世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鹿児島の旅①黒酢だよ!福山。

IMG_3587.jpg
鹿児島空港から近い観光地をお探しの皆様!飛行機に乗るまでちょっと時間をつぶしたいあなた!朗報です!
鹿児島空港から30分もかからない霧島市福山に、黒酢の産地がありました。
こんな近くにあるなんて!
余談ですが鹿児島への帰省はいつもじゃらんからJALパックのレンタカー付プランを利用しています。
実家泊とホテル泊をミックスできるし、ばらばら買うより安い場合が多い。マイルも付くし、お得感があります。




で、霧島市福山の黒酢の話。
福山には8軒の黒津業者さんがあるそうで、有名なのがかくいださんと、もう1件壺畑さんという老舗。
検索しながらこの2軒は何が違うのか、比較したブログを探したのですがあまり見つからず、結局2軒行って比べてみました。

壺数としては老舗の壺畑さんのほうが大きいそうですが(5万と言ったかな)、お土産は断然桷志田さん(坪数は2万か3万だと聞いた。)
本当は壺畑さんの壺畑を見たかったのですが、この日は平日だったので展望エリアには入れず!><これはかなり悲しい。
裏口にも回ってみたけどだめでした・・・

壺畑さんは映像スペースで黒酢の紹介をしていて、かくいださんは営業さんが説明をしてくれて、壺のあるエリアを歩かせてもらえました。
かくいださんのほうが観光や宣伝に積極的なのはインターネットでぐぐればすぐわかると思います。
義母も鹿児島ツアーで訪れたことがあるそう。あと、健康飲料にも力を入れていて、営業はされました。
とは言え、かくいださんの黒酢製品はどれも試食試飲できるし、味は確かにおいしいし、行って楽しかったのはかくいださんでした。あとインスタでかくいださんのタグをつけたら、営業さんがコメントくれました(笑)ここまで営業されると逆に気持ちいいわ。
ちなみに2軒は車で10分程度の距離です。


IMG_3575.jpg
羽田発のフライトに乗って、おなかをすかせた状態で桷志田(かくいだ)の黒酢づくしレストランへ直行。
逆光気味ですみません、この景色を入れたかったので・・・
ゆったりしてこぎれいな席で、しかも窓際!これだけでもうれしかったです。
箸置きの下にきれいなお花の絵が書いてある和紙が敷いてあったのもうれしい。

食前酒のブルーベリー黒酢ジュース(だと思います)がとてもおいしかった。
前菜は生ハムのなにかなんですが、激うま。どんぶりでください。
ちょこっと乗っている3種のドレッシングがまたおいしー。同じものではないのですがとりあえず下の土産やさんでドレッシングもゲット。



IMG_3579.jpg
素敵な黒酢づくしランチ。こちらのレストラン、メニューはそれほど多くないのですが、安くてボリュームも満点。
ご飯にも黒酢が入っているし、サラダのドレッシングももちろん黒酢を使用。
この酢豚は黒豚を使っていてとてもやわらかい。
酢は弱めですが、テーブルに置いてあるお店一押しの5年物の黒酢をお好みでかけて完成する仕組みらしい。
この黒酢がとても香ばしくて、もちろん1階の土産屋で買いました。
野菜もこちらで採れた有機野菜だそう。
黒酢のジンジャーエールもおいしかった。
デザートの黒ゴマプリンの上のクリームにも黒酢が入っていました。
ここまで豪勢ならデザートは手抜きされてもおかしくないと思いますが、こちらはデザートまでおいしかった。
この日の旅館の夕食のデザートも黒ゴマプリンだったのですが、かくいださんの圧勝でした。
これにコーヒーまでつくんです。(さすがにコーヒーだけは黒酢なし)



IMG_3578.jpg
レストランからの眺め。桜島がよく見えてとても素敵。



IMG_3588.jpg
食後に見せてもらったかくいださんの壺畑。この後ろの山が、冬、霧島からの冷たい風を遮り・・・



IMG_3589.jpg
南の海から温かい風が吹き込み・・・
そんなわけでここ福山が黒酢の産地になったそうです。
しかし、最近は異物混入などに注意を払い、どの壺畑も柵を設け、セコムしているらしい。
景観的には残念ですが、しょうがないですね。

壺から味見もさせてもらいました。仕込んでからの期間別に、3つぐらい比べさせてもらいました。いい経験。


IMG_3592.jpg
ご飯を食べて、少しだけ宮崎方面に走ってみました。海沿いの道から桜島を望む。
かくいださんの近くに松下美術館という素敵な美術館があり、500円でモネ、ピカソ、ルノアール、コロー、レンブラント、黒田清輝などの作品を見ることができます!
身近に本物が見られる場所を提供したいというコンセプトがあるそうで、エジプトなどの考古学資料もあります。
小さいころからこういうものを見られる環境だったら、より感性や知的好奇心が育つのでは。
とてもいい美術館だと思いました。

しかし、梅雨明の鹿児島は暑い!松下美術館は建屋が複数あり、外に出て移動しなければならないので、それだけはつらかったです。



関連記事
スポンサーサイト

| 2017 鹿児島 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/1560-c663c02d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。