世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

世界のお食事アラブ編

leban (25)
おいしい中東料理NO1はシュワルマ。チキンが入っています。中に何を入れるかは国によって若干違うけど、サワークリームやピクルス、トマトなどが入ってます。サワークリームはにんにくテイストが◎。チャパティの皮をかりかりに焼いてくれるのがトルコ~ヨルダン風。

damas (15)
シリアのピザ。シンプルな味付けだけど、焼きたてなのがうれしい。

tusy (40)
中東はキッチンつきの店が多かったのであまり地元ご飯は食べていません(あんまりご飯やもないし)これはアレッポの食堂。油ぎっとりのナストマト煮込み。。。

tusy (38)
同じくアレッポの食堂。苦手な羊ですが、コフタにすると臭みも減ってなかなかおいしかった。
アラブの人はピクルスが大好きで、この店もピクルスの盛り合わせがつきました。

leban3 (25)
レバノンのパン。ピタみたいに二つに分かれる。イスラエルならヒヨコマメのコロッケをはさむ。レバノンは甘いお菓子をはさんでいた。

leban (26)
パンケーキのようですが、若干水っぽいかんじ。どらやきの皮をすこし薄めた感じ?作り方はどら焼きの皮と同じで、平たい鉄板に記事を流していくかんじ。さっぱりしていて、甘くなく、朝食にとてもいい。
シリア、レバノン、ヨルダンで見ました。

leban3 (16)
おかしの街、トリポリのアラブ菓子。レバノンはアラブ料理の中心だけあり、お菓子は中東で一番おいしかったです!他の国は味が雑だったり、変な油の味がしたり、食感もいまいちだったり。レバノンのものは甘さもほどよく、何より食感がとても繊細。みんな大体ナッツが入っていて、とっても甘い!でも慣れると毎日3個ぐらい食べてしまって超危険・・・

leban2 (9)
お菓子屋さんはこんな感じ。大体大きなお盆でまとめて作ります。

leban2 (8)
そうめんみたいな生地をかりかりに焼き上げたおかし。中には卵無しのカスタードクリームみたいなのが入っていて、ちょっと蜜が絡めてあります。さくさくぱりぱり感がもつのは1日だけ。大きかったり小さかったり、形は違えど中東全域で見られるお菓子。

damas (46)

damas (45)

damas (44)
おかしの詰め合わせ。ナッツのものが多い。さっきのそうめんで巣を作ったおかしもあります。これは一口サイズバージョンで、見た目もとってもかわいい。

cracde (30)
大きいバージョンも。中のナッツはピスタチオ、中東のおかしでは一番人気のナッツ。

cracde (31)
シリアのハマで有名なハマロール。もちもちっとしていて、中にはクリーム。何かの植物の繊維が入っているらしく、不思議なアロマが漂っていました。地元の人はさらにあまーい蜜をかけて食べます。

cracde (28)
パンにもパイにもとりあえず蜜をかけてしまうアラブ人。。。だからみんなデブなんだよ

leban3 (15)
これも中東全域にあるココナッツのおかし。とても甘い。ココナッツのマカロン??

tusy (39)
トルコからヨルダンまで、どこでも人気のアラブのおかし。薄い生地の中にチーズが入っていて、あたたかくして最後に蜜をかけて頂きます。慣れると病みつきになる味。トルコのシャンルウルファ、トリポリなどが有名ですが、アンマンにも人気店があるし、シリアでも各地で食べることができます。

leban (22)
レバノンで初体験!クリスピークリームドーナツ。へーへーへー。ぽんでりんぐみたい??オーソドックスなヤツはなかなかおいしかった。あとはミスドに軍配。

tusy (41)
焼きウドン?いやいや、野菜パスタ。中東はやさいがとってもおいしく、種類も豊富なので、野菜パスタは何度も作りました。八百屋に行って1個だけ野菜を買うと結構おまけしてくれちゃうのがアラブ風。

crack.jpg
ケチャップをバックパックに隠し持つほどケチャッパーな私の力作、オムライスシリア味。

関連記事
スポンサーサイト

| 西アジアのご飯 | 02:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/683-595a6704

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT