世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

カラーシュ谷② ルンブール谷のバラングル村

20070925173519.jpg
ブンブレットからルンブール谷へ。中間のチェックポストでジープを乗り換える。どちらも親切なパキスタン人がタダで乗せてくれたが、席はない!!全員が座れるスペースがなかったので座席の上にみんなで立ち乗り!ぼけーっとしてると電線や木が襲い掛かってきてキケン。


20070925173526.jpg
バラングルの家。カラーシュ式団地。


20070925173532.jpg
泊まった宿はパーフェクト!庭に小川が流れている。朝は庭にテーブルを出して朝食を。あーしあわせだー。


20070925173537.jpg


20070925173616.jpg


20070925173611.jpg


20070925173621.jpg
宿に遊びにきた子供たち。


20070925173547.jpg
谷の奥まで小トレッキング。イスラムの村の女の子。
このあたりはムスリムとカラーシュは村ごとにすみわけている。

20070925173551.jpg


20070925173602.jpg
カラーシュの少年、サイタマット。すごく賢くて、デジカメ画像を見ながら次々と知っている英語をしゃべっていた。将来大物になるかも!

20070925173607.jpg
サイタマットファミリーのちびっこ。きゅーぴーちゃんみたい!

20070925182257.jpg
きゅーぴーのお姉ちゃんかな?とっても美人そしてカメラ慣れしてる・・・
家族にも会ったが、赤ちゃんにハエがたかって口がまっくろになっていても気にしないらしい。彼女はこんなにきれいにしているのに。この衛生観念に、大先生はとてもショックを受けてへこんでしまった。もとからお風呂に入る習慣はないかもしれない。
私が気になったのは、みんな顔が同じだということ。狭い村で近い婚姻を繰り返した結果なのか・・・

20070925173640.jpg
川を渡って山を登った先までハイキング。山の上にはマルベリー(桑の実)の大きな木があって、ぱくぱく食べながらさらに進む。

20070925173644.jpg


20070925173648.jpg


20070925173652.jpg


20070925173656.jpg


20070925182311.jpg


20070925173735.jpg
おじさんの麦倉庫を見学。

20070925173745.jpg
ブタの皮を利用したバック。足の部分に紐を通してリュックになる。なんて賢い!でもムスリムじゃないカラーシュ限定。

20070925173630.jpg
カラーシュゲストハウスの娘、ピリングル。写真を撮ってあげたらとってもなつかれ

20070925173635.jpg
ババババ!(女性はババ、男性はバーヤと呼ぶ)と部屋まで押しかけみつあみしてくれました。

20070925173754.jpg
ママのご飯はとってもおいしかった。リクエストもいっぱい聞いてくれたし、マルベリーワインも入手可。ただしべットにダニがいる。

★カラーシュはもともとダニに指されやすいのだとか。特に女性は注意。ちなみにシャワーは泊まった3件すべて水のみ。夏でもかなり冷え込むので辛い。

ブンブレットにはレストランはないので、宿の人が作ってくれる。どれもシンプルで毎日似たようだが、それほど飽きなかった。



関連記事
スポンサーサイト

| Pakistan パキスタン | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/346-8650a12e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT