世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

ドイツのお食事

2週間もホームステイしてたわりにネタに乏しいのは、この間せっせと台所に立ち和食や中華創作にふけっていたため。ライナーは一度として私にご飯を作ってくれることはありませんでした。台所のものはすべて勝手に使っていいからという言葉に最初疑心暗鬼だったのですが、一切何も用意する気配がないので、どうやら本当に勝手にやってよいのだと判断。それからはもう毎日うきうき気分でお料理三昧♪ヨーロッパのキッチンでお料理お料理~♪それだけで気分は↑↑
ちなみにニュルンベルグの繁華街にアジア食材のお店があって、ここなら必要最低限以上の和食材が手に入ります。ここでサッポロと麒麟ビールがそれほど高くない値段で手に入ったので、ライナーとベニーへのお土産にしました。せっかく買ったサッポロは酔っ払った私が自室に持っていって、そのまま忘れてきてしまったらしく、「消えた」ということになってしまった・・・すまん、サッポロ、せっかく日本からはるばるやってきたのに半分無駄にしてしまった・・・

de.s (2)

カレーブルスト。カレーパウダーとケチャップベースのたれをたっぷりかけて食べる。
ドイツの若者に一番愛されているのではないでしょうか。会う人会う人最初に薦めてくる料理?がこれだった。

de.s (87)

いかにもドイツなお味。
パンにソーセージを挟んだだけなんだけど、ソーセージそのものがおいしいので満足。
ソーセージといえば、ドイツでは白い色したホワイトソーセージも有名。ドイツ人は朝ごはんに食べるようですが、脂肪分がめちゃくちゃおおいので嫌いな人も多かった。私は粗挽きシャウウェッセンのぱりっという食感が大好きですが、この皮が嫌いというドイツ人も多くわざわざ皮をはがす輩まで。私のシャウウェッセンに何をするー!?
ちなみに。
ドイツ人、意外とソーセージ食べない。でも年に数回は親戚一同集まってソーセージを作る会が開かれるそうです。
ちなみにちなみに。ウインナーはオーストリア発祥のソーセージのこと。豆知識でした。

de.s (16)

すごいおいしいピザ。

fbnd (90)

ドイツのファーストフードチェーンで食べたニシンのサンドイッチ。めっちゃ日本人好みだと思う。

de.s (63)

プレッツェル。地元っ子はハムやチーズをはさむのが好きみたいだけど、私はチョコレート。
ほんのり塩味のプレッツェルとの相性抜群。

de.db.f (1)

ライナーの職場で作っているイチゴケーキ。カステラはお母さんの味。シンプルな田舎ケーキといった感じ。ほかにも色々食べたけど、どれもシンプルで甘さ控えめ。しかもすべてオーガニックフードなのです♪
滞在中は毎朝出来立てパンをお土産に持ってくれて、サンドイッチを作って食べてました。幸せ~。

de.s (68)

ニュルンベルグにて。市民のイベントだったので、どこかのお母さんの手作りだと思われる
あら微塵のアーモンドがとっても◎

de.db.f (2)

工房のイチゴをもらっちゃいました。

de.db.f (3)

キャビアが2ユーロぐらいで売ってたので買ってみました。大盛りでテンション↑↑

de.db.f (4)

ドイツ最初で最後の家庭料理。チキンのきのこソースがけ。サワークリームを添えて。
ライナーの親戚のお宅にて。

dedbf.jpg

日本人女性のおうちにお邪魔した時頂いたご飯。にっぽんのカレーだ~!!!
あとはココナツミルクと野菜の煮物・お豆腐の煮物。
彼女はライナーの日本食レッスンの先生だけあって、どれもとってもおいしかった!

de.s (12)

韓国料理は偉大なり。お袋の味ですな。

de.db.l2 (3)

これ、スーパーのカート
1ユーロコインを入れてほかのカートとつないであるチェーンをはずし、1ユーロ返してもらいたければ再び元の場所に戻しほかのカートとチェーンでつながないといけない。
日本でも駐車場にカートが散乱していることがありますが、これは自助努力を促すいいシステムだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

| 欧米のご飯 | 08:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/730-be66e18c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT