世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

トルコ南東部その1ハラン

トルコ東部にあるシャンルウルファは、トルコ人がメッカに巡礼する時に立ち寄るという聖地。
周囲にはまだまだ民族衣装を来た日々とが生活しているようで、晴れ着姿で観光する遊牧民もいました。
マーケットもまた庶民的でイスタンブールでは消え失せた昔ながらのトルコを見ることができるのではないでしょうか.また日干レンガづくりの家も多く、いよいよ中東が近づいてきているこも感じました。

ビトリスからの夜行バスは早朝4時ごろに到着。荷物をバス停に預け、まずはとんがり屋根の集落で有名なハランの町へ移動。このあたりにはメソポタミア時代から人が住んでいたそうです。

tusy (3)

tusy (4)

tusy (6)

tusy (7)

tusy (8)

tusy (9)

tusy (12)
とても静かな集落で、ちょっと寂しいくらい。そんななか唯一私に近づいてきたのは小さな男の子。ペンやマネーをねだられたら困るなあと思ってたら、逆にポテトチップを1枚もらっちゃいました。
トルコにきてからやたらとものをもらってしまう事が多かったのですが、こんな小さい子にまでその気質がしっかり受け継がれているとは!

tusy (5)
ハランには古い遺跡も多くあります.これはトルコで最も古いというミナレット

tusy (11)

tusy (13)

tusy (14)

tusy (17)

tusy (15)
ちょうど市がたっていました。
アラファト議長みたいなスカーフのおじさんがいっぱい!!そういば赤いスカーフを被る男性はシャンルウルファから見るようになった。
ハランあたりだと、男女とも薄紫のスカーフを被っていた。柄は若干違うものの、男女が同じ色のスカーフをかぶる土地は珍しい。







関連記事
スポンサーサイト

| Turkey 2 東トルコ | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/670-23182396

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT