世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

マカオ女子旅⑪ドッグレースを見た

マカオ女子旅初日の夜。週末のマカオでドッグレースが行われていると本で読み、友人がたまたま拾った地図上でそのドッグレース場を発見。
小さい頃からなんとなくその存在が気になっていたドッグレースなるもの見学してきた。


IMG_6039.jpg
入場料を払って会場へ。ドッグレースは涼しくなる夜の7時半ごろから行われます。
一晩で18レース。
お客さんはほんとに少なく、ほとんどが地元のおじさん。
観光客らしき人はほとんどいない。
あとで調べたら、場外馬券システムもあるそう。ラジオや有線中継もやってるみた。
レース場は思ったより大きく、観覧席はまるで小さい競馬場。
撮影禁止となっているが、ゆるゆる。

パドックに現れたわんちゃんの様子を見ながら、なんとなく当たりを予想。
初心者ながら、この時の様子が案外順位に反映する。
10レースぐらい見てみて、『調子良さそう、集中してそう』と感じた犬は、友人も共通して選んでいて、さらにその子たちが上位に食い込む確率はかなり高かった。
気がする。

おじさんたちは競馬新聞ならぬ競犬新聞を見ながら、事前に馬券ならぬ犬券を買っている様子。
犬券を買えるのは、犬がスタートラインに設置してあるケージに入るまで。
それまで落ち着いてトレーナーの歩調にしっかり合わせて歩いている犬たちも、ケージに入るとちょっとパニくる子もいてかわいそうだった。
準備が整うと、コース脇にぐるりと設置されているレールの200mぐらい手前から、すごい勢いでウサギのぬいぐるみが滑り込んでくる。犬の入っているケージの横をぬいぐるみが通過するタイミングでケージの扉が開き、犬たちは一斉にうさぎを追いかけてトラックを走るという仕組み。
小さな犬が大きな馬のごとくダイナミックに走る姿には目を奪われました。
賭け事なのが残念。
馬の毛並や筋肉をめでるように、全速力で走る犬もそれはそれは美しい。

IMG_6040.jpg
速すぎて追い付かなかった。
一度1、2、3着を当てたレースがあった。が、お金は賭けていませんでした。まさにビギナーズラックの無駄遣い・・・
犬券場では日本語による説明をもらえます。(めっちゃ手書きだけど。)
一口は数百円からで、カジノと比べるととても少額。
競馬新聞を見ながら馬券を破り捨てるおじさんの気持ちがほんの少しわかったような・・・


競犬新聞によると、犬には皆壮大な名前が付けれれている様子。
どんな風に飼育されているのかな?
競技生命が絶たれたあとはどうなるのかな?
初めてのものを見て、見聞は広がった。興奮もした。が、複雑っちゃ複雑。犬は何も考えちゃいないだろうけど、犬には信頼する飼い主がいつもそばにいて、幸せに暮らすのが一番って思うから。
じゃあ競馬はどうなのって話だけど。
そんな感じの初ドッグレース見学(まさに見学!)でした。

時刻は10時すぎだったか。
今日は最後にもう1個、重要な見学があるのだよ( ´艸`)


ちなみに犬は中国では狗。。

関連記事
スポンサーサイト

| マカオ | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1410-c47396d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT