世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

直島2日目②地中美術館

直島 地中美術館 (2)
直島で一番有名な地中美術館。



直島 地中美術館 (12)
チケットセンサー脇にとてもすてきな庭園があります。
遊歩道があって、ありとあらゆるお花が丁寧に植えられていて、なんでもほぼ毎日のように手入れが入っているのだとか。
しかしこの池、何かに似てませんか???



直島 地中美術館 (4)
モネの庭の再現!
写真の撮り方によっては本当に絵のようになるんです。素敵だー。


肝心の美術館の撮影は厳禁。海外はどんな有名美術館でも写真は自由なのに、どうして日本はこうも厳重にカメラを制限するんだろう。個人的には作品に集中できるし、記憶を大切にできるから撮影不可でも一向に構わないけど、疑問。

ちなみにこの美術館は作品のみならず、カフェスペースや、屋外シートからの外観撮影も禁止なのでした。
軍事施設なみの警戒だな。


内部は大きな鑑賞空間が4個ぐらいあって、全部地中に埋まっているから地中美術館と言うそうです。
埋まっている建てものを上から見られるのかと思ったら、一切外には出られない仕組み。ますます軍事施設っぽい。

光りの中に入っていくのは南寺同様ミステリアスでどきどきしたし、図らずしてモネに出会えたことも良かった。
石のある空間も壮大ですばらしかったし、なかなかよかった。

石の空間でおばちゃんが学芸員に切れていたのが若干興味深かったです。
その内容というのがね、

おばちゃん「こんな石見せられたって意味わかんないわよ」
学芸員「見る人が自由に感じていただければ」
おばちゃん「モネみたいな絵がすばらしいことは分かるわ。この石は何を伝えたいのかさっぱり分からない!」
学芸員「ですから、この絵には説明なども一切なく、皆様お一人お一人がご自由に解釈していただくのが作者の意図でして・・・」
おばちゃん「上から下まで歩かされて!(→どさくさにまぎれて触っちゃいけない作品に触れる)」
学芸員「触らないでください!」
おばちゃん「意味わかんないのよ!」
学芸員「静寂も作品の一部です、お静かに!」

という・・・・まぁね~気持ちは分からなくもないけど、石はとっても良かったよ??
先に豊島美術館に行ってたら、少しは感じ方も違ってたかも??



直島 地中美術館

で、こちらは地中カフェ。お外に持ち出し用のバスケット付き。かわいい。
頼んだのは「モネ 庭とレシピ」にあるバナナアイス。バナナよりすっぱいアイスでした。
眺めがよくて素敵~


関連記事
スポンサーサイト

| 2013 広島 直島 豊島 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1118-a2b1d474

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT