世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

サマルカンドの安宿 フルカット。

定刻より少し遅れて10時ごろサマルカンドに到着。
サマルカンド駅からレギスタン広場まではタクシーで大体15分ぐらい。さすがにもうぼられなかった。
ヒヴァから来るとだいぶ都会に思えた。女の子たちのファッションもぜんぜん違って今風。

P6192636.jpg
サマルカンドのホテルはフルカットというゲストハウス。レギスタン広場へも近かった。
門をくぐると中は木がたくさん。



P6192637.jpg
まずはお茶をと、小上がりへ。
シーズン中は人気の宿だと思うけれど、この日の泊り客は2組だけだったみたい。



P6192639.jpg
口内の水分をすべて持ってくような粉っぽい豆。ヒヨコマメなのかしら。炒ったヒヨコ豆ははじめて。



P6192640.jpg
フルカットの室内。
23ドルだったかな。毛布が大阪のおばちゃん柄なんですよ。



P6192978.jpg



P6192641.jpg
虎の反対側にはスザニという刺繍。トルコでも、刺繍がある部屋を選んでいる単細胞なわたくしです。




P6202979.jpg
フルカットの4階からは、レギスタン広場など町が一望できました。




P6202980.jpg
ダイニングルームは半地下にある。窓が無いのはちょっと息苦しいね。




P6202981.jpg
朝ごはんはこんな感じ。




P1012923.jpg
では早速サマルカンドの街へ。



P1012922.jpg
レギスタン広場とビビハニムの別れ道。ちょっと悩んで、まずはビビハニムのエリアへ行くことに。
この分かれ道が、一生引きずりそうな後悔の引き金だったのですよ。



P6192642.jpg
スーパーがあったので、ウズベキスタンのお菓子を買ってみた。ちょっと中東のバクラバにも似たナッツの入ったお菓子。
だいぶおおざっぱなバクラバ。
関連記事
スポンサーサイト

| ウズベキスタン | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1463-4fba1844

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT