世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

ヒヴァの夕暮れの街並み、ミナレットからの眺め

P6072408.jpg
夕暮れ時が始まります。
世界が夕日に染まるマジックアワー、一日のうちでこの時間にしか見られない景色を見に行きます。



P6072413.jpg
タイルで作られた旧市街の地図。ラクダの影がかわいい。
日が沈む前にどこまで歩けるかな。



P6072415.jpg
美しいムハンマドアミンハンメドレセとカルタミナルの夕暮れ。



P6072417.jpg



P6072419.jpg
段々いい色に染まってきた。



P6072420.jpg
メインストリート。
すっかり人が引けてしまった。



P6072421.jpg
工芸兄弟も店終いしている。



P6072422.jpg
カラゲストハウスに帰る道。



P6072425.jpg
家に入れてほしいにゃんこさん。どうがんばっても網戸が開かない!



P6072434.jpg
ヒヴァで一番素敵なバフラヴァンムハマド廟の通り。この時間には絶対にここを通ろうと思っていた。
夕暮れも期待通りの美しさ。



P6072436.jpg
バフラヴァンマフムド廟



P6072437.jpg
イスラームホジャメドレセも西日を浴びてきれい。



P6072438.jpg
世界と調和するミナレット



ヒヴァミナレットからの眺め
夕暮れはミナレットから眺めようと決めていた。
暑い中上りたくもないし〰(´з`;)
と、のんびり構えていたら、ミナレットは夕暮れ前には閉館となるみたい。日が沈むと階段が真っ暗になって危ないからかと思う。
危うく滑り込みセーフ、”15分で帰ってきな!”とせかされ、登るだけで10分かかるよーと泣き言。実際登ってみたら5分もかかからなかた。そんなに巨大ではないって話。

これは北側の旧市街。
メドレセが見える。イスラム建築の特徴、ポコポコしているドームは上からじゃないと見えない。
城壁の向こうは新市街。西門や北門の向こうは開発が進むんだそう。
この光景はウズベキスタンだけでなく世界の宝、どうかずっとこのままこの美しい旧市街が保存されますように。



ヒヴァミナレットからの眺め
西門方面。
下を歩く子供がメドレセの窓から覗いている私に気づいた!すごい目がいいなー。手を振ったら振替してくれたよ。



ヒヴァミナレットからの眺め
南門方面
イマームホジャメドレセと、ミナレット。



ヒバミナレットからの眺め
あっちのミナレットはもっと高い。でも、南側の端のほうにあるから、町の真ん中にあるジュマモスクのミナレットに上った。



ヒバミナレットからの眺め
パフラヴァンマフムド廟と南側の旧市街の街並み。
城壁も見える。



ヒバミナレットからの眺め
アラクリハンメドレセと東門の先の市場の屋根が見える。



ヒバミナレットからの眺め
ミナレットの階段はこんな感じ
日が沈むと、窓のない部分は真っ暗。
最後に係りのおばさんに『まだ上に人はいる?』と聞かれた。自分では見ないのか。


さて、日が沈みました。
気温も下がって、夜風に当たりながら飲み会開始ですよー。
関連記事
スポンサーサイト

| ウズベキスタン | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1449-bda3e3b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT