世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アルバニア 世界遺産ベラットへぶらり日帰り一人旅

アフリカの飛地伝説 アルバニアその2は、アルバニアの世界遺産登録地・ベラットBERAT, ALBANIA

さて、そんなこんなで皆様からの反応がよいアルバニアですが、なんと世界遺産があるのです!
その名も『千の窓を持つ町』ベラティ。BERATとも言う。2008年の最新登録遺産の実力はいかに。

アルバニアの田舎には今も昔ながらの伝統が残るというロンプラの一説についつい踊らされ、ティラナから日帰りでプチ旅行。
結果ですか?『日帰りにしてよかった』かな。
1時間で観光が終了してしまいました・・・

alba (36)
こんな感じ。新しくて趣や歴史をあまり感じなかった。バスからこの集落を見たとき、あまりにもおニューなかんじがして、ベラティぽいけどまさかここじゃないよなーこれだったらショックだなーと思っていたらまさにここでした・・・凹。

alba (32)

alba (46)

でもちょっとチベットやラダックの僧坊にも似てるかな??

alba (27)
サフランボルの古民家も似た感じ。

alba (37)

alba (52)

alba (40)
ヨーロッパのバスですが何か。

alba (48)
アルバニアの教会は時々面白い形をしている。アジアとヨーロッパの交差点だけあり、モスクも多い。
そういえばアルバニアで興味深かったのは、母国語以外に話すことのできる外国語が、人によってさまざまだったこと。普通なら旧宗主国の言葉を話すのが一般的ですが、歴史的にも場所的にも沢山の国々から影響を受けているアルバニアだけあり、イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語など、声をかけた人がそれぞれ違った言葉で反応してくるのが面白かった。え?ニーハオマ?中国人じゃないっつーの!

まだまだ国が貧しいため、出稼ぎも一般的なので外国語は必須!!アルバニア人はヨーロッパ中に散らばっているのだとか。

alba (49)
若者が昼間からふらふらし、おやじは昼間からチャイハネでだらだら。完全にアジアアフリカ的光景。

alba (53)
アルバニアの主食(私の)はケバブ。たっぷりポテトまで入っていてわずか100円ちょっと。

alba (54)
でもこれはまずかった・・・カッテージチーズ文化でもあります。

以上国一番の景勝地、言ってみればハイライト(とロンプラにも書いてあったが。)でした。
個人的にはモンテネグロとの国境の山道のほうがよっぽど絶景で良かったかな。

観光を1時間で終えてしまったあとは、地元の人とからみながらアルバニア人気質を観察しました。実に人懐っこく無邪気な人々です。そして親切!!
ちんちゃんちょんじゃっきーちぇんあちょーとよく言われましたが、今いるコーカサスほど悪意がない。まさにどっかのアフリカのごとく、喰いついてあげるとニカっと笑ってすんごいうれしそうな顔をします。人と絡むのが一番の楽しみだなんて、いやいやさすがアフリカの飛地。恐れ入りました。

国民の7割がねずみ講にひっかかって財産を失い経済が破綻したという冗談みたいな過去を持つ国ですが、なんだかとっても憎めない。I LOVE アルバニア人!

『それでもなんでも最後はここに帰りたいんだ』という、イギリスに出稼ぎ中のアルバニア人青年の言葉が印象的。



これを読んで私も行ってみたいわーと思ったあなたに少し情報を。

ティラナにはアルバニア唯一のバックパッカーズがあります。
その名もティラナバックパッカーズ。ロンプラにも歩き方にもホステルワールドにも載っています。
一国の首都にもかかわらずティラナはバスターミナルがなく(何分アフリカの飛地ですから)、ティラナについてから一体自分が今どこにいるか分からないという事態が起こるものと予測されますが、そんな時はティラナ市民に『ピラミッドはどっち!?』と聞きましょう。アフリカの飛地なのでピラミッドもあるのです。そしてピラミッドはとても有名なので絶対にみんなが知っています。そこから宿へはさらに10分ほどかかりますが、アットホームでフレンドリーなアルバにアンガイズがあなたのお越しをお待ちしております。

マケドニアへは日に1、2本のバスがあり。中央広場のミュージアムの裏にあるDORITA TOURで、職務中にもかかわらずチャットに夢中なおばちゃんからチケットを買うことができます。
でも私が行った時は6人ぐらいしか人が乗っていなかった。大丈夫なんか?? 7時発の夜行バスで、翌日3時にスコピエに着きました。3時。詳細はマケドニア編に書きますが、3時ってあーた。やっぱり連想されるのはどうしてもアフリカなのよね。




関連記事
スポンサーサイト

| Albania アルバニア | 16:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

そうや!!それや!

ほすぴたりてぃーくらぶ。

これってホームステイOKな人らが登録してるやつやんな。泊まりに来てもいいよーてな人らが(雑な認識)。
前に旅行者に教えてもらったんやけど、名前を忘れてしまって困ってました。

自分は泊まらなくてもいいけど、京都の実家に部屋があいてるので外人旅行者を招きたいです。

カウチサーフィンはぜんぜん聞いたことないので調べてみます。

| tmj | 2008/12/20 18:53 | URL |

No title

つむじ
なんだろうねぇ。BPのほうがこじんまりしていてあっとほーむで年齢制限が絶対ない!!!
YHはでかくて、ヨーロッパなら郊外にあることが多くて、文字通りユースが多くて学校のノリで、だからドミも大きくて、そしてたまに年齢制限があるよね。
ヨーロッパじゃユースは絶対やだったからBPばかりとまったけど、つむじくんはぜひほすぴたりてぃーくらぶかカウチサーフィンで旅してほしいよ。
こないだ日本人の男の子で50泊ぐらいカウチサーフィンしまくったって子に会ったよ。

| ちょりこ | 2008/12/20 02:06 | URL |

No title

バックパッカーズとYHって何か違いがあるん?

泊まったことないのでよく知りません。

| tsumuji | 2008/12/19 19:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/642-8cace04e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。