世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

東京でおいしいトムヤムクンならアロイナタベタ

東京で食べるトムヤムクンの中で、これは、と思えるのがおなじみアロイナタベタ。
ワンコインランチとガード下の汚い(笑)店舗が有名なあれですね。
私が好きなのは神田のお店。
ここのトムヤムクンはエビみその味がしっかり効いていてとても濃厚なのですよ。
普段トムヤム味のカップメンを食べているあなたなら、一口たべて”むむ”となるはず間違いなし。
あーやっぱりお店はおいしいなぁ、価値あるなーと思える一品です。

IMG_6149.jpg
ちなみにセットの高菜卵ご飯はタイで見たことない。

ところで私が初めてトムヤムクンとやらを食べたのは、確か大学2年生のころだったか。
吉祥寺近くに住んでいた弟と一緒にお母さんを東京のお店に案内したときで、家族全員で”まっずー!!!”とうなったのを覚えています。

あれから四半世紀・・・まではまだ経ってないけどさ、80か国ぐらいを歩いてきたのですよ。
その間、何百種類の食材を経験して、そして思う。

タイ料理は味覚の玉手箱やー。

同じエビ×酸味で言えば、フィリピン人の心の友シニガンなんかとも同じございます。
実はシニガンもレモングラスや月桂樹、タマリンド、ココナツミルクなど、トムヤンクンと同じ食材を使っています。
が、タイ料理にしてみたら舐めんじゃないわよ、なんですね。
そこからさらにコブミカンの刺激的な風味や、今だなんなのかさっぱりわからないタイカレーのスパイスなどが複雑に折り重なって紡ぎだすのがトムヤムクンのハーモニー。

トムヤムクンの奥の深さが気になるあなた、ぜひともバンコクはピーオーのトムヤムクンを食べてほしいです。
あれは世界一おいしいと思う。
またいつか行きたいなー・・・今度は一体いつタイに行けることやら。
当面は自炊タイに徹します・・・(涙)
誰か私をタイに連れてって―(T0T)
関連記事
スポンサーサイト

| 東南アジアのご飯 | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1505-adb5d34b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT