世界一周トラベリングソング。

次の記事 | PAGE-SELECT | 前の記事

≫ EDIT

ジャイプルパレス

ジャイプルのマハラジャ宮殿に行ってきました。
現在もマハラジャが暮らしているということですが、公開されているのはごく限られたエリアだけでした。
謁見の間のゴージャスっぷりは一見の価値ありかな。
銀の家具が置いてあって、一つ一つ職人が丁寧に磨いていたのでぴっかぴかでした。
インド有数の観光地だけあり、インド中から観光客が来ていて、久しぶりに都会の人も見ました。
以前よりも洋服を着た女子が増えてるなーという印象。



ジャイプール (3)
入場してすぐにある美しい建物。可憐な装飾にうっとりします。



ジャイプール (2)
内部は衣装館。ジャイプールのマハラジャの一人にコニシキ並みの巨漢がいたらしく、巨大な衣装が展示されていました。



ジャイプール (4)



ジャイプール
こちらも装飾がすばらしいゲート。



ジャイプール (5)
タージマハルにも似たような装飾があった。とても素敵。



ジャイプール (7)



ジャイプール (6)



ジャイプール (9)
時のマハラジャがイギリスへ渡航した際、この巨大な水がめにガンジスの水を入れて持っていき、毎日沐浴していたんだそう。マハラジャのやることはスケールが違う!



ジャイプール (8)
クリスマスのこの日、なななんとインドにサンタ出現!
このお面怖すぎる。。。



ジャイプール (10)
この無理矢理感・・・



ジャイプール (11)
左側にいるシークのお兄さんのファッションがとても現代っ子でかっこいいと思いました。なにやらデッサン中。外国に住んでるシークかな?



PC251724.jpg
こちらは隣のジャンタルマンタル、天文台です。
大きな観測台には繊細な目盛りがびっしりついていてびっくりしました!
使い方が分かったらもっとおもしろいだろうなー。
こういった天文台はインド各地にあったそうですが、科学技術の進歩で急速に衰えていったそう。
ちょっとはかなくもあります。



PC251721.jpg
この円のふちには1センチ単位の目盛りがついていました。
ジャンタルマンタルの日時計は秒単位で分かるというからすごい。時のマハラジャは、観測台は巨大なほどよいと考えていたそう。



PC251723.jpg



PC251730.jpg
これも柱の一個一個に目盛りがついていた。



PC251728.jpg



PC251729.jpg



PC251731.jpg
前体像はこんな感じ。とっても複雑。



PC251737.jpg
星座を観測するためのもので、星座のある方角を向いていて、12個星座分作られている。



PC251738.jpg
一つ一つに絵がはめ込まれていておもしろかった。
インド風のいて座。



PC251739.jpg
てんびん座はインド風になると商人になってしまうのね。



PC251767.jpg
地面をくりぬくように作られている、赤道がなんちゃらと聞こえた。分かったらおもしろそう。



PC251766.jpg
一番大きな観測台。



PC251761.jpg



PC251760.jpg



PC251756.jpg
アンペール城がよく見えました。
こちらは10年前に行ったので今回は行きませんでしたが、マハラジャパレスから比べると数倍価値ありのお城だったと記憶しています。10年後にはあっちに行こう。



PC251758.jpg
写真撮ってもいい?と言ってきた親子。私も撮らせてもらった。



PC251763.jpg
サンタをイメージした!?赤いガウンの赤ちゃん。かわいくて思わず話しかけて撮らせてもらっちゃった。
聞くまで分からなかったけど女の子だそうです。







関連記事
スポンサーサイト

| India シェカワティ | 05:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chori.blog5.fc2.com/tb.php/949-87e68f42

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT