKUSA

PB200009.jpg




PB200024.jpg




PB200013.jpg





PB200016.jpg




PB200017.jpg




PB200014.jpg




PB200025.jpg




PB200022.jpg




PB200021.jpg




PB200010.jpg




PB200012.jpg




PB200006.jpg


いやぁ、夜でもがんばりますね!ニューカメラさまさま。







| 都内近郊の旅 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FLOWER MARKET , BANGKOK

art機能じゃなくて普通に撮ったバンコクの花市場の様子。
ここ、ミラマーホテルからも歩いて行ける距離にあっていいんだな。


PA300166.jpg



PA300129.jpg



PA300163.jpg



PA300128.jpg



PA300164.jpg



PA300156.jpg



PA300158.jpg



PA300162.jpg



PA300131.jpg



PA300172.jpg

| Thaiタイチェンマイ | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

眠らないまち。

PA290095.jpg

soi kaosan



PA290096.jpg




PA290092.jpg




PA290094.jpg




PA290101.jpg

お寺の裏はすっかり変わってしまった。
このあたりのマッサージ屋さんは安くて上手。



PA290090.jpg

カオサンの屋台。




PA290085.jpg

トゥクトゥクに乗ってどこに行こう。




PA290107.jpg

ヤワラーで晩御飯。



PA290114.jpg




PA290108.jpg




PA300178.jpg

寝てる時間がもったいないね。


| Thaiタイチェンマイ | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ王宮料理 ベンジャロン

デュシタニバンコクホテル内の王宮料理・ベンジャロンに行ってきた。
1500B・1200B・900Bの3コースあって、3人で違うコースを頼んでみた。
14時までで、ギリギリすべり込んだためか、他にお客さんはいなくて、スープ以降全てが一気に出てきた。
ドレスコード等はないそうで、しっかりとしたサービスを気軽に楽しめるところがよし。
カレー類は辛さとスパイスかなり控えめ、前菜プレートはとても手が込んでいて、タイの色々なお味が少しづつ味わえてよかった。


PA290042.jpg



PA290040.jpg

食器は全てベンジャロン焼。
外は喫煙可。デュシタニバンコクには葉巻専門店があって、ここで仕入れた葉巻をガイジンがプカプカ吸っていたので、室内を選びました。



PA290049.jpg

新しいレンズで撮ったので、ぜんぜん使いこなせてません><
こんな感じでゴージャスでした。



PA290046.jpg

黄色いバラはかぼちゃです。すごーい。
紫のひよこは、もちもちの米粉みたいなので作られていて、中はお肉。宮廷料理では、この紫がポイントらしい。
ソースがかかっているのはカニか海老のすり身のさつま揚げみたいなもの。ビールください。
海老フライは衣がサクサク、海老春巻きもパリパリでとてもおいしかった。



PA290047.jpg

こちら母のプレート
カニの甲羅から中身をくりぬき、すり身にしてもう一度つめて揚げた手の込んだ一品。これもビールにいいね。



PA290048.jpg

タイ風生春巻きの中には、色々なハーブが入っていてタイの味。

この他に別のお皿でザボンのサラダを頂きました。ザボンサラダは有名みたいだけど、食べたのはここが初めて。ほんのり辛く味付けされていて、ザボンの甘酸っぱさがいかにもタイ料理らしい1品。



PA290050.jpg

ピントがバラになってしまった。ヒヨコちゃんが写したかったんだけど。



PA290064.jpg

カレー類はみんなこんな感じのかわいいベンジャロン焼に盛られていて、1人2種類ぐらいづつついたかな。
(3コース頼んだので、どれがどれだかは全く分からず。)
ソフトシェルのカレーは珍しくておいしかった。あと白身魚を揚げて入れたカレーもかなり美味。
他に海老カレー・チキンカレーなど。



PA290065.jpg



PA290066.jpg

スープはトムヤムクンとトムカーガイのガイ(鳥)じゃなくて、具がシーフード。
トムヤムクンはとてもマイルドで辛さはかなり控えめ。とてもおいしかったです。
トムカーガイは、ココナツミルクの酸っぱいスープ。実は初めて食べました。おいしかった。

野菜類は、空芯菜の炒め(間違いないおいしさ。)・アスパラとチキンのさっぱり炒め(アスパラがぷりっぷりの炒め具合!)・野菜炒めでした。どれも特別な野菜は使っていないけど、塩味と風味が絶妙で本当においしかった。



PA290063.jpg

タイ風のローストビーフみたいなのは、かかっているソースが酢豚のソースみたいでした。お肉は柔らかかった。
他に、チキンの甘辛炒めなど。こちらは味付け甘め。



PA290068.jpg

もう、お腹一杯だったけど、デザートはやっぱり別腹。
こんなかわいいフルーツ盛。
マンゴーの脇にはもち米。ちゃんとココナツミルクもかかっていた。たった1口だけど、本当においしくうれしいデザートでした。


PA290072.jpg

こちらココナツぜんざい(温)お芋やタピオカがごろごろ入っていて、かなりボリューミーにもかかわらず、食べられてしまうのです。


PA290069.jpg

こちらココナツぜんざい(冷)カキ氷が妙に品良く乗っていたので撮ってみた。マレーシアでアイスカチャンをお気に召していた母は、これが一番好きだったらしい。



PA290071.jpg

あ~コーヒー飲みたい~と思ったら、最後にちゃんと出てきました。
ここでもしっかりベンジャロン。とても贅沢な気分にさせてもらいました。



PA290074.jpg

タイらしく、かなり濃いコーヒー。


高級レストランなのは分かっているが、他に客もいないことだし、タイ人スタッフもあまり気取っている感じがなかったので、家族でシェアしながら気楽に食べられました。
休憩時間が迫っていたせいか、どんどんサーブされてしまったが、かと言ってせかすようなことはありませんでした。
できればスクンビットの渋滞も考えて、早めに向かうことをおすすめします。

余談ですが、デュシタニバンコクはベンジャロンも含め、レストランに定評があるらしく、1Fには心惹かれるビュッフェレストランや、ケーキ屋さんなどが入っていました。
トイレも明るくて飾りがキレイ。場所もすごく便利な場所なので、今度はここに泊まってみたいです。

しかし・・・単焦点レンズってむずかしい。勉強しないと。




| 東南アジアのご飯 | 17:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10年ぶりのワットプラケオ 王宮

10年ぶりにワットプラケオに入ってみました。
さすがに10年経つと新しいな。また来よう。

PA290050_20101116225417.jpg



PA290010.jpg



PA290058.jpg



PA290056.jpg



PA290021.jpg



PA290020.jpg

マダガスカル航空のロゴにも使われているこの椰子が好き。



PA290011.jpg

この下で写真を撮ったね。



PA290009.jpg



PA290013.jpg



PA290028_20101116225326.jpg



PA290031.jpg



PA290035.jpg



PA290036.jpg



PA290008.jpg



PA290042_20101116225322.jpg


また来よう。

| Thaiタイチェンマイ | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MIRAMAR HOTEL BANGKOK バンコクミラマーホテル

10月の終わりにタイに行ってきました。今回は両親も参戦。
きっとホテルでのんびりする時間はないだろうということで、中級クラスで探してみました。

私はダウンタウンが好きなので、この場所を選びました。
ミラマーホテルの立地はワットポーとファランポーンの間くらい。
王宮や船着場も近くて便利。花市場へも歩いていける距離。
ヤワラーの中華街までは歩いて15分くらい・近くには屋台街やインド人街もあります。


難点は昼間は渋滞が激しくどこに行くにも時間がかかること。
あと、タクシーの運転手が全然分かってくれないこと!近くにグランドヴィラホテルという大きなホテルもあるので、そちらのほうが有名かもしれません。
空港バス(150B)ならカオサン行きに乗って、民主記念塔下車→タクシーで40Bでした。
空港バスは24:00くらいが最終で、日本を18:00に出る便でも間に合いました。

PA290080.jpg

下町の騒々しい通りの一角にあります。部屋は内側に面していたので静か。


PA290028.jpg

HPから直接予約したら、3人でもエクストラベット無しで予約できた。
予約サイトからだと3人と入力した時点で自動的にエクストラベットチャージが加算されてしまうんですが、ベットが巨大なので2人で1つのベットでも全然大丈夫だった。

部屋はやたら広いが家具は少なめ。シンプルでした。
バスルームはかなり古めかしく、中級だなーって感じです。でも我が家の人は気にせず。
1部屋2500Bくらいなので、一人あたりは2000円程度。


PA300183.jpg

朝食はシンプルなビュッフェ。種類は少なめだけど、みんなおいしかった。
特におかゆと目玉焼きが美味!
スタッフも親切で、結構居心地がいいホテルでした。


PA300184.jpg



PA300180.jpg


今回は2泊したあと、チェンマイに行ったのですが、その間荷物を預かってもらえたので助かりました。

スクンビット・サイアム方面に行くには不便。目的に応じて使い分けたい。

| Thaiタイチェンマイ | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ2010

pen light pop art機能で撮ってみたThai

PA300143.jpg



PA300145.jpg



PB010669.jpg



PB010670.jpg



PB010675.jpg

| Thaiタイチェンマイ | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャメラ買っちゃった。

ついに買ってしまった、ニューキャメラ。



ちゃんとした一眼が欲しい気持ちもあったんですが、私にとってカメラはメモ代わり。どこにでも持っていけて、すぐに取り出せるものが欲しかったので、この小ささがとても気に入っています。
色はホワイトボディ★ああかわいい、ほんとかわいい。あまりのかわいさに、革のショルダーストラップを衝動買いしてしまった。ついでにパンケーキレンズも勢いで購入。(そして使いこなせず。)

この子と一緒にどこに行こうか、目下画策中。


写真はこの子の初仕事。
タイにて、トイカメラ機能で遊んでみました。




PA300140.jpg

バンコクの花市場。




PA300149.jpg




PA300142.jpg





PB010665.jpg

チェンマイの街角。古本屋さん。



PB010668.jpg

チェンマイの街角、ブーゲンビリアの花棚の下で。



PA300387.jpg

アユタヤ



PA290048_20101116225419.jpg

バンコク・ワットプラケオ



PA290049_20101116225418.jpg


トイカメラ機能は昼間の青空には向かないことがわかりました。
浅草の路地なんかが良さそう。

| Thaiタイチェンマイ | 01:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出先にて。

101105_112340.jpg

けん銃って・・・そんなに見たり聞いたりするもんじゃろか?



@暴力団が多いとされるとある町。

| 徒然日記 | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青山ツバキ

青山のツバキというイタリアンのお店に行ってきました。女性向けの野菜中心メニュー。
オズなるものの割引を利用、女子会プランとやらで行きました。
味はみんなおいしかったけど、量が3人で2人前ぐらいしか出なかったのが超マイナス。
全部3人で一皿。少なくともパスタとかメインぐらいは1人1皿にすべきだと思った。
全体的に味やアイディアは良かった。


PB030790.jpg
超狭いお店なんです。んで、私たちの席は照明が暗すぎ。


PB030798.jpg
携帯のフラッシュをONしてご飯を照らしてもらいながら撮影。
料理は見て食べて楽しむものなのに、こんなにきれいな色合いも全然見えませんでした。
ここは飲み専用スペースだったみたいですね。


PB030799.jpg
キノコの和えものがとてもおいしゅうございました。でもどんな味付けかまったく分からず・・・
イカとキャベツもとても合っていてグー。

PB030800.jpg
チーズのソースの何か。
今はやっているそうですが、はじめて食べました。ソース激ウマ!でも明らかに温野菜のほうがマッチしている。


PB030801.jpg
ラタトゥユの和野菜版みたいなやつ。
レンコンやらごぼうが入っていて、なかなかおいしゅうございました。
これもなにやら有名な名前があるとか・・・


PB030802.jpg
おいしかった~とろけるニョッキ&モッツァレラ
ニョッキって、ここまでとろけてもいいんですね。どんぶりで食べたい!


PB030804.jpg
しつこいけど、このお店、盛り付けもこんなにかわいいのに、全然お料理が見えないんです。。。
これはメインのチキン。グリルしたカボチャのほうが思い出深いという意見も。
カブものってました。

和野菜が好きな私にとっては、まねしたいアイディアがたくさんあるお店でした。


| 都内のお店ブラブラ | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千駄木fleur

PB030768.jpg
千駄木にある町の洋食屋さん的お店でランチを食べました。
こじんまりとしていて、すごくいい雰囲気のお店でした。チーズフォンデュで有名らしい。


PB030774.jpg
ここのチーズケーキは絶品らしいですが、この日はバナナケーキ!
これもおいしかったです^^
あとパンについてきたバターも絶妙な塩加減でおいしかった!

ちなみに量は、大食いの私たちは、店を出た直後に牛丼1杯食べられそうな感じの満たされ具合。

| 都内のお店ブラブラ | 16:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恒例お誕生日記念会その① 巣鴨。

今年もお誕生日記念会を開催しました。今年の国内旅行先は・・・

PB030777.jpg
初巣鴨!!おばあちゃんの原宿です!!!


PB030781.jpg
刺抜き地蔵に行ってみます!!


PB030778.jpg
色々なものが980円・・・
フリース地のモンペとか、割烹着とか、おばあちゃんのファッション業界にも革新が起こっておりました。


PB030788.jpg
杖・・・


PB030786.jpg
グルコサミンサン・・・


PB030785.jpg


PB030780.jpg
これが噂の元気になる赤!!!


PB030779.jpg
赤!!!


PB030782.jpg
肝心のお参り。


PB030783.jpg


PB030784.jpg
寒空の下、真水で洗われて寒そうなのです。。。

ちなみにこの日、おばあちゃんの原宿から、本当の原宿に行きました。
みそじーずな私たちは、どちらにも属せていない・・・
んー。ビミョウなお年頃かも。


| 徒然日記 | 13:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コタキナバルの色々な写真

CIMG3619.jpg
市内にあるモスクその① キナバルに行く途中にある


CIMG3819.jpg
モスクその2は市内に。


CIMG3544.jpg
センターポイントというショッピングセンター。コタキナバルのランドマーク的存在。
小さい店がいっぱい入っていて、若者の人気スポット


CIMG2412.jpg
ホンモノは見れなかった~


CIMG2402.jpg
アジアのセブンイレブンでご当地フードを探します


CIMG3836.jpg
ウィークエンドマーケット


CIMG3835.jpg


CIMG3840.jpg


CIMG3821.jpg
エントランスはこんな感じ。植民地時代を思わせるレトロな通りがマーケット会場。


CIMG3825.jpg
お父さんたちのお昼ご飯


CIMG3827.jpg


CIMG3830.jpg


CIMG3842.jpg
ビトンのビニールバック・・・


CIMG3841.jpg
母は昔を思い出したそう。


CIMG3839.jpg


CIMG3838.jpg


CIMG3837.jpg


CIMG3848.jpg
中国人経営の薬屋さん。


CIMG3844.jpg


CIMG3862.jpg


CIMG3860.jpg


CIMG3853.jpg


CIMG3849.jpg


CIMG3874.jpg
こちらは市場。コタキナバルの台所。


CIMG3871.jpg
ランチ中の人々


CIMG3869.jpg
かしまし娘もランチ中


CIMG3873.jpg


CIMG3875_20101106111353.jpg
バナナが・・・


CIMG3878_20101106111353.jpg
イスラムファッション誌。


CIMG3882_20101106111352.jpg
市場のテイラー通り。男の人ばかり。
若い子がやってきては、シャツやパンツの幅をつめていたのがおもしろかった。みんなこうやってオシャレを楽しんでいるみたい。


CIMG3888_20101106111352.jpg
ココナツ屋台の男の子。


CIMG3865.jpg
コタキナバル市場外観


CIMG3866.jpg
デパートも沢山。


ということで、ブルネイツアー日記はやっと終わりです。
母にとっては、1つのホテルに滞在して、1つの町をゆっくり見る旅はなかなか新鮮だった模様。
何よりホテルがよかった。
日本からの直行便もあることだし、4日休みが取れたらなら、コタキナバルなんていかがでしょうか??

| Malaysiaコタキナバル | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コタキナバルのレストラン・スリメラカ

コタキナバルの口コミで人気だったスリメラカに行ってみた。
セドコの目の前にあって、緑の店構えが目印。

CIMG3895.jpg
店内はこんな感じ。中華っぽい。


CIMG3898_20101104215812.jpg
フライドチキンの檸檬ソース。さっぱりしたいい味でした。ソースは少しとろみがついていた。
チキンは残念ながらジューシーどころか硬め・・・


CIMG3899.jpg
トムヤンクンはやっぱりタイのお料理だと実感・・・でも、これはこれでおいしかった。


CIMG3900.jpg
サパ野菜の炒めはここでもしっかりオーダー。
お腹がいっぱいになっても、野菜なら最後まで食べられるのです。


CIMG3902.jpg
マレーシア名物、ラクサ。魚介のうまみがたっぷりと出ているカレー&ココナツ味の麺料理。
これはミャンマーのモヒンガーや、チェンマイのカオソーイによく似ていた。
しかしここのラクサは今まで食べたココナツカレー麺の中で一番おいしかった!!なんといっても具がたっぷり!すごく奥深い味なのです。
でも量がかなり多く、かなり残してしまった・・・


CIMG3897.jpg
ブルネイで飲んだ飲み物をまた飲んでみたくて、お姉さんに説明したらコレが出てきた。
これはこれでおいしゅうございました。


CIMG3896.jpg
ティータリクというらしい。


この店、日本人には相当有名みたいだけど、接客面ではまったく不満なし。
おしぼりとおつまみはセドコ同様有料だけど、断っても何も言われず、明瞭会計。
メニューも分かりやすかった。

| 東南アジアのご飯 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コタキナバル タンジュンシャングリラホテルの朝食★

ゴージャスなシャングリラの朝食。
4日かけてやっと一口づつ試食できたという感じ。
特にカレー類がおいしゅうございました。
ちなみにこれは母と私の4日分のお食事でございます。一人じゃないよ!

CIMG3750.jpg
チキンカレーがおいしいという噂は聞いていたが、これは本当においしかった。
スパイシーすぎず、濃厚なお味。毎日3種類ぐらいで、野菜好きには野菜カレーがうれしい。
ご飯はココナツ入りのジャスミンライスで、パロータもあった(こちらは硬くてイマイチ)


CIMG3748.jpg
南国のマンゴーは本当においしい!
日本でしかマンゴーを食べたことがなく、あまりマンゴーが好きでなかった母も、これには感動!


CIMG3443.jpg
チーズコーナーも超充実。お味はかなり荒々しいものの、チーズ好きの母にはもってこい!
ちなみにうちのネコもチーズが好きです。
パンは毎朝持ち帰って、山や海に持っていきました。


CIMG3552.jpg
ある日のイスラエルセット!!このマメペーストにはしっかりとオリーブオイルがかかっていて、
野菜はちゃんとマリネになっていた。


CIMG3442.jpg
ある日はワッフルメインのアメリカーンモーニングセット。
このワッフルはその場で焼いてくれます。生クリームにチョコにメープルシロップに・・・悩みます。


CIMG3551.jpg
卵焼きもその場で焼いてもらえます。色々具が入ってる。
そしてこんなところでファラフェルに会えるなんて!もちろん実食~


CIMG3558.jpg
ある日はおかゆ。ちゃんと油条もついているではないか。
小魚はいかにもマレーシア。チャツネは梅干のかわり(笑)


CIMG2292.jpg
ある日はゆでたての麺。
日本のそうめんもあって、めんつゆまでありました。食べてないけどお寿司もあった。


CIMG3553.jpg
右下はダルスープ!体にやさしすぎる。
チリコンカンもかなりおいしくびっくり。
日本にもっとマメ系料理が普及してほしいなー。

もちろん飲茶系もあるし、パンの種類もフルーツもシリアルもジュースも毎日充実。
キッズコーナーなるものまでありました。
この朝食をテラスでのんびりいただくのが何よりの贅沢。

ホテルの人も親切だったし、お部屋の雰囲気も広さも完璧。
ロビーは南国ムード満天で、かつ豪華な雰囲気。でも決して気取ってなくて、家族でもリラックスして過ごせるフレンドリーな雰囲気がまたいい。

正直、コタキナバルにはもう行かなくてもいいけど、このホテルにはぜひとももう1回行きたいというのが私たち親子の共通意見なのです。


| 東南アジアのご飯 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マレーシアの屋台体験

CIMG2552_20101104214015.jpg
ブルネイからコタキナバルに帰って、夜はシャングリラの近くにある屋台街へ行ってみた。
なんとなく、タイなどとくらべると清潔感に欠ける感じだけど、しっかりチェーも食べてきた。


CIMG2555.jpg
フルーツのデコレーションがすごいことになっているフルーツシェイク屋さん。
マレーシアのフルーツシェークは濃厚でおいしい!


CIMG<br />2550.jpg
おかんがこのおばちゃんと話をしてしまったばかりに、ここで食べざるをえなくなった・・・


CIMG2549.jpg
まずはサテとビール。


CIMG2557.jpg
ナシゴレン風チャーハン。
隣の国だからといっても、ナシゴレンはやっぱりインドネシアの料理なのだと痛感。


CIMG2559.jpg
空芯菜の炒めはどこで食べても間違いないね。ビールがすすみます。


CIMG2561.jpg
母のリクエスト、魚。
味はおばちゃんのおすすめをオーダー。パイナップルが入っていて、甘い酢豚の味でした。


CIMG2563.jpg
ココナツミルクのアイスカチャン。色々と細かくされてしまっていますが、味はおいしい。
見栄えを気にしない国なのでしょうか。
こういうのは、たぶんベトナムのチェーが一番有名かな??
ベトナムは細長いグラスに具を順々にいれていく。私が食べたものは、甘さが控えめなところが多かった。
タイはおわんに入れることが多くて、ココナツが多めの激甘。
そしてマレーシアはぐっちゃり。。。
でも、どこで食べてもおいしく、不思議とお腹も壊さないのです。


CIMG2545.jpg
この屋台街と隣に、ちょっとこじゃれたフードコートがあって、地元の人や中国人観光客でにぎわっていた。
これはその横でやっていたショー。

ハタチそこそこに見える若者たちが一生懸命踊っていた。
ちょうど私が教えている子たちと同じ世代の子だったので、国ではこういうことをして一生懸命お金を稼いでいるのかしら・・・などと考えてしまった。

| 東南アジアのご飯 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。