世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

念願のイランへ!

IRAN
ccsga (60)
アゼルバイジャンのバクーから3ドルの夜行列車に乗ってイランとの国境の町まで向かいます。
3ドルだけあって、トイレ臭い・・・でもシーツは配ってくれました。

ccsga (61)
同じコンパートメントだったイラン人学生のメフディ君とムハンマド君。
イランの列車はもっといいらしく、こんな列車に乗ってしまって大後悔をしていました。
「本当は飛行機でイランに帰りたかったんだけど満席だったから」
おっと、お坊ちゃまか!?

歯科の学生の2人によると、イランではその道は非常に狭き門らしく、もっと簡単に入学できるバクーに留学しているとのこと。
ムハンマド君は英語がとても堪能で、いろいろと話をしました。かいつまんで言うと、
「元彼の家に行って彼女の両親をお酒を飲んだ」らしいのです。
え~!??いいのいいのいいの~!?

イランといえば、禁酒ですよ。
イランといえば、自由恋愛禁止なんじゃないの!?
しかも両親公認!?
しかも両親も飲酒!?

彼のこの発言に、いきなりイランのイメージががたがたと崩れてしまった。
イランといえば、30年ほど前に起きたイランイスラム革命により、世界でもまれな超イスラム国家、国の法律により、女性はスカーフをかぶることが強制されている国なのです。(そんな国、イラン以外にあるのかしら)

そのイランで!?

アゼルバイジャンから仕入れたウォッカを片手に、「いいのいいの、飲酒したってなんだってアッラーアクバル、アッラーを信じているから。」と。
おーーーー。新世代だな。
「豚も食べたことあるよ、でも一回だけ・・・」
そこはさすがに罪悪感があるのかな??
余談ですが、グルジアで会ったヒンドゥ教徒のスリランカ人を連れて、うっかりヒンカリを食べてに行ってしまいました。「あっ・・・・牛・・・」と私。
「平気だよ、お酒だって飲むし、うちはそんなに保守的じゃないから」
と言いながら、その瞬間から一切そのヒンカリには手を着けなかったのを私は見逃さなかった。

ccsga (62)
アゼル側終点の駅を1歩出ると、カスピ海が。

そんな2人のおかげで、国境越えもスムーズ。
ちなみに終点の駅(翌朝到着)から乗り合いタクシーで国境へ。そこで版画で使うようなインクで両手の手紋を採取(これは最近日本でイラン人に対し新たに行われるようになったそうで、その報復?らしい。)、再びタクシーで乗り合いタクシーのスタンドへ。そこから乗り合いタクシーでラシュトへ移動。

ラシュトでは、3人揃って彼らの友人に超豪華なイラン食をおごってもらっちゃいました。
そこから当然バスでテヘランに移動するものだとばかり思っていたら、
ムハンマド君「飛行機乗りたい・・・」
でた!お坊ちゃま発言~
風邪を引いたらしく、たった5時間の移動でさえしんどいらしい。
そこで友人の運転する車で空港へ。しかしあいにく満席。
困った2人は「タクシー乗りたい・・・」
すごい、本とにボンボン!?

イランは移動費がとても安いので、乗り合いで4時間タクシーに乗っても一人8ドルと大して値段は張らないのですが、なんだかもう育ちが完全に違う。
私なら、例え40度熱があってもバスがあるなら飛行機なんか選ばないよ・・・

そんなこんなで結局テヘランに着いたのは夜中の12時!
彼らをバスターミナルで降ろし、そのままテヘラン市内のホテルに送ってもらう値段、4ドル。なんか腑に落ちませんが、深夜だしどうしょもないので従うことにしました。途中タクシーの運ちゃんは、行き先が同じだったカップルを拾い、お金を受け取らず彼らを下ろしました。それって、私の許可とかどーでもいーのか?

その日の宿は女性にも安心なメフル。しかし10ドルとちょっと高いので、翌日以前強姦事件を起こして営業停止になったマシュハドホテルのドミ(5ドル)に移動しました。
その従業員は復帰していて、目がいっちゃっててとっても気持ち悪かったです。ドミに人が結構いたので泊まりましたが、いなかったら絶対泊まりたくない!!!きっと日本人女性は簡単に身体を触らせたりするんだろうな。ちょっと風邪引いたっていったらさっそく私のおでこに触れようとしてきたので、真顔で触らないで下さいと言いました。おでこぐらいと思う日本人女子!!!ここはイラン、ムスリム女性は決してそんな軽率な行動はしません!!!日本で言ったら道端でスカートめくってるようなもんだと思います!!
イラン人には決してしないことを日本人にするとは、失敬な!見下すな!と言ってやりたかったけどあいにくそんな語学力はありません。

で、何もないテヘランで何泊かしました。結果、何もない。でもうわさの宝石博物館は良かったー。
イギリス、ロシアに続くすんごい宝石博物館らしいです。

irantehran (4)
TEHRAN
こっちは絨毯博物館。ペルシャ絨毯の産地だけあって、大満足の内容でした。ペルシャ絨毯は草木花などのほか、絵画のように凝ったものも結構ありました。

irantehran (5)

irantehran (6)
この髭はありなのか?

irantehran (7)
ガラス博物館。

irantehran (8)
イマーム広場のサンドイッチ屋から。
一国の首都なのに、写真がこれだけってところから、どれだけ何もないか伝わりますでしょうか。

irantehran (9)
仕方ないのでバスターミナルでも。交通機関は発達しているので、バスターミナルはかなり大きかったです。
ここからイラン1周の旅スタート!

まずはテヘランから2時間ちかくのゴムへ。

irantehran (10)
GOM
いきなり聖地です。これは聖廟で、モスクと違って異教徒は入場できません。
しかし外側からでも十分すごい!巡礼者相手のお土産屋さんもおもしろい。こういったものがテヘランでは全然見ることができなかったので、やっとイランに来たことを実感できました。
ゴムの街もレンガ造りの家が並んだ砂漠特有の黄色い感じの街で、ますますいい感じ!!

irantehran (11)
これこれ、イランでしょう!

irantehran (12)
ここから先はムスリムのみ

irantehran (13)

irantehran (14)
聖地だけあり、テヘランとは違ってチャドルの女性がとても多かったのが印象的

irantehran (15)
ゴムの街


そのまますぐにカーシャーンに移動し、今日はここで一泊。
すでに日暮れ近かったのであまり観光をすることはできませんでしたが、あまり大きくもなく庶民的なバザールと静かなモスクが印象的でした。

irantehran (16)
らくだのターメリック引き?バザールの中のスパイスやさんにて。らくだはいませんでしたが。。。

irantehran (17)
カーシャーンのモスク。たまねぎの部分が土色なのが素敵。土壁の旧市街とよくマッチしていました。

明日はいよいよ憧れのエスファハーンへ!
関連記事
スポンサーサイト

| Iran イラン | 04:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

ちょりこさん、
ご返事ありがとうございます。情報たすかりました!
ぼくらはこれからチベット、ウイグル経由で中央アジアからイラン入りの予定ですが・・・アゼル経由したほうがよさそうですね。いろいろ考えてみます。
女性の一人は何かと大変ですよね、おきをつけて!
では、よいたびを!!

| ビザなし地球人 | 2009/02/13 00:26 | URL | ≫ EDIT

Re: Re: イランビザについて質問です

ブログにも書いた1000キャメルというバクーの宿の人
がとても親切で、頼めば領事館まで着いてきてくれると思うのでおすすめです。

| ちょりこ | 2009/02/08 19:10 | URL |

Re: イランビザについて質問です

こんにちは。メールができないのでこちらのコメント欄に書き込みます。
女性のビザ申請は全く問題ないようです。何人もの女性が成功しています。
ご夫婦揃っての申請でしたらなおさら安心だと思いますよ。未婚女性の二度目のイラン旅行は倦厭されるということですが・・・
トルコでは現在イスタンブールでの取得はインターネット申し込みとなっていて、時間も費用もアゼルバイジャンの倍かかります。
アンカラでは簡単に取れるようですが、こちらは未確認です。

アゼルバイジャンでは、若干面倒くさいのですが所要は2日から3日です。
まず最初に領事館所定の銀行に行き、50ユーロを支払い、レシートをもらい
それを持ってからの申請となります。
領事館の係員はとてつもなく不親切で、私に指定銀行の場所も金額も教えてはくれませんでした。ちなみに全く英語の話せない係りでした。


銀行は領事館から離れていて、バスか地下鉄で別の駅に行き、そこからさらに人に聞きまくって行きました。(駅から徒歩20分ぐらい)
12時ぐらいには申請時間が終わってしまいます。

申請書類等は特別難しくはありません。イランは初めてであることが条件かと思います。女性はスカーフをしていったほうが印象がいいようです。
午前中に申請し、何もなければ翌日午後受け取りになり、その日の深夜の列車でイランに向かうことができます。

以上ですが、また何かありましたら書き込みして頂ければお返事致します。
では良い旅を!

| ちょりこ | 2009/02/08 19:08 | URL |

イランビザについて質問です

はじめまして。
スナフキンさんからこちらのページ教わりました。
イランビザについて質問です。もし可能であればご返事いただけると助かります。
嫁さん同行でイランに行く予定です。中央アジアのいずれかの国かアゼルバイジャンかトルコあたりからイラン入りを考えています。(いまはネパールです)
ちょりこさんがビザを取ったとき、女性がビザ取得は簡単でしたか?ビザ代はいくらかかりましたか?ビザ代以外に必要な書類等はありましたでしょうか?
お手数ですが教えていただけると助かります。

| ビザなし地球人 | 2009/02/07 17:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/657-78bfd2ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT