世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロビンソンクラブ モルディブ⑭ そろそろ帰るのです。

2017年1月25日
明日帰るんだなー。さみしい。
IMG_2315.jpg
テラスからじーっと海を見ていたら、今日も亀が!写真撮れました!朝だけやってくるらしい。
7時半に朝ごはん、健康的である。



P1254861.jpg
朝のひとこま。



P1254883.jpg



IMG_2325.jpg
天気がいいうちに、サービスでついていたカヌーに挑戦。見える範囲にいてねと言われ、びびりの私は同じ場所をぐるぐるしてました。初めてのカヌー、思ってたよりよく進むし、舵取りも面白かった。パラワンのラグーンみたいなところでやったら最高だろうな!しかし海は焼ける!


IMG_2329.jpg
カヌー、気にいった。
日によってはガイドとカヌーで島を一周するアクティビティもあるみたい。
カヌーのついでに昨日のカメポイントでシュノーケル、この日も2匹のカメさんに出会えました。
毎日ほんとに贅沢。

お昼は同じ席になったモルディブのおじさんと会話させてもらった。
宗教のことや(南国にありがちな、酒あり豚肉あり、ゆるーいイスラム教徒)モルディブを襲った津波のことなんかを話してくれた。
ある日津波がマレを襲った日、別の島にいた人たちは突然ラジオの音が途絶えて、何が起こったのかしばらく分からなかったという話が印象的。地図を見て、漠然と感じる不安は、そういうことなのです。
このおじさんによるとモルディブ人が他国で学んだり旅行をしたりするのは比較的簡単で、彼もドイツで学んだことがあったんだそう。なのでおじさんは英語だけでなくドイツ語も上手に話していた。
あ、そうか、それで思い出した。このおじさんがドイツ語を話していたので、話せるの?ドイツ語。という質問から、おじさんとの会話が始まったんだった。

いろいろと話したあと、私が好きな質問をしてみた。
そしたらおじさんは”モルディブが一番だよ、母と家族がいる場所だからね”と教えてくれた。


IMG_2339.jpg
こんなところにいるのです。



IMG_2338.jpg
そしてこの環礁のど真ん中。



P1254862.jpg
ここにソファーが出てくると、サンセットタイムのはじまり。贅沢だったなぁ。



P1254864.jpg
ヤシの木の下から空を見るのが好きです。



P1254875.jpg
明日は帰る日。



P1254879.jpg



P1254883.jpg
今日も終わる。
終わるんだけど、ここからも楽しみがあるのがモルディブ。


P1254886.jpg
今日はメインバーでのんびりと。



P1254896.jpg
明るい夜空風に撮れたわ。



P1254893.jpg
ピニャコラーダ飲んだ。
初めて南国に行ったハタチのころから、南国で飲むピニャコラーダが好き。


P1254900.jpg
今日はスタッフさんたちがみんな白い服で正装していた。地元出身者の男の子たちは白い服がよく似合う。



P1254902.jpg
食事はシェフズナイト。それぞれのシェフが創作したレシピを披露する日らしく、いつもより力が入っている感じ。
しかし寿司はなかったな〰(写真の下のほうにちらりと) ごはんがおかゆのようでした(笑)

食後はお楽しみのミュージックタイム、お昼に”酒は飲むよね!”と教えてくれたモルディブのちょい悪おやじが歌ってました。
ミュージシャンだったのか!
関連記事
スポンサーサイト

| モルディブ | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1558-1c17a152

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。