世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フンジュラーブ峠(カシュガル~ススト)to Sost

20070925155139.jpg
カシュガル~タシュクルガン間後半は、6~7000mの山々が連なる険しい山岳地帯。パキスタン人が「K2が見える!」と騒ぎ出したが大嘘。

20070925155146.jpg
「砂糖のよう」「灰のよう」など人によって表現は様々だったが、不思議な砂山を抱えた湖。国境付近はゲルも多い。

20070925155151.jpg
カラクリ湖の近く

20070925155156.jpg


20070925155210.jpg
タシュクルガン夕方着・一泊。日が暮れるのは北京時間で11時だった。
20070925155217.jpg
カシュガルとはまた違う風貌の人々。


20070925155204.jpg



20070925155222.jpg
国境付近(フンジュラーブ峠付近)アジア初めてのカナダ人いわく、「世界でもっとも美しい国境!」だそう。
私的にはヒマラヤの高地の中ではかなり無機質な印象を受けた。それでも氷河が見えたりしてダイナミックだし、行って損はない。いや、一度は行きたかったので幸せです。


20070925155227.jpg
この夏ここで被害を受けた人は多いのでは。私の時は復旧済み。2日前に出発していた大先生は立ち往生、2週間ぐらい前は1時間ぐらいトレッキングをしないと通過できなかったのだとか。川がすぐ間近で、雨がふったらまたすぐ道を埋め尽くしてしまいそう。

20070925155231.jpg
半分水に浸かってますが大丈夫なの?

関連記事
スポンサーサイト

| Pakistan パキスタン | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/341-3bb234fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。