世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

レー1日目。

レー1日目 2007/7/13
マナーリー・レーロードでぐったりおつかれ、頭もじゃもじゃの2人は、その日12時間も寝ちゃいました。
・・・昨日と同じ靴下も履いちゃっていいですかね?

13 (9)
散歩マニアにとって、レーの大きさはまさにベストサイズ!!
メインバザールへの角を曲がった途端、現れたのがレー王宮!!散々写真で眺めたレーのシンボルです。
ああ、ありがたや~!!写真嫌いの相方も、この光景はしっかり写真に収めていた。


13 (7)
影になってしまったけど、道端には籠をかついだおばちゃんたちが野菜を売っています。その種類がとっても多くてびっくり。

それにしても、メインバザールは想像以上にカラフル!通りを飾る色とりどりのお土産屋さんやホテル、王宮の真下には、真っ白なかわいいモスクとポプラの木。
そして目の前に広がる真っ青な高地の空!
レーって、ほんとにうに色鮮やか。
多分、私のイメージするくぐもった土色のレーは、真冬のレーの姿なのだろう。
なんでも、この辺りで商売している人は他の地方からやって来たよそ者で、冬にはレーを去ってしまうため、ほとんどの店がクローズしてしまうのだとか。
街は「つまんない」ほど閑散としてしまうらしいが、でも、それが本当のレーの姿なら、ぜひともそんなレーの姿も見てみたい。


040723 (16)
カラフルな八百屋。


040723 (19)
あんず売りのおばちゃん。


040720 (20)
メインバザールにある郵便局。とっても古めかしい。後に相方が前世の夫と再会する聖地。


040723 (17)
商店街。


13 (10)
メインストリートは立派なおうちが並んでいる。


13 (11)
メインバザールの突き当たりにあるモスク。レーにはカシミーリーが多いので、ムスリムも多い。ここを左に曲がったところに銀行があります。



13 (14)
あらどこのヨーロッパかしら?


13 (20)
ジョカン前の交差点は、王宮がよく見渡せるポイント。店の軒下でのんびりウォッチングしていたら、どいつもこいつもうろうろうろうろ行ったり来たり。みんなほんとにすることがないんだね。私たちが言えたセリフではないけれど。


13 (17)
昨日マナーリーロードでママチャリこいでたひとだ!!無事着いたのねぇ。


040719 (56)
バスターミナルから町の中心に向かう道。マニ車のあるロータリーの先は、地元の人のバザール。


040723 (15)
バスターミナルから南に続く道。まっすぐ行くと空港やストックゴンパ。
バスターミナルから町へはだらだらと階段が続いていて、高地ではけっこうきつい。両脇に連なるお店をひやかしながら、のんびり行く。


13 (4)
裏通りの商店にて。


13 (3)
なぜか日本の着物女性のカレンダーが飾ってあった。


13 (5)
デジカメを撮って見せたら、パパや近所のおじさんたちの方がめちゃくちゃもりあがっていた。子供はきょとーん。


040720 (49)
病院はあちらですよ。


bbbbbbb leh ladakh 067
散々休憩しておいて、さらに懲りずにルーフトップレストランでお茶タイム。
インドと言えば、ルーフトップ。ルーフトップでチャイが大好きなのです。
レー1日目は、半径300M程度のお散歩だけで終わってしまった。

夜になって、ぐっと気温が下がった。春夏秋冬を一日で味わっているよう。
昨日の夜と同じレストランジェスモに行き、おいしいスープをいただく。
チャイを飲みつつ従業員とお話ししつつ数時間。
こんなにのんびり旅行できるなんて、なんて幸せ。

関連記事
スポンサーサイト

| 2004インド・ラダック | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/847-92aaf17f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT