世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

食べるために泳いでます!!!

すっかりご無沙汰、ちょっと気が向いたのでいつぞやのコタキナバルの続きをば。

なぜ気が向いたかと言うと、次回の旅が決まったからです^^
次の旅立ちは20日後、家族で行くタイ&アンコールワットの旅★
たまたま休めそうだったので、昨日思い立ってチケットゲット!
あたいにとって、バンコクは渋谷より近く、渋谷よりファミリヤー(なんだそりゃ)

この仕事、土日はほとんど休めないけど代休をいつ取っても何にも言われないんです。
ある意味天職!?
無理言ってパーチィを変更してくれたP氏と梅氏に感謝。


コタキナバルで一番有名なフードセンター、セドコにわたくしが行かないわけがない。
セドコはセンターポイントからすぐそばにあり、もひとつ人気のマレー料理店、スリ・メラカのお向かい。
(スリメラカもあとで行ったさ。)

選んだのは、これまた日本人に人気で口コミブログの常連、双天。
セドコは観光客に人気だけあって、値段もサービスも味も期待していなかったが、お会計がしっかりしていてびっくりした。忙しい店なのに、メニュー通りのチャージ。
ほかのブログでおしぼりやらお通しやらにいちいちチャージすると書いてあって、全部断っていたのですが、その分もちゃんと引かれていました。
(ちなみにお通しは苦手なピーナッツ山盛りでした)

食材は皆水槽に入っていて、上手に伝えられるか心配だったのですが、早めの時間に行ったので店の人も案外根気強く注文を待ってくれた。

CIMG3626.jpg
これがブログで評判のソフトシェルのカニ。
驚くほどやわらかく、殻ごと食べられる。この食感はちょっとびっくり!初体験でした。甘エビを殻ごと揚げた感じかなぁ。やったことないけど。

味は薄塩でいいんだけど、どうも脂っこくてだんだんつらくなった。
母は半分くらいでギブアップ。なんか、口に入れる油がじゅわーっと吹き出てきて・・・
もう少し油切りしてカリっと仕上げるといいのかも。油っこくなければ、ビールのつまみには贅沢すぎるおつまみ。

ともあれ、ものは試しでいい経験でした。これでソフトシェルなるものについて話題に上がったとき、参加できます。

CIMG3623.jpg
こちら大好物のエビチリ。日本のよりもスパイシーでしっかり味がついていた。
殻が中途半端な固さ。食べられないけど、剥きづらいという・・・
ゆっくり食べるので満腹感が得られます。

ちなみに魚介はグラム単位でオーダーもできるが、小皿中皿大皿でも注文できた。
えび小皿だと100g分入っているということで、それをオーダーしてみたら、あきらかに100g以上入っていて特した気分。料金はきっちり100g分と、めんどくさがりの人にはもってこい。
調理の仕方は適当にあっちのおすすめされるがままに。

CIMG3624.jpg
こちらもえび。
なんとバター炒めなのです。
クリーミーでめっちゃ濃厚、美味でした^^
タイのグリーカレーに入っている葉っぱ(ローリエを薄くしたようなやつ)が入っているので東南アジアテイストと洋食ミックスな感じ。
家で再現不可能な美食に出会えたとき、お金を払って外食する喜びを感じます。
しかし殻が中途半端・・・剥きえびにして出してほしい・・・(わがまま)

CIMG3625.jpg
そしてこれがウワサのサパ野菜。
日本で育てたい!!!
母も納得のご当地野菜でした。
山菜の茎みたいな見た目なんですが、食感も硬すぎずやわらか過ぎず、味は癖が無く何にでも使える感じ。
まさに日本人好みのお野菜で、これが日本人に人気なわけもうなずけました。

現地の人は貝とか丸ごと魚とかバナナの葉に包んで蒸した巨大魚なんかを食べていました。
ビールをちょっとだけ頼んで、ご飯は食べず、おなか満腹になって2人で2000円程度だったと思います。
思ったよりぜんぜん安くて、まぁまぁ満足できました。

関連記事
スポンサーサイト

| 東南アジアのご飯 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/789-ff8cf69b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT