世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マカオ⑩名店フェルナンド。幸せを運ぶレストラン・ポルトガル料理

マカオでもっとも日本人に人気のレストランと言えば、ここ、フェルナンド。コロアン島(コロアネ島)の黒沙湾という、マカオの一番先端にある、とっても雰囲気のいいレストランでした。
P5231794.jpg
この開放的な雰囲気とヨーロッパのようなレンガ造りの内装がとても素敵。
お客さんは半分が欧米の方、日本人客も多かった。
土日は予約ができないので、アドバイスを忠実に守り、土曜日の4時にいざお店に。
4時という中途半端な時間にもかかわらず、ほぼ満席。
食事が終わり、6時前ごろ一瞬テーブルに空きが出始めたので、もしやと思って聞いてみたところ、私たちが夕食のつもりで入った時間帯はランチ組がまだ残っている時間帯だったらしい。マカオの人は昼も夜も遅いらしい。



P5231792.jpg
この景色だけでもビールが進みますね。



P5231791.jpg
まずはビールと焼きたてのパン。
スーパーボック。
スタッフは地元の人に加え、どこぞのヨーロッパからやってきたアフリカ系のお姉さんも。
英語が通じるのでありがたい。



P5231793.jpg
まずはタラの乾燥させたバカリャウとじゃがいものコロッケ。
初めてバカリャウを食べましたが、おいしかったわー。
魚とポテトの組み合わせは意外と合うもので、ロシア料理のニシンとポテトとビーツのサラダも自宅でも真似するほど気に入っている。タラとじゃがいもが混じり合って新たな味を・・・というわけではなく、タラとじゃがいもはそれぞれ口の中で独立しているのですが、サクッと香ばしく揚げることでなんとなくうまくまとまってくれる感じ。ちょっと魚臭いので、苦手な人はだめかもしれない。



P5231795.jpg
エビちゃん。ニンニクたっぷり、トマトベースの濃厚すぎるソース。
エビはぷりぷり。食べ終わったあとはパンにつけて、二度楽しめる。毎日でも食べたい〰



P5231797.jpg
アフリカ好きな我らが懐かしんで頼んだのは、お豆と豚足の煮込み。
ソーセージも入っていて、スモーク感がコクを引き出していた。こういう豆料理は日本にないね。体にいいから日本でも一般的になるといいな。
さすがに食べきれず、残してしまったら『持ち帰る?』と聞かれました。持ち帰り文化があるのか。
ちなみにエビはハーフでオーダー可能なのに対し、他はハーフサイズは無理みたい。
大人数で行くといいね。



P5231799.jpg
そして、ここに来たらぜひ食べようと思っていたイワシ〰
この店を紹介しているほとんどのブログがこれを頼んでいたので。

まず、付け合わせのピーマン、トマト、たまねぎと、そのドレッシングが異様にうまい!
ここのサラダが人気な理由が分かった。
そして、ポテトがまた、ほっくほく!!本当においしかった。エビのソースをかけても最高。
そしてイワシ。塩加減がちょうどいいし、まず臭みが全然ない。本当に新鮮なんだなー。
この一皿は、シンプルな調理方法でマカオの魚と野菜を最大限においしく食べられる一品でした。
やっぱりこれはマストだね。



P5231798.jpg
後半から500Lの壺入りサングリア。この一杯のために仕事がんばった。(※500mlでした。)
香辛料、柑橘類とも控えめ、甘さは結構あった。
全部飲んだら悪酔いするかなーと思っていたけど(思いつつ全部飲んだ。)氷もたっぷり入っていたし、十分水分を取ったのでレストランを出てマカオ半島に戻ったころにはすっかり酔いもさめていた。


フェルナンドの気取らぬ雰囲気、国籍、世代を超えて愛されるのがよくわかりました。
雰囲気もさることながら、とにかく素材の味を最大限に生かしたシンプルなポルトガル流の調理方法が本当に気に入った。その日、海や畑で採れたものを食べられる幸せ、塩胡椒とオリーブオイルだけでもおいしいと思えるような良質の野菜があること。実はとってもシンプルなことで、もしかしたらそれは遥々マカオまで行かなくても、あなたの実家や、おじいちゃんちでも味わえることかもしれないね。

最後にちらっと会ったフェルナンド氏もとっても気さくで本当に素敵なレストランでした。
遥々遠くまでやってきて、”おいしい”以上のものを得たような気がする。

P5231801.jpg
待っている間にこちらをどうぞ。



P5231802.jpg
レストランの席待ちスペース。バーがあるんだって。
こんな素敵な場所だったら、待つこともまた一興ですね。



P5231804.jpg
路線バスでフェルナンドに行く行き方はこちら:黒沙ビーチ(終点)下車後、バスの進行方向を向いて、すぐそこ。



P5231805.jpg
帰りのバスも頻発。



P5231807.jpg
もう少し早く着いたらビーチも見てみたかった。



P5231809.jpg
バス待合所にあった、獅子會の文字、なんだと思いますか??
すぐに『ライオンズクラブ!』と気付いたあなた、アタマイイネー。
鋭い友人が解明してくれました^^



P5231810.jpg
まだ6時!マカオに戻ります。さて、マカオの夜が待っているよー!
関連記事
スポンサーサイト

| 中華圏のご飯 | 00:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

サングリア

500リットルも飲んだら死んぢゃう。

| 通りすがりのエスP | 2015/06/16 17:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1409-24b5c179

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。