世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

宮崎出身者ならぜひに。恵比寿モナリザ

宮崎出身のシャフが織りなす宮崎フレンチのお店。
宮崎産のお魚や野菜が楽しめます〰

IMG_4829.jpg
かぼちゃのムース。これが一番おいしかったな。小さくカボチャ型にくり抜いたかぼちゃがかわいい。
お花好きの方に好評なお皿。見てるだけで楽しい。


IMG_4830.jpg
モナリザの焼印いりのパン。お皿もさわやか。


IMG_4832.jpg
オマール海老のグリエ 秋なすのフライと栗添え セロリラブのピューレとともに



IMG_4833.jpg
すっぽんのコラーゲンたっぷりコンソメ仕立て 松茸と菊花風味


IMG_4835.jpg
宮崎県産白チョウザメのじゃがいも包みロースト サフラン風味ブールブランソー
宮崎はいまキャビア生産に力を入れてます。チョウザメの身、とりにくのように濃厚でおいしゅうございました。
そして、付け合わせの野菜が本当においしかった。宮崎でよく食べられるむかごも。
季節になるとごはんに炊き込んで食べる素朴な食材を、フレンチにしてしまうとは。


IMG_4836.jpg
仔羊のロースト ラメル仕立て トリュフ風味と椎茸のタルト添え
羊はやや苦手。クミンで臭みけししているものでないと食べないのですが、この子羊さんは、わずかに感じる特有の臭みがむしろおいしく感じられた。


IMG_4837.jpg
子鳩のパイ包み焼き サルミソース ハーブ風味のサラダ添え
鳩を飼っている母、先日ネコに鳩がやられ嘆いていたものの、鳩をオーダー。私もぜひ食べてみたかった。
サルミソースとは、野鳥のガラとワインを煮詰めたソースなんだそう。へー。


IMG_4838.jpg
フロマージュはこちら。
お皿を見て母と顔を見合わせてしまった。
ぬかごの柄なのです。さすがは宮崎出身シェフ!
郷土愛、十分伝わりました。



IMG_4840.jpg
梨のスープ仕立て。お口直し。


IMG_4841.jpg
そしてモナリザ名物のデセール。お皿がかわいい。シャフデザインだそう。
余談ですが、うちの母は昔から金がはげたりちょっとでも欠けた皿を使いたがらない人。
モナリザの口コミでも皿の老朽化がいやだとういう意見が散見されましたが、母も二皿目ぐらいで目についてしまったらしく、それだけはがっかりしていた。お皿をどう思うかって、きっとお母さんのやり方を受け継ぐものなんだなー。
ちなみに私は気にしつつももったいないから使い続けます。



IMG_4842.jpg
こちらは違うお皿。雪だるまくんの顔が全部違う。



IMG_4844.jpg
このほかに絶品アイスクリームも。ホワイトチョコのアイス、とってもおいしかった〰
他に桃、バニラ、チョコ。みんな種類が違うのです。どれも濃厚で本当においしかった。



IMG_4845.jpg
お店の方も親切、素敵なディナーでした。
関連記事
スポンサーサイト

| 都内のお店ブラブラ | 12:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1280-2ec0fba2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT