世界一周トラベリングソング。

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

タイのお食事★メークロン市場から

P1016027_20130326154458.jpg
いちご、こういう風に盛っているとこ、日本では見たことない。



P1015944_20130326154408.jpg
タイのお野菜。フレッシュ!体にいい作用がたくさんあるらしい。



P1015937_20130326154404.jpg
フレッシュレモングラス。日本にはお目にかかれないね。
左にあるのはこぶみかんの葉ですね。カフィア・ライム(kaffir lime)というそうです。



P1015930_20130326154342.jpg
辛味セット。
タイコショウーとか。



P1015931_20130326154343.jpg
プリック。からそう~



P1015932.jpg
ぶなピーだ。タイ人も結構きのこが好きなのかな?



P1015939.jpg
燻製でしょうか。無意識に日本酒などが思い浮かぶわたしです。



P1015942.jpg
海近いし。



P1015934.jpg
貝の塩漬け。ソムタムに入れてもおいしいし。ビールに合う~



P1015943_20130326154407.jpg
ケロケロ。



P1016023.jpg
タマリンド。何もこんなギリギリに置かなくても・・・



P1016025.jpg
なんか作り方が魔法みたいでおもしろかった食べ物。
小さいクレープ用の鉄板に、生地を流し、具を乗せて、鮮やかな手つきで丸めるとあら不思議。中身がわずかに透き通った不思議な食べ物の出来上がり。見てると飽きない手際のよさ。
サークサイムーという食べ物らしく、遠い昔食べた記憶だと、中は確か甘いお肉のようなものだった気がする。
調べたら、皮はタピオカの生地なんだそう!丸いのしか見たことがなかった!
スポンサーサイト

| 東南アジアのご飯 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンパワーのホテルその2 ゲストハウス編Thanicha Healthy Resort Amphawa

アンパワー2日目、お正月の夜は、川沿いのゲストハウスへ移動。中級ホテルも良かったけど、タイ風のナチュラルなゲストハウスもまた雰囲気あってすてきでした。
水周りの使い勝手がいいという友人評価も。


P1026082.jpg



P1016052.jpg
ゲストルームは奥まったところにあって、中庭を囲むようにぐるりと作られていました。この木がいい雰囲気だった。



P1026081.jpg



P1016051.jpg
木造がアンティークでよいね。



P1016056.jpg
お部屋のベットが小上がりのマットレス!サロン付き。



P1016050.jpg
木漏れ日ですよ。癒されるわー。



P1016055.jpg
1泊2、3千程度だけど、ちゃんとアメニティもついていました。



P1016059.jpg
表側のカフェスペースからは、川が見える。本当に川の目の前なのです。



P1016066.jpg
夜はこんな感じ。



P1016063_20130326151440.jpg
かわいいカップ。
お冷入れと、ソーサーがかわいい。



P1016064.jpg
カフェスペース



P1016067.jpg
オープンスペースなのに、お座敷風で、三角枕でのんびり~。行き交う人やボートを見物。



P1016068.jpg
夜はこれが目印。

ちなみに宿は地元客が多くて、週末は早めに予約が埋まるようでした。場所と雰囲気でおすすめ。ちょっとわかりずらいかも。


| Thailand チェンマイ アンパワー | 15:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年の映画

51WE0vrOkeL__SL500_AA300_.jpg
フィリピン行きのキャセイの映画がイチマイチだったので、ミニオンに癒される。
ミニオンがグレムリンみたいになってしまって、グルーおとうさんが恋に落ちる。かわいかった。



51HgEOmyEjL__SL500_AA300_.jpg
借金返済のために偽の家族を作ってメキシコに乗り込む爽快コメディ。
フィリピン行きの飛行機の中にて。英語が分かったらもっと面白かったと思うけど、分からないながらも爆笑。
アメリカのくだらないコメディ映画もなかなか面白い。
娘役の女の子はジュリアロバーツの姪っ子さんだそう。



518bg322y1L__SL500_AA300_.jpg
これはよかった。ジョーン役のクリスティーンスチュワートさんがとてもよかった。
本物かってぐらいかっこよかった。
ジョーンジェットファンを裏切らない変身ぶり。
ダコタちゃんもすごかったー。かっこよかった。



51tPoN3XZwL__SL500_AA300_.jpg
チェコからの移民女性が、ミュージシャンを目指す青年に会って一緒にバンドをして・・・というストーリー。
2人のデュエット曲がとてもよかった。
最後青年はロンドンを目指し、チェコ女性は家庭を取り戻す。



51SsXfXwzAL__SL500_AA300_.jpg
生まれて初めて見てみました。
あの怖い看守さんが自分は間違っていないよね??といいながら川に飛び込むシーンが印象的。



51H-frl39KL__SL500_AA300_.jpg
田舎に住むって大変。



51dgLO9ZslL__SL500_AA300_.jpg
レンタ~~ネコ・ ネコネコ。寂しい人に、ネコ、貸します。
一人暮らしの家がすてきでした。



6116A5MRGhL__SL500_AA300_.jpg
かわいいのだよ。



51d5R6VBvPL__SL500_AA300_.jpg
インドからの帰り道、インドに名残惜しさを感じつつ。
シャールクカーンは年を取っているのだろうか??現在は40代みたい。
最初の舞台がラダックだったのもよかった。2人の女優さんもすてき。



61dOcWhp8PL__SL500_AA300_.jpg
インドの飛行機の中で。
原始人一家が世界繰り出す。
ディズニーアニメもなかなか面白い。



51-DOrZ7RfL__SL500_AA300_.jpg



51n+a15dt7L__SL500_AA300_.jpg



51VvfvN5HjL__SL500_AA300_.jpg



51W7MEev5jL__SL500_AA300_.jpg
台湾からの帰りに鑑賞。超ドキドキしすぎて気持ち悪くなるほど!
(この日飛行機が揺れて、隣の友人は本当に酔ってたらしい。画面に釘付けの私はそれどころじゃなかったよ。)
ダメ?ダメ?ええ~!?ってなるよ。



51WXYZIqDGL__SL500_AA300_.jpg
LIFE OF PI
虎と心が通じるとか、そういうストーリーじゃないとは聞いていて、どんな展開かと思ったら・・・
結構好きな感じのラスト、ちょっと衝撃。
私は満足だったんだけど、後ろの席に座ってた若い子が「パイまじさいあく!」って怒ってた(笑)
台湾行きの飛行機にて。



51erqPZHnCL__SL500_AA300__20130226165332.jpg
NAMESAKE
タイに行ったときに友達から紹介された。
インドからアメリカに移住した女性と、その家族の葛藤を描く。
モンスーンウェディングの監督だそう。



51XcckP7IbL__SL500_AA300_.jpg
SUNSHINE CLEANING リトルミスサンシャインのスタッフ。
生活に困って、事故現場のクリーン具業者を始める姉妹のお話。



     fw.jpg
タイからの帰りにみた。日本人名の子どもが化学オタクの悪い子役(笑)
よみがえったスパーキーがびっくりしておびえちゃうとことか、すごい表現力。たまにはこういうアニメーションもいいなぁと思えた。白黒なのも不気味度アップして、新鮮。



51WIGvtoxUL__SL500_AA300_.jpg
ドラマチックな何かがあるわけでもなく、南極越冬隊のおっさんたちの日常を淡々と描いている。
セリフ回しもおもしろいし、顔で語る堺雅人もやっぱりすごいなーと思って見入ってしまった。
「こころはエビフライだから」の一連のシーン、思い出し笑いします。
日本映画でしか感じられないこの種の癒し係映画、大好きです。



519qFowG1UL__SL500_AA300_.jpg



gaku.jpg
原作が好きで借りてみた。小栗旬なんて岳のイメージじゃないと思ってたけど、びっくりするほどはまってたなぁ。牧さんもイメージ通り。
映画というより、ドラマで毎週見たい感じでした。

| 世界の映画 | 02:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お正月のアンパワー散歩

P1015841.jpg
お正月のアンパワー。スイカ売りのおじさん。



P1015895.jpg



P1015916.jpg



P1015914.jpg



P1015916.jpg



P1015914.jpg



P1015896.jpg



P1015898.jpg



P1015897.jpg
民家大解放中。



P1015913.jpg
切符?



P1015912.jpg
素朴な風鈴。



P1015901.jpg



P1015904.jpg



P1015905.jpg



P1015906.jpg



P1015907.jpg



P1015908.jpg
船上屋台。



P1015909.jpg



P1015910.jpg



P1015921_20130321135057.jpg
アンパワー名物のお菓子を作っているところに遭遇



P1015918_20130321135010.jpg
卵の黄身で作ったお菓子。



P1015919_20130321135055.jpg
アンパワー名物みたい。



P1015920_20130321135056.jpg
通りすぎる人がみんなこれを持って歩いてました。

| Thailand チェンマイ アンパワー | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイのお正月@アンパワー2013

P1015831.jpg
2013年お正月の朝。サワディピマーイ。



P1015849.jpg
アンパワーの運河の朝。



P1015845.jpg
早起きして、お正月の托鉢見学。
アンパワーだけに、船でやって来たお坊さん。



P1015844.jpg
お供え物を差し上げて、ありがたいお経を唱えていただきます。



P1015835.jpg
商店街には机が準備されていました。



P1015855.jpg



P1015851.jpg
私たちもホテルでお供えセットをゲット。米や砂糖など。
こんなちょっとなの~と周囲の人に若干笑われつつ。




P1015859.jpg
ちなみによそ様と比べるとこんな感じ(笑)
同じ机で待っていたボーイッシュで元気なお母さんとその子ども、そして車椅子のばーちゃんたちと一緒に記念写真。田舎だからこそのふれあい~



P1015858.jpg
遠くのほうから裸足のお坊さんが歩いてやってくるのかと思いきや、坊さん四駆で乗りつけ、町民を待たせて朝粥!!8時の予定がもう9時だし。時間はとことんゆるやかなのです。



P1015870.jpg
托鉢始まりました~



P1015863.jpg
一人ひとり丁寧にお経を唱えてくれるのかと思ってのに、とにかくすごいスピードで巡回していくお坊さん。鉢に入りきらないものは、大袋を持ったアシンスタントにどんどん手渡されていきます。



P1015866.jpg



P1015871.jpg



P1015872.jpg
今年一年、無事で過ごせますように^^



P1015876.jpg
ホテルに帰る途中に出会った像さん。
お年玉くださーい

| Thailand チェンマイ アンパワー | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンパワーのおすすめホテルAMPHAWA NANON HOTEL

大晦日の夜は、ちょっと高めのホテルにしました。運河からも徒歩1分で便利なAMPHAWA NANON HOTEL。アゴダで予約。戦勝記念塔からのミニバスの停車場所(橋を渡ってすぐ、両側に銀行あり)からも徒歩30秒程度と便利すぎる立地でした。

P1015890.jpg
まだ新しくて、外国人も珍しいみたい。オーナーだか支配人ぽい女性スタッフが色々気を使ってくれて、快適に過ごせました。年末で繁忙期だったこともあり、コスト的には少し高いかなと感じたのと、屋外がアゴダの写真とは結構違うという印象でしたが、スタッフのホスピタリティは◎。



PC315729.jpg
室内は写真で見ていた通りモダンアジア風。シャワールームは打ちっぱなし、バスタブ無しだけど湯量が多くて快適でした。



P1015885.jpg
大きめのテラスがあったので、お茶タイム。



P1015886_20130321121511.jpg
備え付けのお皿がポップでした。



PC315733.jpg
フロントや各階の共用スペースがところどころかわいくて、視覚的にもかわいかったです。
いわゆる高級ホテルではないけど、いまどきタイのカジュアルな雰囲気が楽しめるホテル。



PC315734.jpg
ロビー



PC315732.jpg



P1016070.jpg
トイレー。
ちょっと知り合い(?)になったことをいいことに、チェックアウト後の散歩中にも借りちゃいました。



PC315797.jpg
部屋ナンバーがライトアップで浮かび上がるスタイル。おしゃれー。




PC315804.jpg
おしゃれついでにエレベータも、鍵をかざすスタイル。
シンドラー社製でした。



PC315803.jpg

| Thailand チェンマイ アンパワー | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年→2013年 タイの大晦日&アンパワー水上マーケットで年越し!

PC315810.jpg
アンパワー町内会年越しパーティに参加してきました^^ローカル!



PC315814.jpg
おめでとう!!サワディピーマイ!



PC315819.jpg
踊って歌う、健全な年越し。あ、うれしそうに踊っているのは、お兄お姉さんです。
お正月の童謡のような歌を3曲。



PC315812.jpg



PC315806.jpg



PC315820.jpg
市長?挨拶が続いて、お祈りして解散。



PC315823.jpg
最後にお坊さんからありがたいお水を振り掛けてもらいました。私ももちろん頂きました。



PC315828.jpg
川沿いには、まだ熱気さめやらぬ人々。今日はよく上がってました。
新年早々川に墜落しちゃってたのを見たけど、見ないことにしよう。



PC315829.jpg
こんな感じで売られてます。

2013年、タイの文化に触れられていい経験になりました。






| Thailand チェンマイ アンパワー | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンパワーのおすすめレストラン(昭和食堂風!?)

アンパワーの川沿い通りにある昭和風のお店(2件あるうち、店頭に鶏の置物がある店)でディナー★

PC315768.jpg
店頭でおいしそうなエビやら豚やら鶏やらを炭焼きしていて、店員さんもみんな元気で親切!(←アンパワーには標準装備だね。)
店員さんが揃いの帽子をかぶってたりして、何気にちょっとおしゃれ。



PC315773.jpg
最近日本でも流行っているレトロ居酒屋にも通じるところがありつつ、リアルレトロな店内。アンパワーの川沿いの家は、たいていこういう感じの木造住宅だった。火の用心ですよ!!



PC315772.jpg
取り皿までもレトロ!



PC315777.jpg
海鮮ソムタム。超幸せ。沢蟹ソムタムとか、塩漬けした貝のソムタムとか、ソムタムには色々種類があります。何を食べてもおいしいわ~



PC315781.jpg
炭焼き!タイ人客もみんな頼んでたよ。



PC315778.jpg
こちらも隣の子たちが食べてたので頼んでみた。ニンニクとバターが入ったイカだったかな?いや?ただのニンニクバター?あまりの量のニンニクとバターが衝撃すぎて、具があったかどうか忘れた。
バゲットがあったらいいなー。



PC315780.jpg
左側にあるのは豚の炭焼き。タイと言ったら焼き鳥のガイヤーンが有名ですが、私は断然こちらの焼き豚が好き。甘辛のタレがついてて、香ばしくてジューシーで、一番おいしい豚の食べ方だと思います。
以前イスラム圏を数ヶ月旅行したあと、タイに飛んで真っ先に豚さんを食べたときのおいしさったら。

そして左にちょろっと写っているアルミの水入れは、この店のお冷グラス。
我々はビールだったので、ビール注いじゃったよ。仏具っぽくてちょっとうしろめたい・・・

バイトの子がストローもつけてくれた。君もお酒を飲む年になったら、ストローが不要だと分かるさ。

ふらりと現れたガイジン珍客にもとっても親切ですてきな食堂でした^^

| 東南アジアのご飯 | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイのフルーツ オレンジ色【ガク】

PC315790.jpg
アンパワーで見つけたこのフルーツ。
「タイ・フルーツ・オレンジ色★」の検索ワードで名前を調べてみたら、ヒットしたブログの人も、アンパワーで初めて見たって言ってた。
川から少し離れた屋台の集まるエリアに、ガクジュースのお店があります。


PC315791.jpg
珍しいので名前を聞いて写真をとって、せっかくなのでガクとパッションフルーツだったかな?のミックスジュースを買ってみました。
お店の人曰くガク単独は「おいしくないよ」(笑)だそうです。

このビニール袋の持ち手部分にタイの進化を感じます。ちょっと前までは、細長いブラスチックの袋にそのままジュースを入れてたのに、最近は大体どこの屋台でもこの透明の容器を使うようになってました。


| 東南アジアのご飯 | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ アンパワー水上マーケットに行って来ました!

2012年も終わります。大晦日のこの日、私たちはチェンマイを後にして、バンコク経由でアンパワーに移動します。
PC315724_20130311160634.jpg
チェンマイの空港で、昨日食べておいしかったカオソイを食べました。
コーヒーとチャーローン。あまあま。

さよならチェンマイ。


PC315727.jpg
ノックニモ!


PC315728.jpg

あっという間にバンコク。エアーアジアがドラゴンに。
この後、タクシーで戦勝記念塔→そこからアンパワー行きのミニバスに乗って(タクシーの運転手さんが親切に乗り場を教えてくれました^^)、約2時間であっという間にアンパワー着。
途中は塩田地帯でした。

ミニバスを降りてすぐの所にホテルがあって超便利!すぐに観光ができました。

PC315740.jpg
アンパワーの中心



PC315759.jpg
貸切ボートで運河をめぐるのも楽しい。私たちは、夕方に出発する蛍鑑賞ツアーを予約。



PC315754.jpg
アンパワー名物の魚介船。



PC315760.jpg
ココナッツやアイスキャンディ、なんでも売ってます。



PC315761.jpg
イカや川えびが人気みたい。



PC315762.jpg
今日は平日ですが、大晦日ということもあり、夕方からどんどん混んできました。



PC315763.jpg
川沿いの屋台。気持ちよさそう~



PC315742.jpg
アンパワーTシャツ屋さんで、友人がお買い物。バンコクでは日本人なんて見飽きている風だけど、ここアンパワーではまだまだ珍しいらしく、おもしろがられました(笑)タイでこういう感じって、ちょっと新鮮。



PC315757.jpg
すごい人!



PC315750.jpg
青空カラオケ中~



PC315743.jpg
若者カルチャーも元気。若手アーティストの作品が安く買えたりもしました。



PC315744.jpg



PC315748.jpg



PC315758.jpg



PC315741.jpg



PC315765.jpg



PC315766.jpg
この先は民家地帯。穏やかな景色。ついつい行ってみたくなる。



PC315764.jpg
明日のホテル発見。川沿いでした。



PC315769.jpg
日が暮れたころ、蛍ツアーに出発。



PC315770.jpg
明かりの灯る町。



PC315786.jpg



PC315784.jpg
ボートツアーはだいたい1時間程度で、このあたりの運河をぐるりとめぐってくれる。目が悪いとちょっと見つけられないくらい弱い光が、まるでクリスマスツリーの電球みたいに等間隔でピカッ、ピカッと光っていました。
想像よりもよっぽどか細い光りです。
タイ人、一生懸命写真撮ってたけど、そりゃぁ無理だろに。



PC315768_20130311162751.jpg
夕飯はこちら。



PC315788.jpg



PC315789.jpg



PC315793.jpg
こちらはマーケット通。



PC315795.jpg

| Thailand チェンマイ アンパワー | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |