世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

日本で食べるフィリピン料理

IMG_5778.jpg
全然知られていないが、日本でもフィリピン料理が食べられる店は結構多い。
日曜日、フィリピン人が集まる教会などのそばでは、フィリピンでおなじみのスナックを売る屋台が出ています。

黄色いのはプト。米粉の蒸しパン。しっとりしていて甘さも控えめでおいしい。
レチェフランやケーキ類は激甘なのですが、伝統菓子はそれほど甘くないものが多い印象。

紫のはビコ。もち米とココナツミルクのお菓子。タイなどで似たのを食べたことがある人も多いはず。
ミャンマーでは油がぎとぎとになって出されるし、九州なら粽と呼ばれてきなこと砂糖をかけて食べます。
もち米はアジアンスイーツの代表。

最後にオレンジ色のクチンタ。日本ではこれがフィリピン伝統菓子の中で一番よく見るような気がします。
日本のういろうをもっとモチモチにした感じで、これも甘さはかなり控えめ。
ココナッツのほのかな甘みとよく合う。

これらのお菓子はどれもフィリピン人にとっては懐かしい味だそうで、老若男女問わずよく買っています。
日本人がフィリピンに行って、おはぎやういろう、ようかんをそんなに頻繁に買うかと言ったらそうでもない。
そう思うとフィリピンでは伝統菓子がまだまだ人々の生活のとても近いところにあるのだと思います。

IMG_5774.jpg
バレンタイだったので女性限定でデザートのプレゼント。
寒天で作ったゼリー。寒天ゼリーはゼラチンと違ってモチモチ度が無く、かわりに歯ごたえがある食感が好き。
これも甘さひかえめ。


IMG_5773.jpg
日本にあるフィリピン料理のお店は食べ放題が多く、こんな感じでモリモリいただきます。
お肉料理が多いのが特徴。内臓系も必ず一つは含まれています。
あとはパンシットという焼きそばも定番。
このお店は、エンプティートというフィリピン風ミートローフがとてもおいしかった。
野菜や卵も入っていて手の込んだ一品でした。
関連記事
スポンサーサイト

| 東南アジアのご飯 | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1385-8614af9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT