世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅雨の宮古島旅行記 伊良部島編

梅雨真っ只中に沖縄旅行です。雨降らないでっ!!
IMG_9653.jpg
旅行の日はどんなに早起きでも大丈夫!7時台の羽田発のフライトでした。



IMG_9655.jpg
かわいい機体にテンションあがります♪



IMG_9656.jpg
初沖縄、宮古島到着〰!!!
南国チックな空港!外国に来たような気分でした。



IMG_9662.jpg
空港からすぐにレンタカーを借りて、ホテルへ。早速ゲットしたさんぴん茶^^



IMG_9659.jpg
ホテルから近いごはん屋さんに行ったら、開店時間過ぎているのにまだ準備中でした。南国だなー!
海沿いあった海の幸というお店に入ってみました。青く塗られた外観がなんとも南国チック。
ここはその日に捕れたおさかなを出してくれるお店。私は煮つけにしました。南国なので濃い口かと思っていましたが、あっさり上品な味付け。塩味の煮魚というものも初めて食べました。すごくシンプルな味付けですが、おさかなのダシがすごくよく出てておいしかった。これは魚が新鮮な場所ならではの料理だと思いました。
にんにくのすりおろしの入ったもずくもおいしかった。ごはんがちょっと固めのぱさっとした味で、うわさに聞いていた沖縄風のごはんにちょっと感動。



P6034238.jpg
食後は楽しみにしていたシュノーケルへ。なんせ梅雨、晴れたらとにかくシュノーケリング!と決めていました。
宮古島はシュノーケリングポイントがたくさんあるということなので、あらかじめ下調べした伊良部島の中の島ビーチへ。
伊良部大橋はまだ新しいそうで、ナビに入ってなかったです。



P6034239.jpg
ちらりと見える海がきれい〰!!!沖縄きたー!



P6034242.jpg
日本とは思えない景色。感動しました。



P6034244.jpg



P6034246.jpg
伊良部島へ。



P6034261.jpg
伊良部島一周してみます。宮古島とつながっている島の中でここが一番印象的でした。



P6034247.jpg
のんびりと。ざわわなサトウキビに感動。ザワワ〰ザワワ〰歌いっぱなし。車のわナンバー率の高いこと高いこと。



P6034251.jpg
中の島ビーチに行く途中にホワイトサンドのビーチに立ち寄りました。
きれいなビーチですが、誰も泳いでいませんでした。



P6034252.jpg



P6034257.jpg
そしてこちらが中の島ビーチ。
シュノーケリングポイントとして有名なので、そこそこお客さんがいました。
ここはちょっと深いエリアに行くだけで枝サンゴの森!ダハブとかタイとかパラワンとか、いろいろ見たけどこんなにもりもりサンゴが生えている場所は初めて!ビーチエントリーのシュノーケリングスポットの中ではここがダントツきれいでした。日本、すごい!
でもちょっと怖かったー。(パラワンで岩に打ち付けられたトラウマが、ここでも)岩場があるので安全といえば安全なのかもしれませんが、初心者にはちょっと厳しいかな。ウミヘビなんかもいて、ちょっとドキドキしました。夢中で3時間ほど泳いでしまった。ひょっとしたら1日も晴れないんじゃないかと思っていた沖縄旅行、早速ミッションコンプリート。

ここにはちょっとした売店があって、そこのスタッフっぽい人が三線を弾いていたのがめちゃくちゃ印象的。きれいな海で沖縄民謡の生演奏なんて、本当に贅沢!

ここはシャワーとかがないので、大きいペットボトル入りのお水で塩水を流しました^^ こんな不便さが沖縄ぽくて楽しいね。


P6034259.jpg
引き潮の時に行ったらよかったかな?
宮古島では潮の干満でシュノーケリングの楽しみ方がだいぶ違うと感じました。



P6034256.jpg
パイナップルみたいなのが気になります。
つづく。

関連記事
スポンサーサイト

| 2016 沖縄 宮古島 | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1519-3d77b40a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。