世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウズベキスタンの朝ごはん色々。

ヒバカラホテルの朝ごはん
ウズベキスタンのホテルは朝ごはん付。
素敵な料理が多いと聞いて楽しみにしていました。
これはヒヴァのホテルカラの朝ごはん。
1つ1つは質素ですが、自然の恵みと、おもてなしの心がしっかりわかりました^^朝からうれしい!

コーヒーは、トルコなどと同じ粉のアルビックコーヒー。
ウズベキスタンではコーヒーにミルクはつかないみたい
チーズはカッテージとスモークの2種類。ミルク自体はあまり飲まないみたいですが、乳製品は豊富なウズベキスタン。
席についてから焼いてくれる目玉焼きは油ギトギトでしたがふっくら。
ナンにつけていただきました。
ビスケットはきっと市場の量り売りで買ったものだと思う。普通においしい。



ウズベキスタンの朝ごはん
目を引いたのはこちらのチェリー。この時期はさくらんぼがとてもよく採れるそうで、こうやってコンポートにするそう。
カッテージチーズやヨーグルトに合わせて食べるといい。



ウズベキスタンの朝ごはん
カッテージチーズ。



ウズベキスタンの朝ごはん
大きくて有名なヒヴァのナン。ちょっと硬い。



ウズベキスタンの朝ごはん
あんずと、角砂糖。この砂糖の正しい食べ方はよくわかりませんが、ボリボリ食べるとおいしかったです。
市場に行けば必ずあり、ウズベキスタンの食卓には欠かせないものみたい。



ウズベキスタンの朝ごはん
ピーナッツだったかな、お砂糖をまぶしたもの。
こういうので、豆が違うバージョンをインドでも見かけた。
一度食べると止めるのが大変。



P6202981.jpg
サマルカンドの宿、フルカットの朝ごはん
朝から甘いものが多い。お菓子は乾燥していて日持ちするみたい。
朝から肉のサムサが付いてきた。



IMG_6298_201508141331476bf.jpg
ブハラのホテルファティマの朝ごはん①
この朝ごはんはおいしかったなー。特に奥にある白い物体。味は生クリーム、食感は牛乳の皮を固めたようなもの。
インドのミルクボールにちょっと似ている感じ。とてもおいしかった。
奥にはパンケーキとクレープもある。ウズベキスタンは、クレープにミンチ肉などを挟むお料理もある。
プラムも6月のウズベキスタンの定番。
付け合わせのご飯はおかず感覚で食べる。ちょっとだけバター風味で意外とおいしい。



IMG_6276.jpg
ファティマの朝ごはんその2
菓子パンにはクリーム風味がついている。付け合わせはそばの実をふかしたもの。塩が効いていて、そのままでおいしい。
素朴なチームも何種類かつく。
ここもコーヒーはインスタントで、牛乳はついてこないスタイル。
朝目が覚めると、普段では食べられないような素敵な朝ごはんが準備されている幸せ。旅の楽しみの一つです。
関連記事
スポンサーサイト

| ロシア・中央アジアのご飯 | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1451-ea5e641e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。