世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

世界の車窓から ルーマニア

ROMANIAモルドバの首都キシナウを10時ごろ出発し、ルーマニアのIASIに着いたのは1時半頃。ここから列車に乗り換えクルーシュナポカという町に向かいます。

romania (1)
IASI
バスの人たちが親切に駅前で降ろしてくれました。IASIはルーマニアの一地方、モルダビアの州都です。

romania (2)
待合所で会った第一ルーマニア人。英語が堪能でなかなか賢そうな方でした。琴欧州を思わせる穏やかな物腰が素敵です。
モルダビア地方は貧しいので、出稼ぎに行くのだとか。そういう若者に何人も出会いました。

romania (3)
ヨーロッパ屈指のぼろさを誇る。なかなか味があって、私は好きです。

romania (7)

romania (5)
夕暮れの車内

romania (6)

romania (4)
ずっと一緒に旅したおじいちゃん。お互いに持ち寄った食べ物を広げて、一緒に夕食を食べているところ。お菓子やパンの具を交換して、すっかり仲良くなりました。ルーマニアの列車はこんな触れ合いが
沢山でかなりお勧めです。どうやらルーマニア人は旅人を放っておけない性格らしい。。。

romania (9)
やっとひまわり満開の季節がやってきました。どこよりも一番きれいだったルーマニアのひまわり畑。

romania (10)
ヤシを出た直後はとにかくど田舎で、時には戦争直後かと思うほどにぼろぼろの建物群を通りすぎ、また時にはアフリカかと思ってしまうほどに貧しそうな村をいくつも越えていったのですが、夜半トランシルバニア地方に突入すると、駅が一気にまともになっていた。。。
ルーマニアで一番貧しいモルダビア地方から、ルーマニアで一番リッチなトランシルバニア地方との差は、想像以上のものでした。
モルダビア地方の景色は最高にのどかできれいだったなー・・・このひまわり地帯は、下記理由から場所を特定することができません。。。

romania (8)
実はこの列車、出発後わずか30分で緊急停車したかと思いきや、今度は来た道を引き返しているではありませんか。なんでも天候不良のため従来のルートを変更してかなり遠回りでクルーシュを目指しているのだとか。途中から乗った人は「駅で6時間も待ったよ」と言っていました。クルーシュには夜の11時に着く予定でしたが、そうなると何時に到着するのかもうさーっぱり分かりません。おちおち寝るわけにも行かないし。。。
結局クルーシュに着いたのは朝の6時!!!偶然!?目が覚め下車することができました・・・はぁ良かった。


CLUJ NAPOKA クルーシュナポカ
トランシルバニアを代表する都市のひとつ。これといって見所はないのですが、交通の要所となるだけに訪れる観光客は少なくない。ゲストハウスはとても良かったのですが、都市としてはあまり魅力を感じませんでした。

romania (15)
宿はトランシルバニアホステル
昨晩11時に到着予定で予約を入れておいたのに結局たどり着くことができなかった旨を伝えると、快く翌日に予約を変更してくれました。まだ新しい宿なので、何もかもきれいだしスタッフも新鮮で良かった。

romania (16)

romania (14)

romania (13)
1.5lワインを2本空けていたひとたち。

romania (12)
ブサイクすぎて大人気。

romania (11)
旧市街はところどこに姿形のまったく異なる建物が混ざっていて、統一感にかけるという点でマイナス。

romania (18)

romania (17)
1泊だけして、ライナーと分かれてシゲシュワラに向かいます。









関連記事
スポンサーサイト

| Romania ルーマニア | 04:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/599-7077dcd6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT